BURN THE WITCH

BURN THE WITCH2話ネタバレ感想!トップオブホーンズのブルーノ参戦!

BURN THE WITCH2話ネタバレ最新確定!バルゴの運命はいかに!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)』最新話2話のネタバレと感想、展開考察です!

8月29日(土)『BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)』2話の確定ネタバレが入りました!

ロンドンの裏にある、リバース・ロンドン。

ニニー・スパンコールと新橋のえるは、ドラゴンに関する仕事をしている魔女です。

二人が管理を任されたドラゴン憑きの少年、バルゴ・パークスにはトップ・オブ・ホーンズから討伐手続きが開始されることになり…!?

バルゴは討伐されてしまうのでしょうか!?

 

それでは、気になる『BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)』最新話2話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)2話ネタバレ確定速報

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)最新話2話ネタバレ

 

『BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)』2話「Ghilie Suit」のネタバレが下記となります!

 

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)2話ネタバレ:ある朝の一コマ

表ロンドンでは、ニニーがリーダーをつとめるCD2(セシル・ダイ・トゥワイス)を脱退したメイシー・バルジャーについてのニュースが流れていました。

人気グループからの脱退にも関わらず、7日も何の発表がないことは異例のようです。

 

そのニュースの中で、ニニーが悪態をついている動画も流されました。

それがリーダーのニニーがメイシーをこき下ろす瞬間だと紹介されます。

 

そんなある日の朝。

のえるは植物へ水をあげていました。

そこへのえるのブルームバギーと呼ばれる個人乗用ドラゴンが新聞を運んできます。

 

ドラゴンにはダークドラゴンとは別に、ライトドラゴンと呼ばれる種が数多く存在します。

そのほぼ全ての種が資源としてリバース・ロンドンの住人の生活を支えているのです。

電波中継に浄水、交通機関などなど。

 

のえるが先程水をあげていたのも植物栽培のプランティポッティと呼ばれるドラゴンです。

のえるは先程の新聞を広げると、ある記事に反応しました。

 

その時、バルゴがオスシちゃんを可愛がる声が響きました。

のえるの部屋のカーテンで区切った向こう側に、バルゴがいるのです。

 

するとのえるの電話が鳴り始めました。

のえるはバルゴに電話に出ろとスマホを投げ入れます。

 

そこに表示されている電話の相手は、ニニーです。

電話に出ることに疑問を抱いたバルゴへ新聞を渡し、魔法認証のできないバルゴに代わり、のえるが親指を新聞へ押しつけます。

するとそこに書かれていたロンドンの記事が一瞬でリバース・ロンドンの記事に変わりました。

 

新聞には1面に大きくのえるの写真が載っています。

何故今日のウイング・バインド・ヘッドライナーズが自分ではなくてのえるなのか。

ニニーの怒りの声が電話から響きます。

 

ウイング・バインド・ヘッドランナーズとは、その日1番活躍したWB(ウイング・バインド)隊員を取り上げる記事です。

しかも1面トップは半年に1回あるかないかの珍しいものでした。

だからこそニニーはここまで怒っているのです。

 

ここでニニーは電話の相手がのえるではなく、バルゴであることに気づいたことで、ニニーの怒りの矛先が変わります。

そのためにのえるはバルゴへ電話を渡したのでした。

 

その時、WBからの緊急連絡がありました。

今日は土曜日であり、二人は非番です。

しかし報酬と実績が5倍出ると聞いた二人は、その仕事を受けることに決めたのでした。

 

 

ある日突然舞い込んだ緊急の仕事。

その仕事の内容とは!?

 

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)2話ネタバレ:今回のお仕事は!?

