キングダム

キングダム617話ネタバレ!河了貂が危機!糸凌が共伯を倒すも死亡フラグ!?

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話617話のネタバレと感想考察、展開予想です!

 

助けに来た王賁に、愚か者!と言い放つ王翦

馬南慈・傅抵に包囲される中、蒙恬率いる楽華隊が救出に現れます!

 

馬南慈を止めないと王翦を助けられない!と蒙恬が馬南慈を狙います。

馬南慈に一撃食らわした蒙恬は、このまま討ち取れるのか?

 

それでは、気になる『キングダム』最新話617話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

『キングダム』最新刊をお得に読む情報もまとめましたので是非活用してください!

 

 

キングダム617話ネタバレ

キングダム最新話617話ネタバレ

 

『キングダム』617話

「飛信隊の止め方」のネタバレが下記となります!

 

余裕がない

蒙恬の一撃が馬南慈の右目を切りつけます!

馬南慈が体を反らし、なんとか直撃は避けるものの、右目の下から上にかけて血が噴き出します。

 

そんな蒙恬の攻撃に対して、矛を振り回す馬南慈。

落馬しそうになるほどの体勢だった蒙恬は、馬南慈の矛を交わすために、馬の手綱を引っ張り体勢を立て直しながら交わします。

そして、王翦将軍の前に引き返す蒙恬。

 

そんな蒙恬の一連の動きに、王翦軍も馬南慈軍も驚きの表情を浮かべます。

すると蒙恬は、王翦の近衛兵達には馬南慈を討ち取るように、そして他の王翦軍には命を捨ててでも王翦将軍を左に逃がすように指示を出します。

 

そして周囲を鼓舞します。

それを聞いた傅抵は蒙恬に邪魔をしないよう言います。

 

李牧本陣から、王翦本陣の様子を窺う李牧。

王翦将軍を討ち取るのに、予定よりも時間がかかっているため厳しい表情を浮かべます。

そして、馬南慈と傅抵に対して、早く王翦を討ち取らないと、李牧本陣ももう余裕がない!と考えます。

 

軍師河了貂

李牧本陣めがけて突き進む倉央と糸凌。

次々と敵をなぎ倒していく糸凌に対して、共伯が止めようと対峙します。

 

ただ、それでも止まらず糸凌が共伯を押していきます。

そんな糸凌に対して共伯が女であることを驚きます。

 

すると、共伯を斬り倒す糸凌

共伯が討たれたことに、李牧本陣の兵士達が驚愕します。

それを見ていた倉央が笑みを浮かべます。

 

共伯が討たれたのを見ていたカイネは糸凌の元に向かいます!

 

李牧の元に共伯が討たれたと報せが届きます。

それを聞いた李牧は、倉央と糸凌の元に雷伯を向かわせるように指示を出します。

 

李牧は左側の発信隊が気になります。

今はなんとか金毛が対応しているが・・・。

 

飛信隊の攻撃に対して、次々と防衛の対策を指示する金毛。

援軍を送ろうとしますが、すぐに河了貂が対応してくるため、思ったように効果が出ません!

 

飛信隊で目立っているの間違いなく信であり、バカげた武力が飛信隊を強力部隊にしていると金毛が考えます。

ただ、それを引き出しているのは信ではなく、軍師の河了貂だと。

 

河了貂が現場で指揮を取っているため、対応も早いのだ!と考える金毛。

すると、何かに気付いたという表情を浮かべます。

そして呟く金毛。

 

窮地に陥る河了貂

趙国のために竹進の言葉を思い出します。

そして、覚悟を決めたように拳を握り締める金毛。

 

すると自ら率いて出陣することを金毛が告げます。

そんな金毛を止める側近達。

 

すると、引き留める側近たちに金毛が言います。

今さらだが、飛信隊の止め方がわかったことを金毛が話します。

 

離れた所から弓矢を放つ仁。

仁の手は皮もめくれすでにボロボロになっています。

 

そんな仁の手を心配する弟の淡。

そんな淡に仁がまだ大丈夫だからと言います。

 

すると、遠くで動く小隊を見つける仁と淡。

 

河了貂が次の作戦を他の兵士達と話していると、その兵士の頭に突然矢が刺さります!

いきなりの事に驚く河了貂。

 

飛んできた矢の方向を見てみると、金毛率いる小隊が河了貂を狙っています

河了貂を守るため、河了貂の前に立つ兵士達。

そして、河了貂に逃げるように言います。

 

あたふたする河了貂ですが、指示に従い馬で後方に逃げようとします。

逃げたことで、あれが河了貂だと確信する金毛。

 

そして、慶舎と岳嬰のことを思い出し怒りの表情を浮かべます。

 

河了貂に向けて、数本の弓矢が放たれます。

両手を広げ河了貂に当たらないように守ろうとする兵士達。

 

ただ、一本だけ兵士達の間を弓矢が抜けていき、それが河了貂の左肩に刺さります

弓矢が刺さったことで、落馬する河了貂。

 

そんな河了貂をさらに追い込み、弓矢を放つ金毛達。

まだだ、と狙う部分に指示を出す金毛。

 

右手で顔を隠すように河了貂が覆うと、右手の手のひらに弓矢が刺さり弾かれます。

左肩と右手を撃たれた河了貂は、その場から動くことができなくなります。

 

そんな河了貂に、トドメをさすように金毛が指示を出します。

そして、金毛の部下が河了貂に近づき槍を突き立てます

 

大量の血が空に舞うその結末は…!?

 

 

キングダム617話感想考察

キングダム617話ネタバレ

 

今回の最新話は、予想外の展開も含め大きく状況が動いた回でしたね。

馬南慈に一撃を浴びせた蒙恬が、深追いすることなく王翦の元に戻り、すぐさま全体に指示を出したのには驚きました!

 

それだけ、蒙恬は馬南慈を警戒し力を認めているため、ここで一騎討ちしても厳しいと感じたのでしょうね。

ただ、その後に王翦の目の前で指示を出す姿は、信や王賁とはまた違ったタイプの武将だと思いました。

 

逆に李牧本陣では糸凌が共伯を討ち取るものの、金毛が河了貂に狙いを定め、自ら小隊を率いてこれを仕留めようと飛信隊は最大の危機を迎えました。

 

ここにおいて秦軍は王翦の守りに蒙恬・王賁が集い馬南慈・傅抵に対峙し、李牧本陣への攻めには糸凌・信が優位に立つ中、河了貂が金毛に狙われるという構図が出来上がりました。

いずれの軍も総大将の本陣が攻められながら、先に敵の本陣を落とした方が勝ちという流れになりそうです。

 

武将の個々の力を考えると、王賁が手負いの分だけ秦軍側が不利なようにも感じます。

加えて河了貂が負傷したことで、飛信隊の進撃にも影響が出そうな雰囲気です。

 

しかし結果としてはこの戦さ、秦軍の勝利で決着する筈ですので、何をもって李牧が兵を引く決断を行うのかが焦点となりそうだと感じました。

 

キングダム617話ネタバレまとめ

キングダム最新話617話ネタバレ

 

予想外の展開だったのが、金毛に狙われた河了貂ですよね。

まさかこのタイミングで金毛が自ら出陣し、河了貂を討ち取りに行くとは・・・。

 

飛信隊も河了貂は替えのきかない軍師なので、もう少ししっかり守りを固めないと!と思わず力が入ってしまいました(笑)。

この河了貂の絶体絶命のピンチを、飛信隊はどう乗り切るのでしょうか?

 

まさかここで河了貂は戦死となるのか!?

次回の最新話は見逃せないですよ~。

 

次回の『キングダム』第618話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。