アンデッドアンラック

アンデッドアンラック52話ネタバレ感想!オータムへのトドメは風子の不運の一撃!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『アンデッドアンラック』最新話52話のネタバレと感想、展開考察です!

 

安野雲が消えてしまった事で、改めて安野雲の漫画が自分をここまで生かしてくれたのだと感じていた風子

助けられたリップはそれでも共闘するつもりはないというスタンスでしたが、風子からの呼びかけとアンディの言葉に心を動かされる事に。

オータムがフェーズ2へと変貌してピンチに陥ったアンディを救ったリップは、ラトラの絶対に当たらない予言を受けてアンディと共闘するのでした。

不死と不治のコンビでオータムを撃破出来るのか!?

 

それでは、気になる『アンデッドアンラック』最新話52話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

アンデッドアンラック最新話52話ネタバレ
2020年6月に『アンデッドアンラック』2巻が発売されました!

最新刊を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

初回登録時は31日間無料でアニメや映画も見放題作品がたっぷり!今すぐチェック!

U-NEXTで今すぐ読む

↑無料で読める!↑

 

 

アンデッドアンラック52話ネタバレ

アンデッドアンラック最新話52話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』52話

「君に伝われ」のネタバレが下記となります!

 

アンデッドアンラック52話ネタバレ:ヒーロー達を導いた一人の少年の物語

安野雲の決死の行動による想いが届いたのかアンディ達と共闘する事を決めたリップ

今回だけだとつぶやくリップに、アンディはどうだかなと茶化す事に。

 

そんな彼らが共闘するべく導いたのが一人の少年。

漫画が大好きな少年が過去と未来が見える不思議なペンを拾った所から物語が始まっていました。

 

過去を未来を見た少年はそれを母に伝えようとするも、何をどうしても伝わりません。

何故なら彼は不明の否定者になってしまったから

 

誰にも気づかれずひとりぼっちとなった彼でしたが、それでも命を投げなかったのは生きて欲しいと願う母の為

そしてあの日見た辛い過去と向き合って闘うヒーロー達のおかげでした

 

そんな中で少年は自分ではなく作家としての安野雲として描いたものであれば世に知ってもらえる事に気付きます。

そしてもう一つ気づいたのが、あの日見たヒーロー達が現実に存在していた事。

 

しかし少年はそこでまずいと思いました。

少年が見た未来では風子は不可視に殺されて世界も終わってしまっていたのでした。

 

 

遂にアンディとリップの共闘となりましたが、ここで改めて安野雲こと九能明の人生を振り返るような演出となっていました。

凄まじい密度で話が進んでいた事もあり、これまでの流れを振り返る感じなのはありがたいですね。

とはいえ改めて九能明の人生が辛いなぁと思わせられてしまう訳でもあるのですが。

 

アンデッドアンラック52話ネタバレ:未来を変える準備とその代償

オータムの激しい攻撃を避けながら戦い続けるアンディ達。

その中でアンディは風子からほっぺにキスしてもらい、風子をラトラに預ける事に

 

 

本来はこの戦いで風子が死んでしまうという未来を変える為動いていた少年

自分を勇気づけてくれたヒーロー達に命がけの恩返しをしようと決めていました。

少年は未来の情報を散りばめた漫画を描く事で自分の存在を伝え、ペンが持つ具現化の能力を引き出し、アンディと風子に会う為に安野雲というもう一人の自分を作り出す事に

 

その結果として暗殺は防がれ、アンディと風子は強くなり、リップも元に戻った。

これでオータムを倒す準備は整っていました

 

 

そんな少年の頑張りによってオータムを追い込む所までやって来ていたアンディ達。

アンディの紅蓮盈月に合わせてリップが放ったのはフルムーンサルトという古代遺物を使った強力な技

それによってオータムに治らない不治の傷が出来た所で、リップはラトラに今だと叫びます。

 

風子とバックスを連れてオータムへと飛び込んでいくラトラ

オータムからの激しい攻撃はラトラの能力なのか当たる事はありませんでした。

 

 

未来を変えた事の代償によって少年が持っていたペンはついに砕けて壊れてしまう事に

もう二度と分身を描く事は出来ず、少年はまた一人ぼっちになってしまうのでした。

 

 

九能明少年の語りと平行してオータムとの戦いが進んでいます

ここまで順調に進んでいるのは全て彼の頑張りのおかげなのですが、未来を変えた事の代償によってペンが壊れてしまっていたんですね。

彼が見ていた未来ももう当てにはならないという事ではあるのですが、それによってまた一人ぼっちになってしまうというのが辛すぎます。

 

アンデッドアンラック52話ネタバレ:先生が集めた不運がついてる!!!

