鬼滅の刃

鬼滅の刃165話ネタバレ!時透と上弦の壱黒死牟の関係が明らかに!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『鬼滅の刃』最新話165話のネタバレと感想考察、展開予想です。

 

猗窩座との戦いを終えた炭治郎と義勇が次の戦いに備えて準備をしていると、鎹鴉がカナヲ達が上弦の弐を撃破した事を伝えにくる。

 

上弦の肆と対峙した甘露寺と伊黒は、上弦の肆が奏でる琵琶によって動く壁と床のおかげで近づくことすらできず苦戦していた。

一方、時透と悲鳴嶼は突如飛び出してきた壁によって離れ離れにされてしまい、時透は飛ばされた先で上弦の壱である黒死牟と対峙してしまうのだった。

果たして黒死牟相手に、時透は一人で戦い、勝つ事が出来るのでしょうか?

 

それでは、気になる『鬼滅の刃』最新話165話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

鬼滅の刃165話ネタバレ:前回164話感想考察

鬼滅の刃165話ネタバレ

 

今回は甘露寺と伊黒の戦闘が中心でした。

 

上弦の肆との戦いですが、琵琶を鳴らされると部屋の壁や床が移動してしまうというとっても厄介な能力で、攻撃を与えるのも難しそうです。

ですが能力的には大した事はなさそうなので、二人がやられてしまうことはなさそうな気がします。

 

それよりも、時透と悲鳴嶼です。

特に時透は最後、悲鳴嶼と離れてしまい一番ヤバい鬼と思われる黒死牟に遭遇してしまったのです。

 

悲鳴嶼と一緒ならばまだ安心できたのですが、時透一人で黒死牟と戦って無事に過ごせるとは思えません。

早く誰かが時透の元に駆けつけてくれるのを祈るのみです。

 

鬼滅の刃165話ネタバレ

鬼滅の刃165話ネタバレ

 

『鬼滅の刃』165話

「愕然と戦慄く」のネタバレが下記となります!

 

始まりの呼吸の剣士

上弦の壱の黒死牟がじっと時透を見つめる。

時透の肉体を6つの眼で透視した黒死牟は呟く。

 

一方、時透は黒死牟を前に動悸し冷や汗をかいた。

 

 

他の上弦とは比べものにならないくらいの重厚な様と威厳。

 

刀を抜こうとする時透は怖気がした。

手がブルブルと震え、体が戦闘を拒否している。

 

時透は禍々しいオーラを放つ黒死牟を前に、こんなことは生まれて初めての経験だった。

 

名を聞かれた時透は、時透無一郎と答える。

すると、継国の名は絶えたのだなと納得した表情の黒死牟。

 

継国が誰のことかわからない時透。

 

自身が子孫だった事実に驚愕する時透。

子孫だとするならば、黒死牟は始まりの呼吸の剣士だという事になる。

 

時透が動揺を鎮めると、黒死牟は精神力も申し分ないようだと感心した。

 

月の呼吸

霞の呼吸弍の型、八重霞で斬りかかった時透だったが、あっさり交わされてしまう。

 

 

時透は構わず更に伍の型で斬りかかる。

だが、それすら幻影を斬ったかのようにフッと交わされる。

 

時透の背後に回った黒死牟は時透に話しかける。

 

自分に怯みはしたもののそれを押さえ込み斬りかかる時透の胆力に感心する。

 

おちょくってるかのような言葉に静かに答える時透。

霞の呼吸漆の型である朧を発動する。

 

独特の緩急で動きが読みづらい撹乱を兼ねた流麗で美しい技である朧を良い技とし、無一郎が編み出した技なのだろうと感じた黒死牟は、此方も抜かねば無作法と言い刀を抜いた。

 

月の呼吸壱の型

闇月・宵の宮

 

技を繰り広げた黒死牟。

切り落とされた時透の左腕が宙を舞う。

 

圧倒的な強さ

月の…呼吸…!?

 

鬼となっても呼吸による剣技が使えるのかと、異次元の速さで繰り広げられた黒死牟の技に、一瞬で切り落とされた自分の左腕を止血しながら時透はすぐさま反撃体制に入る。

 

その様に素晴らしいと感心する黒死牟。

 

霞の呼吸移流斬りで斬りかかった時透だっだが、黒死牟は時透の刀を奪い時透の肩を刺し身体ごと柱に突き刺した。

 

そして黒死牟は静かに時透に告げた。

 

鬼滅の刃165話ネタバレ展開予想

鬼滅の刃165話ネタバレ

 

ここからは、『鬼滅の刃』最新話165話、そして166話以降で起こりうる展開を予想したものを載せていきます!

 

黒死牟と時透の関係は?

時透に会い、懐かしい気配だと言った黒死牟。

 

これが一体何を意味しているのか?

それは恐らく日の呼吸の使い手の末裔と言われる時透の祖先と黒死牟が過去に何かあったということでしょう。

 

黒死牟の姿もよく見れば以前、刀鍛冶の里で炭治郎と時透が相手をした緑壱零式に似ている気もします。

となると、緑壱零式を相手にした事のある時透は、黒死牟を相手にした時違和感を感じるのではないでしょうか?

 

時透と黒死牟の関係が明らかになり、炭治郎の家系とどう繋がりがあるのかも見えてくると思われます。

 

 

鬼滅の刃165話ネタバレまとめ

鬼滅の刃165話ネタバレ

 

次の戦いに備えて準備をする炭治郎達は、鎹鴉からカナヲ達が上弦の弐を撃破した事を知らされる。

 

その頃、伊黒と甘露寺は上弦の肆と対峙していた。

琵琶を奏でる度に壁や床が移動してくる厄介な術を使われ、なかなか上弦の肆に攻撃が出来ない二人。

 

一方、時透と悲鳴嶼は、突然動き出した壁によって離されてしまい、飛ばされた先で時透は上弦の壱である黒死牟と遭遇するのだった。

 

時透を前に、懐かしい気配がすると言う黒死牟。

日の呼吸の末裔と言われている時透と黒死牟の過去が明かされようとしていた。

次回も見逃せない展開が続きます!

 

次回の『鬼滅の刃』第166話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。