逃げ上手の若君

逃げ上手の若君34話ネタバレ感想!次なる戦いで亜也子の成長が描かれる!?

逃げ上手の若君34話ネタバレ最新確定!次なる戦いで亜也子の成長が描かれる!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『逃げ上手の若君』最新話34話のネタバレと感想、展開考察です!

 

北条の世に比べて大幅に若返っていた現在の鎌倉の支配者達

足利直義は鎌倉復興と治安維持の為の手足となる関東庇番を作りあげ、全てを計算した上で鎌倉に新たな風を吹かせていました。

敵に襲撃されても一方的に片付けてしまう程の圧倒的な戦力によって北条の鎌倉は足利の鎌倉へと生まれ変わり、時行はそんな次世代の戦力に立ち向かう決意を固めるのでした。

時行は鎌倉を奪還出来るのか!?

 

それでは、気になる『逃げ上手の若君』最新話34話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

逃げ上手の若君34話ネタバレ

逃げ上手の若君最新話34話ネタバレ

 

『逃げ上手の若君』34話

「礼儀1334」のネタバレが下記となります!

 

逃げ上手の若君34話ネタバレ:小笠原貞宗からの疑惑と牽制

足利尊氏から信濃の守護を命じられた小笠原貞宗。

授かった任務は信濃に勢力を築く事、そして信濃に潜む北条の残党を探し出す事

そんな中で貞宗は、未だに証拠は掴めないながらも心当たりはあるのだと考えていました。

 

先日行われた諏訪大社の祭りにおいて信濃守護から届いた御供物。

頼重はその返礼の品を貞宗に届けるよう小笠原家の使役である赤沢新三郎にお願いします

普段はバチバチに領地を奪い合っている関係ながらも、それはそれとしてきっちり礼儀を尽くし合う関係には時行も驚き感心していました。

 

しかしそんな中で使役の赤沢は貞宗から一つ要望があるのだと語りだします。

返礼の使者として長寿丸殿に起こし願いたいのだと。

長寿丸とは時行の仮の名前であり、一同にも動揺が走ります。

 

護衛は自分達が務めるから一人で来るようにと告げる赤沢

動揺した一同に対し、諏訪家には一介の稚児をよこして困る理由でもあるのかと牽制してきます。

 

話の流れ的に正体がバレてしまったのかと焦る時行達。

頼重としては正体を隠す情報操作は完璧だったはずながら、そこはやはり切れ者の貞宗。

何らかの確証を得たのか、それとも直接会う事で確証を得るつもりなのかと予想します。

 

だからと言って断ってしまえば尚更怪しまれてしまうだけに悩む一同

しかしそこで亜也子が能天気な口調で自分も一緒に行くと宣言します。

 

小さい子供が一人きりじゃ可哀想。

そう語る亜也子は、女の子一人ついてて困る程度の小笠原家なのかと逆に挑発する事に

頼重もそんな亜也子の主張を受け入れ、翌日の朝に出発する事になるのでした。

 

 

貞宗が時行への疑いの目を強めていた今回。

あえて時行を自分達の元に呼び寄せる辺りがやり手という感じですよね

亜也子のおかげで一人きりにはならないものの、中々怖い展開になっていきそうです。

 

逃げ上手の若君34話ネタバレ:亜也子が目指すべき憧れの巴御前

去年の騒動で時行に不覚を取って以来、重要な場には不自然なくらいに時行がいる事を気にしていた貞宗

国司が関わった戦いでも時行の一党に振り回されたのだと市河も感じていました。

 

部下からの話で時行達が「ちょうじゃ党」と名乗っていると聞くと、「諜者党」だと貞宗は勘違い

諜者というのはスパイという意味であり、スパイを意味する名前をそのまま使っている事で自分達を舐めているのかと怒り心頭に

 

貞宗の諜者からの報告によれば時行が諏訪大社に入ったのは去年の事で、そうなると時期からしても益々怪しい状態。

信濃の田舎に不釣り合いな品格などから、北条一族か重臣の子だろうと想像していた貞宗

頼重がそんな幼子を諜者として活用しつつ経験を積ませているのだろうと考え、呼びつけて尋問して化けの皮を引っ剥がすのだと目を輝かせるのでした

 

