ワンピース

カイドウにとっておでん戦の勝利は不本意?人質を取らなければ勝てなかったカイドウの強さとは

人気漫画『ONE PIECE ワンピース』におけるおでん戦のカイドウの戦い方についてまとめます!

 

『ONE PIECE ワンピース』970話にて、カイドウはおでんに勝利しました。

しかしその際、カイドウは卑怯な手を使っていたのです!

この勝利はカイドウにとって、不本意なものだったのでしょうか!?

『ONE PIECE ワンピース』最新話972話でそれを示唆するような内容も…?

 

それでは、漫画『ONE PIECE ワンピース』におけるおでん戦のカイドウの戦い方についてまとめます!

 

おでん戦におけるカイドウの戦い方とは!?

カイドウにとっておでん戦の勝利は不本意?人質を取らなければ勝てなかったカイドウの強さ

 

では、おでんとの戦いにおけるカイドウについて考えていきたいと思います!

 

卑怯な手で勝利をおさめた!

裏切り者からの情報で、カイドウは多くの部下を引き連れておでんを待ち受けていました。

その上で始まった、おでんとの戦い。

 

おでんたちは予想以上に強かったのか、その戦いは長いものとなります。

その中で、おでんの桃源十拳によってカイドウは腹に十字の傷を作ることになりました。

 

攻撃を受けたカイドウは地に落ち、おでんがカイドウを討ち取るのか、と思った瞬間。

モモの助が人質にとられ、おでんは動けなくなりました。

そしてその隙に、カイドウがおでんを攻撃して勝利したのです。

 

この勝利は不本意なものだった!?

人質にとられていたモモの助とは、黒炭ひぐらしがマネマネの実の能力で変身したものでした。

そんな卑怯な手を使わねばおでんに勝つことが出来なかったのか、とネットでもカイドウの評価は激しく低下しています。

 

しかしこの勝利は、カイドウにとって不本意なものだったようにも思えます。

その根拠は、おでんを殴った後のカイドウの表情です。

 

おでんに勝ったとひぐらしは笑っていました。

しかしカイドウは真面目な顔つきであり、どこか納得のいっていないようでした。

 

もしかするとこの人質作戦は、ひぐらしが勝手にやったことなのかもしれません。

勝手に勝負に水をさされ、その結果の勝利。

ここで悔しいと思う気持ちがあるのなら、カイドウはまだオロチやひぐらし達ほど根が腐っていないと思えるかもしれませんね。

 

カイドウは黒炭ひぐらしを始末!

そして、『ONE PIECE ワンピース』972話でカイドウはおでんに戦いの後の話をします。

ババアは殺しておいた、と。

つまり、カイドウ自身の手で黒炭ひぐらしは殺されてしまったというのです!

 

これはよほどカイドウにとって嫌な気持ちが残ってしまった戦いとなってしまったのでしょう。

そして、黒炭ひぐらしの独断での行動だったことも明らかになりましたね。

カイドウとしてはある意味時間をおでんからもらう形になったとは言っても、真っ向勝負で倒したかったのでしょうね。

しかし黒炭ひぐらしから水を差されてしまう結果になり、おでんを倒すことはできたものの、後味の悪い結果だったのでしょうね。

 

カイドウは本当に強いのか!?

カイドウにとっておでん戦の勝利は不本意?人質を取らなければ勝てなかったカイドウの強さ

 

カイドウは「一対一でやるならカイドウ」と言われているほどでした。

しかし今回のこの卑怯な手を使った上での勝利を見て、カイドウに失望した読者は多いと思います。

 

カイドウは本当に強いのか、あのままならおでんに負けていたのではないか。

そうなると、カイドウはおでんより強かった白ひげやロジャーからも負けることになりますね。

 

ただ、それは20年前の時点での話です。

現在のカイドウは、当時よりさらに強くなっていることでしょう。

 

その証拠に、ルフィの攻撃が全く通らなかったのです。

その際、ルフィはカイドウの一撃で倒されてしまいましたしね。

また、カイドウに戦いを挑んだキッドとキラーもその場で動けなくなっていました。

 

そのため、この20年間でカイドウが強くなった可能性は十分に考えられるのです。

カイドウの強さにはDr.ベガパンクも関係しているのでは、という説までありますし。

 

現在のカイドウの強さは、これからルフィたちと戦う中で明らかになると思いますね!

 

カイドウにとっておでん戦の勝利は不本意?人質を取らなければ勝てなかったカイドウの強さまとめ

カイドウにとっておでん戦の勝利は不本意?人質を取らなければ勝てなかったカイドウの強さ

 

漫画『ONE PIECE ワンピース』におけるおでん戦のカイドウの戦い方についてまとめました。

 

『ONE PIECE ワンピース』970話にて、カイドウはおでんに勝利しました。

しかしそれは、ひぐらしのマネマネの実の能力を使った卑怯な手があったからこそです。

 

その人質作戦は、カイドウの反応からするとひぐらしが勝手に行ったものなのかもしれませんね。

おでんに勝利したカイドウの表情が、なんとも言えないものでしたしね…。

そのため、『ONE PIECE ワンピース』972話で判明したのが、戦いの後にカイドウはババア(黒炭ひぐらし)を始末した、というので、よほど後味の悪い終わり方だったことを引きずっていたと言えるでしょう!

 

カイドウの現在の強さは、ルフィをワンパンできるくらいにはなっているものの、今のところはっきりとはしていません。

近いうちにルフィたちとの戦いで完全な強さが明らかになるでしょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。