呪術廻戦

呪術廻戦136話ネタバレ感想!九十九と偽夏油の激突で渋谷事変の戦いも最終局面へ!?

呪術廻戦136話ネタバレ最新確定!九十九と偽夏油の激突で渋谷事変の戦いも最終局面へ!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話136話のネタバレと感想、展開考察です!

 

自らの術式の影響で虎杖が自分の弟なのだと確信した脹相

お兄ちゃんとして裏梅と偽夏油に勝負を挑み、仲間達も五条悟を奪還するべく攻め立てるも、裏梅の氷の術式によってまとめて動きを封じられてしまう事に

裏梅の圧倒的な術式の前に窮地に陥る虎杖達を救ったのは東堂の師匠であり特級術師の一人の九十九由基でした

九十九の登場で戦いの行方はどうなる!?

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話136話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

アニメ版の『呪術廻戦』も制作MAPPAでかなりアツい!

アニメの前に『呪術廻戦』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

呪術廻戦最新話136話ネタバレ

2021年1月に『呪術廻戦』待望の14巻が発売されました!

最新刊を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

初回登録時は31日間無料でアニメや映画も見放題作品がたっぷり!今すぐチェック!

U-NEXTで今すぐ読む

↑無料で読める!↑

 

 

呪術廻戦136話ネタバレ

呪術廻戦最新話136話ネタバレ

 

『呪術廻戦』136話

「渋谷事変53」のネタバレが下記となります!

 

呪術廻戦136話ネタバレ:二人が目指す人類のネクストステージ!!

裏梅の攻撃から虎杖達を守りながら登場した特級術師の九十九由基

彼女は偽夏油に対してかつて本物の夏油と交わしたのと同じように、世界から呪霊をなくす方法について語りだします。

その為にどんな方法を取ったとしても、それは人類を一つ上の段階へと進めてしまうようなもの。

 

人類にとってネクストステージに引き上げる為のその方法を、九十九は呪力からの脱却だと語ります。

しかしそれを否定した偽夏油は呪力の最適化なのだと返します。

 

九十九の語る脱却プランは、12年前に禪院甚爾が死んだ時点で捨てたものだと思っていた偽夏油。

しかし九十九は初心に還って脱却プランを進め、一方で最適化プランには大きな穴があるのだと感じていました。

 

海外では日本に比べて呪術師や呪霊の発生が極端に少ない。

逆に言えば発生が多い日本で最適化のプランを実現する為には天元の結界が必要不可欠

天元を利用するという事は、呪力が最適化されて術師となるのはこの国の人間限定であるという事。

 

それはつまり呪力というエネルギーを日本が独占するようなものであり、そうなればアメリカや中東諸国も黙ってはいない。

生身の人間がそのままエネルギー源となる訳で、そうなれば沢山の不幸が生まれてしまうのは想像に難しくはない。

そんな未来を九十九は、自分の描く理想の未来とはかけ離れた世界だと感じていました。

 

 

かつての九十九は偽夏油の言葉通り脱却プランを諦めていましたが、最適化プランの問題もあったりとこの12年で考えを変えたようです

日本と海外の呪いの違いや、呪力を日本が独占した場合の問題点など、話が一気に大きくなってきた気もします。

呪力というファンタジーなものを扱ってはいるものの、それによって引き起こされる問題などは非常にリアルなんですよね・・。

 

呪術廻戦136話ネタバレ:遠隔での無為転変によって津美紀目覚める!?

そもそも九十九とは違い、自分は呪霊のいない世界や平和も望んでいないのだと語る偽夏油。

彼は術師や非術師、そして呪霊などの全ては人間という呪力の形の可能性なのだと考えていました。

それでいてその可能性はまだこんなものではないとして、偽夏油は自らも生み出そうとした事も。

 

しかし自分から生み出すというやり方では、どうしても自分の可能性の域が出ないとも偽夏油は感じていました。

だからこそ、自分が創るべきものは自分の手から離れた混沌の中にあるのだと。

 

そんな風に語りながらも、既に術式の抽出は済ませていると語る偽夏油。

その言葉で魂に干渉出来る術式を持つ真人の存在を思い出したものの、偽夏油に取り込まれてしまったと知って驚く九十九。

 

偽夏油はそんな中で地面に対して真人の術式だった「無為転変」を放ちます

その術式は地面から広がり上空にも広がっていく事に。

それを見た九十九はこの術式が遠隔で発動されているのだと気づくのでした。

 

虎杖との戦いを通して大きく成長した真人を取り込めた事で、虎杖に感謝さえする偽夏油。

そんな彼は既にマーキング済の2種類の非術師に対して遠隔で「無為転変」を施したのだと語ります。

 

その言葉の通り「無為転変」の術式はとある病室で眠り続ける一人の女性の元にも届きます。

寝たきりになっていたその女性の名前は伏黒津美紀

彼女はずっと閉ざしていたその瞼を開くのでした。

 

 

遠隔での無為転変とか反則過ぎるだろ・・・とか思ってたらとんでもない展開になってしまいましたね。

まさか伏黒津美紀が偽夏油によってマーキングされてしまった人物だったとは・・・!!

