呪術廻戦

呪術廻戦151話ネタバレ感想!直哉の切り札で真希がまさかの大苦戦!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話151話のネタバレと感想、展開考察です!

 

真依の命と引き換えに生み出された刀と共に歩みだした真希

そんな真希を止めるべく禪院家は躯倶留隊を差し向けるも相手にはならず、禪院家最強の術師集団である「炳」が立ちはだかる事に

強力な術式で真希を攻撃するも通じず、全てを斬り伏せた真希の前には「炳」の筆頭である直哉が現れるのでした。

真希と禪院家の戦いの結末とは!?

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話151話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

なお呪術廻戦の次巻16巻は2021年6月4日発売予定です!

呪術廻戦ブームにつき、全国の書店では紙媒体の単行本売り切れが続出していますが、Amazonなどで早めにを予約してしまいましょう!

▼関連リンク▼
呪術廻戦16巻を予約・購入する

 

呪術廻戦151話ネタバレ

呪術廻戦最新話151話ネタバレ

 

『呪術廻戦』151話

「葦を啣む-肆-」のネタバレが下記となります!

 

呪術廻戦151話ネタバレ:真希との戦いと直哉の甚爾への想い

幼い頃から自分が天才であると自覚し、次の当主は自分なのだと言われて育っていた禪院直哉

そんな直哉は禪院家には男のくせに呪力が1ミリもない落ちこぼれがいると知ります。

 

どんなショボくれた人で、どんな惨めな顔をしているのか?

楽しげにその人の元へ向かうも、そこで見てしまったのはあまりにも圧倒的なオーラを纏った禪院甚爾

呪力ゼロとは思えないその男に直哉は圧倒されていたのでした。

 

そんな過去の事を思い出しながら覚醒した真希と戦っていた直哉。

父親である直毘人と同じ投射呪法による凄まじいスピードで真希を圧倒。

直接真希に触れる事でフリーズさせ、動けない真希に強烈な打撃を叩き込みます。

 

覚醒した真希でさえついていけない速度で連続攻撃しながらも、直哉は改めて思っていました。

オマエは甚爾君ではないのだと

 

 

流石に覚醒した真希が強すぎるだけに瞬殺されてしまうんじゃないかと心配していた直哉

しかし予想外に善戦しているというか、むしろ真希を圧倒さえしていましたね。

そんな直哉も呪力ゼロの甚爾によって影響を受けていたというのがちょっと意外で、彼はおそらく甚爾に憧れさえ抱いていたのでしょう。

 

呪術廻戦151話ネタバレ:五条悟や禪院甚爾の側に立つ為に

雑魚の罪は強さを知らない事だと考えていた直哉。

そんな直哉には、誰も甚爾の事を理解していなかったように見えていました

五条悟を除いては

 

それだけに真希を圧倒しながらも、直哉は心の中でオマエではないと繰り返します

五条悟や禪院甚爾の側に立つのは真希ではなく自分なのだと

真希を地面に叩きつけて休む事なく激しい攻撃を続ける直哉に、流石の真希にもかなりのダメージが。

 

直哉の術式である投射呪法は物理法則や軌道を無視した動きは作れず、速度も術式発動時の加速度には上限が。

しかし絶えず術式を重ねれば重ねる程に出せる速度は上がっていくという一面も

 

それだけに直哉はもう止まらないと決めていました。

脹相に敗れた時のようなヘマはもうしないのだと。

 

力は重さと速さであると考えていた直哉

術式を重ね続けて最高速度で真希を仕留めようとしていました

 

 

禪院家が大変な事になってますが、直哉としては憧れた甚爾と真希は違う事を証明したいのでしょう

彼からすれば甚爾は五条悟と同じ側に見えたのでしょうが、実はそこにも結構大きな壁がありそうな気がしたり。

術師としては十分すぎるくらいに強そうですが、甚爾を見てしまったからこそ歪んでしまったのかなぁと思ってしまいますね。

 

呪術廻戦151話ネタバレ:真っ向勝負と紛いのない勝利の一撃

真依の命と引き換えにして呪力から脱却した真希の鋼の肉体。

しかし扇から受けた傷と「炳」との連戦により、真希の肉体にも大きなダメージが蓄積していました。

直哉は既に亜音速を超える程に加速していて、長期戦は不利だと真希も考えていました。

 

