ブラッククローバー

ブラッククローバー219ネタバレ!アスタ国外追放と黒の暴牛監視で冒険編へ!

週刊少年ジャンプの人気漫画『ブロッククローバー』最新話219話のネタバレと感想考察、展開予想です!

 

クローバー王国ではアスタが国家への反逆、悪魔の使いとして犯罪者扱いのニュースが広まります。

アスタは半身悪魔の姿を出しダムナティオに逆らいますが、裁判所内で味方するものは誰もおらず、窮地に追い込まれました。

 

そこで助けに来たのは黒の暴牛であり、ならず者でも反逆者でも上等だよ!とアスタを迎えに来たのです。

仲間のためなら「悪」でも構わないと立ち向かう黒の暴牛はどうなるのでしょうか。

 

それでは、気になる『ブロッククローバー』最新話219話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

 

ブラッククローバー219話ネタバレ:前回218話感想考察

ブラッククローバー最新話219話ネタバレ

 

アスタを助けるために黒の暴牛勢揃いで駆けつけてくれましたね。

しかし敵となるのはこの国の司法。

 

アスタや黒の暴牛は無事でいられるのでしょうか。

そして、ダムナティオは国のために断罪を振りかざすのでしょうか。

 

ブラッククローバー219話ネタバレ

ブラッククローバー最新話219話ネタバレ

 

『ブラッククローバー』最新話219話

「真っ黒けっけ」のネタバレです!

 

ブラッククローバー219ネタバレ:黒の暴牛が裁判所乱入

黒の暴牛のみんなが駆けつけ、感動するアスタ。

そんなアスタに攻撃がくる

 

さらにノエルもアスタを罵る。

 

ゴーシュに攻撃されたりノエルに罵られたりして相変わらずの扱い…。

 

ブラッククローバー219ネタバレ:セクレを受け入れる黒の暴牛

使命の為にみんなを利用していた自分はほっといてアスタを連れて逃げるように言うセクレ

そんなセクレに優しく声をかける暴牛面子

 

感動と同様で泣きそうになるセクレ

 

ブラッククローバー219ネタバレ:セクレも仲間

さらにセクレにローブを被せるとニカッと笑いながら告げるヤミ

 

ルミエルの言葉を思い出すセクレ

今からは、仲間と一緒に新しい幸せを見つけられるはず

封緘魔法で手錠を外したセクレ

 

ブラッククローバー219ネタバレ:ダムナティオの魔法

暴れても悪魔の罪が深まるだけ、感情は推し量れたがそれでは国は救えないと冷静なダムナティオ

 

天秤魔法で全員の魔法を小さくしてしまう。

ダムナティオの魔法は全員の魔法の順位をつけ、バランスを保つことができる。

全ての魔法はダムナティオの前では意味がない。

 

しかしアスタが解除し、当てる気は無かったが斬りかかるヤミ

 

ブラッククローバー219ネタバレ:フエゴレオンとノゼル登場

そこに駆けつけてヤミとダムナティオを止めるフエゴレオンとノゼル。

動揺するアスタに対しフエゴレオンとノゼルが言い放つ。

 

さらに2人は魔法帝から任務を預かってきていた。

 

それは、アスタの国外への追放と監視及び国外での悪魔の調査探索を黒の暴牛に任せるとのこと。

 

ダムナティオは、悪魔憑きの国外追放に見える形で小僧の処分を騎士団の責任問題ごと棚上げして無罪の証明を猶予させるという訳だと理解した。

 

アスタの無罪を証明する為に外国へ行くとヤミが宣言!

 

ブラッククローバー219話ネタバレ展開予想

ブラッククローバー最新話219話ネタバレ

 

ここからは、『ブラッククローバー』最新話219話、そして220話以降で起こりうる展開を予想をしたものを載せています!

 

ヤミ団長vsダムナティオ!

ヤミ団長はダムナティオに対して、アスタ達に手を出したら容赦しねぇぞ!と言います。

貴族達はなんと野蛮な…団が団ならリーダーも野蛮だ!と騒ぎます。

 

アスタに手を触れたらどうだって?とダムナティオはアスタに攻撃をしようとしました。

すると闇の暴牛の仲間が一斉にダムナティオに攻撃を構えます。

俺らを敵に回すとエライ目に遭うぜ?とヤミ団長は笑います。

 

すると、ダムナティオも笑い始めました。

お前らこそ司法に逆らってタダで済むと思うなよ!とダムナティオは黒の暴牛に激昂しました。

 

国家の転覆!

貴族達は議会から逃げ惑い、外へ逃げ出しました。

お前らはもう終わりだ…とダムナティオはヤミ団長に言い放ちます。

この国を転覆させようとした罰は黒の暴牛全員の命で払ってもらうぞ!と言いました。

 

ヤミ団長はたしかにこの国を転覆させちまうかもしれねぇなと答えます。

アスタはそれはマズイでしょ!?と慌てますが、仲間達は動じません。

 

正しい者が裁かれない国こそが本当に強い国じゃねぇか!とヤミ団長は叫ぶのでした。

 

想い!

アスタはみんなが駆けつけてくれたことにとても喜びます。

しかしアスタはヤミ団長にここは自分に任せて欲しい!と伝えました。

 

ダムナティオはお前の言葉なんて誰も聞いてないんだよ!と言うと、貴族達も同調します。

少しは静かにしろ!とヤミ団長が一喝すると、裁判所内は静まり返りました。

そしてアスタは自分のこと悪魔のことを丁寧に話していきます。

 

ダムナティオはいくら言っても無駄…と思ってましたが、辺りの雰囲気が変わることを感じていました。

貴族達は少しアスタに耳を傾けて、気持ちを寄せるようになるのでした。

 

ブラッククローバー219話ネタバレまとめ

ブラッククローバー最新話219話ネタバレ

 

アスタを助けるために黒の暴牛は司法に立ち向かいます。

黒の暴牛は国に逆らって無事でいられるのでしょうか。

そしてアスタを解放して、国を立て直すことができるのでしょうか。

 

次回の『ブラッククローバー』第220話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。