僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア304話ネタバレ感想!デクの目覚めとワン・フォー・オール!

週刊少年ジャンプの人気漫画『僕のヒーローアカデミア』最新話304話のネタバレと感想、展開考察です!

 

エンデヴァーは家族とホークス達の支えもあり、再びトップヒーローとして立ち上がる覚悟を決めました。

一方ワン・フォー・オールの謎に迫ろうとするホークスはデクと関係があることをエンデヴァーから聞くのです。

そしてそのデクはオールマイトとともに部屋で眠っており、先代たちと会話をしているのでした。

果たしてデクは目を覚ました時、さらなる成長を見せていくのでしょうか。

 

それでは、気になる『僕のヒーローアカデミア』最新話304話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

『僕のヒーローアカデミア』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

僕のヒーローアカデミア最新話304話ネタバレ2021年1月に『僕のヒーローアカデミア』待望の29巻が発売されました!

最新刊を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

初回登録時は31日間無料でアニメや映画も見放題作品がたっぷり!今すぐチェック!

U-NEXTで今すぐ読む

↑無料で読める!↑

 

 

僕のヒーローアカデミア304話ネタバレ

僕のヒーローアカデミア最新話304話ネタバレ

 

『僕のヒーローアカデミア』304話「緑谷出久と八木俊典」のネタバレが下記となります!

 

僕のヒーローアカデミア304話ネタバレ:集う継承者

オールマイトがデクの中のオールフォーワンを朧気に感じている時、デクは継承者が集結する深層心理にいるのでした。

以前は揺らぎの隙間を縫うようにしか干渉できませんでしたが、ワン・フォー・オールが急速に成長を始めたことでデクの前に現れやすくなりました。

デクは夢の中で口が上手く形成されていない為、代わりに四代目の四ノ森避影が現れます。

 

四ノ森は俗世に嫌気が差して、仙人のような生活をしていましたが、40歳で老衰で亡くなっているのです。

つまり、ワン・フォー・オールは普通の人間には扱えないということが分かったのです。

 

四ノ森は八木に次いでワン・フォー・オールの保持期間が長く、到底及ばないと察したオール・フォー・ワンの力から逃れ、力を培っていました。

そして晩年に体にヒビが入ったのですが、それは複数の個性を内包した力を所持するだけでも命を燃やしているのです。

そこでデクは四ノ森さんの時よりも大きな力をオールマイトは長い間所持していることに疑問を持ち、辿り着く答えはオールマイトが無個性ということでした!

 

 

継承者が一同に会するのは迫力を感じますね。

そこで四ノ森の推測で判明したのが、オールマイトが無個性であるという事実。

その事実はデクが無個性であることと何か繋がりがあるのでしょうか。

 

僕のヒーローアカデミア304話ネタバレ:持たざる者

個性因子に人の意識が刻まれるという話では、何故因子を持たない八木の意識がワン・フォー・オール内にあるのかが疑問だと話す四ノ森。

ずっと歴代の意識がワン・フォー・オールに宿ったものだと考えられていましたが、正確には2〜7代目の意識はワン・フォー・オールが取り込んだそれぞれの個性の因子内に宿ったものです。

八木はワン・フォー・オールそのものに意識を宿らせていたのです。

 

それは個性を持たないものこそ、最もワン・フォー・オールの真価を引き出せる形となったことがわかります。

更に歴代の個性が発言した今、普通の人には尚更渡せない力となり、デクはワン・フォー・オールの最後の継承者になるかもしれません。

そこで本題となる質問、死柄木弔を倒せるかと志村に尋ねられるのでした。

 

 

まさか無個性がワン・フォー・オールの力を一番発揮するとは驚きでした。

そしてデクが最後の継承者となるのであれば、それ相応の覚悟が必要です。

デクは死柄木を倒すことをしっかりと果たすことができるでしょうか。

 

 

ーーー次回305話に続く!

 

僕のヒーローアカデミア304話ネタバレの感想考察

僕のヒーローアカデミア304話ネタバレ

 

今回はワン・フォー・オールの力について少し明らかになりましたね。

それは無個性が一番発揮できるということでした。

つまり、デクが無個性であることはワン・フォー・オールの力を使う面において、とても重要な事実だったのです。

 

ヒーロー社会において無個性は絶滅危惧種なので、これから継承者が現れることはないでしょう。

それは、デクがこの戦いを終わらせる必要があるのです。

 

死柄木とオール・フォー・ワンという強敵にどう挑むでしょうか。

そして再び安全な社会をつくることができるのでしょうか。

 

僕のヒーローアカデミア304話ネタバレ展開考察

僕のヒーローアカデミア最新話304話ネタバレ

 

ここからは、『僕のヒーローアカデミア』最新話304話、そして305話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せています!

 

新たな力の目覚め

デクは静かに目を覚ますと、目の前にはオールマイトやホークスが見つめていました。

オールマイトやホークスでさえも、今までの雰囲気と大きく変わっているデクに気付きます。

デクは今の社会の状況や仲間達のことを聞くと、エンデヴァーに会いたいと言いました。

 

エンデヴァーとデクが会うと、その部屋を二人きりとしてわずかの時間話し合うのです。

すると二人はこれが敵を止めて、ヒーロー社会を戻すために必要であると方向性を決めました。

 

するとデクは突然個性を発現させ、まずはこの力を使いこなす時間が欲しいですと言って、エンデヴァーに修行をつけて欲しいことを言います。

エンデヴァーはそのデクの力を見ると、もしかしたらこの力こそがこれからの新しい世界を導くのだと信じるのです。

 

動き出すヒーロー

トップ3はまず市民の暴動を止めるために動き始めました。

エンデヴァーの過去について全てを明らかにし、ヒーロー達が今後再び市民を守ることを誓うのです。

壮絶な過去を聞いて反発するものもいましたが、少なからずエンデヴァーに同情するものも現れてきて、ヒーローを信じる者が増えていきました。

 

そして体制を今一度立て直し、市民が武器を取らなくてもよいように町にヒーローを再配置するのです。

確かにヒーローが辞めていったことで、実際に人員不足は否めません。

 

しかし新たな芽を育てていくことで、この不足した状況を打破できるとエンデヴァーもホークスも考えていました。

雄英高校の生徒たちは課外活動メインにヒーローを目指していき、いち早く立派なヒーローとする仕組みを作るのです。

 

死柄木の動き

一方、死柄木は着々とヒーローを殲滅させる作戦を考えていました。

そこにはオール・フォー・ワンこ意思は介在していません。

純粋に全てを破壊したいという死柄木の想いだけでした。

 

荼毘も死柄木が動き出したことで同じく動き、エンデヴァーを次こそ再起不能にすることを楽しみにするのです。

敵の仲間も増え、死柄木は新たな作戦を考えました。

それはまずデクを狙い、ワン・フォー・オールを奪い取ることです。

 

そして死柄木達はエンデヴァーやデクのいる場所へ大群を引き連れて向かいました。

 

僕のヒーローアカデミア304話への読者の声

僕のヒーローアカデミア最新話304話ネタバレ

 

『僕のヒーローアカデミア』最新話304話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

僕のヒーローアカデミア304話ネタバレまとめ

僕のヒーローアカデミア最新話304話ネタバレ

 

エンデヴァーがヒーローとして立ちあがろうとする中、デクは眠りながら先代と対話をしているのです。

果たしてどれほどまでに強くなってデクは目覚めるでしょうか。

そして強大な敵と立ち向かい、ヒーロー復権となるのでしょうか。

 

次回の『僕のヒーローアカデミア』第305話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。