アクタージュ act-age

アクタージュact-age98話ネタバレ!夜凪のために仲間たちができること

週刊少年ジャンプの人気漫画『アクタージュact-age』最新話98話のネタバレと感想、展開考察です!

 

舞台もあと少しで終わりをむかえます。

夜凪以外の全員のセリフが終わってしまいました。

すると夜凪はこれまでとは違う雰囲気になってしまい…!?

 

夜凪はこのまま、あっけなく終わってしまうのでしょうか!?

 

それでは、気になる『アクタージュact-age』最新話98話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

 

アクタージュact-age98話ネタバレあらすじ

アクタージュact-age最新話98話ネタバレ

 

『アクタージュact-age』98話

「風」のネタバレが下記となります!

 

アクタージュact-age98話ネタバレ:夜凪のためにできること

夜凪の芝居を舞台袖から見ていた山野上も、夜凪が嘘偽りの芝居で乗り切ろとしていることに気づきました。

そして残念です、とつぶやきます。

 

同じ舞台にいる仲間たちは、夜凪にこんな芝居をさせたくありません。

すると王賀美は、みんなの方を見て微笑みました。

意図を察した三人はうなずきます。

 

そして白石が一歩出ようとしました。

しかしそれを王賀美が止めます。

 

夜凪が芭蕉扇を振り下ろそうとします。

次の瞬間、王賀美が夜凪の手を掴み、それを止めたのでした。

 

 

夜凪が舞台を終わらせようとするのを、共演者たち総意で止めました。

その意図とは!?

 

アクタージュact-age98話ネタバレ:舞台を捨てて守ったもの

突然孫悟空が羅刹女を止めたことに、観客たちも動揺しました。

もしかするとトラブルでは、と緊張します。

 

今の王賀美の行動は、台本を無視したことになります。

彼らは舞台を捨てたのでした。

 

しかしただ捨てただけではありません。

舞台を捨て、夜凪の芝居を守ったのです。

 

王賀美の行動により、夜凪は再び止まりました。

どうして、もう終演まで数秒だったのに。

すべて終わった。

 

自分の芝居がみんなに舞台を捨てることを強いらせたのだ、と夜凪は考えました。

そしてそんな弱い自分に、みんなを負けさせた自分に腹を立てます。

 

夜凪は芭蕉扇を落とし、崩れ落ちてしまいました。

本当はみんなにありがとうと思っている自分にも腹が立つのです。

 

 

夜凪は再び芝居を止めてしまいました。

しかし今回は、少し違うようですね。

この後、無事終演をむかえることができるのでしょうか!?

 

アクタージュact-age98話ネタバレ:もう1人じゃないから大丈夫

そこへ、かつての自分が現れました。

あなたはもう1人じゃないんだね。

 

あなたはもうあの頃の私ではない。

ましてや、山野上の描いた羅刹女でもない。

 

だって今、あなたはこんなにも幸せなのだから。

怒りも悲しみももう過去のことだから。

 

今なら演じられる?

そう言って、かつての夜凪が微笑みかけました。

 

その言葉に、夜凪は涙を拭います。

それを見た山野上は、自分の描きたかったものが描かれる予感がしました。

しかしすぐに、待って、と山野上は止めに入ろうとします。

 

その目の前で、夜凪は芭蕉扇を振りました。

山野上へ向ける瞳には、もう怒りの炎はありません。

その表情はどこか清々しさまで感じるものでした。

 

舞台から吹いてきた風に、山野上は思わず尻餅をつきます。

舞台を吹き抜ける風が、全ての炎を消し去りました。

 

 

夜凪は舞台の上で、大切な仲間たちの存在に気づきました。

そしてまたひとつ、大きく前進することができたのです!

これにて、サイド甲の舞台は終演をむかえたのでした。

 

―――次回99話に続く!

 

アクタージュact-age98話ネタバレの感想考察

アクタージュact-age最新話98話ネタバレ

 

ついにサイド甲の舞台が終演をむかえました。

ここまで長い戦いでしたね!

