呪術廻戦

呪術廻戦149話ネタバレ感想!真希と真衣の共闘で扇との戦いにケリをつける!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話149話のネタバレと感想、展開考察です!

 

禪院家の忌庫にある呪具を取りに戻った真希。

しかしそこで真希を待っていたのは実の父親である禪院扇であり、彼は当主の座を奪う為にも真希の命を奪おうとしていました。

真希は手に入れた新たな呪具で扇に立ち向かい奮闘するも扇の強烈な一撃を食らい窮地に陥るのでした。

実の父親を真希は倒せるのか!?

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話149話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

『呪術廻戦』最新刊をお得に読む情報もまとめましたので是非活用してください!

2021年3月に『呪術廻戦』待望の15巻が発売されました!

最新刊を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

初回登録時は31日間無料でアニメや映画も見放題作品がたっぷり!今すぐチェック!

U-NEXTで今すぐ読む

↑無料で読める!↑

 

更にU-NEXTなら、2021年冬に公開が決定している映画『劇場版 呪術廻戦 0』の原作『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』も無料で読めます!

 

気になる劇場版を先取りして無料で読むならやはりU-NEXTがお得!

初回登録時は31日間無料でアニメや映画も見放題作品がたっぷり!今すぐチェック!

U-NEXTで今すぐ読む

↑無料で読める!↑

※31日間無料お試し可能で、期間内に簡単に解約も可能♪
※2021年5月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトを確認してください。

 

なお呪術廻戦の次巻16巻は2021年6月4日発売予定です!

呪術廻戦ブームにつき、全国の書店では単行本売り切れが続出していますが、Amazonなどで早めに予約するか、電子書籍を予約してしまいましょう!

▼以下リンクからAmazonの商品ページに飛びます▼

Amazonで呪術廻戦16巻を予約・購入する

 

呪術廻戦149話ネタバレ

呪術廻戦最新話149話ネタバレ

 

『呪術廻戦』149話

「葦を啣む-弐-」のネタバレが下記となります!

 

呪術廻戦149話ネタバレ:前当主に選ばれなかった憎しみ

忌庫の中で自らの娘である真希を斬り伏せた禪院扇

先に倒していた真依と共に真希をどこかへ引きずりながら連れていきます。

 

そうしながらも先程の戦いでの真希の失敗を語りだす扇。

真希が自分の刀を折って油断したのだと考えていた扇は、自分は剣士ではなく術師なのだと言い切ります。

出来損ないの物差しで自分を測ろうとするなど笑止千万であると。

 

自分が前当主に選ばれなかったのはあくまでも娘たちのせいだと扇は考えていました。

実力は兄である直毘人に遅れを取った事もなく、唯一の違いは子供の出来だけ。

それだけに扇は子供が親の足を引くなどあってはならないのだと言い切ります。

 

そんな扇に対して動く事も出来ないながら、この国では足の引っ張り合いが美徳なのだと皮肉る真依。

しかし扇はそれを無視して二人をどこかの部屋へと投げ捨てます。

 

その部屋は訓練と懲罰に使われるという場所であり、2級以下の呪霊が無数に飼われているような危険な場所

今は自分に怯えて出てこないものの、じきに二人を喰いに這い出てくるだろうと語る扇。

 

去り際に扇は、真希の持つ天与呪縛とフィジカルギフテッドについても否定します

鍛錬した肉体を更に呪力で強化して戦うのが術師であり、真希の持つ力なんて皆が持っているものなのだと。

二人の事を人生の汚点だと言い放って扇はその場を去っていくのでした。

 

 

前回ラストで涙を流していましたし、もしかしたら娘への愛情も少しはあるのかなぁと思っていたら全くそんな事はありませんでしたね

読んでいてドン引きしてしまうくらいに超弩級のクズ親キャラでした。

娘を言い訳に使ってますが、間違いなくそんなの関係なく当主にはなれなかっただろうと思えますよね。

 

呪術廻戦149話ネタバレ:呪術師としての双子の意味とは??

扇が去り辺りの呪霊が騒ぎ出す中、なんとか瀕死の真希に近づいた真依。

真希の心臓がまだ動いている事を確認すると苦しげな表情でつぶやきます。

いつかこうなるんじゃないかと思っていたのだと。

 

そして最悪だとつぶやきながら真希へと口づけをする真依

その瞬間二人の意識は全く別な空間にある波打ち際のような場所へと移動していきます。

 

その空間で目覚めた真希に対して、真依は自分の術式が何なのか分かっているだろうと呼びかけます。

自らの持つ構築術式では大きい物や複雑な物は作れないと前置きした上で真依は言い放ちます。

扇に斬られた傷もあるし、これを作ったら自分は死ぬのだと

 

そんな事を言いながら一人で海へと歩き出してしまう真依と、言葉の意味が分からないながらも必死に止めようとする真希。

慌てた様子の真希とは違って落ち着いている真依は、呪術師にとって何故双子が凶兆と呼ばれているかの理由を語りだします

 

