呪術廻戦

呪術廻戦144話あらすじ!虎杖・乙骨は高専へ!天元が登場!

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話144話のあらすじと感想、展開考察です!

 

呪術廻戦144話では、虎杖が乙骨・伏黒とともに呪術高専に向かうシーンから始まります。

その道中、虎杖は次に宿儺が出てきたときには自分を殺してほしい、と乙骨へ依頼します。

また釘崎の生死についても伏黒に尋ね・・・?

そして九十九や、重症を負っていたものの無事だった禪院真希と共に、全知の術師とされる天元の元へ向かいます!

 

アニメ版の『呪術廻戦』も制作MAPPAでかなりアツい!

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話144話のあらすじ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

呪術廻戦あらすじ144話

では、『呪術廻戦』最新話144話のあらすじです!

あらすじ情報の続報が入って来次第、随時アップデートしていきますので、楽しみにしていてください!

 

呪術廻戦あらすじ144話 :虎杖一行は呪術高専へ向かう!

死滅回游について聞かされた虎杖は、乙骨と伏黒と行動を共にすることを決めます。

死滅回游で、津美紀をはじめとする多くの非術師が巻き込まれようとする中、人を助けるという信念が虎杖を動かしたのでしょう。

虎杖・伏黒・乙骨・脹相で、呪術高専へ向かうことになります。

呪術高専に向かう道中、虎杖はもし次に宿儺が顕現した場合には、自分を殺してくれ、と乙骨に頼みます。

乙骨は、最善を尽くすよ、と言います。

 

呪術廻戦あらすじ144話:生死不明の釘崎の命運は・・・?

尋ねるまで覚悟が必要だったようですが、ついに虎杖は釘崎の安否について聞きます。

しかし何も返事をしない伏黒。

その様子から、そうかと言い虎杖は顔を伏せます。渋谷事変で真人の術式をまともに顔面にくらってしまった釘崎が、死んでしまったのだと・・・。

呪術廻戦あらすじ144話:生存していた禪院真希が登場!

呪術高専に到着するとそこにはソファーに座る九十九由基と禪院真希の姿が!

禪院真希は、渋谷事変で特級呪霊・漏瑚による攻撃で瀕死とされており、顔に痛々しい火傷を負っているものの生きていました!

九十九と普通に会話しており、外傷以外はいたって元気な様子。

 

九十九によれば、天与呪縛のフィジカルギフテッドで身体の耐久性が高かったことで、一命をとりとめたのだとのこと。

呪術廻戦あらすじ144話:遂に天元の元へ!

一旦の顔合わせが済んだところで、今後の作戦会議に入り、伏黒が状況と計画を説明します。

まずは高専に戻って天元と接触、五条悟を封じている呪具・獄門彊の封印の解き方、加茂憲倫の目的と今後の動きを探る必要があると話します。

そして、三人と一緒にいた脹相について、真希がところでこいつは誰だ、と尋ねます。

虎杖は、兄だ、と紹介すると、嬉しかったであろう脹相は悠仁!と声を張り上げます。それを尻目に行動を開始する虎杖たち。

 

呪術廻戦あらすじ144話:全知の術師・天元!

一旦の顔合わせと今後の計画の説明が済んだところで、一行は天元の元へ向かいます。

天元のもとへ向かう道は、11年前に禪院甚璽の襲撃時についた血痕がいまだに残っています。

真っ白な部屋に到着。九十九によれば、部屋が真っ白なのは天元の拒絶を示しているとのこと。

 

そして遂に全知の術師・天元その姿を現します!

天元は、5人のことを知っている様子で、禪院の子、菅原道真の血筋、呪胎九相図、宿儺の器とそれぞれを呼びます!

 

―――次回145話に続く!

呪術廻戦あらすじ144話の感想考察

ここからは、呪術廻戦あらすじ144話への感想考察を述べていきます!

 

呪術廻戦あらすじ144話の感想考察:釘崎は本当に死亡したのか?

呪術廻戦144話で、無事に虎杖が呪術高専に戻り、仲間たちと合流する流れになりました。

気になっていた釘崎の生死ですが本当に死んだのか、正直まだ判然としないですね。

伏黒は何も答えないだけで死んだとは言っていないですし、虎杖が勝手に釘崎は死んでしまったと思い込んでいるだけです。

かつて虎杖が高専メンバーに「実は生きていましたドッキリ」を仕掛けたように、釘崎がその「お返し」で生きている可能性もあるのではないか、と思っています!

 

呪術廻戦あらすじ144話の感想考察:遂に姿を現した天元!

そして今回、ついに天元が姿を現しました!

本誌では「全知の術師」と銘打たれていましたが、天元の部屋に入ってきた九十九を除く全員の正体を一言で表現しています。

天元が虎杖たちを拒絶している、という九十九の発言もありましたが、天元は果たして高専側に協力してくれるのでしょうか?!

 

呪術廻戦最新話144話への読者の声

 

 

『呪術廻戦』最新話144話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

 

呪術廻戦最新話144話あらすじまとめ

 

虎杖の出生の秘密が非常に衝撃的だった今回

その一方で乙骨が味方である事も確定となり、伏黒の虎杖への想いも明らかになりました。

今の精神状態がボロボロの虎杖にとってこの二人の存在は救いになったでしょうね

 

渋谷事変の後半からずっと一息つく間もない展開の連続でしたが、ようやくほんの少しだけホッとする展開となりました。

が、既に次の戦いは始まろうとしている状態

最悪のゲームによってどんな戦いが繰り広げられていくのか注目ですね!

 

次回の『呪術廻戦』第145話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。