キングダム

キングダム680話ネタバレ感想!陽動の突撃を行う李信と羌礼らによる崖への奇襲

キングダム680話ネタバレ最新確定!陽動の突撃を行う李信と羌礼らによる崖への奇襲

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話680話のネタバレと感想、展開考察です!

 

李信ら騎馬隊は趙国軍に苦戦するも羌瘣隊が敵の左を突き、羌礼に王賁の救出を成功させます。

飛信隊の本陣の河了貂は一時撤退の後、比較的緩やかな場所を歩兵隊で攻める作戦を示しました。

しかし王賁はそれこそが敵の罠だと述べ、最も険しい崖への攻勢を助言、李信もこれを了承し負け戦の挽回を誓います。

敢えて厳しい場所の攻略を狙うこの作戦は、趙軍の意表を突く展開となるのでしょうか!

 

 

尚、キングダムの次巻62巻は2021年7月16日発売予定です。購入をお忘れなきよう、Amazonなどで早めに予約してしまいましょう!

▼関連リンク▼
キングダム62巻を予約・購入する

 

それでは、気になる『キングダム』最新話680話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

キングダム680話ネタバレ

キングダム最新話680話ネタバレ

 

『キングダム』680話

「お頭の伝言」のネタバレが下記となります!

 

キングダム680話ネタバレ:崩壊寸前の桓騎軍

秦の王都・咸陽でも大王たる嬴政らに、桓騎軍が敵の扈輒軍とぶつかり劣勢のまま9日目に入っているとの報せが届きます!

重臣らが焦りを隠せない中、昌平君のみは桓騎の実力を信頼しているようで、平陽・邯鄲への進出を確信しているかに見えました。

 

桓騎軍は中央の厘玉軍が敵将・虎白公に集中して狙われ、隊形すら組めぬ程に追い詰められていますが、厘玉自身は未だ健在な黒桜軍側にいる大将・桓騎の無事を見抜いています。

厘玉はここから桓騎が起死回生の策を出す、若しくは既に仕掛けている可能性が頭を過ぎるも、負け戦と見た忠誠心の薄い配下達が次々に逃げ出している現実に直面しました!?

 

その上で厘玉は桓騎が大将軍となり、軍の規模は増大したものの、こうした劣勢時に踏ん張りが利かないことが最大の弱点だと痛感じます!

桓騎軍の本陣には黒桜からの報告で、増援に行く筈の兵が逃散している事が伝えられ、これを聞く摩論は伝令兵らを制して持ち場に戻るよう指示しました。

 

しかし摩論自身も戦いは不利と見て、頃合いを見て仲間のみ少数を連れて逃走しようと考えます。

そこに不意に「話がある」と桓騎自身が摩論の後ろから現われ、呼び止めました!?

 

キングダム680話ネタバレ:桓騎からの伝言を伝えるオギコ

桓騎軍右翼を担当している雷土軍も苦戦を強いられており、数多の敵に雷土自身が矛を振り回して何とか奮戦しています。

そこに桓騎からの伝言を伝えに来たとオギコが全身傷だらけの姿で現われ、その一途さに雷土はオギコを誤解していたと殊勝な態度を見せました!

 

雷土はオギコからからその桓騎からの伝言を耳打ちされ、無茶をしかねない雷土のみに桓騎が伝えるように言ったのだと聞かされます。

戻るオギコを見送った雷土は、後ろの森まで退却して一旦自軍を立て直すと号令をかけました。

 

オギコからの伝言で桓騎の凄さを再認識していた雷土の元に、敵左翼軍の将・龍伯公の息子が捕虜として連れてこられ、何かを雷土は思いつきます!

 

キングダム680話ネタバレ:飛信隊歩兵団の絶句

一方で左翼側の影丘攻めに着手していた飛信隊は、李信ら騎馬隊で強引に眼前の敵をなぎ払い、歩兵団を前進させる道を切り開きます。

これにより歩兵団は、瀕死の王賁からの助言通りに攻略を目指す崖の麓まで何とか辿り尽きました!

