夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦89話ネタバレ感想!夜桜つぼみの真の目的が明かされる!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『夜桜さんちの大作戦』最新話89話のネタバレと感想、展開考察です!

 

久しぶりに学校へ通う事になるも開花の力が暴走してしまった太陽

気をつけながら生活しようとするも学校では太陽と六美に関する謎の記事が出回っていて、二重に苦しむ太陽はその犯人である草介を捕まえて問題を解決する事に。

開花が収まらずに苦しむ太陽は血に取り込まれてしまいそうになるも、その窮地から太陽を救ったのは初代当主の夜桜つぼみでした

夜桜つぼみが太陽に近づいた目的とは!?

 

それでは、気になる『夜桜さんちの大作戦』最新話89話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

夜桜さんちの大作戦89話ネタバレ

夜桜さんちの大作戦最新話89話ネタバレ

 

夜桜さんちの大作戦』89話

「夢」のネタバレが下記となります!

 

夜桜さんちの大作戦89話ネタバレ:初代夜桜当主夜桜つぼみの良心との出会い

夜桜の血によって苦しんでいた所を謎の声に救われた太陽。

そして太陽の目の前にはその声の主である夜桜つぼみが現れていました。

 

まるで自分の子にするように子守唄で寝かしつけようとする夜桜つぼみ。

太陽は目の前の人物が皮下の記憶の中で見た女性だと気が付くも、体は動かず声も出せなくなっていました。

 

太陽は皮下を通じて自分の血を取り込み、それによって自分は太陽の頭にお邪魔出来るようになったと語るつぼみ。

彼女は自らを初代夜桜当主の夜桜つぼみの良心なのだと説明するのでした。

 

良心である彼女が起きていられるのは本体の「私」が寝ているわずかな刻だけ

そう語る彼女は聞き流して良いとしながらも太陽に強く語りかけます。

自分を殺して頂戴と

 

私を殺す為にはまず私を知る必要があるのだと語るつぼみ。

「昔の私」の方は簡単で、夜桜家の深部にあった「つぼみの書」に大体の事は書かれていて、錠の開け方さえ知っていれば難しくはないとの事。

つぼみはその開け方については太陽の記憶の深い所に刻み込む事に

 

問題は「今の私」の方で、年月を経るごとに本体の私とは共有出来る記憶も減るばかり。

今の私を正確に知っているのは皮下ただ一人だとつぼみは語るのでした。

 

 

本作におけるラスボス的な夜桜つぼみが何故突然太陽の元にやってきたのかと疑問でしたが、どうやらやって来たのはつぼみの良心の部分だったようです。

良いつぼみと悪いつぼみが分裂状態となっていて、基本的に主導権は悪いつぼみの方が握っているという事なのでしょう。

初代当主が敵というのはちょっと複雑な気持ちになると思っていましたが、こういう形だと良いバランスな気がしますね。

 

夜桜さんちの大作戦89話ネタバレ:太陽だけが開けられるもの

皮下は本体の「私」が強く包んでいて、良心の「私」の声は届きはしない様子

それだけに方法は太陽が直に皮下に接触する事だけ。

 

皮下は今スパイ協会で政府や警察の管理下にある状態で、関係者の太陽であっても記録や監視なしでは尋問も難しい

非公式で対話をする為には銀級以上のスパイ免許証が必要との事

 

夜桜つぼみを殺す為にはまず「つぼみの書」と「銀級免許証」の2つが必要になってくる

そこまで話が進んだ所で、夜桜つぼみの夢の世界は黒いものに侵食されていきます

 

本体の「私」の方が目覚めかけているとの事で一旦お別れだと告げるつぼみ。

何が起きているか理解出来ないかもしれないとしながらも、これを悪夢ととるか現実ととるかは太陽次第

太陽と六美の為にも見誤らないでと語りかけた所で、太陽はつぼみとの夢から目覚めるのでした。

 

今までの事が全て夢だったのかと戸惑うものの手には僅かに痕跡が。

それだけに太陽はすぐさま地下室へと向かい、つぼみに教えられた通りに「つぼみの書」を解除していきます

 

桜の指輪と同じ金属で作られた機構はつぼみの血にだけ反応し、今の太陽にだけ開けられる状態

太陽はその本を手にするも、同時につぼみが残した言葉を思い出します。

 

その本はまだ太陽の力になれず、それは開けば分かる

この書が持つ意味はあくまでもつぼみが夢ではない事の証明

夢の中のつぼみの言葉を受け入れる事になった太陽は、今の自分に出来る事があるはずだと動き出すのでした。

 

 

本体のつぼみと良心のつぼみがどちらも存在していて、良心のつぼみは自分の死を臨んでいる訳ですね。

つぼみを殺す為には皮下との接触が必要となり、その為には銀級以上の免許証が必要だという流れになっています。

目的の達成の為には順序良く進めていかなければならないRPG的なイメージですね。

 

夜桜さんちの大作戦89話ネタバレ:太陽の試験は合格者0の高い壁!?

