キングダム

キングダム671話あらすじ!六大将軍の復活と河了貂の逡巡!

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話671話のネタバレと感想、展開考察です!

 

羌礼は李信に許されて正式に飛信隊への加入を認められ、羌瘣への気道を繋ぐ治療を行います。

そこを李信が訪れて羌瘣が自分を救った理由を問い、羌礼が羌瘣が李信を好きだからだと答えてしまいました。

 

羌瘣は李信への想いを否定せず、今後のために今の話は忘れて欲しいと語ります。

その頃に秦国の咸陽では嬴政が「六大将軍」の復活を高らかに宣言し、これに重臣達も驚きを隠せませんが、果たして嬴政の真意はどこにあるのでしょうか?

 

 

それでは、気になる『キングダム』最新話671話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

キングダム671話あらすじ

『キングダム』671話「任命の儀」のネタバレが下記となります!

 

キングダム671話あらすじ:「六大将軍」の復活

秦国の首都・咸陽の大広間に集められた重臣達は、大王・嬴政から来年早々の「六大将軍」の復活を告げられます!

多くの重臣達がこの準備に忙しく散る中、嬴政は昌文君を呼び止め、腕の良い造形師を探し製造を依頼したい物があると述べました。

 

そして遂に紀元前234年の年明けを向かえ、咸陽では先の新「六大将軍」の復活に向けた下準備が整えられつつあり、荘厳な鐘の音とともに新しい時代を予見させます。

 

キングダム671話あらすじ:前線の飛信隊の反応

対趙国の最前線のひとつである段荘に滞陣中の李信は、新「六大将軍」復活の件を訪れた蒙恬から聞かされ、椅子ごとひっくり返って驚きます!

蒙恬は数日後には咸陽でその任命式が行われる予定だと続け、これを聞いた李信は急ぎ咸陽に戻ろうとしました。

 

しかし蒙恬は新「六大将軍」の任命を受ける人物達は既に咸陽に召喚されていると述べ、李信は王賁も呼ばれていないことを知り少し安堵します。

新たに飛信隊に加入した羌礼が新「六大将軍」を理解していないのを見て、河了貂はそれが秦国の軍隊の制度であると解説しました。

 

そしてその新「六大将軍」に任じられた人物には様々な特権があり、中でも最大のものが「戦争の自由」だと蒙恬が割って入ります!

首都・咸陽にお伺いを立てる事無くこれを行える権限を、河了貂は諸刃の剣だと述べて危惧しました。

 

しかし李信のみはそんな些末な事より、誰が新「六大将軍」に任じられるのかが問題だと指摘します!?

 

キングダム671話あらすじ:5人まで判明した六大将軍

咸陽の宮殿内の大広間では、遂に新「六大将軍」の任命の儀式が厳かに執り行わます。

居並ぶ重臣達を前に大王・嬴政は語り始め、先々代の大王たる昭王の時代にあった王騎ら名だたる6人の将軍の存在から作られた古法・制度を今再び必要としていると述べました!

 

そして嬴政は新しい「六大将軍」の任命の儀式をこれから行うと力強く宣言ます。

先ず嬴政が口にした一人目の将軍は蒙武であり、次に騰、次に王翦、次に楊端和、次に桓騎とここまで順当に今の秦国を代表する将軍達が順当に指名されていきました。

 

指名された5名が嬴政の前に進み出る中で、嬴政は最後の一人の将軍の名を・・・?

 

―――次回【672話】に続く!

 

キングダム671話あらすじの感想考察

今回のエピソードでは、秦国において遂に「六大将軍」の制度が復活すること、そして新たにその座に就く5人の将軍の名が判明しました!

5人の将軍とは大方の予想通りであり、蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎の実績・実力ともに申し分のない面子が選出されていました。

 

未だ将軍になりたての李信ら若手はもちろん選外でしたが、残る1枠の将軍の座、誰が指名されるのでしょうか?

ここまで挙げられた5人に比肩し得る程の将軍は、正直今の秦軍には見当たらないようにも思えますので、意表を突いた新キャラクターの可能性もあるかもしれませんね!?

 

中で嬴政が昌文君に依頼した内容が、何を意味しているのかは不明で気になりました。

また李信と羌瘣の二人の間には、微妙なぎこちなさが漂っている事が描写されていましたが、李信は何時になく正論を述べ事の本質を突いていましたね!

 

キングダムネタバレ671話 最新話 前回振り返り

『キングダム』670話「致命的なこと」は下記内容となります!

 

キングダムネタバレ671話 最新話 前回振り返り:羌礼の飛信隊正式加入

崇原歩兵隊長に深々と頭を下げ、しおらしくこれまでの行いを謝罪する羌礼

他の飛信隊隊員達にも一人一人にこれを繰り返し、昴からは許しの言葉がかけられました。

 

最後に李信は自分のところに謝りに来た羌礼の頭に軽くげんこつを見舞い、次から規律に違反すれば追い出すので、上からの命令を聞くようにと厳命します。

そして仲間を失っているのは羌礼だけでは無いと諭し、今日からお互いに背中を合わせる戦友同士だと、正式に羌礼の飛信隊加入を認めました

 

 

ついに改心した羌礼が、正式に飛信隊の仲間として加わることが決まりましたね。

羌瘣同様に巫舞の遣い手として、飛信隊の強力な戦力になってくれそうです。

 

