灼熱のニライカナイ

灼熱のニライカナイ47話ネタバレ最終回!チャコの願う奇跡の復活!

灼熱のニライカナイ47話ネタバレ最新確定!チャコの願う奇跡の復活!

週刊少年ジャンプの人気漫画『灼熱のニライカナイ』最終回47話のネタバレと感想、展開考察です!

 

チャコには三人の父親がいるのでした。

一人目は真面目な神室、二人目は強くて優しいイルカ人間です。

神室との事件から10年が経って、チャコは島の高校生となっていました。

果たして三人目の父親とは一体誰のことなのでしょうか。

 

それでは、気になる『灼熱のニライカナイ』最終回47話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

灼熱のニライカナイ最終回47話ネタバレ

灼熱のニライカナイ最新話47話ネタバレ

 

『灼熱のニライカナイ』47話

「epilogos」のネタバレが下記となります!

 

灼熱のニライカナイ47話ネタバレ:10年後

チャコには父親が三人いました。

一人は真面目な人で怒ると真面目過ぎて手が出てしまうような人です。

二人目は強くて優しい人、大好きなイルカ人間でした。

 

あれから10年が経ち、姉ヶ島署に鰯水巡査が配属されます。

署長は七瀬となっており、日本一署員の少ない警察署はいつも通りみんな出払っていました。

七瀬署長は葉村にお願いし、現場に連れて行って欲しいとお願いします。

 

そして鰯水にあの人のバディになってもらうことを伝えると、葉村は災難やなと答えて連れて行くのです。

未然に防がれた大津波から10年が経ち、七瀬署長は少し昔のことを思い出します。

 

オルフェウスの告別式後、鮫島の前に新宿時代のペア長である岬先輩が現れます。

IOPOという海機捜の上部組織に所属する謎の女性でした。

姉ヶ島に来たのは神室の護送と、海神の断片の回収だったのです。

 

 

もうあれから10年が経ったんですね。

チャコも大きくなっており、あの頃の幼児ではありません。

一体この10年で何があったのでしょうか。

 

灼熱のニライカナイ47話ネタバレ:チャコと母親

チャコの母親である櫛灘八重はIOPOの下極秘裏で最後の海神の断片である海神の心臓の発掘を手伝っています。

八重にしかできない仕事で、その場所は南極なのです。

チャコに突きつけられた選択は母親について行くか島に残るかでした。

 

チャコは島で高校生として今生活しています。

お母さんからはハナクソをほじるなとか手を洗えと子供のような心配をされ、うざいと感じるチャコ。

今目下の心配は宇海姉と父ちゃんのことで、二人がくっつけば良いのにとチャコは思っているのです。

 

しかしチャコが一人立ちするまではくっつかないと考えているのだと言うのです。

七瀬署長はオルフェウスとチャコと一緒に写った写真を見て、あれから10年チャコは立派に育ちましたよと思いました。

 

 

八重は何と海機捜の上層部と共に仕事をしていたんですね。

チャコは母親と暮らすのではなく島で大きく立派に成長していました。

後は10年後の鮫島はどうなっているのでしょうか。

 

灼熱のニライカナイ47話ネタバレ:頼りになるげんこつおやじ

チャコ達が海岸を歩いていると突然海辺にサメが現れたと島民は叫びます。

その頃葉村に連れられて鰯水もその現場へと向かうのです。

到着すると、深作さんが今は鮫島さんが食い止めているところだと状況を伝えました。

 

葉村達が向かうと目の前にはサングラスをかけサメのフォルムをしたスーツ男が笑っていました。

みんなが鮫島さんと呼ぶ中、鰯水は本当のサメなのかと唖然とするのです。

そこで葉村はイルカに指示をして鮫島さんの援護を指示します。

 

やっぱりあのサメ男が鮫島さんだと鰯水が言うと、波乗りをしている男の人を見つけます。

サーファーがまだ残っていて危ないと鰯水が葉村に伝えると、その男こそ鮫島でした。

鮫島はサメ男を葉村の誘導するイルカと共に倒し、そのイルカのことをオルフェウスと呼んでいました。

 