何かを得る為には何かを差し出さなければならず、それは縛りだけの話ではなく痛い目をみて強くなるのも同じ理屈。

しかしそういう利害のようなものが成立しないのが双子

何故なら一卵性双生児は呪術において同一人物だとみなされるから

 

アンタは私で私はアンタなのだと語る真依。

だからこそ真希がどれだけ努力して強くなりたいと願おうと意味がなく、それは真依の方が強くなりたいなんて思っていないから

 

そして真希が術式を持っていなくとも真依が持っていては意味がない。

結局自分がいる限り真希は一生半端者なのだと真依は言い切るのでした。

 

 

窮地に陥った禪院姉妹でしたが、ここから更に嫌な雰囲気になってきてしまいました。

二人の意識がやって来たのは波打ち際ですが、これは彼岸だとか三途の川をイメージさせてきます

真依が真希の為に死のうとしているのはちょっと辛すぎますよね

 

呪術廻戦149話ネタバレ:姉妹の約束と真依が遺したもの

一人で海へと向かう真衣をなんとか止めようとする真希。

しかし真依はそんな真希に対してこれだけは置いていくのだと手を伸ばします

呪力もなにもかも自分が持っていってあげるから他は捨てなさいと

 

真依が真希に握らせたのは一本の葦

その上で一つだけ約束して欲しいのだと、真依は仲の良かった子供の頃の姿になって真希に気持ちを伝えます。

全部壊して欲しいのだと、最期は真希にお姉ちゃんと呼びかけるのでした。

 

そして意識を取り戻した真希。

その手にはたった今真依の力で作り出された刀が握られていました

 

しかしそれと引き換えに真依の意識は戻ってこず。

真希は自分の命を救ってくれた真依に必死に起きてと呼びかけるも反応はなく、二人を大量の呪霊達が囲んでしまうのでした。

 

 

この姉妹のラストシーンはあまりにも美しくて素晴らしいのですが、それと同時にめちゃめちゃ辛すぎるんですよね。

『呪術廻戦』は死に際に残していく言葉があまりにも重たすぎて読者の心を抉ってきます・・・

真依の為に強くなりたいと思っていた真希が、真依を失う事によって何かを得るなんてエグすぎる展開ですよね。

 

呪術廻戦149話ネタバレ:扇に蘇る恐怖と姉妹の旅立ち

部屋に二人を残してきた扇でしたが、突如として部屋の中にあった呪霊の気配が消滅したのを感じます

何が起きたのかと刀に手を伸ばす扇が見たのは真依を連れてやって来た真希でした。

 

そんな真希に対して、忘れようとしても体が覚えていたという恐怖を思い出してしまった扇。

目の前にいた真希から禪院甚爾と全く同じオーラを感じ、扇は即座に術式を解放していきます。

 

「焦眉之赳」という刀に炎を纏わせる術式で改めて真希を焼き尽くそうとする扇。

真希に対して出来損ないと叫ぶものの、その言葉が終わるよりも速く真希の攻撃によって扇の頭部は真っ二つになっていました

 

真依が命を引き換えに作り出した刀を大事そうに見つめる真希。

刀そのものとなった真依に対して始めるよと語りかけるのでした。

 

 

天与呪縛なんて誰もが持っているものなのだと偉そうに語っていた扇ですが、どうやらかつて禪院甚爾によって恐怖をその身に叩き込まれていたようです

そんな経験があったくせに真希を馬鹿にしていたのもダサいですし、本当にどうしようもない悪人でしかありませんでした。

真依は死んでしまったものの、刀となって真希と共に戦い続けるというのが美しくもあり切なくもありますね

 

 

―――次回150話に続く!

 

呪術廻戦149話ネタバレの感想考察

呪術廻戦149話ネタバレ

 

真希と真依の美しい姉妹愛が描かれていた今回。

今後の厳しい戦いの為には必要なものだったのでしょうが、だとしてもこんな展開はあまりにも辛すぎますよね・・

 

小物過ぎる禪院扇

前回のラストで涙を流していて、扇にも何かしら娘たちへの想いがあったりするのかなぁとも考えていました。

しかしそんな予想とは全く違い、扇にあったのはどこまでも自分本位な考えだけでした。

 

自分の実力は兄である直毘人にも劣っておらず、兄との違いは子供の出来だけ。

そんな風に語っていましたが、どう考えてもコイツの実力は直毘人以下でしょうね。

自分がうまくいかない理由を全て娘達になすりつけているようで本当にどうしようもありません。

 

真希の天与呪縛とフィジカルギフテッドにも文句を言っていましたが、それも結局は禪院甚爾に痛い目に遭わされた経験があったからなのでしょう。

むしろそれがあったから余計に真希に対する扱いも酷くなってのかもしれません。

 