また一人ぼっちになってしまった少年。

しかし少年に後悔はもうありませんでした

何故ならもう全てを伝えていたから

 

 

傷ついて核がむき出しとなったオータムへと突撃していくラトラ達

しかし接近した所でオータムの血が吹き出した事で、核をゲットしようとしたバックスの視界も防がれてしまう事に。

そんな状況ながら風子は大丈夫だと確信していました

 

風子の想いに応えるかのように、アンディは安野雲がかつて見せた技を借りると言いながら放ちます。

その技とは紅火山(ボルケーノ)不運弾(アンラックバレット)

強烈な一撃はオータムの核へと直撃します。

 

アンディが放った指には風子の不運がチャージしてある状態。

その指にはオータムにとっての不運が起こるはずで、だからこそ風子はラトラに突っ込んでもらうよう叫びます。

私達には先生が集めてくれた不運がついているのだと

 

アンディ、風子、リップ、ラトラ、バックス。

5人の否定者の力こそがオータムにとっての不運となり、バックスはオータムの核を奪い取るのでした

 

 

自分が本当の意味で一人ぼっちになってしまっても後悔はないという九能明の想いに泣けてしまいますよね

全てを伝えたから大丈夫だと確信している彼の想いに応えるかのように、風子も先生が集めた自分達を信じて突っ込むというのが素敵でした。

色々な奇跡が全部集まったからこそ全てが上手く行ったという感じで、これ以上ないような決着と言えるでしょう

 

アンデッドアンラック52話ネタバレ:ヒーローの物語のタイトルは君に伝われ!!!

もう二度と誰にも会えなくなってしまった少年

彼が死んでしまったのかと言えば、それは違うのだと彼本人は考えていました。

たとえ誰にも見てもらえなくても、覚えていてくれる人がいる限り彼はそこにいるのだと

 

そんな想いの通り、アンディは目の前にいるはずの安野雲へと拳を出していきます

勝ったぞとまるで報告をしてくれるかのように

 

自分の想いが届いたかのように手を伸ばしてくれたアンディに涙する少年

自らも差し出されたその拳に応えて手を伸ばします。

 

ヒーロー達をここまで導いた一人のヒーローの物語。

UNKNOWN(不明)というヒーローの物語のタイトルは「君に伝われ」でした

 

 

一人ぼっちになった九能明に対して、そこにいるのを確信しているかのように手を伸ばすアンディが最高過ぎますね!

自分にとってのヒーロー達を導いた九能明もまたヒーローであり、彼が描いた漫画のタイトル通りに想いがアンディ達に伝わったというのが素晴らしいです。

まさかこんな形でUNKNOWNという否定者が明かされるとは思ってもいませんでしたしね!

 

 

―――次回53話に続く!

 

アンデッドアンラック52話ネタバレの感想考察

アンデッドアンラック52話ネタバレ

 

オータムとの戦いの決着がついた今回。

とはいえ戦いの内容がどうとかではなく、今回は安野雲こと九能明という一人の少年の物語が描かれたと言った方が良いでしょうね!

 

少年の人生と未来を変えた代償

今回は安野雲の本当の姿とも言える九能明少年の人生と共にオータムとの戦いが描かれました

彼のここまでの人生を改めて振り返るようでもありましたね。

かなり複雑な設定の部分なんかもあるだけに、ここで改めてわかりやすくまとめられていたのは良かったです

 

不明の否定者となり絶望する少年を救ってくれたヒーロー達。

そんなヒーロー達に恩返しするべく少年は一人で戦っていた訳ですが、この頑張りは本当に凄すぎるものですよね。

本当に命がけで戦い続けてくれた訳ですし。

 

安野雲が消えてしまった際にペンも壊れてしまっていましたが、それはどうやら未来を変えてしまった事によるものだったようです。

未来の全てを見せたペンでしたが、未来が変わってしまえば何の意味もないという事で壊れてしまったのでしょう。

こういう部分の設定がちゃんとしているのも上手いなぁと感じました。

 

想いが伝わったラストに涙!!!

