チェンソーマン

チェンソーマン32話ネタバレ!早川の新しい悪魔への代償は右目!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『チェンソーマン』最新話32話のネタバレと感想考察、展開予想です。

 

師匠を撃退するためパワーと共に超インテリ作戦で戦いに臨むデンジ。

しかし頭を使ったその作戦でも師匠には全く通じず、デンジは再び殺される事に

 

一方で早川は再び戦う力を得るために、公安が生け捕りにしていた未来の悪魔との契約に臨んでいるのでした。

早川は何を代償に新たな力を手にするのでしょうか!?

 

それでは、気になる『チェンソーマン』最新話32話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

前回の『チェンソーマン』はこちら!

 

 

チェンソーマン32話ネタバレ:前回31話感想考察

チェンソーマン最新話32話ネタバレ

 

デンジ&パワーの修行回と早川の新悪魔の獲得それぞれのルートが進んできました。

どちらもどうなっていくのかわからない展開で、非常に面白いですね。

 

まずは前回ラストで閃いたデンジとパワーの超インテリ作戦

この二人では全然期待出来ないと思っていましたが、意外にも結構頑張っていたという印象です。

彼等なりにしっかりと作戦を練って戦いに臨んでいたような気がします。

 

とはいえ、残念ながら師匠に対しては全く通用せず。

多少認めて貰えたのと、敗因を教えて貰えた事がプラスにはなるでしょうか。

 

そして早川も復帰です。

前回彼の元に現れた女性が誰だったのか気になっていましたが、姫野先輩の妹さんでしたね。

姉の死で大変なはずですが、早川に怒りをぶつけたりもせずに手紙を持ってきてくれたりとかなり良い人のようです。

 

まあそれは手紙で姉の早川への気持ちを強く感じていたからという部分が大きいのでしょうね。

姫野先輩もあんなキャラだったのに、妹に早川の事を相談してたりと可愛い所があります。

だからこそ余計に死んでしまったのが悲しいですが。

 

そして早川が連れて行かれた場所に居た悪魔の名前は未来の悪魔。

寿命が2年しかない早川に未来の悪魔とはめちゃめちゃ皮肉が効いてますね

 

やたらとハイテンションで「未来最高」と連呼する悪魔。

どんな力を持っているのか?

そして早川は何を差し出してその力を借りるのか?

 

もはや失うものの少ない早川がどんな選択をしていくのか、大注目ですね!!

 

チェンソーマン32話ネタバレ

チェンソーマン最新話32話ネタバレ

 

『チェンソーマン』32話

「繰り返し繰り返し」のネタバレが下記となります!

 

早川の未来

無駄にテンションが高い未来の悪魔。

 

しかしそんな未来の悪魔のテンションに全く付き合うつもりのない早川。

 

そんな早川の態度にテンションが下がる未来の悪魔。

怒りながらも早川の未来を見るという未来の悪魔。

 

未来の悪魔が未来を見るのには、彼のお腹に頭を突っ込む必要があるという事で、早川は覚悟を決めて頭を入れるのでした

 

最悪の死に方

早川が頭を突っ込んでまもなく不敵に笑い始める未来の悪魔。

 

明らかにリスクの少ない契約に驚く早川。

そんな考えを見透かしたように未来の悪魔は語ります。

 

しかしそれを早川は止めます。

早川は自分の死にかたには興味がなかったのです。

 

早川にとっては自分が殺したい相手を殺せればそれでいい。

そしてそれが果たせれば後はどうなっても構わないのだと。

 

早川はあくまでも冷たく未来の悪魔に言い放つのでした。

 

お披露目式

師匠の前で相変わらずボコボコにされていたデンジとパワー。

しかしその戦いが如何に壮絶なものだったかを表すように、二人の周りには血が飛び交っていました

そして二人を見下ろす師匠の顔にもわずかながら傷跡が

高評価な言葉に何とか喜びを表現する二人。

 

ハイな時でもクールに脳みそを動かす事。

そして常に自分の持っている武器と状況を頭に入れておくというのが師匠の教え。

 

 

突如明日は実践を行うことを告げる師匠。

 

その作戦に失敗したら4課は終わり。

そしてそうなればデンジとパワーは処分となって、師匠とマジバトルに

 

かなり追い詰められた状況ながら、デンジはハイになっているのか余裕を見せます。

その時は先生を殺さないで見逃してやると。

 

楽しげに語るデンジを師匠は複雑そうに見つめるのでした。

 

嘘つき

雰囲気の良さそうな料亭のような場所で向かい合っていた師匠とマキマ。

二人の事をお願いされた師匠ですが、その表情は暗いもの。

 

