呪術廻戦

呪術廻戦131話ネタバレ感想!別次元の真人が本当の魂の姿に変化!黒閃を虎杖がくらわせる!?

呪術廻戦131話ネタバレ最新確定!虎杖に刻まれた宿儺の術式で真人にトドメを刺す!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話131話のネタバレと感想、展開考察です!

0.2秒の領域展開を防ぐことが出来ずにまともに食らってしまった東堂。

変形する片腕を切り落とす事になるも真人の黒閃を食らい大ピンチとなるも、真人の手とタッチする事で位置替えを行いチャンスを作り出します。

真人に渾身の黒閃を叩き込んだ虎杖でしたが、真人は戦いの中で遂に自らの魂の本質に辿り着き新たな姿へと再誕するのでした。

虎杖は因縁の真人との戦いに勝利出来るのか!?

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話131話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

アニメ版の『呪術廻戦』も制作MAPPAでかなりアツい!

アニメの前に『呪術廻戦』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

呪術廻戦131話ネタバレ

呪術廻戦最新話131話ネタバレ

 

『呪術廻戦』131話

「渋谷事変㊽」のネタバレが下記となります!

 

呪術廻戦131話ネタバレ:新生した真人のハッピーバースデー

遂に自らの魂の本質に辿り着き、新たな肉体へと新生した真人

とはいえ今までも自らを様々な形に変化させていただけに、今回の変化が今までと何が違うのかと様子を伺う虎杖。

 

そんな虎杖に対して、楽しげにハッピーバースデーだと真人は語ります

黒閃を経て自分は本当のむき出しの魂を理解したのだと。

 

しかしハッピーバースデーとは言いながらも仕上げはこれから。

真人は虎杖を殺す事でようやくこの世に生まれ堕ちるのだと考えていました

 

そんな言葉と共に進化した腕で地面を薙ぎ払う真人。

虎杖は無駄のない動きでその攻撃を避けるとそのまま顔面に蹴りを放ちます

しかしその攻撃はギリギリで避けられ、逆に頭部の髪の毛のようなものによって絡め取られてしまう事に。

 

更に新たに生まれた尻尾によって攻撃を仕掛けてくるも何とかそれを防ぎきる虎杖。

続いてお互いの攻撃が交錯するも、虎杖は的確に真人の打撃を捌いて自らの打撃を土手っ腹に叩き込むのでした。

 

 

これまで常に余裕で薄ら笑いのイメージだった真人。

しかしそんな真人が遂に自分の魂の形に辿り着いたという事で、なんだか逆に普通の悪役っぽく見えてしまうのが面白い所

人間の呪霊である真人が辿り着いた形が人間とは全く違うというのもなんだか意味ありげですしね。

 

呪術廻戦131話ネタバレ:別次元の存在となった真人を倒す術は!?

真人の攻撃を見切って強烈な打撃を叩き込んだ虎杖。

しかし打撃の感触に虎杖は逆に驚かされてしまいます。

真人の体は生身の状態ながら赤血操術でガードを固めた脹相以上の防御力でした。

 

それだけに虎杖の攻撃を全く無視して反撃してくる真人。

激しい攻撃を何とかくぐり抜けて虎杖も攻撃を続けるも、全くダメージは通らず

 

そこでようやく虎杖も真人の変身の意味に気づきます。

今の真人は変身前とは別次元の存在に成ってしまったのだと。

 

そんな虎杖に対して圧倒的な力で攻め立てる真人。

虎杖を地面に叩きつけた一撃は地面を陥没させてしまう程の威力

 

それだけの攻撃を食らいながらもなんとか立ち上がった虎杖。

今の真人を倒すには、自分の最大呪力出力での黒閃をブツけるしかないと感じていました

 

 

虎杖の攻撃は地味ながらもめちゃめちゃ強いという印象でしたが、その打撃が通じないというのは非常にヤバいですよね。

打撃オンリーの虎杖にとっては最も厄介な状態に進化したといえるのかも。

まあそんな化け物となった真人の攻撃を散々食らっても立ち上がる虎杖も十分すぎるくらいに化け物なのですが。

 

呪術廻戦131話ネタバレ:限界を超えた最後の攻防

黒閃を出すしか真人を倒す方法はない。

しかし黒閃は狙って出せる術師が存在しないと言われているもの

 

そんな状況で流石に限界を迎えたのか自然と震えてしまう虎杖の足。

一方で新生した真人も、領域展開直後に黒閃を食らった事で限界が近い状態となっていました。

 

限界が近づきながらも自分の足を自ら叩いて震えを抑え込む虎杖。

お互いに元気一杯だとお互いが強がる中で最後の攻防が始まっていきます

 

陥没した地面の中の水を巻き上げながら突っ込んでくる真人。

虎杖は自らの呪力を右拳に集めて迎え撃つも、真人は虎杖の背後から攻撃を仕掛けます

しかしそれを読み切り、虎杖は真人の攻撃を外してその右手の一撃を放つのでした

 

 

真人との戦いはこれまでにない程長くなりましたが、これで本当に決着を迎えそうです。

お互いに限界が近い状態であり、この一撃で決着がつくのも間違いないでしょう。

真人が逃げるのも心配でしたが、新生した今の状態だとそれもなさそうな気がしますね。

 

―――次回132話に続く!