出発を控えた中で、亜也子がいればなんとかなるだろうと余裕を見せていたのは頼重。

しかし時行からすれば亜也子の武力は頼りになっても、それ以外の部分はあまりピンと来ていない状態。

頼重はああ見えても機転も効くのだと語り、亜也子自身もこれしきの事で時行を護れなければ巴御前になれないのだと語ります

 

かつて信濃に木曽義仲という武将がいて、彼は幼い頃に一族を滅ぼされて信濃に落ちのび、この地で力をつけて天下を獲ったという人物

時行と全く同じ境遇で同じ目標を持った彼の郎党として共に育ち、常にその身を護ったという女傑こそが巴御前。

信濃に生まれて武を志す彼女にとっては、巴御前は目指すべき憧れの存在となっていました。

 

そんな風に巴御前を目指して何故か革袋の人形を二人も抱えていた亜也子。

巴御前は怪力で両脇に抱えた二人の武者の首をポロリともぎ取ってみせたらしく、自分もそれをやってみたいと亜也子は目を輝かせるのでした。

 

実際に革袋の人形の首をねじ切ってしまう亜也子に時行はドン引きするも、頼重は貞宗との問答こそが重要だと考えていました。

答えを誤れば命が危ういという未来も見えていて、木曽義仲も教養と気遣いに欠けた事で人身を失い滅びたのだそう。

それだけにそうはならないようにと、頼重は時行に貞宗から疑われないようにと知識を仕込んでいくのでした。

 

 

今更ながら「逃若党」が読み方的に「諜者党」と同じというのがちょっと面白いですね。

貞宗は完全に時行を疑っていて、この疑いをなんとかするのは相当大変そうです。

一方で巴御前を目指しているという亜也子ですが、やってる事は完全に脳筋キャラなだけに今回どんな活躍をしてくれるのか楽しみですね。

 

逃げ上手の若君34話ネタバレ:文武両道の貞宗から言葉で逃げ切れ!!!

翌日になり信濃松本の守護館へとやって来た時行と亜也子。

貞宗の部下達から好奇の目で見られるも、平静を装いながら貞宗のいる場所までやって来ます。

 

時行を貞宗の部屋へと通すと、部屋の前で控えておくと語る赤沢。

隣に座る亜也子に年齢を尋ねると、9歳という事に驚きながらも危うく妾に誘う所だったと気味の悪い笑みを浮かべます

大人の女と見紛うような体だと語る赤沢にドン引きしながらも、亜也子は冷静によく言われますと返すのでした

 

その一方で威圧感たっぷりに待ち構える貞宗の前にやって来た時行。

貞宗の威圧感に負けてはならないと気持ちを改めます。

自分は北条の子であり諏訪大社の名も背負ってきているのだから、貞宗に舐められる訳にはいかないのだと。

 

そんな考えの元でどっしりと座って見せる時行でしたが、正座姿の貞宗からは座を正すようにと言われてしまいます

敵の前だから大きく見せて座ったのだろうがそれは逆であり、命を奪う敵だからこそ奪う命には敬意を払えと

 

この時代は男も女も胡座か立膝がほとんど。

江戸時代になって一般化した正座は小笠原貞宗が纏め上げた礼儀作法に基づいているとされるもの

 

後々にそれだけ影響を与えた貞宗とは文武両道であり百戦錬磨の信濃守護

それだけに時行は舐めていたのは自分の方だと同じく正座の姿勢を取ります

 

これから始まるのは言葉の戦。

言葉で逃げなければ言葉で射抜かれるだろうと覚悟を決めるのでした。

 

 

亜也子を大人の女性と見間違えたと語る赤沢はめちゃめちゃ気持ち悪い奴ですが、亜也子もそれに対して冷静に対応していましたね。

一方で自分を大きく見せようとした時行は速攻で貞宗から正すようにと言われてしまう事に。

貞宗は正座を一般化させる元を作ったという事で、進めば進む程に歴史上の大人物なのだという事が伝わってきますね

 

―――次回35話に続く!