オータムとの戦いとしては、リップがつけた不治の傷からオータムの核をゲットするという流れでした。

バックスが拘束型の否定者という事で、核の回収をする事になっていたんですよね。

 

ラトラの能力で敵の攻撃は避けれたものの、血が吹き出した事で核の場所がわからない状態になりましたが、そこで使われたのがアンディの進化した不運弾

指に向けて不運が訪れる訳でしたが、その不運こそが安野雲が集めた5人のメンバー達だったという事なのでしょう。

 

オータムにとっての最大の不運とは核を奪われてしまう事であり、バックスがいる以上は適当に突っ込んでも絶対に核をゲット出来たという事なのだと思われます。

正直この流れは綺麗な流れながらも結構複雑なので、色々と解釈の仕方もありそうではあるのですが。

 

しかし決着となった後のアンディの行動には泣かされましたね

本当の意味で一人ぼっちになってしまった少年を一人ぼっちにはさせないとばかりに手を伸ばしたアンディ

誰にも見てもらえなくても、覚えてくれている人がいる限りは自分はそこにいられる。

 

物凄く強い信頼が二人の間で成立していたというか、九能明の想いがアンディに届いたというのが良い言い方なのでしょうね。

ヒーローとなった九能明の想いがアンディに伝わった。

正に君に伝われというサブタイトルに相応しい回でしたし、これ以上ない素晴らしい決着だったと思います。

 

アンデッドアンラック52話ネタバレ展開考察

アンデッドアンラック最新話52話ネタバレ

 

ここからは、『アンデッドアンラック』最新話52話、そして53話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

不死と不治のコンビネーション炸裂!?

安野雲の願い通りに共闘する事になったアンディとリップ。

小さい子供の姿ではオータムに攻撃が通じなかったリップですが、大人の姿になった事でダメージも入るようになっていましたね。

 

こうなれば俄然アンディとリップが有利な気がしますが、オータムは不治の攻撃を食らっても特に驚いた様子はありません。

傷が治らないからといって人間のように簡単に倒れる事はないのでしょうね。

 

オータムはフェーズ2へと変化した事で、その能力も強まっているはず。

攻撃をまともに食らってしまえば、不死のアンディはまだしもリップはヤバイでしょう。

それだけにアンディが言っていたように、ラトラの当たらない力で攻撃を避けながら不死と不治のコンビネーションで一気にオータムを追い込んでいくのではないでしょうか。

 

戦いの鍵を握るのはやはり不運の力!?

アンディとリップが共闘すれば、オータムがどれだけ強敵とはいえなんとかなりそうではあります。

しかしそうなると風子の役割がないままですし、やはりここから二転三転していくようにも思えます。

 

不治のダメージを食らってもあまり気にした様子もなかったオータム。

今の所は人を本に変えて食べる事と、再生能力がかなり高い事くらいしかわかっていませんが、当然その他にもヤバイ能力を持っているのだと思われます。

不治のダメージでも簡単に倒せないのだとすれば、やはり風子の不運による高火力の攻撃が鍵を握るのかもしれませんね。

 

とはいえ風子の不運の力も進化していましたし、ただ高火力の攻撃をするだけではなく、相手にとって一番不運に感じるものを引き寄せたりという事も考えられます

ヴィクトルを封じるカプセルが突如として現れたように、オータムに有効な武器やアイテムを風子の不運が引き寄せるという事もあるかもしれませんね。

 

アンデッドアンラック52話への読者の声

アンデッドアンラック最新話52話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』最新話52話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

アンデッドアンラック52話ネタバレまとめ

アンデッドアンラック最新話52話ネタバレ

 

安野雲の想いが実り、リップがアンディとの共闘を受け入れる事になった今回。

敵だった相手との共闘という熱い展開ですが、リップが本当は良いやつだという部分も描かれていて凄くグッと来てしまいましたね

 

安野雲が消えてしまったのは非常に衝撃的であり、君に伝われを生きる目的としていた風子にとっても物凄く衝撃的な事だったはず

しかし辛い気持ちを押し殺して安野雲が願っていたようにリップと共に戦うべく語りかけた辺り、風子は本当に強くなったんだよなぁと感じました

 

これまでも対になるイメージで描かれていたアンディとリップが共闘という事で、ラトラの当たらない予測通りに100%勝利してくれるはず

とはいえオータムも簡単に終わるとは思えませんし、ここからの戦いがどういう感じになるのか期待大ですね!

 

次回の『アンデッドアンラック』第53話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。