夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦101話ネタバレ感想!夜桜百の本気が兄妹を圧倒する!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『夜桜さんちの大作戦』最新話101話のネタバレと感想、展開考察です!

 

宿敵だった皮下の元に一人でやって来た太陽。

皮下は夜桜つぼみの血によって体を蝕まれて死が近い状態となっていて、太陽につぼみを滅ぼす方法を教えてくれる事に。

つぼみを滅ぼす為には万花繚乱という力が必要だと語る皮下の前に夜桜百が現れ、立ち向かう太陽の元に夜桜兄妹も駆けつけるのでした。

最強の親子対決の行方とは!?

 

それでは、気になる『夜桜さんちの大作戦』最新話101話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

夜桜さんちの大作戦101話ネタバレ

夜桜さんちの大作戦最新話101話ネタバレ

 

『夜桜さんちの大作戦』101話

「つぼみと百」のネタバレが下記となります!

 

夜桜さんちの大作戦101話ネタバレ:激突する夜桜兄妹と夜桜百

皮下との面会中の太陽に迫っていた夜桜百。

そんな百に面会の邪魔はさせないと夜桜兄妹達が集合していました。

 

特に会話をする訳でもなく容赦なく夜桜柔術しだれ組手の「春一番」を炸裂させる二刃。

天井を突き破る勢いで百を吹っ飛ばすと、そのまま兄妹も一緒に移動していきます。

凶一郎は残された太陽に対して、こちらで時間を稼ぐから尋問(しごと)を続けろと指示するのでした。

 

そんなやり取りを経て、皮下の肉体は既に限界が近い状態に

それでも何事もなかったかのように話を続けようとする皮下には太陽も無言でうなずく事に。

 

一方で地下の奥深くから地上まで百をふっ飛ばしていた夜桜兄妹達。

既に嫌五が人形を使って民間人の避難誘導をしていて、四怨もネットを使ってここら一帯を隔離地域に設定済み。

それにより好きなだけ暴れられるような状態になっていました。

 

その上で二刃に対して、どの程度止められるかと問いかける凶一郎。

二刃はそんな問いかけに対して、健在ならばもって「5分」だと答えるのでした。

 

 

久しぶりの再会だというのに問答無用で百を吹っ飛ばす辺りが夜桜家らしいですね。

しかしそんな兄妹達でさえ、倒すどころか5分程度しか止められないと予測する辺り、どうやら百はレベルが違いすぎる存在のようです

超がつくほどのインフレ展開になりそうですが、果たして太陽はついていけるんでしょうか?

 

夜桜さんちの大作戦101話ネタバレ:あの日の真実と思い出の中へ

夜桜兄妹が戦闘準備を整える一方で、子供達が大きくなった事に感動して涙さえ浮かべていた百

屋敷襲撃の際には堪えるのがやっとだったという百は、本当は今すぐにでも皆を抱きしめたいのだと語ります。

 

兄弟達の活躍を聞く度に心が踊ったと続ける百でしたが、凶一郎がその言葉を制します。

茶番はやめようと

 

皮下が真実を語るのを防ぐ為に百がこの場に来るのはわかっていたという凶一郎。

父さんと母さん、そして六美が突然失踪したあの日、父さんは二人を手にかけていたのだと凶一郎は語るのでした。

 

崩れ落ちた建物の中でベッドに横たわる妻と娘の前に立つ百と、そんな百と向かい合う凶一郎。

二刃からの連絡を受けた凶一郎は3人を見つけたと報告し、皆無事なのかという質問にもああと答えるのでした。

 

凶一郎と百の通信を聞いた事で、父さんが母さんを殺したのかと驚く太陽と六美

百は六美は知っているのかと語りかけるも、凶一郎は今指輪を通じて知ったのだと返します。

 

あの日自分達の両親は死に今更清算も懺悔も必要ない。

だからこそ思い出の中に還ってくれと兄妹達は百に向けて言い放つのでした

 

 

ここへ来て物語の核心に迫ってきた感じとなりましたね。

二人を手にかけていた・・・という言い方だと六美も死んでいる感じに思えてちょっと不穏な感じですが、実際にはどうなんでしょうか?

もちろんこのやり取りの中にも色々と秘密は隠されていそうですが、百が悪役である事は間違いなさそうですよね。

 

夜桜さんちの大作戦101話ネタバレ:夜桜百と夜桜つぼみのまさかの関係

兄妹達から冷たい対応をされても全く動じない百。

こんな状況だというのに子供達が自分を父さんと呼んでくれている事に感動し、嬉しさと愛しさで興奮さえしていたのでした。

 

一方で既に限界を迎えようとしていた皮下に手を貸していた太陽。

皮下は余計な事を口走ろうとした自分を百が消しにくる事は予測していた様子

その上で皮下は、つぼみの事を語る上で百の事も外せないのだと面会の続きの話を始めるのでした。

 

4年前につぼみの管理とタンポポの運営に勤しむ皮下の前にやって来た百。

自らの妻と娘を携える彼を何故かつぼみは快く受け入れます。

私の体が今ここにと興奮した様子のつぼみは、百に感謝して彼を私の子だと呼ぶのでした。

 