それだけに真っ向勝負の証とばかりに、両手を叩いてそのまま広げた真希。

「不知火型」で待ち構える真希は、直哉に対して抱いてやるよと挑発します

しかし直哉はそんな真希に触れるだけで通り過ぎていく事に。

 

投射呪法発動中は掌で触れたものも24分の1で動きを作らなければならず、それに失敗するとフリーズしてしまう

一方の直哉は依然としてトップスピードを維持した状態。

真希が自分の攻撃を真っ向から受け止めるつもりだったと予想し、そんなみえみえの誘いには乗らないと考えていました。

 

やはり真希は偽物だと、背後からトドメを刺そうとした直哉

しかし真希はフリーズする事なく背後から迫る直哉に対応します。

 

渋谷事変で共闘した直毘人の動きを見ていた真希は、その速さに違和感を感じていました。

覚醒した真希は直哉が1秒に24回動きを刻んでいた事に気づき、フリーズする事なく直哉の動きに合わせて拳を叩き込むのでした

 

攻撃を合わされながらも真希を偽物だと叫ぼうとしていた直哉。

しかしその叫びは真希には届かず、真希は倒れた直哉にもう一回言ってくれと言い放つのでした

 

 

今の真希をかなり追い込んだだけでも凄いんじゃないかと思いますが、残念ながら一歩届かずの直哉。

そもそも彼としてはもう真希に戦いを挑む必要さえもなかったはずで、戦いを挑んだのはあくまでも甚爾に思い入れがあったからなんですよね。

そういう部分は五条に戦いを挑んでしまった甚爾にも似ているようにも思えてしまったり。

 

 

―――次回152話に続く!

 

呪術廻戦151話ネタバレの感想考察

呪術廻戦151話ネタバレ

 

直哉視点で真希との戦いが描かれた今回。

最悪なクズキャラかと思われていた直哉が意外にも熱いキャラだったのも印象的でしたね

 

直哉が甚爾に受けた影響

これまでも会話の中で何度か甚爾の名前を出していた直哉。

しかしまさかこんなに甚爾に影響を受けていたとは思いませんでしたね

 

禪院家の落ちこぼれだと思って見に行ったものの、実際には甚爾が禪院家の誰よりも凄い人だったという事に直哉は気づいてしまったのでしょう。

術式を重要視する禪院家だというのに、術式どころか呪力もゼロなのに誰よりも強い甚爾の存在は直哉の価値観をぶっ壊してしまったのかもしれません。

 

そう考えていくと、直哉が真希をいじめていたのもちょっと違う感じに思えてきます。

憧れていた甚爾と同じ天与呪縛を持っていた真希を否定したいという気持ちが強かったのかもしれません。

今回もずっと真希を偽物扱いしていましたし、なんだかちょっと直哉を見る目が変わりましたね

 

強すぎる投射呪法

正直前回の時点では覚醒した真希には惨敗しそうだなぁと思っていました。

しかし実際にはむしろ直哉の方が真希を圧倒しているくらいでしたね

 

その強さの源となっていたのはやはり彼の術式である投射呪法。

術式を重ねる事でどんどん速度も上がっていくようで、最終的には亜音速を超える程となっていました

力とは重さと速さという割と普通の理論を語っていましたが、重たいものが超速で飛んできたらそりゃ怖いですよね。

 

亜音速というのはマッハ0.8くらい?との事で、秒速で言えば300メートル弱だそうです。

新幹線よりもずっと速く飛行機レベルという事で、もはや速いとかそういうレベルじゃないですよね。

使いこなせれば大抵の相手を圧倒出来るでしょうし、真っ向勝負で直哉に勝てるキャラなんて限られているでしょう。

 

とはいえ弱点は動きを決めてしまっている事でしょうか。

今回のようにカウンターを合わされたら対応出来ない訳ですし、脹相戦のように広範囲の攻撃をされると困ってしまいそうな気はします。

 

皮肉な戦いの結末

完全に真希を圧倒していたものの、投射呪法によるフリーズに対応された事で敗れた直哉

覚醒した今の真希であれば直哉が1秒間で24回動きを刻んでいた事も見えていたんですね。

それによって強烈すぎるカウンターを顔面に食らってしまいました。

 

今の真希のパワーは甚爾並だとすれば、普通の打撃でも一発KOレベルのはず

しかも今回は直哉自身が加速していた訳で、重さと速さが全部自分に返ってきてしまっているのがキツイ所です。

完全に顔面が潰れてしまっているので死んでしまっていてもおかしくはありませんね

 

