アンデッドアンラック

アンデッドアンラック54話ネタバレ感想!ジュイスとビリ―の対話でユニオンとアンダーが協力関係に!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『アンデッドアンラック』最新話54話のネタバレと感想、展開考察です!

 

オータムとの戦いに勝利し、改めてリップに協力を求める風子

しかし大切な人の為に協力は出来ないと語るリップは、オータムの核を風子達に渡して去っていく事に

アンディがジュイスからサマーの討伐の為に台湾へ来るよう言われる中で、ジュイスは一人でアンダーのボスであるビリーの元へと向かうのでした。

ジュイスとビリ―は何を話すのか!?

 

それでは、気になる『アンデッドアンラック』最新話54話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

アンデッドアンラック最新話54話ネタバレ
2020年6月に『アンデッドアンラック』2巻が発売されました!

最新刊を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

初回登録時は31日間無料でアニメや映画も見放題作品がたっぷり!今すぐチェック!

U-NEXTで今すぐ読む

↑無料で読める!↑

 

 

アンデッドアンラック54話ネタバレ

アンデッドアンラック最新話54話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』54話

「希望」のネタバレが下記となります!

 

アンデッドアンラック54話ネタバレ:対峙するジュイスとビリ―

単身でアンダーのボスであるビリーの元へとやってきたジュイス。

突然のジュイスの来訪にも驚かないビリーは、仲間であるテラーと呼ばれる男に自分から離れるように指示します

ここにいてもジュイスの不正義に利用されてしまうだけなのだと。

 

そんなテラーはビリ―の傭兵時代の仲間

何も聞かずにビリーについてきてくれた一人目のアンダーのメンバーでした。

 

二人っきりになり改めて何故この場所がわかったのかと問いかけるビリー。

それに対してジュイスは、この場所にウィンターがいるからだと言い切ります。

 

ビリーが持つUMAバーンは対ウィンターに有効なUMAであり、ビリ―はいつでもウィンターを殺せる状況

報酬よりもアークを手に入れる事を優先していたビリーの行動から、ジュイスは彼の考えを読み取っていました。

 

四季攻略でウィンターを最後に残るよう見張っておき、ビリ―にとってはウィンターは人質のようなもの

ウィンター以外を倒した状態でビリーがウィンターを倒せば円卓がないユニオンは報酬を受け取れない。

そんな状態で円卓を持たないジュイスに対してビリーは、報酬が欲しければアークと円卓を交換しろと迫るつもりなのだと。

 

そこまでジュイスが分かっていた上で来たという事で、自らの提案に応じるつもりなのかと感じるビリー。

しかしジュイスはあくまでも話し合いだと言い、もう一度手を組めないかと語りかけるのでした

 

 

ユニオンとアンダーのトップ同士の話し合いという事でヒリヒリした展開となっていますね。

バーンがウィンターに有効だという事で、倒すべきウィンターを人質として交渉しようとするなど頭脳戦でもありました

ビリーの傭兵時代というワードも出てきましたし、ますますビリーの過去が気になってしまいます

 

アンデッドアンラック54話ネタバレ:アークの限界とヴィクトルの想い

自分達の目的は一緒なのだから必ずどこかで歩み寄れるはずだと語るジュイス。

報酬は自分にはもちろんビリーにも絶対に必要なのものであり、何故なら報酬で手に入る古代遺物は全て神が神を倒す為に作った武器なのだと。

 

当然そんな情報はビリ―にとっては初耳。

あくまでも超古代文明によって作られたものを戦闘に利用しているという認識であり、何故それをジュイスが知っていたのかと問いかけます。

 

ジュイスによればそれはアークに乗らなければわからない情報との事。

しかしそもそもアークの存在を隠していたからこそジュイスにはそんな情報を言う事は出来ませんでした。

 

そんな新たな情報を聞けた事で余計にアークに対して興味を持ったビリー。

しかしジュイスは既にアークのエネルギーが切れかけているのだと語ります。

もうあと一度戻れるかどうかであり、次に失敗してしまえばもう自分達の負けなのだと。

 

そんな残酷な言葉に思わず動揺し、アークが一人乗りである事を改めて確認してしまうビリー。

そんなビリーに対してアークを譲る事は出来るのだと語るジュイス

しかし初見では絶対にこの段階まで辿り着けるはずもなく、後がない以上はやはり協力する事がベストだと考えていました。

 

あまりにも重要な情報を黙っていたジュイス。

一人で抱え込まなければもっと違う状況もあったのではないかとビリーは問いかけます。

ジュイスは一人だけその秘密を知っていた人物がいるとしたものの、その人物が自分の命を奪おうとしたのだと語ります。

 

それはアーク欲しさにではなくジュイスの事を想っての事

ヴィクトルはジュイスがループする事を力づくで止めようとしていました。

 

 

ちょっと重要な情報がどんどん出てきて物凄くクライマックス感に溢れた展開ですよね!

