ブラッククローバー

ブラッククローバー237話ネタバレ!絶望の先にヴァンジャンス団長敗れる!

週刊少年ジャンプの人気漫画『ブラッククローバー』最新話237話のネタバレです!

ユノは漆黒の使徒ガデロアと激しい戦いを繰り広げます。

人を傷つけ、命を奪うときに興奮すると言うガデロアに、オマエみたいなクズと同じなワケねーだろ…!とユノの刃が敵を襲いました。

 

そして、呪いの連鎖を断ち切ってみせるとユノの一撃は敵の岩石を見事斬ったのです。

果たして、ユノは漆黒の三極性ゼノンをも倒すことができるのでしょうか?

 

それでは、気になる『ブラッククローバー』最新話237話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

『ブラッククローバー』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

ブラッククローバー237話ネタバレ

ブラッククローバー最新話237話ネタバレ

 

では、『ブラッククローバー』最新話237話

「ただ頑なに」のネタバレです!

 

ブラッククローバー237話ネタバレ:霧の敵にやられるクラウス

霧のようなもやがある中で倒れている金色の夜明け。

その中で、クラウス達3人が、魔法壁を作って敵の攻撃をやっとのことで防いでいた。

 

しかし広範囲に広がる魔法で、敵の位置が読めずにいるため、苦しむクラウス…。

 

そこにやってきた長髪の敵!

目掛けて「鋼魔法 “旋貫の烈槍”」で相手を貫こうとするクラウスだったが、相手は霧なので霧散し全く通じない。

 

キミみたいな、カタイだけの魔法、当たらないよ

そう言いながら広範囲から爆撃を放ってくる!

なすすべもなくやられていくクラウス達…

 

ブラッククローバー237話ネタバレ:チャンスを伺うレトゥア

その間に羅針盤魔法で隠れていたのがレトゥア。

「羅針盤魔法 狂おしい羅針乱世界(アナザー・アトラス)」で潜んでいた。

 

どうにかしないとこのままじゃ全滅してしまう…でも敵の位置が分からない!

霧魔法を広範囲に広げているので、「羅針盤魔法 順わぬ指針(ユースレス・ノース)」も反応を見せていなかったため焦るレトゥア。

 

ここで、ヴァンジャンスの言った言葉を思い出すレトゥア。

エルフの力がまだ残っていることで、国を襲った力だからこそ抵抗のあるものもいると思うが、その力を今度はクローバー王国を守るための最強の力にするんだ!

そのため、半年修練を積んで何とか自分のものにしていたレトゥアだったが、それでも敵の魔法は強すぎた。

 

ブラッククローバー237話ネタバレ:ただ頑なに貫く!

クラウスの魔法は砕け散り、身体も既に血まみれでボロボロ状態。

もう諦めなよ…と迫る霧魔法の敵に対し、自分の意志は砕けてはいない…!と抵抗するクラウス。

 

そこへ竜巻と共に現れるユノ!

霧を吹き飛ばしていくが、敵の「霧創成魔法 “霧霊封手”」によってすぐに捕らえられてしまう。

どうやらガデロアとの戦いの疲れでダメージが残っていたようだ…。

 

しかし、敵の隙がユノへと移ったことで、チャンスを捉えたレトゥアが迫り、敵を「羅針盤魔法 狂おしい羅針乱世界(アナザー・アトラス)」の中に閉じ込める!

そして幻覚を見せていた霧をはぎ取った隙を捉え、クラウスが最後の力を振り絞って動く!

 

何故まだお前、動けるんだ…!?と驚愕する敵だったが、答えずにクラウスが「鋼魔法 “旋貫の烈槍”」で敵を貫く!

 

到底敵わないような才能を持った者が立ちふさがったとき、これから先自分がどれだけ修行を重ねても越えられないかもしれないと思う。

それでも魔法騎士として、ただ頑なに、貫くだけだ!!

クラウスの意地の底力だった!