つぼみから銀級以上になる事を求められた太陽は、既に銀級スパイとなっている四怨、嫌五、七悪に相談します

しかし兄妹達からすれば、別に銀級でなければならない理由も特に見当たらない状態。

それだけに太陽は説明しようとするも、夢の中での話という事で上手く切り出す事が出来ません

 

そんな太陽の様子を見て、詮索はしないと語る四怨と嫌五。

しかし次の瞬間人が変わったかのように、二人は太陽に本当の事を吐かせようとするのでした。

 

夜桜家はスパイなのだから半端な隠し事は自殺行為であり、話すなら話すで隠すなら全力で隠せと迫る四怨

そうしなければ自分達の好奇心とスパイ技術が太陽のプライバシーを蹂躙するのだと嫌五。

 

と、そこまで脅した上で家族だって秘密の百や二百はあると再び通常モードに戻る二人

バカ正直では試験も落ちるぞと太陽を脅かすのでした

 

とはいえ銀級は別に銅級とやる事も変わらず、今の太陽であれば普通にやれば受かるレベル

しかしそこで3人は、問題があるとすれば試験官なのだと続けます。

 

試験官は毎回金級が担当し、試験内容は極秘ながらも金級スパイの少なさと条件からある程度誰が担当するのか予想は出来るのだそう。

金級の中でも実績者であり試験官同士の協調の為に組織単位で以来される事、そして過去2年以上は試験官を担当していない事。

 

それらの条件から今年は数年に一度と恐れられる合格者0の回かもしれないと予測していた四怨。

その試験官とは凶一郎、二刃、辛三の3人でした。

 

 

夜桜つぼみを殺す為に前段階としての銀級取得ですが、どうやらこれも簡単にはいかない展開ですね

一番身近で一番優秀な兄妹達が試験官となる訳で、太陽としては彼らに認められる事になればより自信を持てるでしょう。

しかし一般人だった太陽があっという間に銀級獲得となったら超天才扱いされそうな気がしますね。

 

 

―――次回90話に続く!

 

夜桜さんちの大作戦89話ネタバレの感想考察

夜桜さんちの大作戦89話ネタバレ

 

太陽にとっての新たな戦いの始まりとなった今回。

すぐにタンポポとの戦いになっていくかと思いきや、その為に必要なものを身につけていくという展開でしたね。

 

前回ラストで登場してきた夜桜つぼみ。

ラスボス的存在だと思われていただけに、何かしら太陽の精神を揺さぶるつもりなのかと思っていました。

しかし実際には彼女は悪い人ではなかったようで、ここへやって来たのはつぼみの良心の部分だったとの事。

 

初代当主であるつぼみには2つの意志があるようで、良心の方は自らを殺して欲しいと願っているようです。

とはいえ良心ではない方も夜桜当主から解放されたいと願っていたはず

違いがあるとすれば子々孫々を犠牲にするかどうかという部分なのかもしれませんね。

 

「つぼみの書」に関しての謎なんかはありましたが、太陽はつぼみの事を信じて銀級免許証の獲得へ向けて動き出しました

とはいえ兄妹達が言っているように、既に太陽は銀級の試験にも普通に受かるレベルにまで成長しているんですよね。

むしろ単純な戦闘能力で言えば既にトップクラスとさえ言えそうですし。

 

しかしそんな成長した太陽でも難しくなりそうな今回の試験。

身内が敵になるという展開であり、正直ちょっともどかしい部分も感じますよね。

タンポポ関連のエピソードが進んで欲しい気持ちがあるだけに、今後の試験ではしっかりと盛り上がる展開を期待したいです

 

夜桜さんちの大作戦89話ネタバレ展開考察

夜桜さんちの大作戦最新話89話ネタバレ

 

ここからは、『夜桜さんちの大作戦』最新話89話、そして90話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

夜桜つぼみの目的とは!?

開花の力に苦しむ太陽に突如として近づいてきた初代当主の夜桜つぼみ。

彼女はタンポポを皮下と共に創り上げた人物であり、普通に考えると敵としか思えない人物。

しかしそんな人物が太陽を助けようとしていたというのが気になる所です。

 

初代当主の思想については太陽が皮下を通じて見ただけであり、この情報に関しては太陽も他の人に話せていない様子。

それだけに夜桜つぼみとしては太陽を自らの思想に引きずり込もうとしているのかもしれません。

とはいえ夜桜つぼみの目的を果たすためには現在の当主である六美の死が必要なはずですし、それを太陽が受け入れるはずがない以上は交渉も決裂する流れになりそうですね。

 

タンポポが新たに動き出す!?

いきなり太陽に接近してきた夜桜つぼみ。

何が目的なのかははっきりしないものの、彼女が動き出したという事はタンポポも新たに動き出してきそうな気がします。

 

元々タンポポは超巨大な組織だと語られていましたし、例え皮下を倒した所でまだまだ組織としての力は衰えていないのでしょう。

皮下の知識を受け継いだ者達が新たに夜桜家の敵となるでしょうし、未だ本当の目的が見えない夜桜百とも争う流れになりそうです。

これまでは皮下という敵を中心に話が進んできましたが、ここからは皮下の知識や思想を受け継いだ新たな敵が登場してくるのかもしれません

 

夜桜さんちの大作戦89話への読者の声

夜桜さんちの大作戦最新話89話ネタバレ

 

『夜桜さんちの大作戦』最新話89話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

夜桜さんちの大作戦89話ネタバレまとめ

夜桜さんちの大作戦最新話89話ネタバレ

 

久しぶりの日常生活かと思いきや、後半で一気にシリアスな展開となった今回。

ギャグメインのゆるい展開かと思ってちょっと油断していましたよね

 

太陽は未だに夜桜の血に苦しんでいて、それはやはり皮下に記憶を叩き込まれた事による反動といった所でしょうか。

それもあって夜桜つぼみからも接触されてしまった訳で、この先の展開がちょっと怖くもあります

 

一応太陽を助ける形となった夜桜つぼみですが、普通に考えると何らかの目的の為に助けたと考えられるでしょう

ある意味ではラスボス的な立ち位置の彼女が何を語るのか注目ですね。

 

次回の『夜桜さんちの大作戦』第90話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。