仄見える少年

仄見える少年14話ネタバレ感想!伊織と理久はバディとなるか!?

仄見える少年14話ネタバレ最新確定!伊織と理久はバディとなるか!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『仄見える少年』最新話14話のネタバレと感想、展開考察です!

 

理久は分霊結界を使い、霊階と人質を分離して助けました。

人質を理久に任せ、伊織と黒瀬は逃げようとする千手童子へ追い討ちをかけます。

結局は逃してしまったものの、誰も犠牲にならなかったことで自分たちの勝ちだということにしました。

力をつけた理久は、今後伊織のサポートにあたるのか!?

 

それでは、気になる『仄見える少年』最新話14話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

仄見える少年14話ネタバレ

仄見える少年最新話14話ネタバレ

 

『仄見える少年』14話

「小町つむじ」のネタバレが下記となります!

 

仄見える少年14話ネタバレ:戦いの後に

千手童子との戦いから一週間経ち、伊織はだらけきっていました。

あの時久々に本気を出したらしく、その反動で無気力になっているそうです。

 

戦いの中で、伊織は千手童子の腕を切断しました。

普通、霊怪は祓ったり一部を斬り落とすとその部分は消滅するものです。

しかし千手童子の腕は、消えずに残っていました。

さらに子供の腕だったはずが、いつの間にか成人女性ぐらいの腕に変化していたのです。

 

夜生が言うには、千手童子は人間の身体と同化していると見て間違いないのだそうです。

そう簡単には同化できるものではありません。

しかし千手童子は次の身体を探していました。

そのことより、彼女がより確実に人間と同化できる手段を見つけたのかもしれない、と考えることができます。

 

私たちの戦う相手はただの霊怪だけとは限らないかもしれない。

夜生はそう警告していました。

 

 

千手童子は人間と同化する手段を知っている!?

今後登場する敵とは!?

 

仄見える少年14話ネタバレ:小町つむじ

いつもの空き教室にて、伊織と理久が話しているとある女子生徒がやってきました。

その生徒は勢いよく伊織に抱き、押し倒します。

 

彼女の名は小町つむじ。

理久から見ても、とても可愛くかなり積極的な女の子です。

ここ数日伊織を追いかけ回している一年生でした。

 

つむじは伊織のことを好きだと言います。

しかし伊織は嫌い、と適当に返事をしました。

 

それを聞いたつむじは、嫌いという気持ちが自分に向けられていることで、伊織が好きな自分とはお互いに意識し合っており、つまり相思相愛ではないかと嬉しそうに微笑みました。

こんなつむじの相手に疲れた、というように伊織は理久に助けを求めます。

 

それにしても、と理久はつむじを見ました。

こんなに可愛い子が、何故伊織というひねくれ者を…と疑問に思います。

そして可愛い子に全然なびかない伊織に向かって、贅沢もの!と叫ぶ理久なのでした。

 

 

伊織に春がやってきた!?

伊織に言い寄るつむじとはどんな人物なのでしょうか!?

 

仄見える少年14話ネタバレ:つむじからの気配

その日も、伊織はメロンパンを求めて廊下を歩いていました。

すると伊織を見つけたつむじが、嬉しそうに腕に抱きつきます。

伊織は影を薄めていたというのに。

 

他の生徒には気づかれたことはないはずが、つむじには何故か見つかってしまう。

それを話すと、理久もすごい子だと半分呆れ顔です。

 

つむじは気にせず、伊織に一緒に帰ろうと迫ります。

伊織は逃げ腰になり、見かねた理久がもう少し抑えてみたらどうかとつむじへ言ってみました。

 

するとつむじは、理久がいつも伊織と一緒だからと、二人は付き合っているのかと尋ねます。

理久は慌てて否定しました。

そしてどこへでも連れて行けと言って外を指さします。

それを聞いたつむじは、嬉しそうに伊織を引きずって帰って行きました。

 

二人がいなくなり、理久は一人で椅子に腰掛けました。

ちょうどいいからと、日課の特訓を始めようと目を閉じます。

その時、理久は嫌な気配を感じました。

 

その頃伊織は、つむじより先にせかせかと歩いて帰っていました。

すると理久から着信があります。

その内容を聞いた伊織は立ち止まります。

 

そこへつむじが抱きつこうと飛び出しました。

その影に、伊織は自身の影を刺します。

つむじの動きが止まりました。

 

それを確認した伊織は、こっちは効果があるんだなと言います。

先程の理久の電話の内容とは、つむじから霊怪の気配がするというものだったのです。

 

 

つむじから霊怪の気配がしたということは、彼女は霊怪なのでしょうか。

つむじの正体とは!?