キングダムネタバレ671話 最新話 前回振り返り:羌瘣の告白

厳しい表情を浮かべていた李信は意を決して羌瘣の陣へと向かい、そのテント内へと進みます。

中では羌瘣が上半身をはだけた格好で羌礼から背中への治療を受けており、李信、羌瘣ともにお互いに赤面してしまいます。

 

羌礼の治療は羌瘣の気道を繋ぐものであり、繋げても元通りに羌瘣が力を発揮出来るかは分からないと説明されます。

李信は羌瘣が今の状態に陥った原因が自分を救うために禁術を使用した事であり、羌瘣自身が寿命を縮めてまでそれを行った理由を問い糾しました。

 

これに羌礼があっさりと李信に対する羌瘣の好意がその理由だと答えてしまい、二人は再び赤面します。

しかし羌瘣はそれを認め、そのときに象姉から聞いた事だとして、元々寿命の長い自分は知人だとは言え通常の人物の寿命になっただけだと述べました。

 

その上で羌瘣は自らの李信への気持ちが恋愛感情なのか良く分からないとしつつも、今後の戦いを考えればその先に進むべきではないとし、この話を忘れて欲しいと続けます。

言葉を無くす李信ですがちょうど表から敵の攻勢についての急報がもたらされ、羌瘣の告白は遮られました。

 

残された羌瘣は羌礼に今の告白が出来た事のお礼を述べ、そんな羌礼も自らの命を救ってくれた羌瘣に深い感謝の気持ちを伝えます。

 

 

成り行きとは言え、遂に羌瘣が自身の気持ちを李信に伝えてしまいましたね。

羌瘣が飛信隊を離れる可能性を示す、ひとつの伏線かも知れないようにも感じました。

 

キングダムネタバレ671話 最新話 前回振り返り:六大将軍の復活

場面は一転して、秦国の首都・咸陽における軍議の内容へと切り替わります。

秦国軍総司令官たる昌平君や、重臣の昌文君らの首脳達が緊張した面持ちで顔を揃えていました。

 

昌文君の合図で大王である嬴政が前に進み出ると、大きく手を伸ばして話し始めます。

そこで語られた内容とは、翌年早々に秦の「六大将軍」制度を復活させるとの驚きの発言でした。

 

嬴政はまっすぐな面持ちで力強くこれを宣言し、集められた重臣達にもその決意が伝播し・・・?

 

 

久々の大王・嬴政の登場でしたが、ここにきての六大将軍復活の号令でした。

蒙武や騰の2人は大将軍なので当然選ばれるとしても、後は王翦と誰になるのでしょうか?

 

キングダムネタバレ671話 最新話 前回振り返りの感想考察

670話では、羌礼が飛信隊の皆に謝罪をしてまわり、正式に隊の一員として加わることが描写されました。

また羌瘣が自らの身の危険を顧みず李信を救った事を、好意から出た行動だと認め李信に直接これを伝えることになりました。

 

羌瘣の言葉から戦に身を投じる中では、その気持ちを前に進めることは無いと入っていましたが、李信の本心は不明なままでしたね。

こうした現状をもう一人のヒロインである河了貂がどう受け止めるのかも、今後の物語の展開を考える上でポイントになりそうです。

 

 

キングダム ネタバレ671話 確定速報をより楽しむために…無料で既刊が読める【U-NEXT】

『キングダム』単行本を無料で読むためのおすすめの方法を紹介します!

単行本も60巻を数え、アメトークでも「キングダム芸人」として取り上げられていますが、その人気から不朽の名作の域に入っています。

そんなキングダムを、もしまだちゃんと読んだことが無い、という人は、31日の無料トライアルで読めるU-NEXTの利用をおすすめします!

キングダム668話ネタバレ最新確定速報

U-NEXTなら、キングダムは勿論、ジャンプ作品を始めとした漫画最新刊を無料で読むことが可能です!31日間の無料期間中に解約すれば、月額料金はかかりません。

まだ登録していない人は利用しないと損!ですので、この機会に下記のボタンからぜひ登録しておきましょう!!登録は数分で完了します。

31日間無料&初回600ポイントでお得に

【U-NEXT】キングダムを今すぐ読む!

期間内に解約すれば無料!

ワンピース最新刊96巻の発売日と表紙に収録話は?あらすじも調査

 

キングダムネタバレ671話まとめ

崇原を始め飛信隊の皆に謝罪した羌礼は、最後に李信に許され、今日から背中を合わせる仲間だと正式に加入を認められます

李信は羌瘣テントを訪れ、羌礼が羌瘣の気道を繋ぐ治療を行っている場面に遭遇しました。

李信は自分を救うために羌瘣が寿命を縮めた理由を問いますが、これを羌礼があっさりと羌瘣の李信への好意だと答えてしまいます。

 

羌瘣もそれを認めつつも通常の寿命になっただけだと述べ、今後を考えこの話を忘れて欲しいと語りました

その頃、秦国の首都・咸陽では嬴政が重臣らを前に「六大将軍」の復活を宣言し・・・?

 

嬴政の突然の発表に重臣達も驚きを隠せないものの、続く意義の説明を聞いてそれが中華に与える影響の大きさを認識するのではないでしょうか?

 

次回の『キングダム』第672話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。