今回の仕事は、ドラゴンの違法飼育です。

それが本当なら大事件であり、ニニーは疑問をチーフへぶつけました。

 

笛吹き隊の仕事は飼育と保護です。

そのため違法飼育も飼育のうちに入るとされたのでした。

 

二人は仕事に出向きます。

のえるの背後にはバルゴがしがみ付いていました。

ドラゴンを引き寄せるバルゴの体質がドラゴン捜しの役に立つと言われたため、同行しているのです。

 

そのことに不満そうなニニーは、ずっと怒っていました。

あまりの言われように、のえるはバルゴを振り返ります。

するとバルゴは、のえるの役に立つことに加え、のえると密着していることに幸せを感じていたのでした。

 

そんなバルゴへ、笛吹き隊のマントと笛が渡されました。

チーフから渡されていたのです。

のえると同じ衣装を着たことでバルゴはさらに幸せそうに目を閉じました。

 

そうしているうちに、3人は現場に到着します。

ニニーとバルゴが言い争っている背後で、建物が爆発しました。

 

駆けつけてみると、その爆発はザ・リアリスツの社屋で起こったようです。

その会社はニニーの記事を載せたタブロイド。

外は野次馬が集まっていますが、土曜日だからか建物の中には誰もいません。

 

ニニーは野次馬に爆発前後に起きたことを尋ねます。

すると爆発前に男が入って行ったという情報があがりました。

 

その時、ニニーは建物内に女性の姿をとらえました。

ニニーはブルームバギーのマーシャルを呼び、その場へ急ぎました。

のえるもそれに続きます。

 

 

突然起こった爆発に謎の女性。

この事件の真相は!?

 

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)2話ネタバレ:ドラゴンの違法飼育の犯人は!?

ニニーが建物の中へ入ると、そこにいたのはCD2のメイシーでした。

ニニーはメイシーを睨みつけます。

 

それに対してメイシーは、ここの会社がひどい記事を書いたからだと答えました。

しかしあの記事を出したのは表の会社であり、ここはリバース・ロンドンの方の会社です。

それを指摘すると、裏の建物を壊せば表の建物も同じように壊れると聞いたとメイシーは答えました。

 

この会社はいつもニニーのイメージを悪くする記事ばかり書いてきました。

メイシーに寄り添うようにエリーと名づけられたドラゴンが姿を現しました。

その姿はかなり成長しており、ニニーは引き渡すように言いました。

 

ドラゴンとの接触は重罪。

見つかれば死刑になるのです。

ニニーは渡すよう再び言いました。

 

しかしメイシーは譲りません。

エリーが攻撃を仕掛けてきました。

 

するとエリーの顔面に、駆けつけたのえるの攻撃があたります。

建物へ入り、メイシーの姿を見るとのえるは一瞬驚きました。

 

するとメイシーは、のえるがニニーと親しそうなことに対して激昂し、机を投げつけてきました。

メイシーはニニーのことが好きすぎて、ニニーが他の女の子と仲良くしていると取り乱すのだそうです。

 

ニニーは屋上から回り込もうとして外へ飛び出しました。

そのニニーが、攻撃を受けて吹き飛ばされました。

屋上からトップ・オブ・ホーンズのブルーノ・バングナイフが覗き込みます。

 

 

メイシーは何故リバース・ロンドンにいて、建物の仕組みを知っていたのか!?

今回の事件には何か裏があるのかもしれませんね。

 

 

―――次回3話に続く!

 

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)2話ネタバレの感想考察

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)2話ネタバレ

 

新たな事件が起こりました。

その中心にいるのは、ニニーがリーダーをつとめるCD2のメンバー、メイシーでした。

メイシーはニニーが好きすぎて、ニニーのイメージを悪くする記事ばかり書く会社に腹を立てていたのです。

 

この事件にはドラゴンが絡んでいました。

魔女や魔法使い以外がドラゴンに接触すると重い罪に問われます。

メイシーのためにとニニーは手を差し伸べますが、かつてニニーが教えた言葉が仇となって断られてしまいました。

 

そして謎なのが、何故メイシーがリバース・ロンドンにいたのかです。

また、メイシーが裏で壊した建物は表でも同じように壊れる、という仕組みを知っていたことも気になりますね。

彼女の裏にいるのは誰なのでしょうか!?

 

そんな中、バルゴはいつも通りでほんわかしますね!

オスシちゃんを溺愛し、のえると一緒にいることにこれ以上ないほどの幸せを感じるバルゴ。

彼も今後物語の中で重要な役割を担うのでしょうか!?

 

最後にはトップ・オブ・ホーンズのブルーノまで登場しました。

彼は今回のメイシーの事件に関係しているのか、それとも単にバルゴたちを消しにきたのか…爆発前に建物へ入って行った男とは彼のことでしょう。

その辺りに関する次回の展開も楽しみですね!