この舞台の中、ずっと怒り続けていた夜凪はとても疲れたことでしょう。

 

最後の最後に、どうしても山野上を許す気にはなれず、それでも舞台を終えなければならなくなりました。

そういった状況が夜凪を追い詰め、芝居を捨ててまで台本を守ろうとしたのです。

 

しかし共演者たちは、夜凪にそんな芝居をしてほしくありませんでした。

何故なら全員が、そういったモノになってしまう恐怖を経験してきたのです。

王賀美がやろうとしていることをみんなすぐに受け入れたのも、気持ちが理解できたからでしょう。

 

夜凪は共演者に恵まれましたね。

そして最後に、そのことに気づきました。

 

みんなによって守られた夜凪の芝居。

最後のシーンでは、本当に炎を消してしまうような光景が、観客たちにも見えたことでしょう。

 

しかし今回のことは台本を無視するというルール違反です。

サイド甲の負けが確定してしまうのでしょうか!?

次回、舞台後の展開に注目です。

 

アクタージュact-age98話ネタバレ展開考察

アクタージュact-age最新話98話ネタバレ

 

ここからは、『アクタージュact-age』最新話98話、そして99話以降で起こりうる展開考察をしたものを載せていきます!

 

夜凪は本当にここで終わってしまうのか!?

夜凪はこのまま、嘘の気持ちのまま舞台を終えようとしています。

しかしそうしてしまうと、夜凪は夜凪ではなくなってしまいます。

このまま終わるとは思えませんね。

 

夜凪のセリフはまだ残っているのでしょうか!?

もしセリフが終わったとしても、まだ舞台は終わりません。

 

幕が下りるまでが舞台なのです。

最後の最後まで諦めず、自分らしい羅刹女を演じてほしいですね!

 

共演者たちにできることは!?

共演者たちのセリフは全て終わってしまいました。

セリフを変えるのは、この勝負では禁じられています。

そのため、アドリブもセリフに関するものは不可能です。

 

逆に言えば、セリフさえ言わなければまだ何かできることがあるのです。

例えば白石が許すと言った時に、怒りの表情を見せたパターンですね。

 

このようにして、誰かが動く可能性もあります。

一番可能性が高いのは、やはり市子でしょうか。

 

今の夜凪がかつての自分になろうとしている、と市子は感じました。

そのまま終わってはいけない、夜凪を助けたい、と市子は思うでしょう。

 

彼女にできることは何が残されているのでしょうか。

涙を流す?

優しく背中を撫でる?

今の夜凪に何とかして、気持ちを伝えることができればいいですね。

 

千世子の気持ちはどうなる!?

千世子は今の夜凪を見て、激怒しました。

そもそも千世子は、夜凪に勝つことだけを考えてきたのです。

 

そのために彼女は「天使」を捨てました。

それほどの覚悟を持って挑む舞台なのです。

 

その相手が、こんな終わり方をしている。

それは激しく屈辱されたような気持ちにもなるでしょう。

 

そんな夜凪と戦いたいわけではない。

全力の夜凪でないと意味がない。

千世子の気持ちは届くのでしょうか!?

 

もしこのまま終わってしまったら、千世子は夜凪にもう声すらかけることはないかもしれません。

しかし、きっとまだ何か起こると思います。

その時、千世子は改めて夜凪へ、自分が勝つのだと宣戦布告をするのでしょう。

 

アクタージュact-age98話ネタバレまとめ

アクタージュact-age最新話98話ネタバレ

 

周りが見えなくなっていた夜凪に届くように、共演者たちは必死で演じました。

そして夜凪は、自分の目の前に共演者や観客たちがいることに気づきます。

 

みんなが待っているのは、自分が炎を鎮めることだ。

そう気づいた夜凪は、芝居から抜けてしまいました。

 

このまま舞台は終わってしまうのでしょうか!?

サイド甲の舞台の行方に注目です!

 

次回の『アクタージュact-age』第99話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。