 

しかしその眼前に広がっていたのは、想像を絶する崖の高さとその急勾配であり、暫し兵達は絶句します!?

更に崖の頂上には数多の敵兵の姿が見えており、怖じ気づく兵もいましたが、それでも崇原歩兵長は一喝、突撃の命令を下し・・・?

 

―――次回【681話】に続く!

 

キングダム680話ネタバレの感想考察

キングダム680話ネタバレ

 

今回のエピソードでは、桓騎軍が自軍の3倍の兵力の扈輒軍とぶつかり、劣勢のまま9日目に突入した様子が描かれました。

そんな中で桓騎からの伝言を、自らの危機も顧みず伝えに来たオギコを雷土が見直すなど、微妙なほっこりエピソードも盛り込まれていましたね!

但し肝心の桓騎からの伝言の中身自体は、我々読者には未だ提示されず、何に雷土が感心したのかも謎のままでした。

自らも逐電を図ろうとする摩論など興味深くはあるのですが、桓騎軍これで本当に大丈夫か?、と今更ながらに思わされました。

 

キングダム680話ネタバレ展開考察

キングダム最新話680話ネタバレ

 

ここからは、『キングダム』最新話680話、そして次回681話以降で起こりえる展開を考察したものを載せていきます!

 

キングダム680話ネタバレ展開考察:李信の突撃

敵の最も厳しい崖への攻勢を悟らせないように、陽動作戦として騎兵の李信らが別方向への突撃を敢えて行うと予想します。

当然趙国軍側は玉鳳軍を壊滅させたのと同様に、李信らを誘い込み殲滅する作戦を続けるのでしょう。

 

その隙に河了貂の指示で、崖への攻略部隊が動き出すのではないでしょうか?

 

キングダム680話ネタバレ展開考察:崖の攻略部隊

最も険しい崖の攻略部隊には、歴戦の崇源歩兵長らの部隊が投入させると予想します。

本来であれば羌瘣自らの斬り込みも期待したいところですが、未だ完全に戦闘力が回復しているのかが気になる部分ではあります。

 

よって今回の王賁救出と同様に、羌礼を中核とした攻撃部隊となる可能性が高いのだと考えます。

 

キングダム680話ネタバレ展開考察:岳白公の描写

敵軍・趙のこの戦場での総大将・岳白公の人となりを示す描写が、描かれる事を予想します。

配下の部下達は玉鳳軍をほぼ壊滅させた同様の戦術で、飛信隊も討ち取れると考えているようですが、岳白公の真価が問われるのだと考えます。

 

あたりにも容易く飛信隊の戦術が成功してしまうと、壊滅寸前まで追い込まれた王賁らの無能さが露呈してしまうので、何らかの新たな仕掛けに期待したと感じます。

 

キングダム680話ネタバレまとめ

キングダム最新話680話ネタバレ

 

王賁救出に向かった李信らは趙国軍の布陣に苦戦するも、羌瘣隊が敵の左側に攻撃を敢行、玉鳳軍の番陽副長らも救援まで耐え抜きます

そして見事羌礼は王賁救出に成功、河了貂は一時退却させ、趙の岳白公本陣も陣立ての変更だと読みました。

飛信隊の本陣では李信が河了貂の策を非難しますが、河了貂は何カ所の比較的緩やかな場所を歩兵隊で攻める作戦を提示します。

しかし重傷の王賁がその策は敵の罠だと解説し、逆に最も険しい崖への歩兵団突入を助言しました。

李信はこの助言を受入れ、飛信隊でこの負け戦を挽回すると宣言し・・・?

 

敢えて厳しい地形の場所を攻略し、逆転勝利を狙うこの賭けは趙軍の意表を突く展開となりそうに感じられますね!

 

次回の『キングダム』第681話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。