キングダム

キングダム679話ネタバレ感想!将軍になっても変らぬ李信の単騎駆け

キングダム679話ネタバレ最新確定!将軍になっても変らぬ李信の単騎駆け


週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話679話のネタバレと感想、展開考察です!

 

扈輒軍に桓騎軍は右翼、中央も圧され、特に左翼の玉鳳軍は壊滅の危機に晒されています。

ここへの援軍に李信は決意を覗かせ、摩論からの伝言で突破して敵本陣を脅かせと無謀な指示を命じられていました。

李信らは影丘で玉鳳軍の惨状を目撃、敵の岳白公らに気付かれ掃討戦に加えて早くも陣形を整え始められます。

李信は玉鳳軍は包囲下でも抵抗を続けていると告げて、突撃を敢行し・・・?

 

将軍ともなった李信ですが、変らぬ闘志で突撃に討って出て敵を切り開いて王賁救出を目指すのではないでしょうか?

 

それでは、気になる『キングダム』最新話679話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

 

キングダム679話ネタバレ

キングダム最新話679話ネタバレ

 

『キングダム』679話

「攻略の糸口」のネタバレが下記となります!

 

キングダム679話ネタバレ:羌礼の王賁救出

影丘の玉鳳軍・王賁の救出に突入した李信ら飛信隊の騎馬隊でしたが、趙国軍の布陣は分厚く、簡単には突破できません!

流石の李信や我呂にも焦りが生じる中で、羌瘣隊が出現し敵の左側面に攻撃を仕掛けました。

 

乱戦の中で羌瘣は羌礼に王賁の救出を命じており、期せずして援軍に現われたのが飛信隊だと玉鳳軍の番陽副長らも気づきます。

趙国軍の攻勢が厳しさを増す中で、番陽副長は王賁を守っての持ち場の死守を厳命し、何とか飛信隊の救援まで耐え抜こうとしました。

 

しかし王賁の目の前まで殺到してきた敵兵に万事休すかと思われたその時、羌礼がそこに乱入、河了貂の命令で救出に来たと告げ、自分の後に着いてくるよう指示します。

この報はすぐに河了貂に伝わり、先行していた李信らの騎馬隊にも一時退却の命令を下しました。

 

キングダム679話ネタバレ:河了貂の作戦を制止する王賁

敵である趙の岳白公の本陣では、撤退する飛信隊の騎馬隊の動きを見て、航続の歩兵隊の到着による陣立ての変更だと考えます!

同時にこの援軍部隊がかつて自軍の猛将・煖を倒した飛信隊だと看破され、岳白公自身がそんな飛信隊を討つ事に意欲を滾らせました

 

飛信隊の本陣に李信が戻り、呼び戻した河了貂に対し敵にも陣立ての変更を行う余裕を与えてしまったと非難します!?

しかし攻略場所をよく見定める為だと河了貂は答えつつ、羌礼が王賁を無事救出した事も伝えるも、意識はないままだと続けました。

 

渕副長や楚水副長らも想像以上に玉鳳軍の損害は多きく、この影丘の地の攻略は飛信隊にかかっていると指摘します。

李信に改めて攻略法を問われた河了貂は、眼前の切り立つ断崖が障害と認めつつも、何カ所の比較的緩やかな場所を歩兵隊で何とか突破し、敵陣を崩す作戦を提示しました。

 

河了貂の指示に李信もその策で動こうとした時、それを背後から制止する声が響き、声の主は番陽副長に支えられた王賁、その人でした!

 

 

キングダム679話ネタバレ:負け戦挽回への誓い

見るからに重傷の王賁は番陽副長に支えられながら、やっとの状態でに皆の前に進み出ます。

そして先の河了貂の作戦を自分達玉鳳軍も行ったものの、それは趙軍の罠であり、背後には夥しい敵兵が控えており、全て失敗に終わったと語りました!

 

他にも似たような若干駆けの傾斜が緩い箇所があるが、全て同様の罠であり、その攻略はほぼ不可能だと王賁は続けます。

飛信隊の皆が攻略法は無いのかと落胆する中、李信はその方法を伝えるためにこそ、無理を推してこの場に王賁は姿を表わしたのだろうと指摘しました!?