何故夜桜当主の夫が妻子を連れてやって来たのか、そして何故その男をつぼみは私の子と呼ぶのか

訳がわからない状況で混乱する皮下でしたが、呼応する皮下の中のつぼみの血がつぼみの言葉が事実であると告げていました。

 

六美の父親がつぼみの子だという事実に驚かされる太陽でしたが、皮下はそんなに穏やかなものではないのだと続けます。

つぼみには二代目当主以外の出産記録が存在せず、しかしそうだというのに百は生物学的に夜桜つぼみと同一なのだと

 

性別も年齢も容姿も性格も全てが違うというのに、間違いなく夜桜百はもう一人のつぼみである

皮下がそんな驚きの事実を太陽に語る中、百は夜桜兄妹達を完全に圧倒した上で、家族団欒は楽しいと笑みを浮かべるのでした。

 

 

次々と夜桜百についての驚きの真実が明らかになってきていますね。

詳しい事はよくわかっていませんが、とりあえずこの感じだと百がラスボスなのかなぁという印象です。

見た目はしょぼくれたおっさんみたいな百ですが、一人で夜桜兄妹を圧倒出来るだけにレベルが違う強さのキャラのようですね。

 

 

―――次回102話に続く!

 

夜桜さんちの大作戦101話ネタバレの感想考察

夜桜さんちの大作戦101話ネタバレ

 

夜桜百の謎に迫る内容となった今回。

一応兄妹の父という事で実は味方という可能性も考えていましたが、この感じだと完全に悪役という気がしますね

 

見た目は本当にしょぼくれたおっさんという印象の百。

兄妹とようやく会えた事に感動して涙していたりと、純粋に気持ち悪いキャラという感じでした。

 

そして凶一郎によれば、母親と六美を手に掛けたのも百だった様子。

母親はこの時死んだはずですが、六美はこの時まだ生きていて後に助けられたという感じなのでしょうか?

この辺りにはまだ色々と謎が隠されていそうですね。

 

そして驚くべき事に、どうやら百は夜桜つぼみと生物学的に同一なのだそう

夜桜つぼみの血を大量にその身に取り込んだ事で同じ存在になった・・・みたいなイメージでしょうか。

つぼみの力をそのままに健康的で丈夫な体を手に入れたと考えれば、百は最強の存在とも言えそうです。

 

実際の所、これまで最強キャラとしての地位を守ってきた凶一郎すらも圧倒しているようです。

兄妹勢揃いでも手も足も出ない程の強さのようですが、それさえも彼にとっては家族団欒でしかないという辺りが恐ろしい所です。

かつてない程のピンチになっていますが、ここからどういう展開を迎えていくのか注目ですね。

 

夜桜さんちの大作戦101話ネタバレ展開考察

夜桜さんちの大作戦最新話101話ネタバレ

 

ここからは、『夜桜さんちの大作戦』最新話101話、そして102話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

夜桜百が圧倒的な力を見せつける!?

ようやく実の父親である夜桜百と対峙する事になった夜桜兄妹達

彼らは太陽を守る為に百に立ち向かってくれそうです。

 

しかし今回の皮下との会話の中でも分かるように、どうやら百には夜桜つぼみの血が入っている様子

しかも特別製っぽい印象でしたし、元々の強さに加えて万花繚乱までも使える可能性がありそうです。

 

それだけに百が夜桜兄妹の力を持ってしても敵わないくらいの圧倒的な力を見せつけるような展開になりそうですね。

百としては子供達と軽く触れ合う感覚で圧倒的な力を見せつけ、その上で自ら去っていくような流れかと思われます。

 

万花繚乱を使いこなす為に!?

夜桜つぼみを殺すという使命を皮下から託された感もあった今回の太陽。

ある意味では太陽も皮下と似た感じになっているというのが面白い所ですね。

 

しかしながらつぼみを殺す為には、開花を超える覚醒である百花繚乱を習得しなければならない様子。

太陽は試験編のラストでこの力を使っていましたが、その時はつぼみにフォローしてもらう形でした。

 

放っておけば太陽は暴走してしまっていたはずですし、まずはあの力を制御出来ないと話になりません。

それだけに太陽がこの万花繚乱という力を使いこなす為に特訓したりする展開になりそうですね。

 

夜桜さんちの大作戦101話への読者の声

夜桜さんちの大作戦最新話101話ネタバレ

 

『夜桜さんちの大作戦』最新話101話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

夜桜さんちの大作戦101話ネタバレまとめ

夜桜さんちの大作戦最新話101話ネタバレ

 

ようやく皮下と面会する事になった今回。

皮下の苦しみや夜桜つぼみの苦しみも感じられるような回でしたね。

 

白骨島での戦いの際も少し描かれていましたが、皮下とつぼみの関係は非常に尊いものになっています。

それだけに両者にはそれなりに救いのある最期を迎えて欲しい所です。

 

ラストでは遂に夜桜百と夜桜兄妹達が再会する事になりました。

最強の親子喧嘩がどうなっていくのか注目ですね

 

次回の『夜桜さんちの大作戦』第102話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。