炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊184話ネタバレ!第8の連携プレーと消防隊分裂の兆し

週刊少年マガジンの人気漫画『炎炎ノ消防隊』最新話184話のネタバレと感想考察、展開予想です!

 

バーンズが白装束に加担することをみんなが不審に思う中、シキとジョーカーは果敢に戦い続けています。

第8メンバーは府中大牢獄の壁を破って突入し、屠リ人と対面しました。

前衛は環、火縄とマキはサポート、リヒトとヴァルカンは戦闘の解析を担当しますが、アーサーだけは道中で車から落下したため不在です。

 

アーサーは戦いに間に合うのでしょうか?

 

それでは、気になる『炎炎ノ消防隊』最新話184話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

 

炎炎ノ消防隊184話ネタバレ:前回183話感想考察

炎炎ノ消防隊184話ネタバレ

 

ゴールドに対して他の屠リ人が「良いフリだったぞ・・・」と言ったところで笑いました。

あと火縄が自分のことには触れず、「だから走行中に立つなといつも言ってただろ」とシレっと言うところが面白かったです。

 

気になったのはアイリスが最近ほとんど喋っていない、登場が少ないことです。

トラックに一緒に乗っていたはずなんですけど、存在感がありません。

何か意図があるのでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊184話ネタバレ

炎炎ノ消防隊184話ネタバレ

 

『炎炎ノ消防隊』184話

「黄金の秘密」のネタバレが下記となります!

 

ゴールドの秘密

第8メンバーの弾丸で攻撃してきたゴールドは金の右手を第8のシールドに向けます。

するとシールドは浮かび上がってマキに襲いかかり、マキは鉄梟でそれを防ぎます。

 

陰で解析をしている理人はゴールドの能力は何かと考えます。

金属を操作していること、金の籠手が特徴的なことに着目します。

その様子を見ているシスターは火災旋風の時も地中放熱の時も理人に助けられたのでした。

 

理人はヴァルカンに鉄梟での攻撃を止めるよう指示します。

理人はゴールドの能力を金に熱を加えることで磁力を発生させている、それを使って金属を操作していると言いました。

ゴールドは自身の暗殺の武器は現地調達して、鉄梟とシールドを操り第8に攻撃をしかけます。

 

ラッキースケベられ発動

環がヴァルカンから受け取っていたもの、それはブースターでした。

ヴァルカンは、ブースターとは酸化鉄とアルミニウムの混合粉末から作った火力増幅メカ、火をつけるとテルミット反応が起きて超高温の火力となると解説します。

 

環はブースターを使って巨大な火の玉を生み出し叫びながらゴールドにぶつけます。

しかしゴールドは炎の耐性が高いため効かず、環のベルト金具を操って環をひきずり、鉄梟を喰らわせます。

ここでラッキースケベられが発動し、ズボンが脱げピンチを脱します。

 

火縄は特殊消防隊服のパーツは全て耐熱強化プラスチック製、金属部品はベルトのみだと言い、ズボンを脱ぎます。

ヴァルカンとマキも脱いでいます。

 

バカ売れ・・・?

ゴールドは無様だと笑いますが、火縄は大まじめに返します。

さらにゴールドがカレンダーなんて金になるのかと聞きますが、うまくいくと言い切ります。

 

しかしヴァルカンは、体を引っ張られることを防いでも環だけだと決め手に欠ける、磁力をなんとかしないとこちらの兵器が使えないと言います。

そこでリサが漁火(いさりび)を発動します。

リサは自身の炎は磁性体だから相手の磁力を少しは乱せるはずだと言って、時間稼ぎを引き受けます。

 

ヴァルカンは理人に策を尋ねます。

理人は笑って言いました。

 

炎炎ノ消防隊184話ネタバレ展開予想

炎炎ノ消防隊184話ネタバレ

 

ここからは、『炎炎ノ消防隊』最新話184話、そして185話以降で起こりうる展開を予想したものを載せていきます!

 

見どころは3つ!

今後の見どころは3つあると思います。

第8の連携プレー、消防隊分裂、アーサーの冒険です。

具体的にどういったことになるのか考えてみました。

 

第8の連携プレー

屠リ人との戦闘が始まり、まずはゴールドと戦うことになりました。

能力が未知なうえ、アーグ大隊長殺害の前科もある屠リ人は強敵です。

 

そのため個人プレーというより、連携プレーにて応戦すると考えます。

リヒトが解析した結果を活かして戦術を練り、環がヴァルカンから受け取った何かを使用して戦う展開だと予想します。

 

環もシンラとアーサー同様、浅草で修業をしてきているので、何ができるようになったか見るのが楽しみです。

 

消防隊分裂

冒頭でカリムとリィがバーンズの考えについて否定的なことを口にしていました。

しかも二人は堂々と話をするというよりは、背中を向けたままの会話だったので、人目を忍んでいるようです。

 

白装束が入ってきている第1特殊消防隊の中で口にできる雰囲気ではないのでしょう。

今まで敵視していた存在が組織に入ってきたので、カリムとリィのとまどいは無理もないことです。

そしてこういった描写があるということは、消防隊の分裂の兆しを表していると考えます。

 

桜備が拘束されたニュースを見て、不審に思ったメンバーは他にもいます。

こういったメンバーたちが第8につき、消防隊が白装束派と第8派に分裂すると予想します。

 

アーサーの冒険

トラックから落ちてしまったアーサーが一人で冒険する、という展開を予想します。

あのアーサーなので、一人でも不安になることなく勇敢に冒険してくれるでしょう。

 

ただ府中大牢獄まで一本道ではないので、迷った挙句別ルートに入ってしまうということも考えられます。

このままだと大分遅れての到着となります。

 

またアーサーはトカゲをドラゴンと見立てて、ドラゴンを倒すことこそ騎士といったことを言っていました。

そのため一人でフラフラ歩いている内に別ルートで府中大牢獄にたどり着き、屠リ人ドラゴンとエンカウントするという展開もありそうです。

 

炎炎ノ消防隊184話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊184話ネタバレ

 

バーンズが白装束に加担したことでカリムとリィは不安を覚えます。

第8メンバーは府中に到着して早々、屠リ人との戦闘となりましたが、アーサーだけはトラックから落ちてしまったらしく不在です。

 

今後の展開としては第8メンバーが連携して屠リ人と戦い、消防隊の中で第8につく隊員が現れたり、一人になったアーサーが冒険したりすると考えました。

 

次回の『炎炎ノ消防隊』第185話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。