 

李信に促された王賁は、それが最も険しい崖だと指摘し、その険しさ故に趙軍も丈夫な陣を敷けていないとし、そこに歩兵団を突入させて確保すべきだと述べます。

これを伝え終えた王賁は気を失うも、李信は丁重にこの助言に礼を述べ、飛信隊全軍を以てこの負け戦を挽回する事を力強く宣言し・・・?

 

―――次回【680話】に続く!

 

キングダム679話ネタバレの感想考察

キングダム679話ネタバレ

 

今回のエピソードでは、影丘に到着した李信ら騎馬隊が突進を試みるも敵に阻まれる中、機転を利かせた羌瘣が羌礼に命じて、見事王賁の救出を成功させました!

 

これを知った河了貂は影丘の攻略策を再検討し、比較的緩やかに見える崖への攻勢を命じようとします。

しかしこここで瀕死の状態の王賁がそれは敵の罠だと看破し、自分達玉鳳軍が壊滅しかけた事を伝えて翻意させました。

 

王賁の提言を受入れた李信らは、最も攻めるのが厳しそうな場所への攻勢を敢えて行う選択をし、逆転を狙う模様です。

 

次回以降、これを切り開くのは歩兵隊の役割となりそうなので、やはり羌礼あたりの奮闘が期待されますね!

 

キングダム679話ネタバレ展開考察

キングダム最新話679話ネタバレ

 

ここからは、『キングダム』最新話679話、そして次回680話以降で起こりえる展開を考察したものを載せていきます!

 

キングダム679話ネタバレ展開考察:李信の突撃

将軍となり飛信隊全体で15,000名もの兵士を率いる存在となった李信ですが、これまで同様の無謀な単騎駆けは健在だと予想します!

但し周囲の部下達も今まで以上に李信の身を案じ、これに負けじと突撃に続くのではないでしょうか?

 

敵将の岳白公がこの李信の動きをどう見るのかが、最大のポイントになると考えます。

 

キングダム679話ネタバレ展開考察:包囲を阻止する羌瘣隊

李信の突撃の前に飛信隊全体の包囲を懸念する河了貂ですが、ここは羌瘣も同意見で自らで敵から包囲されないように遊軍的に動くと予想します!

羌瘣自身の戦闘力が本当に戻ってきているのかにも懸念点ではありますが、ここでは羌礼が牽引する展開もあるでしょう。

 

いずれにせよ河了貂と羌瘣の息の合ったコンビネーションが見れることに期待です!

 

キングダム679話ネタバレ展開考察:相変わらずの王賁

李信らの突撃によって若干の士気を取り戻した玉鳳軍にあって、今回意識がなさそうに見えた王賁もその気配に正気を取り戻すと予想します!

そしてそれが李信の突撃によるものだと気付いた王賁は、いつも通りの悪態をついて自らも槍を手に立ち上がるのではないでしょうか?

 

その王賁の姿にこれもお約束で番陽副官も士気を高め、何とか敵からの包囲をすり抜けての一時撤退を呼びかけるのだと考えます。

 

キングダム679話ネタバレまとめ

キングダム最新話679話ネタバレ

 

扈輒軍に対し桓騎軍は右翼の雷土、中央の黒桜・倫玉も圧され、更に左翼の玉鳳軍らは壊滅の危機にあると馬印から李信らは聞かされます。

左翼の援軍に向かう李信は決意を覗かせ、摩論からの伝言で左翼を突破し敵本陣を脅かせと命じられました。

李信らは影丘に到達するも玉鳳軍側が壊滅したかのような惨状を目の当たりにし、同時に敵の岳白公らも飛信隊に気付き、掃討戦に加え前方の陣形を整えるよう動き出します。

飛信隊士らが敵の多さに驚く中、李信は玉鳳軍は敵の包囲下でも抵抗を続けていると皆に告げ、周りの皆の制止も聞かずに突撃を始めました。

 

遂に将軍に迄到達している李信ですが、これまでと変らぬ闘志で単騎でも突撃を敢行し、一直線に敵を切り開いて道を造るのではないでしょうか?

 

次回の『キングダム』第680話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。