ブラッククローバー

ブラッククローバー286話ネタバレ感想!ナハトとモルゲンの過去!

週刊少年ジャンプの人気漫画『ブラッククローバー』最新話286話のネタバレと感想、展開考察です!

 

ナハトは最上位悪魔をダンテから引き離し、地獄の鬼ごっこを始めます。

敵に攻撃が効かず防御も出来ない中、命が尽きるまで悪魔の身動きを止める覚悟をしました。

その昔貴族の双子がおり、人望の厚い弟を持ちながら不良だった兄、ナハトがそこにはいるのでした。

果たして今のナハトを作り出したその兄弟の物語とは何でしょうか。

 

それでは、気になる『ブラッククローバー』最新話286話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

『ブラッククローバー』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介!

発売日を過ぎてからの実際の画像・画バレもこちら!

 

 

ブラッククローバー286話ネタバレ

ブラッククローバー最新話286話ネタバレ

 

『ブラッククローバー』286話「朝が来ない理由」のネタバレが下記となります!

 

ブラッククローバー286話ネタバレ:降魔

ナハトは物心ついた頃から悪さばかりしており、弟のモルゲンはそんなナハトと正反対の光のような存在でした。

魔導書を手に入れた時馬が合った破天荒のヤミと一緒につるみ、魔法騎士団に捕まらない程度の悪さをしていました。

そしてヤミとモルゲンは同じ灰色の幻鹿に入り、ナハトが18歳になる年、突然両親に呼び出されます。

 

ファウスト家は代々悪魔学に身を捧げていた一族で、父はその魔法と魂をナハトに受け継がせます。

モルゲンとヤミが魔法騎士団で活躍する中、ナハトは悪魔学にのめり込みその才能を開花させました。

悪魔4体と契約を結んだナハトは最上位悪魔であるルキフグスとも契約しようとするのです。

 

するとそこにモルゲンがやってきて、ナハトの危険な行為を止めさせようとします。

しかしナハトは制止を振り切り、ルキフグスを降魔させてしまったのです。

 

 

ナハトの家系は悪魔と深い関係だったんですね。

最上位悪魔を降ろしてしまったナハトはこれからどうなるのでしょうか。

ナハトとモルゲンの身が危険であることは間違いありません。

 

ブラッククローバー286話ネタバレ:赦さない

儀式下で力を抑えているはずなのにとてつもない魔力で父や母がやられてしまいます。

モルゲンは悪魔との因縁のある遺物を破壊して儀式を強制的にキャンセルさせました。

するとモルゲンはその代償と引き換えに命を絶ってしまいました。

 

ナハトはモルゲンのことが大好きで、神様に救けてくれと泣き叫ぶのです。

しかしそんな都合の良いことが起こることもなく、ナハトは絶望します。

ナハトは自分が死ぬまで自分のことが赦せないと最上位悪魔に捕まりながら思います。

 

最上位悪魔が善人に手をかける前に倒すため、ナハトは限界を超えるのです。

 

 

ナハトにとってもモルゲンは大きな光だったんですね。

最上位悪魔に捕らわれるナハトはこれからどう戦うのでしょうか。

モルゲンの為にも仲間の為にも負けることは許されません!

 

 

ーーー次回287話に続く!

 

ブラッククローバー286話ネタバレの感想考察

ブラッククローバー286話ネタバレ

 

ナハトの過去に辛い失敗があったんですね。

大切に思う弟を自分のせいで失った辛さは言葉に表せないでしょう。

しかし目の前には最上位悪魔が二体おり、簡単に倒せるわけはありません。

 

ナハトはこのピンチをどう打破するのでしょうか。

限界を超えることであの圧倒的な強さを誇る悪魔に勝つことが出来るでしょうか。

 

そして冥府の門が開き続ける限り、悪魔はどんどんこの世界に入り込み、世界をめちゃくちゃにしてしまいます。

悪魔憑きとして成長したアスタに早くスペード王国に来てもらい、待ち受ける巨悪を倒して欲しいです!

 

ブラッククローバー286話ネタバレ展開考察

ブラッククローバー最新話286話ネタバレ

 

ここからは、『ブラッククローバー』最新話286話、そして287話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せています!

 

ナハトとモルゲン

モルゲンはヤミと同じく同期の魔法騎士団で、有望株と言われていました。

ナハトは自分自身騎士団に興味はなく、好きなように生きていたのです。

そんな兄でも弟の活躍は嬉しく、いつも陰ながらモルゲンのことを応援していました。

 

ある日のこと、モルゲンはヤミと共に任務に行きます。

その任務がナハトの人生を大きく変えました。

 

当時、ヤミやモルゲンに待ち受けていた敵は最上位悪魔でした。

当時の団長達が勢揃いで、最強の敵に挑むのです。

 

待ち受ける巨悪の敵

最上位悪魔を前に団長達も手が負えず、その脅威はヤミとモルゲンにも襲いかかります。

当時の二人では手も足も出ず、ほぼ全滅させられるのです。

そこに魔法帝が来て、最悪の事態は免れることができました。

 

しかしその代償は大きく、モルゲンは若くしてその命を失うのです。

ナハトは現実を受け入れることができず、葬式で暴れます。

 

そしてモルゲンと共にいたヤミに、何故弟が死ななければならなかったんだ!と激昂しました。

それからヤミのことを嫌いになり、弟の為に悪を倒す覚悟をするのです。

 

兄としての覚悟

ナハトは一人で修行を始め、独自で力をつけていきました。

するとヤミが黒の暴れ牛の団長となる時、副団長に指名したのはナハトです。

当然の如くナハトはその誘いを断りますが、ヤミは共に悪を倒したいと熱望するのです。

 

お互いの利害は一致しており、お互いがモルゲンのことを想います。

そして条件付きの元、ナハトは黒の暴れ牛の副団長を受け入れました。

 

ナハトは自分の弟を倒したスペード王国へと潜入し、反撃の機を伺い耐えていたのです。

 

ブラッククローバー286話への読者の声

ブラッククローバー最新話286話ネタバレ

 

『ブラッククローバー』最新話286話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

ブラッククローバー286話ネタバレまとめ

ブラッククローバー最新話286話ネタバレ

 

ナハトが悪魔を許さない理由には、優秀な弟モルゲンの存在がありました。

果たしてその昔、ナハトとモルゲンに何があったのでしょうか。

そして今のナハトは何を想い、命を賭けて戦っているのか気になりますね。

 

次回の『ブラッククローバー』第287話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。