キングダム

キングダム678話ネタバレ感想!予想以上の影丘の惨状に否応なく参戦する飛信隊

キングダム678話ネタバレ最新確定!予想以上の影丘の惨状に否応なく参戦する飛信隊

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話678話のネタバレと感想、展開考察です!

 

王賁らを含む桓騎軍は扈輒軍に押されており、蒙恬は王翦に飛信隊を援軍に出すべきと進言するも、一旦は桓騎の希望だと却下されます。

しかしやがて飛信隊にこの命令が出され、王翦から桓騎の狙いを問われた蒙恬は扈輒を討ち取る事だと考えました。

ここで蒙恬は玉鳳軍が壊滅寸前と知り、父親である王翦に家族の情を訴えたものの無視されます。

蒙恬が王賁救援を李信に期待する中、李信らは予想以上に影丘の戦況が悪い事に驚きながら、不利を承知で参戦するのではないでしょうか?

 

それでは、気になる『キングダム』最新話678話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

キングダム678話ネタバレ

キングダム678話ネタバレ

 

『キングダム』678話「影丘

のネタバレが下記となります!

 

キングダム678話ネタバレ:劣勢の桓騎軍の状況

桓騎軍参謀の麻論の伝令・馬印は、飛信隊・李信らにここまでの8日間の戦況を説明します!

3倍の数の扈輒軍に対し、桓騎軍は右翼・雷土2万、中央・黒桜、倫玉が4万、左翼が玉鳳軍ら寄せ集めで対峙し各所で圧されているとの状況でした。

 

馬印は総大将・桓騎の居所すら断言出来ないほど劣勢だと言い、中でも影丘に展開する左翼の玉鳳軍は王賁の生死すら不明な程だと聞かされます。

馬印はそんな左翼の援軍を飛信隊に命じますが、李信は望むところと自らの決意を覗かせました!

 

更に馬印は摩論からの伝言だと念押しし、敵の扈輒軍は地理的・戦力的に左翼の戦況が覆される事は無いと見ており、それを突破して敵本陣を脅かせと命じます。

その頃、桓騎の本陣では摩論が黒桜軍と倫玉軍が分断されたと報告をしており、右翼の雷土も奮戦するも危ういと伝えていました!?

 

その他の情報を欲した桓騎に対し、摩論は自らの読みより半日ほど早く、飛信隊が影丘の戦場に到着したと告げます。

そして飛信隊のみが今の戦況を打破する可能性を持つと続けました。

 

キングダム678話ネタバレ:飛信隊が目にした光景

李信ら飛信隊は影丘の戦場を見下ろせる高台に到達し、眼下に広がる既に戦いは決着し、秦軍側が敗れたかのような惨状を目の当たりにします。

そこでは地面に倒れた秦軍の兵達を掃討するかのように、扈輒軍が活動しており、玉鳳軍が全滅したのかと、皆一様に絶句しました!

 

しかし李信が何かに気付いたのと程同時に、敵の大将・岳白公らも出現した飛信隊の存在に気付きます。

岳白公らの本陣は飛信隊の出現にも一向に慌てる様子も無く、今の掃討戦に加えて前方の陣形を整えるよう動き出しました。

 

飛信隊士らが自分達に向かってくる敵の軍勢の数に驚き、河了貂も包囲される危険性を感じて一旦退却を告げようとします。

しかし李信は玉鳳軍は全滅していないと言い、少数ながら敵の包囲下で絶望的な抵抗を続けている事を皆に告げました!

 

キングダム678話ネタバレ王賁を見つけ突撃する李信

正に李信が看破した通り、傷つき倒れた総大将の王賁を番陽副官らが円陣を敷いて抵抗を継続していました!

それでも包囲の輪を縮めてくる扈輒軍の前に、玉鳳軍の兵士らにも絶望の色が濃くなっていきます。

 

しかしここで一部の兵士達が援軍に現われた飛信隊の存在に気付き、俄ではあるものの士気を若干回復させ、扈輒軍への最後の抵抗に討って出ました。

この様子を李信らははっきりと認識しますが、かなり絶望的な状況に変わりは無く、掃討されるのは時間の問題かと皆が感じます!?