 

呪術廻戦131話ネタバレの感想考察

呪術廻戦131話ネタバレ

 

虎杖と新生した真人との戦いが描かれた今回。

お互いに限界が近い状態ながらも、最高峰の肉弾戦を見せてくれましたね

 

新たな姿に変身した真人ですが、虎杖を殺してようやく自分が生まれ堕ちるというスタンス

これまではとにかく虎杖の嫌がる事をやろうとしていた感じでしたが、ここへ来て純粋に虎杖を殺すという目的になっていました。

新生した肉体が圧倒的に強いという事もあり、自信がみなぎっていた感じでもありました。

 

その肉体の強さは凄まじく、虎杖の強烈な打撃でさえ全くのノーダメージ

この屈強さは花御をも遥かに上回るレベルでしょうし、打撃しか攻撃手段のない虎杖には厳しい状況と言えるでしょう。

だからこそ出せるとは限らない黒閃を出すしか勝ち目がないというのが面白い所ですが。

 

ここまではとにかく相手の嫌がる戦い方をしていた真人。

しかし新生した事でなんだか少し正々堂々真っ向勝負っぽくなっていたのも少し面白いです。

虎杖を殺してこそ本当のスタートだと思っている以上、ここで逃げ出すとも考えづらいですしね。

 

いずれにしてもおそらく次回で決着がつきそうです。

大きな因縁がある虎杖と真人の戦いがどんな形で決着となるのか楽しみですね!

 

呪術廻戦131話ネタバレ展開考察

呪術廻戦最新話131話ネタバレ

 

ここからは、『呪術廻戦』最新話131話、そして132話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

呪術廻戦131話ネタバレ展開考察:真人の猛攻に虎杖が大ピンチに!?

黒閃を経験した事もあり、遂に自らの魂の本質に辿り着いてしまった真人。

人間の呪霊だというのに完全に人間の形を外れてしまった感じですが、当然ながらその戦闘力は爆発的に上がっているのだと思われます

 

新たな形となる見た目ですが、真人の作り出していた「幾魂異性体」のパワーアップ版みたいな感じでしょうか。

当然攻撃力の高さも「幾魂異性体」を上回っているのでしょうし、非常に厄介な相手と考えられそうです。

 

せっかく新たな姿を見せてきた訳ですし、まずはやはり真人のターンが待っているはず

虎杖も覚醒状態にはなっていますが、それでも足りないくらいの実力差を見せつけられる展開かもしれませんね。

 

呪術廻戦131話ネタバレ展開考察:虎杖に遂に宿儺の術式が刻まれる!?

ここまで皆の力でかなり真人の事を削ってきましたが、最終形態に変身した事で少なくともダメージ自体はほとんどない状態と考えられそうですね。

しかも新たな肉体はかなり屈強な感じであり、虎杖の黒閃であってもそこまでダメージを与えられるかは不明です。

これまでの真人でさえ仕留めきれていないだけに、虎杖にも何か奥の手がないと厳しそうな気がします。

 

とはいえ渋谷事変が始まり、虎杖の限界を感じられる場面も繰り返し出ていました。

今になって新技を披露するような展開は考えづらいですし、虎杖自身が何か隠し持っているような可能性はかなり低いでしょう。

 

しかしそうなってくるとやはり期待したいのは虎杖の中にいる宿儺の術式の目覚めでしょうか。

渋谷の街を粉々に斬り裂いた宿儺の術式が虎杖に刻まれたとして、簡単に虎杖が使う気持ちになれるかはわかりません。

しかし真人という因縁の相手を倒す為に使うような展開は熱いですし、そういう展開も見てみたい所ですね。

 

呪術廻戦131話ネタバレ展開考察:偽夏油も遂に動き出す!?

冥冥との戦いさえどうなったのか全く描かれていない偽夏油。

戦いの始まりは現在の時刻から1時間以上前であり、戦いが終わっていないという可能性はほぼないでしょう。

そしてその結果として冥冥が勝利したという展開もほぼ間違いなくないですよね。

 

冥冥がどうなったのかという部分は置いておいたとしても、今の偽夏油はきっと渋谷事変の最後の戦いとも言える虎杖VS真人を見ているのだと思われます。

そしてその展開次第では自ら干渉してくるという感じなのだと考えられそうです。

 

虎杖が敗れればそれはそれで良しであり、逆に真人が敗れるのであれば、真人を呪霊としてゲットする。

真人の無為転変の力は持っておきたい力のような気がしますし、そういう目論見でこの戦いを見守っているのかもしれません。

どういう結末になろうともそろそろ動き出してきそうな気もしますね。

 

呪術廻戦131話への読者の声

呪術廻戦最新話131話ネタバレ

 

『呪術廻戦』最新話131話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

呪術廻戦131話ネタバレまとめ

呪術廻戦最新話131話ネタバレ

 

真人の領域展開によって一気に状況が動く事となった今回。

東堂が戦闘不能になる苦しい展開ではありましたが、それでも暗い気持ちにならなかったのは東堂の魅力のおかげだったかもしれません

 

元々頼りになる部分と気持ち悪い部分を併せ持ったキャラクターでしたが、今回でそれが極まったような気がします。

これだけ気持ち悪いのに格好良いというのはちょっとズルいよなぁと思ったり。

 

しかし皆の力で何とか真人を追い込みやっとここまで来ました。

真人は更に新たな力を手にしていましたが、虎杖がどうやって立ち向かっていくのか注目ですね!

 

次回の『呪術廻戦』第132話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。