しかし直哉は顔にも大きな火傷の痕が残った真希の事を馬鹿にしていました。

取り柄の顔もグズグズだったら誰も真希の事なんか眼中にないのだと

そんな事を言っていた直哉の顔面が完璧にグチャグチャにされるという結末は中々皮肉でもありますね。

 

とはいえこれだけ強い術式を持っていた直哉ですし、内面の部分を知ってしまうとこれで終わるのは勿体ない気もします

良いキャラしているので、生き残って今後は甚爾の息子である伏黒と絡みがあったりしたら面白いのではないでしょうか。

 

呪術廻戦151話ネタバレ展開考察

呪術廻戦最新話151話ネタバレ

 

ここからは、『呪術廻戦』最新話151話、そして152話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

直哉の切り札で真希が窮地に陥る!?

家族だけではなく一族が全滅しそうになっている禪院直哉。

しかしその割には余裕そうにしていて、真希の今の力が理解出来ていないんじゃないかと心配になりますよね

 

自分が下に見ている真希だからこそ舐めているという可能性もありますが、「炳」の筆頭として登場している以上は流石にそこまで簡単にやられはしないはず

とはいえ直哉は既に脹相に敗北していて、今の真希に勝てるとも思えません。

 

もしかすると直哉に何かしらの切り札があるという可能性はありそうな気がします。

実は領域展開を使えるという可能性も少しはあるかもしれませんが、元々速さに特化した術式が必中になっても微妙な気もしちゃいます。

 

それだったらむしろ禪院家の忌庫から有用な呪具を持ってきておいたという方が可能性が高い気もしますね。

強力な呪具を持っていれば自慢のスピードも活かせるでしょうし、そんな武器があるからこそ自信満々なのかもしれません。

 

禪院家の終焉と上層部の動き

真希と直哉の戦いがどうなったとしても、これで禪院家はほぼ崩壊したと言えそうです。

御三家の一つというだけあって今回登場した術師以外にも戦力は多いのでしょうが、流石にトップを失えばボロボロでしょうからね。

 

しかし禪院家がそんな状況ともなれば、呪術界の上層部も動いてきそうな気はします。

真希が謀反を起こしたともなれば呪術界からの追放となり、夏油のように呪詛師として扱われるなんて事も考えられるでしょう。

死滅回遊に参加したとしても、真希を直接狙ってくる上層部からの刺客なんかも登場していくのかもしれません

 

狗巻棘の物語が描かれる!?

パンダに続いて真希のエピソードが描かれている以上、真希のエピソードの次に描かれるのは狗巻棘のエピソードだと思います。

正直ここまで棘に関するエピソードはほぼ描かれておらず、それだけに一度は彼が主役となる回が描かれるような気がします。

 

ここまでパンダと真希で共通しているのは、自分にとって大事な人を失っているという事。

だとすれば棘も二人と同じ様に誰か大切な人を失うのかもしれません。

 

とはいえ棘のバックボーンはほとんど描かれておらず、彼にとって仲間達の他に誰が大切な人なのかもわかっていないんですよね。

呪言という特殊な術式を持った彼の一族なんかが描かれる事にも期待したいです

 

呪術廻戦151話への読者の声

呪術廻戦最新話151話ネタバレ

 

『呪術廻戦』最新話151話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

呪術廻戦151話ネタバレまとめ

呪術廻戦最新話151話ネタバレ

 

真希のあまりにも強すぎる姿が描かれた今回。

一番大切なものを失った事でこれだけ強くなってしまうのだから皮肉でもあり辛い展開でもありましたね

 

禪院家の組織なんかも描かれていて、流石御三家と思う場面もありました。

しかし登場するなり真希に全て壊されてしまい、圧倒的過ぎる強さはやはり恐ろしいものなのだと納得出来てしまったり

 

真希もここまでやってしまえばもう止まる事は許されないといった感じでもあります。

直哉との戦いの後で彼女に何が待っているのかという部分にも注目したいですね!

 

次回の『呪術廻戦』第152話を楽しみに待ちましょう!

また呪術廻戦の次巻16巻は2021年6月4日発売予定ですが、もう予約はお済みですか?

大ブームにつき、全国の書店では紙媒体の単行本売り切れが続出していますが、Amazonなどで早めにを予約してしまいましょう!

▼関連リンク▼
呪術廻戦16巻を予約・購入する

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。