 

それでも李信は戦場の左奥に王賁がいると見抜き、周りの皆の制止も聞かず、先頭に立ってその方向へと突撃を始め・・・?

 

―――次回【679話】に続く!

 

キングダム678話ネタバレの感想考察

キングダム678話ネタバレ

 

今回のエピソードでは、3倍もの数の扈輒軍に右翼・雷土2万、中央・黒桜、倫玉4万、左翼が玉鳳軍ら寄せ集めで対峙している桓騎軍は圧されていました

この流れを最も壊滅状態に近い左翼・影丘の戦場から打開しようと、桓騎軍参謀の摩論の策で同地に飛信隊が投入されます。

こうした状況下でもどこか不敵な笑みを浮かべていた桓騎の表情が印象的でした。

しかし実際に影丘の戦場に到着した飛信隊は、ほぼ掃討戦に近い惨状を見て玉鳳軍も全滅しているのでは無いかと愕然とします1?

ただそうした状況下でも李信のみは王賁の生存をすぐに見抜き、単騎で救出に飛び出しましたね。

王騎譲りの大矛を軽々と振り回し、将軍になったにも関わらず一騎駆けを敢行する李信が見られそうです!

 

キングダム678話ネタバレ展開考察

キングダム678話ネタバレ

 

ここからは、『キングダム』最新話678話、そして次回679話以降で起こりえる展開を考察したものを載せていきます!

 

キングダム678話ネタバレ展開考察:李信ら飛信隊が見た光景

今回のラストでようやく桓騎からの指示で出陣し、左翼方面への援軍に赴いた李信ら飛信隊。

非常に驚いた表情を浮かべていた理由は、想像以上に影丘の戦況が厳しく、壊滅寸前の王賁ら玉鳳軍を目撃した為だと考えます。

 

余りの危機的状況に、河了貂の作戦指示を待たずに李信自身がその救援に駆け込んでいく展開ではないでしょうか?

 

キングダム678話ネタバレ展開考察:王賁の奮起

壊滅寸前の危機的状況とは言え、李信ら飛信隊が駆けつけてきた事で負けず嫌いの王賁が、今一度奮起すると予想します。

駆け寄ってくる李信に対して得意の槍捌きを見せてつけての、いつもの王賁と李信のお約束の貶し合いが見られるのではないいでしょうか?

 

王賁同様にプライドの高い副官の番陽ですが、今回ばかりは王賁に変わって謝辞を口にする場面もあるかもしれませんね!

 

キングダム678話ネタバレ展開考察扈輒の戦略

3倍の数で有利に戦況を進めている扈輒が、今後の作戦について指示を出す展開を予想します。

ここまで人物像が明確でない扈輒だけに、現状の優位をどのように捉え、次の策をどう繰り出すのかでそのキャラクター描写が行われるのではないでしょうか?

 

イメージ的には老獪な将軍と言う感じですが、桓騎の出方をどう見ているのかが最大のポイントになるのだと考えます。

 

キングダム678話ネタバレまとめ

キングダム678話ネタバレ

 

苦戦を強いられている王賁らを含む桓騎軍の状況は、趙国にとっては朗報ですが李信らは焦り、王翦軍の将軍達も桓騎の意図が読めていません。

蒙恬は王翦に桓騎軍への援軍に飛信隊を投入すべきと進言するも、桓騎自身が待機を希望していると一旦却下されました。

しかし遂に李信らに救援命令が出され、ここで王翦に桓騎の狙いを問われた蒙恬は扈輒を討ち取る事だと答えます。

しかし同時に蒙恬は玉鳳軍が壊滅の危機だと知り、あくまで無表情な父親の王翦に激しい言葉で家族の情を問いました。

蒙恬は楽華軍に戻りながら王賁救援を李信に期待しますが、李信らは予想以上の影丘の戦場の劣勢に驚きつつ、不利を承知で参戦するのではないでしょうか?

 

次回の『キングダム』第679話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。