キングダム

キングダム672話ネタバレあらすじ!遂に再始動した秦国新六大将軍と李牧の今

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話672話のネタバレと感想、展開考察です!

 

秦の咸陽では嬴政が「六大将軍」の復活を告げ翌年に向けた準備に入り、これを聞いた李信は椅子からひっくり返って驚きます!

河了貂が「六大将軍」の持つ「戦争の自由」を危惧する中、李信は誰が任じられるのかが問題と指摘しました。

新「六大将軍」の任命の儀式では、嬴政が蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎と指名し・・・?

嬴政は残り1枠を敢えて空席とし、今後の活躍如何で決めると発表するのではないでしょうか?

 

 

それでは、気になる『キングダム』最新話672話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

キングダム672話ネタバレあらすじ

『キングダム』672話「黄金の翼」のネタバレが下記となります!

 

キングダム672話ネタバレ:六人目の将軍は空席

秦の首都・咸陽の宮殿内の大広間で大王・嬴政は、新「六大将軍」として蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎の5名を指名します!

誰の目にもあきらかな実績を持つこれらの将軍に続き、最後の六人目が誰になるのかに皆の耳目が集中しました。

 

嬴政からそこで声高らかに発せられたのは、六人目は空席とするとの言葉です!?

嬴政は先ず、既に指名した蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎の五名に並ぶ「戦の強さ」を持つ将軍は今のところいないと続けました。

 

それでも嬴政はかつての昭王の時代と同じく六将が必要であり、それは六将が相互にカバーしあっていたおかげで、これまでの最大版図を秦にもたらしていた為だと説明します。

桓騎はならば七将でも八将でも良くないかと不遜な意見を述べましたが、王翦が従える兵と将の数のバランスから、最も俊敏なのが六将だと答えてその意見を否定しました。

 

キングダム672話ネタバレ:六将を据える意義

その王翦の言葉に秦軍総司令官の昌平君も賛同し、六将の最大の武器は迅速さだと唱えます!

昌平君は今後敵国に侵攻した場合、領土より兵数に余裕がある国には人海戦術に巻き込まれるとし、それに現場で迅速に対処する事が不可欠だと説きました。

 

嬴政は「速さ」と「鋭さ」を持って他の六国を凌駕するとし、六将制度でそれらを滅ぼし中華を秦によって統一すると宣言します!

集まっていた重臣達は嬴政の言葉に大いに士気を鼓舞されますが、昌文君は六将の「戦争の自由」には一般人の虐殺・暴虐、そして叛乱などは含まれないと敢えて釘を刺しました。

 

桓騎や王翦に向けられたかのようなこの昌文君の言葉に騰が反応し、そのようなことがあれば残りの将がそれらの者を抹殺すると決意を見せます。

この騰の発言に嬴政は謝辞を述べ、かつての六将は昭王に対する「絶対の忠誠心」を保持していたが、今の五将にそこまでは望めないかもとの本心も明かしました。

 

それでも嬴政は彼等五将と残りの一枠を埋める将の働きに期待していると告げ、更に李信ら若い世代の将軍候補への期待も滲ませます。

 

キングダム672話ネタバレ:預けられた黄金の羽

そして嬴政は昌文君に命じて、今日の為に作らせておいたある物を大広間に運び込ませます!

ここで嬴政は秦国の祖・大業とそれを生んだ女脩の懐妊伝説を述べ、それに登場した玄鳥を天の使いとし、これをかたどった6枚の黄金の羽を持つ像を造らせていたのでした。

 

玄鳥の6枚の黄金の羽の所持は六大将軍の証とするものだと嬴政は説明し、蒙武以下、騰・王翦・楊端和・桓騎の5名にそれを1枚づつを預けます

そして他六国の平定を成し遂げ、その預けた羽と共に無事に帰還せよと嬴政は皆に命じ・・・!?

 

―――次回【673話】に続く!

 

キングダム672話ネタバレの感想考察

今回のエピソードでは、大王・嬴政によって蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎の5名が新六将の地位に推されたのち、残る1席は一先ず空席とすることが告げられました!

しかし六将には「戦争の自由」と言う巨大な権限が同時に与えられるため、昌平君・昌文君らが王翦と桓騎とに釘を刺す事も忘れていませんでしたね!?

 

本来秦国に対する忠誠心に不安があると見られていた王翦や桓騎を、新しい六大将軍にする事には重臣達の間でも賛否両論の見方があったのでしょう。

しかし今後の中華統一という偉業を迅速に成し遂げるためには、現場でのスピード感が重要であり、敢えてこれを活かすためにその手を使うことを決断したのだと伝わってきました。

 

キングダム最新話672話ネタバレ展開考察

ここからは、『キングダム』最新話672話、そして次回673話以降で起こりえる展開を考察したものを載せていきます!

 

キングダム672話ネタバレ展開考察:六人目の将軍

今回のエピソードで、嬴政によって新「六大将軍」に蒙武、騰、王翦、楊端和、桓騎の5人が順当に指名されました。

ここまでは実績・実力共に申し分の無い面子につき、予想は出来ていましたが問題は残りの1枠です!

 

ここは意外性を持たせて、今後に大成果を上げた将軍が推される事とし、空席でスタートするのではないでしょうか?

 

キングダム672話ネタバレ展開考察:李信達の反応

咸陽からの報せを受けて対趙国戦の最前線にいる李信らにも、今回の新「六大将軍」の任命についての情報が届くと予想します!

蒙武以下順当な指名に李信達も納得するものの、残り1席が空席のままで始まると知り、今まで以上に手柄を挙げようと士気を高めるのではないでしょうか?

 

ここでも今回同様に、これを巡る李信と蒙恬の掛け合いが見られると考えます。

 

キングダム672話ネタバレ展開考察:李牧の現在

趙国の首都・邯鄲から身を隠した李牧一行のその後が、久々に描写されるのでは無いかと予想します!

確か最後の李牧らの登場は、司馬尚に庇護を求めるために青歌に向かった場面だったと記憶していますので、二人の対面シーンなどがあるのではないでしょうか?

 

その青歌の地で李牧も秦国の新「六大将軍」任命の件を知り、対趙国への新たな攻勢を予見するのではと考えます。

 

キングダム672話ネタバレまとめ

秦国の首都・咸陽では大王・嬴政が「六大将軍」の復活を告げ、翌紀元前234年に向けての準備に入ります。

対趙国の最前線にある李信はこれを蒙恬から聞き、椅子からひっくり返って驚きました

蒙恬は任命される人物達は咸陽に召喚されているとし、李信は王賁も漏れていると知り安堵します。

 

河了貂が「六大将軍」の特権である「戦争の自由」とは諸刃の剣だと危惧する中、李信は誰が任じられるのかが問題と指摘しました!

咸陽では遂に新「六大将軍」の任命の儀式が行われ、嬴政が蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎と指名し、最後の一人は・・・?

 

ここまで順当に実績・実力ともに申し分の無い将軍達が新「六大将軍」に任命されており、残る一人に注目が集まりますね!

しかし嬴政は、その残り1枠を敢えて空席とし、今後の活躍如何で最後の一人を決めると発表するのではないでしょうか?

 

 

次回の『キングダム』第673話を楽しみに待ちましょう!

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。