キングダム

キングダム673話ネタバレあらすじ!新六大将軍を巡る他六国の動き

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話673話のネタバレと感想、展開考察です!

 

咸陽で嬴政は新「六大将軍」に蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎を指名、六人目は空席で復活させる号令を発します!

嬴政は今は蒙武らに並ぶ「戦の強さ」の将軍がいないと言いつつ、六将が相互に援護する為に6名は必須と説きました。

 

昌平君も六将の最大の武器は迅速さだと指摘、嬴政も「速さ」と「鋭さ」で中華を統一するのだと宣言、昌文君は「戦争の自由」に一旦釘を刺します。

嬴政は造らせていた国の象徴・玄鳥の黄金像から、蒙武ら5名に羽を1枚づつ預けますが、残り1枠の座を巡り、李信や王賁・蒙恬らの意気込みが描写されるのではないでしょうか?

 

 

それでは、気になる『キングダム』最新話673話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

キングダム673話ネタバレあらすじ

『キングダム』673話「漂う空気」のネタバレが下記となります!

 

キングダム673話ネタバレ:魏・韓・斉・燕・楚の反応

秦国の大王・嬴政が発布した新「六大将軍」制度の噂は、他の中華6国に瞬く間に伝播します!

先ず秦国と同盟中の魏国ではその残り2年半の期間を憂い、呉鳳明が更なる版図拡大を目指して3万の兵で什虎に向かいました。

 

最小国・韓では重臣達がざわめく中、洛亜完将軍が趙国に加え楚国との連携を提唱、王安王や張宰相の指名で張印将軍がその使者に決められます。

斉国の王建王も重臣達の報告に、秦国の本気度を実感していました。

 

更に燕国の今王喜王は、北に出陣中のオルド将軍を呼び戻すよう支持し、かつて趙国の人質だった時代の嬴政と面識があると言う太子の丹に話を聞く段取りを命じます。

楚国では媧燐が「六大将軍」制度の有用性を「諸刃の刃」としつつも見抜いており、秦国が先ず趙国を潰しにかかっていると看破していました。

 

キングダム673話ネタバレ:李牧の無念と王翦・楊端和・桓騎

趙国の首都・邯鄲では、重臣達の動揺はもちろん、宰相の郭開も焦りで的確な指示が出せていません。

当然、幽穆王ももちろん何の指示もできず、公孫龍らの重臣らも何ら具体的な動きが出来ずにいました。

 

そうした中で青歌に逃れていた李牧は、公孫龍やカイネを通じて首都・邯鄲の状況を耳にします!

李牧はいよいよ秦国の中華統一の是非が問われると断じ、自分が前線に立てない今、対秦国戦では扈輒将軍の戦いを信じて見守るしか無いと告げました。

 

秦の新・六大将軍のうちの王翦・楊端和・桓騎の3将軍が、再び趙国との最前線に復帰し、そこに漂う空気は確実に以前とは変化しています。

 

キングダム673話ネタバレ:良くない予感を抱く羌瘣

そんな夜に飛信隊の野営地で何故か眠れない羌瘣は、自身の天幕を出て月明かりの下を散策します!

そこで羌瘣は、酔い潰れた渕副長や尾平らを傍らに、酒を飲み続けている李信と偶然に遭遇しました。

 

李信は羌瘣に座るよう促し、お互いに少し照れの残る二人は暫し無言の時を過ごします。

やがて言葉を言いかけた李信を制して、羌瘣は何かの気配を感じないかと語り始めました。

 

王翦・楊端和・桓騎の3将軍が前線へと戻った今、趙国側の空気も変わったと言いながらも、瘣は何か悪い胸騒ぎを覚え、良くないことが起こると呟きます。

思い詰めた表情の羌瘣は今こそ強くあるべきと続けましたが、李信は俺たちはずっとそうだったと答え、羌瘣をはっとさせました!?。

 

しかし良い雰囲気だった二人に対し、酔い潰れていた筈の尾平が目を覚まして絡み始め、渕副長や昴もこれに続きます。

復活した尾平らに李信と羌瘣の二人の対話は中断され、そこには勢いづいた秦国側の余裕さえ漂っていましたが、羌瘣の予感通りの良くないことが・・・?

