ブラッククローバー

ブラッククローバー260話ネタバレ感想!開かれる悪魔と人間の扉!

ブラッククローバー260話ネタバレ最新確定!開かれる悪魔と人間の扉!

週刊少年ジャンプの人気漫画『ブラッククローバー』最新話260話のネタバレと感想、展開考察です!

 

アスタは50秒間悪魔の力を使うことが出来ました。

怒涛のようにアスタとヤミ団長が攻める中、ダンテは肉体魔法で対抗します。

 

するとアスタの悪魔の一閃がダンテを斬り裂き、見事倒すことができました。

これから、残る漆黒の三極性二人はどうなるのでしょうか。

 

それでは、気になる『ブラッククローバー』最新話260話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

『ブラッククローバー』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

ブラッククローバー260話ネタバレ

ブラッククローバー最新話260話ネタバレ

 

『ブラッククローバー』260話「ブラックアウト」のネタバレが下記となります!

 

ブラッククローバー260話ネタバレ:代償を伴う勝利

ダンテが倒れる中、力を使い果たすアスタをヤミ団長が支えました。

ゴーシュが起き上がると、グレイは安心して涙を流します。

 

ヤミ団長は拘束するため、ダンテの元へ向かいます。

そして魔導書を開くヤミ団長。

すると、横からゼノンが現れてヤミ団長は骨で串刺しとなるのです。

 

ゼノンの背後には”金色の夜明け”のヴァンジャンス団長も捕われていました。

そしてゼノンはアスタの右腕を見ると、骨魔法で貫こうとするのです。

 

 

ダンテを倒したと思えば、ゼノンが現れました。

まさかヤミ団長が捕まってしまうとは思いませんでした。

ヴァンジャンス団長と共に捕われてしまい、これから世界はどうなるでしょうか。

 

ブラッククローバー260話ネタバレ:失った師

フィンラルが骨魔法を移動させるとゼノンの右腕が止まります。

それはユノが与えた影響で、早めに摘んでおいてよかったと思うゼノン。

そしてゼノンは二人を連れて闇の空間に帰ろうとします。

 

みんなでゼノンに攻撃しますが効きません。

バネッサが叫ぶと、ヘンリーが捨て身の覚悟でゼノンに突っ込みました。

アスタは悪魔にもう一度力を貸してほしいと頼みますが、断られます。

 

そしてアスタは悪魔に現実を突きつけられるのです。

バネッサがルージュを出しますが、ゼノンに防がれます。

 

その時ヤミ団長は薄らと微笑みを仲間に見せました。

そしてゼノンと共に闇の中に消えていくのです。

叫ぶアスタの目の前には朽ちた刀のみがありました。

 

 

ヤミ団長がゼノンによって連れて行かれました。

このままだと悪魔の世界が開き、世界は終わってしまいます。

これからヴァンジャンス団長とヤミ団長を助ける為に、黒の暴牛はどうするでしょうか。

 

 

次回【261話】へ続く!

 

ブラッククローバー260話ネタバレの感想考察

ブラッククローバー260話ネタバレ

 

漆黒の三極性ダンテを倒した直後、まさかゼノンが来るとは思いませんでした。

そしてヴァンジャンス団長と共にヤミ団長も連れ去られます。

アスタ達よりも何枚も上手であることがわかりましたね。

 

しかし、このままだと悪魔が世界中に流れ込んでしまいます。

それを阻止する為に、黒の暴牛はどうするのでしょうか。

 

アスタは悪魔と契約を結ぶだけの力をつけなければなりません。

そして師であるヤミ団長を救い出して欲しいです。

 

ブラッククローバー260話ネタバレ展開考察

ブラッククローバー最新話260話ネタバレ

 

ここからは、『ブラッククローバー』最新話260話、そして261話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せています!

 

悪魔の恐ろしさ

倒れたダンテはぴくりとも動きません。

やっと倒せたな…!とヤミ団長はアスタと安堵するのです。

しかし突然ヤミ団長がその場で気を失ってしまいました。

 

死突の使いすぎかと思ったアスタですが、それが違うとすぐにわかります。

なんとダンテが再び蘇るのです。

 

悪魔ルチフェロの本当の力によって、ライフが一つ増えました。

ダンテは肉体だけではなく、本当の意味での不死身だったのです。

 

次の敵

ヤミ団長は残る漆黒の三極性も倒さなければならないと考えます。

アスタは悪魔の力を使い、すぐに動ける状態でない事はわかりました。

そこで一旦報告と共にクローバー王国の城へ戻りました。

 

その頃、ゼノンとヴァニカはダンテがやられたことを察知します。

すると二人ともふっと笑みをこぼしました。

 

元々ダンテには期待していなかったからなとゼノンが言うと、これからは俺が指揮を取ると言うのです。

そして連れ帰ってきたヴァンジャンス団長とロロペチカの力を使い、人間界と悪魔の扉を確実に開いていきました。

 

力の代償

アスタは悪魔の力を使った事で全く動けません。

これが悪魔の力の代償か…とアスタが言うと、ヤミ団長に抱えられます。

もっと強くなって、全ての力を使いこなせと言うヤミ団長。

 

ウス、もちろんです!とアスタは答えました。

そもそもお前の中に潜む悪魔は何者なんだ?と聞くヤミ団長。

 

アスタはまだわかりませんが、かなりやばいレベルの悪魔だと肌で感じていたのです。

 

ブラッククローバー260話への読者の声

ブラッククローバー最新話260話ネタバレ

 

『ブラッククローバー』最新話260話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

ブラッククローバー260話ネタバレまとめ

ブラッククローバー最新話260話ネタバレ

 

悪魔の力を持つアスタとヤミ団長の共闘により、ダンテを倒すことができました。

これにより漆黒の三極性の一角が崩れました。

この勢いのままスペード王国を抑え込んで欲しいです。

 

次回の『ブラッククローバー』第261話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。