 

逃げ上手の若君34話ネタバレの感想考察

逃げ上手の若君34話ネタバレ

 

貞宗に時行の素性が疑われる事になってしまった今回。

武力でどうこう出来る問題ではないだけにこれまでとは違うピンチを迎えてしまいましたね

 

領地を奪い合う敵同士の関係である頼重と貞宗。

一応礼儀は尽くし合っているようで、大人の関係で対応しているようです。

 

しかし返礼の使者として時行を招くというやり方は中々にエゲツないやり方ですよね。

完全に時行を疑っていると言っているようなものですし、時行が北条関係の人物だとほとんど確信しているようなものですし。

とはいえ頼重も貞宗に疑わせるだけの材料を与えてしまっていた気もしますが

 

今回のエピソードでは亜也子にもスポットが当たりそうで、彼女が巴御前に憧れている事が明らかに

木曽義仲は時行と同じ境遇であり、亜也子はそんな義仲の郎党としてその身を護り続けた巴御前のようになりたいんですね。

とはいえ憧れのポイントがちょっとズレているようにしか思えませんし、なんだかんだちょっと心配なキャラでもありますが。

 

小笠原家の使役としてやって来た赤沢でしたが、亜也子を大人の女だと見間違うと発言していたりと結構ギリギリなキャラですね。

亜也子にはこいつを痛い目に遭わせて欲しい気もしますが、流石に今回はそういう展開にはならないんでしょうか。

 

ラストでは貞宗の前にやって来た時行が礼儀について諭される事に

貞宗が正座の元になるものを作っていたというのも驚きで、貞宗が歴史に名を残す大人物なのだという事が次々と理解出来てくるのが面白いです。

これまでとは違う言葉での攻撃を時行がどう回避していくのか注目ですね!

 

逃げ上手の若君34話ネタバレ展開考察

逃げ上手の若君最新話34話ネタバレ

 

ここからは、『逃げ上手の若君』最新話34話、そして35話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

逃げ上手の若君34話ネタバレ展開考察:死にたがりの武士を更に仲間に!?

今回は現在の鎌倉の状況が描かれましたが、足利直義とその部下達の戦力は圧倒的な状況でした。

時行も郎党達と共に成長して優秀な仲間を増やしてはいるものの、流石にまだまだ戦力は足りていない気がします。

 

それだけに時行としてはまだまだ戦力を揃えておきたい所でしょう。

保科党を仲間に加えたように、死にたがりの武士達を生きたがりに変えて仲間にしていく必要がありそうです。

 

とはいえ今後の時行に関する歴史の部分を見ていると、主要な登場人物は結構揃ってきているんですよね。

それだけに歴史に名前が残されていない本作オリジナルのキャラなんかが増えていくのかもしれません。

 

逃げ上手の若君34話ネタバレ展開考察:亜也子の成長イベント開始!?

保科弥三郎を逃がす為の戦いにおいて、非常に大きく成長していた狐次郎。

逃若党の副将という立ち位置を確立したようでもあり、保科党の戦力との関係性も深めていたりと、あの戦いは狐次郎にとって本当に意味のある戦いだったと言えるでしょう。

 

しかし一方でその戦いに参戦していなかったのが狐次郎と同じ初期メンバーである亜也子

狐次郎が大きく成長した以上は、亜也子にも何か成長イベントが待っていて欲しいですよね。

 

亜也子は年齢にしては体が大きく狐次郎よりもパワーのあるタイプ。

とはいえ大人の男に比べればパワーで勝る事も出来ないはずで、そうなってくると成長の方向性も難しい気がします。

狐次郎ともまた違う亜也子ならではの成長なんかを期待したい所ですね。

 

逃げ上手の若君34話への読者の声

逃げ上手の若君最新話34話ネタバレ

 

『逃げ上手の若君』最新話34話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

逃げ上手の若君34話ネタバレまとめ

逃げ上手の若君最新話34話ネタバレ

 

現在の鎌倉の支配者達の様子が描かれた今回。

敵ながらも非常に濃ゆいメンバーが揃っていて、コイツラと戦うと考えると中々大変そうですよね。

 

直義の部下として登場した関東庇番の面々は皆歴史に名を残している実在の人物ばかり

それだけに歴史に詳しい人だと余計に楽しんで読めそうな展開になっていますね。

 

敵のあまりの強大さが描かれた訳ですが、当然時行達もまだまだ成長していくでしょう。

間近に迫る戦いに向けてどうやって準備をしていくのか注目ですね!

 

次回の『逃げ上手の若君』第35話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。