 

ブラッククローバー237話ネタバレ:ゼノン登場

何故まだ動けるかとおまえ聞いたな…?とクラウスが答える。

私は、鍛えているからだ、と。

 

ユノ副団長、レトゥア…助かった!と二人の無事を喜び、感謝するクラウス。

クラウス先輩…とユノがやってくると、先輩はもうやめろと言われ、副団長と言うのも気持ち悪いのでやめてくださいとユノも返し、一瞬和やかな雰囲気に。

 

しかし刹那、天井がゴゴゴゴゴ…と揺れ出し、ユノが何らかの魔力を感じ取る!

 

天井が割れ、無数の骨が降りてくる!

その骨の中に囚われている、傷だらけで意識がないヴァンジャンス!

そんなヴァンジャンスを見上げつつ、ユノたちの気配に気づいたのは…ゼノン。

 

まだ生きている奴がいたんだな…と冷酷な目で見据える!

 

 

敵を倒したクラウス達の目の前に更なる危険が襲いました。

それはヴァンジャンス団長さえも倒したゼノンです。

漆黒の三極性ゼノンをユノ達はどう立ち向かうのでしょうか。

 

次回【238話】へ続く!

 

ブラッククローバー237話ネタバレの感想考察

ブラッククローバー237話ネタバレ

 

敵は霧創成魔法で、クラウス達は苦戦を強いられます。

しかし、ユノが現れたことで一気に形成逆転で倒すことができましたね。

やはり、金色の夜明け団も相当な強さです。

 

それでも一難去ってまた一難、ユノ達の目の前には強敵が現れます。

ヴァンジャンス団長すらも倒すほどの強さを持つゼノンでした。

 

漆黒の三極性の強さは今までの敵を遥かに凌駕するでしょう。

ユノ達に勝ち目はあるのでしょうか。

このまま、クローバー王国も崩壊となるのかもしれません。

 

ブラッククローバー237話ネタバレ展開考察

ブラッククローバー最新話237話ネタバレ

 

ここからは、『ブラッククローバー』最新話237話、そして238話以降で起こりうる展開考察をしたものを載せています!

 

絶望とその先!

ヴァンジャンス団長とゼノンとの戦いは既に終わっていました。

ゼノンの前にはぼろぼろとなる団長の姿がありました。

圧倒的な力の前にヴァンジャンス団長でさえも勝てなかったのです。

 

オマエの力をいただく…とゼノンはヴァンジャンス団長を抱えます。

そしてスペード王国へと連れて行きました。

 

金色の夜明けは壊滅となり、他のクローバー王国も襲われていました。

ダイヤモンド王国に次いで、クローバー王国も陥落となったのです。

 

ユノvsゼノン!

ゼノンがヴァンジャンス団長にトドメを刺そうとすると、風精霊魔法で防ぎます。

そこにはユノの姿があり、ヴァンジャンス団長を守りました。

 

ガデロアでは役不足だったか…とゼノンが言うと、ユノはオマエがボスか?と聞きます。

油断してはいけない…とヴァンジャンス団長が言葉を伝えました。

あなたがここまでやられるほどの敵なので、もちろんですと答えるユノ。

 

ゼノンはかなりの力を持っているが冥域でないやつに興味はないと言うのです。

そして、ユノとゼノンの攻撃がぶつかり合いました!

 

冥域の強さ!

ヴァンジャンス団長がゼノンと違う中で、冥域をなぜ狙うのかと聞きました。

すると、ゼノンは冥域こそ最強の力であると答えます。

 

だからこそオマエの力が必要だとゼノンはヴァンジャンス団長を骨で動けなくするのです。

すると、動けないにもかかわらずヴァンジャンス団長は力を発揮します。

そうだ…その力が欲しい!とゼノンは本気でヴァンジャンス団長を捕まえにかかります。

 

そして冥域と悪魔の力がぶつかり合うのです。

 

ブラッククローバー237話ネタバレまとめ

ブラッククローバー最新話237話ネタバレ

 

ユノの攻撃によって、漆黒の使徒ガデロアを打ち破りました。

果たして、金色の夜明け本拠地に侵入した敵をすべて薙ぎ払うことはできるのでしょうか。

最強の敵ゼノンの前でヴァンジャンス団長やユノは立ち向かえるでしょうか。

 

次回の『ブラッククローバー』第238話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。