ループが限界に来ているというのは衝撃的ですし、古代遺物が神を倒す為に作られた武器だというのも謎が深まる部分です。

しかしヴィクトルがジュイスを殺そうとしたという部分は以前のヴィクトル自ら語っていましたが、やっぱり切なくなってしまう部分ですよね。

 

アンデッドアンラック54話ネタバレ:呪われた運命を否定する希望の子

今のビリ―と同じように、一人で抱え込む必要なんてないのだと語っていたヴィクトル。

自分の為にジュイスに苦しんで欲しくないと考えていたヴィクトルでしたが、ジュイスはそれは違うと言い切ります。

ループしてまで戦い続けるのは自分の為であり、ただ好きな人の笑った顔がみたいだけなのだと。

 

一人で抱え込んだのは後ろめたさ故。

しかしビリーが裏切った事で目が覚めたと語るジュイスは、話せる事は全て話すつもりでこの場所へとやって来ていました

 

ビリーのコピー能力の方が次へ行くものとして適任かもしれない。

しかし今回のループは貴重であり、神を殺す力を持ち自分達と出会うまで生きていてくれた不運の少女は希望なのだと感じていたジュイス

あの子はきっとこの呪われた運命を否定するのだとジュイスは必死にビリーに語りかけるのでした。

 

 

いやいや、お互いを想い合うヴィクトルとジュイスの関係に泣けてしまいますね!

好きな人の苦しむ顔が見たくないヴィクトルと好きな人に笑って欲しいというジュイス

もうどうにかこの二人には幸せになって欲しいとしか言えませんわ。

 

アンデッドアンラック54話ネタバレ:ぶつかり合うお互いの覚悟と二匹のUMA!!!

ジュイスの言葉で色々と合点がいったというビリー。

彼からしても今は争っている場合ではないのは明らか

しかしそんな中でビリーはテラーからキューブを渡すように指示します。

 

ウィンター戦の前にいいのかと心配するテラーでしたが、ビリ―はユニオンの一席は甘くないのだと語り、受け取ったキューブをUMAバーンの核に食べさせる事に

ジュイスはいつだって正しいとしながらも、それだけでは足りないのだと言い切るビリー。

元の姿に戻ったバーンを背にしながら、やはり組む事は出来ないのだと言い放ちます

 

そんなビリーに対して、それでもまだ信じているのだと返すジュイス

彼女のコートの中からはバーンと同じように核の状態になったUMAスポイルの姿が

 

ジュイスもキューブを食べさせる事によりスポイルも元の姿へと戻ります

スポイルは同じUMAであるバーンに対して、燃やして黒くする事しか出来ないのだと煽る事に。

 

お互いがUMAを味方として戦おうとしていたジュイスとビリ―。

二人はユニオンの理にのっとり、お互いが自分の意見を通す為に席(力)を示そうとするのでした。

 

 

ここへ来てまさかの怪獣大戦争という感じになるのは熱い展開ですよね!

かつて敵だったスポイルを引き連れて戦うなんて思いもしませんでしたし。

ビリーもやっぱり悪いやつとは思えませんし、良い感じにこの戦いが終わってくれれば良いのですが、流石にそんなに甘い展開もなさそうに思えちゃうんですよね

 

 

―――次回55話に続く!

 

アンデッドアンラック54話ネタバレの感想考察

アンデッドアンラック54話ネタバレ

 

ジュイスとビリ―によるトップ同士の話し合いの様子が描かれた今回。

重要な情報も続々と明かされていき、ジュイスの内面にも触れていたのが熱かったですよね!

 

古代遺物の謎

今回明かされた重要な情報の一つが古代遺物の件。

報酬で手に入る古代遺物は全て神が神を殺す為に作った武器なのだそう。

 

ここまで神というのは性格が最悪なクズ野郎だとしか思えませんでしたが、自ら武器を作っているという事なんでしょうか。

だとすると何のためなのかが謎になってきますよね。

 

それだけにどちらかと言えば神も二人いるとか考えた方が面白いのかもしれません。

人類で遊ぼうとしている悪い神と、人類に協力しようとしている良い神・・・みたいな

まあいずれにしてもこの辺りは非常に重要な部分になってくるのは間違いないでしょうね。

 

アークの限界

更に今回衝撃的だったのが、アークに限界が近づいているという情報

ループは出来てもあと一度という事で、だからこそジュイスは慎重に今回の戦いを進めていたのでしょう。

 

一応ループが出来るという保険がこれまではありましたが、これでその保険もなくなったと言えるでしょう。

一度あるループが実際に使われるのかどうかという部分も注目ですね!