 

―――次回【674話】に続く!

 

キングダム673話ネタバレの感想考察

今回のエピソードでは、秦国の嬴政によって蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎の5名が新六将に命じられた事への他六国の反応が描かれました!

概ね嬴政の狙い通り、中華統一に邁進する秦国に対し、小国ほど脅威を実感した様子でしたね。

王翦・楊端和・桓騎の3将軍は、持ち場であった対趙国の最前線に復帰し、その限りにおいては明らかに秦国優勢の風向きを敵味方ともに肌で感じているようでした。

しかしそうした雰囲気とは異なり、羌瘣は悪い予感を感じ取っていましたが、肝心の部分を尾平らの乱入で我々読者も聞けずじまい!?

さてこの羌瘣の悪い予感とは何を意味するのか、六大将軍の復活のデメリットが表面化するのか、今から次回が気になり過ぎます!

 

キングダム最新話673話ネタバレ展開考察

ここからは、『キングダム』最新話673話、そして次回674話以降で起こりえる展開を考察したものを載せていきます!

 

キングダム673話ネタバレ展開考察:李信らへの伝播

首都・咸陽で発表された蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎の5名の新六将就任と、残る1席が空席であるとの情報が李信らの元に届くと予想します。

順当な5名の選出には河了貂も頷くのみですが、李信は是が非でも自分が残り1席の座を獲得すると意気込むのではないでしょうか?

 

そのために現状の趙国との戦で何としても手柄を挙げたいと、飛信隊全員が士気を高める様子が目に浮かびます!

 

キングダム673話ネタバレ展開考察:王賁と蒙恬

李信らと同様に新六大将軍の1席が空席のまま復活した現状に、王賁と蒙恬が語り合うシーンがあると予想します!

共に王翦・蒙武と言う実の父親がその座に就いた名門の二人だけに、現状をどう認識しているのかがポイントとなるのではないでしょうか?

 

王賁と違い蒙恬は飄々としているキャラでもあり、是が非でも自分が残り1席を狙うとは考えていないようにも思えますが。

 

キングダム673話ネタバレ展開考察:他六国の反応

秦国内のみに留まらず、六大将軍制度の復活は他の六国にもどのように映っているかが描写されると考えます!

先ずはすでに進行中の対趙国戦ですが、現在逃亡中の李牧がこの情報をどう考えるか、カイネらとの対話の形式で語られるのではないでしょうか?

 

秦につぐ大国である楚国も、対秦国の新戦略を媧燐を中心とした人物達が協議することになると予想します。

 

キングダム673話ネタバレまとめ

咸陽の宮殿で嬴政は新「六大将軍」に蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎を指名、六人目は空席で復活すると号令します!

嬴政はこの理由を、蒙武ら五名に並ぶ「戦の強さ」の将軍が今はいないとしながらも、六将が相互にカバーしあう為にもその数が必要だと説きました。

 

桓騎からは異論が出つつ、総司令官の昌平君も六将の最大の武器は迅速さだとし、嬴政も「速さ」と「鋭さ」で他六国を凌駕し中華統一すると宣言します!

昌文君は六将の「戦争の自由」に虐殺等は含まれないと釘を刺し、これに騰が賛同の意を示しました。

 

嬴政はかつての六将の「絶対の忠誠心」を今の五将に望めないと本心をも明かしつつも、秦建国の象徴・玄鳥の黄金像を造らせており、蒙武ら5名に羽を1枚づつを預け・・・!?

 

残り1枠が空席である六大将軍の座を巡り、若手である李信や王賁・蒙恬らがその地位を狙う意気込みが次回以降語られる事になるのではないでしょうか?

 

 

次回の『キングダム』第674話を楽しみに待ちましょう!

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。