しかしこれはなんだか今まで以上にヤバい展開になるとしか思えませんね!

 

呪術廻戦136話ネタバレ:1000人の悪意を持った者達による殺し合い

虎杖のように呪物を取り込ませた者や、吉野順平のように術式を持ってはいるものの脳の構造は非術師の者。

偽夏油は今回の「無為転変」でそれぞれの脳を術師の形に整えていました。

前者は器としての強度を高め、後者には術式を発揮する事が出来るように。

 

そして呪物達の封印もあっさりと解いてしまう偽夏油。

彼は目覚めた者達に、呪力への理解を深める為に殺し合いをしてもらおうと考えていました。

 

彼らは偽夏油が厳選した人間や呪物達。

それはまるで1000人の虎杖悠仁が悪意を持って世に放たれたようなもの

 

九十九は力を与えただけでは人々が殺し合いをする事などないだろうと否定するも、偽夏油は当然そうなるように仕込んでいるのだと語ります。

口では勝てずに腹を立てて偽夏油をボコろうと虎杖に持ちかける九十九でしたが、そもそも虎杖達は氷によって動けない状況。

 

しかし次の瞬間何故か虎杖達を拘束していた氷は解けていき、術式を放った裏梅の方は何故か苦しんでいました。

反転術式で肉体を再生させただけに、何らかの毒による効果だと悟る裏梅。

裏梅は脹相の放った「穿血」によって血が混じった事で毒のダメージを食らっていました。

 

そのおかげでなんとか動けるようになり、なんとか体勢を立て直す一行。

既に東堂や真依、三輪は九十九の仲間が保護しているとの事で、皆は総員で偽夏油に挑む事になるのでした。

 

 

ようやく偽夏油の本当の目的が判明した感じですが、これはちょっと最悪過ぎますよね。

ある意味では目的がないというか、大きな実験をする自体が目的みたいな気がしますし。

しかも伏黒恵の姉である津美紀もヤバい状態になったという事で、これはもう最悪で悲しすぎる姉弟対決みたいな展開も考えられそうで怖すぎます・・・。

 

呪術廻戦136話ネタバレ:再び訪れる呪術全盛の平安の世

何とか偽夏油に立ち向かおうとする一行に対して、まだ話は終わっていないのだと余裕を見せる偽夏油。

偽夏油が配った呪物は千年も前からコツコツと契約した術師の成れの果て

しかし契約したのは術師だけではないのだと偽夏油は語ります。

 

これがこれからの世界なのだと語りながら、地中から大量の呪霊達を呼び寄せる偽夏油

そんな彼の手にあったのは五条悟を封印した獄門疆

 

それを手にしたまま偽夏油は、虎杖に対して期待していると言い残します

更には虎杖の中にいる宿儺へも語りかける偽夏油。

 

再び呪術全盛の平安の世が始まる

混沌を生み出しながら偽夏油は宿儺にそう呼びかけるのでした。

 

 

これからの世界という事で呪霊を呼び出したという事は、こんな風に呪霊が溢れかえっている世界にしたいという事なのでしょうか。

何故か虎杖に期待をしていたりと、まだまだ偽夏油のプランの中には虎杖の存在があるようですね。

彼がまだ何者なのかはわかっていませんが、1000年前から生きているのであれば宿儺とも当然知り合いなのでしょうね

 

―――次回137話に続く!

 

呪術廻戦136話ネタバレの感想考察

呪術廻戦136話ネタバレ

 

混沌としていた渋谷での戦いが更にヤバすぎる状態になってしまった今回。

まさかこの最悪の状況から更に悪化していくとは思いもしませんでしたよね・・・

 

新たな情報盛り沢山

京都勢の参戦や脹相お兄ちゃんの登場によって先延ばしにされていた偽夏油の話。

それが今回でようやく語られる事になりましたが、それにしたって新情報がめちゃめちゃ多かったですね!

 

日本が海外に比べて呪術師や呪霊が多い事や、偽夏油の最適化プランだと日本の人間が全て術師になるという事。

呪力というエネルギーを独占してしまえば他の国との争いが生まれて地獄のような状況になってしまう事・・・などなど一気に世界観が広がった感じがしました

 

それでいて偽夏油は本物の夏油とは違い、別に呪霊をなくそうとしている訳ではないというのがまた面倒くさい所。

具体的に何が目的という所は明らかになっていませんが、とりあえず混沌を生み出す事でそれによって何かが完成していく事を期待しているという感じでしょうか。

とにかくマッドサイエンティスト感があって本当に迷惑すぎる奴ですよね。

 

津美紀が敵になる最悪な展開も??

早速今回真人から抽出した「無為転変」を使う事となりました。

しかも遠隔発動という事でめちゃめちゃ反則気味でしたが、虎杖との戦いで真人が強くなった事にも意味があるというのが上手い作りですよね。

 

しかし何よりも衝撃的だったのが伏黒津美紀の登場です!