 

素敵過ぎるジュイスとヴィクトルの関係

アンディの本の中で出会ったヴィクトル。

彼はその際にジュイスへの想いを打ち明けていましたが、今回のジュイスの告白はそれに対するアンサーのようでもありましたね

 

アークが限界であるのならば、これ以上は無理なのだから苦しんで欲しくないと考えたヴィクトル

それに対してどこまでもヴィクトルの笑顔の為に最期まで戦おうとするジュイス

 

この二人の関係があまりにも良すぎて悶えてしまいそうになりましたね

それでいて不運の否定者である風子が運命を否定する存在になり得るという展開があまりにも素敵過ぎました。

 

まさかのUMA大決戦

良い感じに話がまとまるかと思いきや、やはりそんなに簡単にはいきませんでしたね。

しかし驚いたのは、ビリ―がバーンを使うのに対してジュイスがスポイルを用意していた事です。

これによって完全に怪獣同士のバトルという感じになったのが熱いです!

 

何もかも燃やしてしまうバーンに対して、腐る事の美学を持っているスポイル。

ジュイスとビリ―の戦いに二体のUMAがどう関わってくるのかも注目ですね!

 

アンデッドアンラック54話ネタバレ展開考察

アンデッドアンラック最新話54話ネタバレ

 

ここからは、『アンデッドアンラック』最新話54話、そして55話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

ジュイスとビリ―の対話の内容とは!?

サマーとの戦いをアンディやシェンに任せてまでアンダーのボスであるビリーの所へと向かったジュイス。

当然ながらここで戦うつもりはないはずで、わざわざこの場にやって来たという事は何かしらジュイスからビリ―に話があったという事のはず

とはいえ4つの課題が進んでいる途中ですし、それだけ大事な話があるのだと思われます。

 

ビリーの離反からはまだそれほど時間が経っていません。

その間に何があったのかと言えば、それはやはり安野雲が今回のループの未来を見ていたという事でしょう。

 

彼が視ていた未来では戦いに勝利出来ずに敗れていたはずで、このままユニオンとアンダーが敵対していても決して良い状況にはならないという事でもあるはず。

それでいて風子の不運の力は良い感じに成長していて、もしかしたら神に届く可能性さえある状態。

そんな事もあり、ジュイスはビリ―と再び協力関係になろうと呼びかけるのかもしれませんね。

 

台湾でサマーとの戦いに決着が!?

既にシェンやトップ達がサマーと戦っていた台湾。

アンディと風子もここに参戦する事になるようですし、到着次第決着をつける感じになるのでしょう。

 

少なくともオータムのように人々に大きな被害を出しているようには思えないサマー。

しかし当然そんなに簡単な相手のはずもないでしょうし、ジュイスがいなくなったタイミングで本気を出してくる可能性もありそうです。

 

現状は小さな機械という感じのサマーですが、やはり何かしら危険な攻撃方法を持っているでしょう。

夏と言えば花火というイメージもありますし、無数のサマーのジュニア達がそこら中で炸裂しまくる感じになったりしそうですね。

とはいえジュイスがビリ―の所に向かいましたし、この戦いの決着自体はすぐつくのかもしれませんが。

 

アンデッドアンラック54話への読者の声

アンデッドアンラック最新話54話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』最新話54話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

アンデッドアンラック54話ネタバレまとめ

アンデッドアンラック最新話54話ネタバレ

 

オータム戦後のアンディやリップの様子と、ジュイスの様子が描かれた今回。

皆の心にしっかりと安野雲が残るような、なんとも言えない切ない感じの雰囲気のままリップとも別れる事になりました。

次にリップと出会う時はお互いがどんな立場になっての事なのかが気になりますね

 

サマーとの戦いを続けていたジュイスでしたが、何故か突然敵であるビリーの元へ

ユニオンとアンダーのトップ同士での対話となるでしょうし、ここでどんな会話が交わされるのかは注目です。

神が否定者達にとって強大な敵であるのは間違いなく、それだけに一致団結するような展開も希望したいですね。

 

次回の『アンデッドアンラック』第55話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。