 

そして前回の巻頭カラーに引き続き、今回はセンターカラーでした。

さらに次回もセンターカラー。

 

巻末の久保先生のコメントを見てみると、どうやら毎回カラーのようです。

ファンとしてはかなり嬉しいですね!

次回はどんなカラーページなのか楽しみです!

 

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)2話ネタバレ展開考察

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)最新話2話ネタバレ

 

ここからは、『BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)』最新話2話、そして3話以降で起こりうる展開考察をしたものを載せていきます!

 

バルゴは討伐されてしまうのか!?

トップ・オブ・ホーンズの会議の結果、バルゴが討伐対象になってしまいました。

これまではなんだかんだでドラゴン扱いとなり、保護されてきたバルゴ。

しかしそれが討伐対象になってしまうとなると、命の危機が迫っているということになります!

 

バルゴはとても優しい人物であり、ドラゴンとなってしまったオスシちゃんとも未だにいい関係を築いているようです。

そんなバルゴが討伐されるとなると、オスシちゃんも抵抗して討伐されてしまう恐れもありますね。

 

さらにバルゴの保護を任されているのえるやニニーもどう反応するのか気になります。

ニニーは評価に繋がるなら、と受け入れるかもしれませんね。

のえるの方も、さっさと処分してくださいと言いそう。

 

しかしのえるにとって、バルゴは同じ学校の先輩でした。

さらにバルゴの優しさも知ってしまっているので、結果的にはバルゴは人間だからと処分に異議を唱える可能性は高いと思いますね。

次回、バルゴは危険にさらされることになると思いますが、のえるが守ってくれるのではないでしょうか。

 

のえるの心境は!?

バルゴが討伐対象になってしまったと聞いた時、のえるはどんなリアクションをするのでしょうか。

おそらく、一瞬驚いたように目を見開くと思います。

しかしすぐにいつも通り、さっさと処分してくださいと言いそうですね。

 

それでも、のえるはバルゴが優しい人物だと知っています。

そのままバルゴを殺してしまうことに抵抗はあるでしょう。

 

そして悩んだ末に、バルゴを助けてくれると思います。

バルゴが感動して目を輝かせる姿が想像できますね!

 

バルゴがのえるのパンツを見ている!?

読み切り版の『BURN THE WITCHE(バーンザウィッチ)』では、バルゴがのえるに「パンツを見せて」と迫るシーンが何度も描かれていました。

しかしその話の中では結局、バルゴはのえるのパンツを見ることはできませんでした。

ただ、最後のページのタイトルロゴのコマで、読者にだけのえるのパンツが見えるという仕掛けがあり話題となりましたよね!

 

そして今回、『BURN THE WITCHE(バーンザウイッチ)』1話の最後のコマに注目してみましょう。

バルゴが頬を赤くしていますよね。

 

そのシーンのバルゴは、手錠をされた状態でのえるの移動用ドラゴンに括り付けられていました。

そう、バルゴの位置からはのえるのパンツが見えるのです…!

 

読み切りの時からの念願が叶って良かったですね!

そのことをセリフなしに表現する辺りさすが久保先生です。

 

次回、バルゴがこの事実をのえるに告げるのか。

それとも自分の胸の中にそっとしまっておくのか。

その辺りでもバルゴに対するのえるの対応も変わってきそうですね!

 

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)2話への読者の声

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)最新話2話ネタバレ

 

『BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)』最新話2話に向けての感想や考察を集めました!

 

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)2話ネタバレまとめ

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)最新話2話ネタバレ

 

表ロンドンの住人には見ることのできないドラゴンという存在。

そんなドラゴンを管理する仕事をしているのが、リバース・ロンドンのWBに所属するニニーとのえるです。

 

ドラゴンと長期間接したことでドラゴン憑きとなってしまった少年、バルゴ・パークスはドラゴン犬のオスシちゃんと散歩中にドラゴンに襲われます。

ダークドラゴンがリバース・ロンドンに侵入したのは約100年ぶりであり、このことを重く考えたトップ・オブ・ホーンズによりバルゴの討伐手続きが開始されてしまいました。

 

バルゴはこのまま討伐されてしまうのでしょうか!?

その時、ニニーやのえるはどう動くのか!?

 

次回の『BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)』第3話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。