まさか彼女がターゲットとされていたとは思いもしませんでしたし、これはもう最悪中の最悪としか言えません。

 

偽夏油は津美紀を含めた1000人の術師&呪物達を争わせる事で混沌を生み出していくつもりのようです。

つまり津美紀も誰かと殺し合う展開が待っている可能性が高く、こうなってくると本気の地獄展開が考えられるでしょう。

姉を何より大切に思う伏黒恵がこの事実を知ってしまったら精神が崩壊してもおかしくありませんよね・・

 

今回のラストは偽夏油がこの場から去っていく流れとなっていました。

ここからではどうやっても五条悟を取り戻す事は難しいでしょうし、偽夏油の勝ち逃げという形で渋谷事変の物語も一旦幕を下ろしそうな気がします。

正直その後の展開なんて全く想像出来ない感じとなっていてめちゃめちゃ恐ろしいですよね・・・。

 

呪術廻戦136話ネタバレ展開考察

呪術廻戦最新話136話ネタバレ

 

ここからは、『呪術廻戦』最新話136話、そして137話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

呪術廻戦136話ネタバレ展開考察:九十九由基の術式とは!?

虎杖達を圧倒していた裏梅の氷の術式をいとも簡単に防ぎきった九十九。

どういう術式で攻撃を防いだのかは不明ですが流石に特級術師と思わせてくれますよね

 

よく見ると最後に登場した九十九の頭の上には蛇のような呪霊のようなものが浮かんでいます。

実際に呪霊なのか式神なのかはわかりませんが、これと同じようなものが以前東堂の過去に九十九が登場した際にも描かれていました

 

それだけにこの蛇っぽい奴が九十九の式神なり呪霊であり、それを操る感じの術式という可能性は高そうです。

とはいえそこまで大きくもない蛇一匹で巨大な氷全てを防いだとも思えませんし、彼女の余裕からしても色々な力を隠し持っていそうな気もしますね。

流石にここで偽夏油と本格的に戦うという事はないでしょうが、特級術師としての凄みを見せて欲しい所ですね。

 

呪術廻戦136話ネタバレ展開考察:渋谷事変の終わり

まさかのタイミングでの登場となった特級術師の九十九由基。

様々な戦力が参戦してきた渋谷事変ですが、流石にこれが最後の増援となるでしょう。

とはいえ九十九が五条悟の入った獄門疆をあっさりと取り返すとも思えません

 

偽夏油にも裏梅にもそれぞれもう少し目的はあるのでしょうが、流石に九十九という得体の知れない相手を前に無茶は出来ないはず。

それだけにここはどちらも痛み分けという感じで終わりそうな気がします。

 

偽夏油としては五条を封印出来た事で最低限の目的は達成しているはずですし、裏梅は宿儺の復活が目的でしょうが、少なくともこの場で復活とはならないでしょうしね。

渋谷という場所やそこに集まった人々、術師それぞれの体や心に大きな傷を残した渋谷事変もそろそろ幕を下ろすのではないでしょうか。

 

呪術廻戦136話ネタバレ展開考察:虎杖と九十九由基の逃亡編開始!?

とりあえず九十九という頼れそうな人物が登場してきた事で、流石にこれ以上味方側にも大きな被害は出ないはず

しかしそうなると、やはり問題となるのは虎杖の死刑問題ですよね。

何かしら虎杖をどうしても生かしておかなければならない理由なんかが突如として出てきたりしない限りは、高専側としては死刑を遂行したくなるでしょうし。

 

そうなってくるとここで虎杖を大人しく高専側に帰してしまうというのも微妙な気がします。

とはいえ虎杖には行く宛もありませんし、ここは誰かが虎杖を連れて逃げるという展開も考えられそうです。

 

今回の描写を見ているとその役目を脹相が果たすという可能性もありそうですが、本当に虎杖が脹相の弟かどうかは定かではありません。

そもそも虎杖は脹相の本当の弟である壊相を殺している訳ですし、何かあったら再び殺し合いになってもおかしくなさそうですし。

 

そうなってくるとやはり今回登場した九十九が虎杖を連れて逃亡するという展開がしっくり来ますね

研究者タイプの九十九にとって虎杖は調べる価値のある特別な人間だと思われます。

普段高専とも距離を取っている九十九が虎杖を匿う形となれば、高専側としても中々手出しは出来ないような気がしますね。

 

呪術廻戦136話への読者の声

呪術廻戦最新話136話ネタバレ

 

『呪術廻戦』最新話136話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

呪術廻戦136話ネタバレまとめ

呪術廻戦最新話136話ネタバレ

 

五条悟を取り戻す為の戦いが描かれていた今回。

裏梅が予想以上に圧倒的な強さを持っていたり九十九が登場したりと見どころたっぷりでしたが、やはり完全なるお兄ちゃんとなった脹相が面白すぎましたね!

 

存在しない記憶問題があるので虎杖と脹相の関係はまだ確定出来る程でもありません。

しかし今回の脹相は完全に虎杖のお兄ちゃんとなっていて、なんだか一気に面白いキャラになってしまっていました

 

今の人間サイドでは最強戦力の一人である九十九が登場してきた事で、長かった渋谷事変の物語にも終わりが近づいてきているはず

大きな被害を生み出したこの戦いの最後がどういう形になっていくのか注目ですね!

 

次回の『呪術廻戦』第137話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。