どこまでも徹底したクズ野郎の扇でしたが、最期は甚爾を思わせる力を得た真希によって真っ二つに

実の父親を殺すというシーンは普通だったら多少は複雑な気持ちになるものですが、今回の場合はスッキリしかしませんでしたね。

 

一番大切なものと引き換えに

禪院甚爾と同じように呪力を持たない存在だった真希。

しかし甚爾になりきれなかったのは双子であり力が分かれた状態だったから

 

真希が甚爾のような強さを得る為には全てを捨てる必要がある

しかしその捨てるものというのは、真希が一番大切にしている真依という存在。

この救いようもない流れこそが『呪術廻戦』って感じなのがどうしようもなく辛い所です。

 

そっけない感じで淡々と自分のやるべき事をやろうとしていた真依。

最期だけ仲の良かった子供の頃の姿になるという演出にはもう泣けてしまいました

二人とも結局はお互いの事がどこまでも大切だった訳で、それなのに辿り着いたのがこんな結末なんだからもう残酷過ぎます

 

真依を失ってしまえば真希としてももう禪院家の当主になる事さえ興味もないでしょう。

正に全てを失った真希が、刀となった真依と共にどんな戦いを見せてくれるのか期待したいですね!

 

呪術廻戦149話ネタバレ展開考察

呪術廻戦最新話149話ネタバレ

 

ここからは、『呪術廻戦』最新話149話、そして150話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

真希と真衣の姉妹共闘で扇を倒す!?

今回のラストで扇からかなり大きなダメージを食らってしまった様子の真希。

既に結構致命的なダメージだった可能性もありそうですが、ここで行動不能になってしまったらもう助かる可能性はゼロでしょう。

禪院家の面々は真希も真衣も両方とも殺してしまいたい訳ですし

 

それだけにここはなんとか真希が扇を倒す形で乗り切ってもらいたい所ですが、流石にちょっと実力には差があるような気もします。

なのでここは真希一人ではなく、真衣にも頑張ってもらい二人で共闘してもらいたい所です。

いがみ合っていた二人が協力してこの窮地を乗り越えていくという展開だったら熱いですよね!

 

真衣を失って真希が成長する!?

世界が大変な状況になっているというのに、身内同士で争う形になっている現在。

こんな状況はさっさと終わらせて死滅回遊の事を考えたい所ですが、やはり禪院家はそんな簡単にどうにかなる奴らではないでしょう。

圧倒的な身体能力を持った真希でも扇はかなり厳しい相手に思えますし。

 

とはいえ真希としても、強力な呪具を使って1級術師の扇に勝てないようでは今後が心配でもあります。

なので真希には強力な呪具を使う以外にも何かしらパワーアップする展開が訪れて欲しいんですよね。

 

『呪術廻戦』の公式ファンブックでは、真希が禪院甚爾クラスのフィジカルを獲得出来る可能性はあると書かれていました。

そして真希がその力を得る為に考えなければならないのは、何かを得る事ではなく何を捨てるかという部分なのだそう。

 

元々持たざる者として生まれてきた真希が、果たしてこれ以上何を捨てる必要があるのか?

そんな風に考えていくと、真希が一番大切に想っている真衣を捨てなければならないという可能性はありそうな気がします。

もちろん真希が自ら真衣を捨てるなんてあり得ないと思いますが、真衣の方が真希の為に命を懸けていくという展開は考えられそうです。

 

次のエピソードは狗巻棘!?

前回はパンダの辛いエピソードが描かれていましたが、今回は主役が真希となりました。

そうなってくると、真希のエピソードに続いて描かれるのは同じ2年の狗巻棘の可能性が高いでしょう。

 

狗巻棘はこれまでそれほど活躍している場面もありませんでしたし、そもそも渋谷事変後にどうなっているかも不明な状態。

それだけに語るべき内容は結構ありそうな気がしますよね。

 

渋谷事変の戦いでどうやら腕を失う事になってしまったという狗巻。

そんな彼が再び呪術師として戦い続ける事が果たして出来るのか?

その辺りを描く中で、普通に喋れていた頃の姿も描かれたりしたら盛り上がりそうですよね。

 

呪術廻戦149話への読者の声

呪術廻戦最新話149話ネタバレ

 

『呪術廻戦』最新話149話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

呪術廻戦149話ネタバレまとめ

呪術廻戦最新話149話ネタバレ

 

改めて禪院家がどうしようもない腐りきった家だという事を思い知らされた今回。

そりゃあ真希も家を出たくなるでしょうし、伏黒パパもこんな場所には居たくないと思うでしょう。

 

直哉は既に人格が最低だという部分が描かれていましたが、今回甚一と扇の二人もどうしようもない人間だという事が判明しました。

それによって相対的に前当主の直毘人ってまだまともな奴だったんだと感じさせるのも面白い所でしたね。

 

真希としてはこの窮地を乗り切らなければならない訳ですが、なんだかんだ相手は強敵である事は間違いありません。

親子対決がどんな結末を迎えていくのか注目ですね!

 

次回の『呪術廻戦』第150話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。