育てた犬が死ぬたびに酒の量が増えていた師匠。

おもちゃであれば壊れても大丈夫と思っていたのに、結局そんなおもちゃであるデンジとパワーに情が湧いていたのです。

 

しかし今回マキマを呼び出したのは別の理由。

その理由に間髪入れずに自分も襲撃に遭ったと答えるマキマ。

 

しかし師匠の疑いの言葉は止まりません。

 

そんな師匠の直球の言葉にも冷静に答えるマキマ。

 

今回の作戦が成功すれば4課の存在を積極的に報道する事になっている。

そうすれば4課は今よりも動きやすくなって、より悪魔から人を救える

そんなマキマの本心とは思いづらい言葉を黙って聞いていた師匠。

 

ボソリとつぶやくと、マキマは真っ直ぐに師匠の目を見つめ返すのでした。

 

迎え撃つ準備

高層ビルの一室の中で、厳重に守られていたのはサムライソードことヤクザの孫

公安4課に狙われている事を知っていた彼の部下は、組長と同様に若にも別荘へ移動するように申し出ますが、それをヘビ女こと沢渡が止めます。

 

そしてその気持ちは若も同じ。

 

彼にとってはデンジは銃の悪魔のターゲットであると同時に爺ちゃんの仇

殺意に満ちた表情を浮かべる若。

 

ビルの地下にいたのは大量のゾンビ達。

それは若が爺ちゃんの置き土産のゾンビを使って、借金を返せないクズ共を材料にして作ったゾンビ軍団

ゾンビに噛まれてしまえばそこで何もかも終わってしまいます…。

 

チェンソーマン32話ネタバレ展開予想

チェンソーマン最新話32話ネタバレ

 

ここからは、『チェンソーマン』最新話32話、そして33話以降で起こりうる展開を予想をしたものを載せていきます!

 

血を上手く使って戦え!!?

二人でメガネをかけてまで取り組んだ超インテリ作戦。

しかしそれも師匠には全く通じませんでした。

とはいえ、一応それでも師匠は褒めてくれてもいました。

 

師匠の助言で特に気になったのはパワーが今の戦い方だと血を使いすぎてしまっているという事。

血の悪魔の割にはそれほど血に余裕がないみたいですね。

なので少なくともパワーは血の力をもっと上手く使わないといけないのでしょう。

 

血で作った武器は師匠に簡単に折られてしまっています。

硬度が足りないようですし、幾つも作るよりは強力な1つを作った方が良さそうな気がします。

そうすれば少なくとも師匠に破壊されるような事はないのではないでしょうか。

 

未来の悪魔の能力は!!?

今回早川が契約する事になった悪魔は未来の悪魔

名前だけでは一体どんな能力を持った悪魔なのかさっぱりわかりません。

未来は希望に満ちているという考え方もありますし、それほど恐れられるような名前でもなさそうな気がしますが。

 

バトル漫画的に考えると、やはり未来を予知出来る、もしくは少し先の未来が見えるといった能力でしょうか。

そういった能力であれば便利だとは思いますが、一人で戦い抜けるような力とも思えません

 

もしくは未来の自分になれる、なんて事も考えられそうです。

が、早川にはそもそも未来がほとんど残されていないので効果がなさそうですよね。

名前から想像出来るような能力なのかわかりませんが、悪魔のテンションそのままに強力な力を期待したいです。

 

早川が差し出す代償は!?

そんな未来の悪魔ですが、契約している人が支払った代償は非常に大きいものです。

寿命の半分や、五感のうちの3つを失うという代償は今の早川にはあまりにもキツイでしょう。

 

黒瀬が「気に入られれば安く済む」といっていますので、どうにか安く済ませたい所ですよね。

少なくとも寿命はこれ以上払いたくないでしょうし。

 

テンション高めの悪魔ですし、早川がどんな未来を思い描いているのかを質問してきそうな気もします。

その答えが自分の求めているようなものであれば、無償で力を貸してくれるなんてこともあるかもしれませんね。

 

チェンソーマン最新話32話ネタバレまとめ

チェンソーマン最新話32話ネタバレ

 

デンジとパワー、そして早川の進化が試されつつある最近のチェンソーマン。

どちらサイドも先が予想出来ない面白い展開を迎えていますね。

 

今回必死に考えたであろう超インテリ作戦が通じなかったデンジとパワーが次にどんな手に打って出るのか気になりますね。

師匠にはこれ以上に明確なプランがないでしょうから、自分達でなんとか乗り切らないとなりませんし。

 

一方で早川もここでどうやって未来の悪魔と契約をするかによってこの先の展開が大きく変わるでしょう。

それほどに重要な局面に立たされていると思います。

なんとか早川自身に負担の少ない契約を目指して欲しい所ですね

 

次回の『チェンソーマン』第33話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。