チャコには三人の父親がおり、三人目はバカでスカしてて時代錯誤なハードボイルドです。

いい加減落ち着きなよとチャコが鮫島に言うと、鮫島は笑顔を見せました。

チャコにとって頼りになるげんこつおやじやのでした。

 

 

鮫島も元気な姿でとても安心しました。

チャコの三人目のお父さんとなっていたんですね。

チャコと幸せに暮らしていてよかったです。

 

灼熱のニライカナイ47話ネタバレの感想考察

灼熱のニライカナイ47話ネタバレ

 

とうとう『灼熱のニライカナイ』が最終回となってしまいました。

ハードボイルドな鮫島の活躍をもっと見たかったです。

そしてオルフェウスの奇跡を信じていたのでとても悲しい思いもあります。

 

しかしチャコが立派に成長し、姉ヶ島で暮らしているのはとても安心しました。

そして今は鮫島が三人目の父親として頑張って育てているんですね。

 

チャコはこれからも立派に成長し続けて、素敵な大人になるでしょう。

そして鮫島と七瀬が結ばれることを想像しながら、この物語の自分だけの続きを楽しみ続けたいです。

 

灼熱のニライカナイ最終回47話ネタバレ展開考察

灼熱のニライカナイ最新話47話ネタバレ

 

ここからは、『灼熱のニライカナイ』最新話47話、そして48話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せています!

 

灼熱のニライカナイ47話ネタバレ展開考察:お別れの言葉

鮫島はなき続けるチャコをパトカーに乗せて、オルフェウスの告別式へ向かいました。

到着すると、車から降りようとはしないチャコ。

告別式で挨拶をしてしまうと本当に二度と会うことが出来ないと感じたのです。

 

チャコの気持ちを尊重して、鮫島と宇海はオルフェウスの墓標の前に行きました。

鮫島は静かに手を合わせて、今までの感謝の気持ちを心の中で思います。

 

チャコの面倒は責任を持って見ますと鮫島は心に思うのです。

そして海神の右腕もこれから起こる可能性のある危機を打破する為に使うことを約束しました。

 

灼熱のニライカナイ47話ネタバレ展開考察:奇跡は起こす為にある

チャコはパトカーの中でパパ上は必ず帰って来ると願っています。

するとチャコはふと何かに惹きつけられるように海辺へと向かいます。

そして鮫島の右腕も突然光出し、その光が海へと繋がるのです。

 

急いで海へと行くチャコと鮫島は目の前の人物に驚きました。

そこにいたのは何とイルカの姿ではない南風原だったのです。

 

チャコは喜びの涙を流して、南風原に抱きつきます。

鮫島は南風原と無言でハイタッチをするのです。

 

灼熱のニライカナイ47話ネタバレ展開考察:新たな家族

チャコはイルカの姿ではない南風原にも全く動揺せずに喜ぶのです。

するとチャコと南風原のところに一人の女性が近づきます。

その女性は八重で、チャコはすぐに母親の元へ走り出しました。

 

八重はチャコに謝り続けると、チャコは全て許すと笑顔になります。

そして南風原も八重と再開できて喜ぶのです。

 

鮫島は展開が早く、どういう反応をすれば良いのか混乱していました。

しかし無事にチャコも南風原も元通り元気な姿で安心するのです。

 

灼熱のニライカナイ最終回47話への読者の声

灼熱のニライカナイ最新話47話ネタバレ

 

『灼熱のニライカナイ』最新話47話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

灼熱のニライカナイ最終回47話ネタバレまとめ

灼熱のニライカナイ最新話47話ネタバレ

 

とても熱くそして面白い漫画で毎週が楽しみでした。

オルフェウスと鮫島のコンビはいつ見ても爽快でかっこよかったです。

またこの二人の名コンビに会えたら嬉しい限りです!

 

『灼熱のニライカナイ』は今回で最終回となるので、田村隆平先生の次回作をまた楽しみに待ちましょう!

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。