 

―――次回15話に続く!

 

仄見える少年14話ネタバレの感想考察

仄見える少年14話ネタバレ

 

千手童子との戦いが終わり、新章が始まりました。

それと同時に登場したのが、新キャラの小町つむじです。

かなりの美少女なのに、何故か伊織に付き纏う…謎が多いですね!

 

しかしこれほどの可愛い子に言い寄られても、迷惑そうに適当にあしらう伊織が面白いです。

彼は恋愛ですら面倒だから興味がない、とでも思っていそうですよね。

普通の男の子を目指すなら、恋愛も普通の生活のうちに入るとは思いますが…今はまだいいのでしょう。

 

一方理久は付き合っているのかと聞かれ、真っ赤になって否定していました。

この反応がとても可愛かったです!

その時の対応も可愛らしく、理久と伊織がいつか本当にそうなれば楽しそうだなと思ってしまいますよね。

 

しかしそんなほのぼの展開は続くわけもなく。

理久はつむじから霊怪の気配を感じます。

その知らせを受けた伊織は、つむじへ影を使いました。

 

千手童子との戦いで理久が力を伸ばし、それを伊織も信頼しているというのがよく現れた展開でした。

理久は守られる存在ではなく、背中を預けることができる立派なバディとなったのですね!

 

次回はこの謎いっぱいなつむじについて語られるのでしょうか。

その正体や伊織に近づいた目的など、気になることがたくさんですね!

 

仄見える少年14話ネタバレ展開考察

仄見える少年最新話14話ネタバレ

 

ここからは、『仄見える少年』最新話14話、そして15話以降で起こりうる展開考察をしたものを載せていきます!

 

仄見える少年14話ネタバレ展開考察:千手童子の器

千手童子は自分の器を探し、招き手を探していました。

しかし今回攫った中にはその器となり得る者はいなかったようです。

 

千手童子の顔にヒビが入っている描写がありました。

彼女の今の器が使えるのはあと少しであり、新たな器を早く見つけたいのでしょう。

 

その器となり得る存在は、やはり理久ではないでしょうか。

千手童子と対峙したことで、理久の存在が知られることになりましたよね。

今後理久が狙われる展開もあると思います。

 

しかし理久は、特訓により自分を守る力を手に入れました。

この力をより研ぎ澄ませていけば、千手童子が現れても大丈夫かも!?

 

仄見える少年14話ネタバレ展開考察:伊織と理久はバディになる!?

理久は今回の特訓にて、結界を作る力を開花しました。

その結界は千手童子も驚くほどのものでしたよね。

 

これで理久の力が霊怪相手に通用することが証明されました。

これからは理久が伊織のサポートをする流れとなるのでしょうか。

 

二人が任務にあたるならば、今回のように伊織が戦闘、理久が救助に役割分担することになりそうですね。

さらに理久はあらゆる霊怪の気配を感じることもできるようになりました。

その能力は伊織を上回ります。

 

霊怪の居場所をサーチする役目も理久が受け持つことになると思います。

今後の伊織と理久の活躍に期待しましょう!

 

仄見える少年14話ネタバレ展開考察:黒瀬は今後再登場する?

黒瀬は外部の霊媒師です。

しかし夜生とは親しそうですよね。

かなり一方的に、ではありますが。

今後黒瀬の再登場はあると思います。

 

黒瀬は伊織の過去について、少ししか知りません。

それでも伊織の気持ちを汲み、協力してくれました。

そんな黒瀬の性格や能力を見越して、夜生は今回二人を組ませたのだと思います。

 

今後黒瀬が登場する際は、別の外部の霊媒師も連れてくるのではないでしょうか。

そしてその時の敵は、より厄介なものである可能性があります。

大勢の霊媒師たちが戦う展開もみてみたいですね!

 

仄見える少年14話への読者の声

仄見える少年最新話14話ネタバレ

 

『仄見える少年』最新話14話に向けての感想や考察を集めました!

 

仄見える少年14話ネタバレまとめ

仄見える少年最新話14話ネタバレ

 

理久は分霊結界を使い、霊怪と人質を分離しました。

人質は理久が守ることになります。

 

伊織と黒瀬は、逃げようとする千手童子へ攻撃を加えました。

腕を斬り落としたものの、千手童子はそのまま逃してしまいます。

落ち込む伊織に、誰も犠牲にならなかったのだから自分たちの勝ちだ、と理久は言います。

 

力をつけた理久は、今後伊織のバディとして戦うことになるのでしょうか!?

また、千手童子は今後理久を狙ってやってくるのか!?

 

次回の『仄見える少年』第15話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。