キングダム

キングダム684話ネタバレ感想!亜華錦率いる騎馬隊の突撃と桓騎の真意

キングダム684話ネタバレ最新確定!亜華錦率いる騎馬隊の突撃と桓騎の真意

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話684話のネタバレと感想、展開考察です!

 

子の曹環の死に激高する趙の龍白公将軍ですが、雷土自らの矛に倒されます

雷土軍が退却しようとしたところに龍白公の長子・龍布が騎馬で乱入、雷土を封じて捕縛、扈輒将軍の元に連れて行く事にしました。

影丘では崖からの突入に飛信隊歩兵団が成功、李信らも突入したものの羌瘣隊が前進出来ず苦戦、ここで配置されていた別働隊の亜華錦らの騎馬隊が出現し・・・?

 

雷土を連行した目的と、亜華錦らの乱入でどのように戦局が動くが次回明らかになるのではないでしょうか?

 

それでは、気になる『キングダム』最新話684話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

キングダム684話ネタバレ

キングダム最新話684話ネタバレ

 

『キングダム』684話

「奇襲の別働隊」のネタバレが下記となります!

 

キングダム684話ネタバレ:亜花錦の別働隊

遡ること3日前、玉鳳軍の本陣では王賁が番陽副長を伴い、亜花錦に対し別働隊による崖上の挟撃策を命じ、3日かかる事を了承していました。

亜花錦は配下の騎馬隊を連れて急峻な山道を進むと指示し、険しさに眉をひそめる部下達に敢えてここを騎馬で進む事で後に敵の攪乱が可能になると諭します!

 

亜花錦の兵達は騎馬が進むには険しすぎる山道を切り開き、時には騎馬自体をロープに結わえて谷を越しながら前進しました。

余分に騎馬を引き連れて来ているとは言え、途中でうまく進めずに潰れる騎馬も出る中、何とか亜花錦の別働隊は崖の頂上の林に到達、玉鳳軍の様子を窺います。

 

しかしそこで見たのは、趙軍に破れ崖に進出出来ていない玉鳳軍の現状であり、部下達は下山して王賁らの本体を救援に行くべきと唱えます。

しかし亜花錦は崖上に迫る一隊を発見し、それが飛信隊だと知り笑みを浮かべました!

 

 

キングダム684話ネタバレ:挟撃策の成功

飛信隊本陣では出現した亜花錦の別働隊を見た番陽副長が、王賁の窮地にも姿を隠していた亜花錦に不信感を露わにします!?

これを聞いた河了貂は半ばその言葉に頷きつつも、この展開を予期していたとすればとてつもない戦術眼を備えた武将かも知れないと考えました。

 

河了貂の読通り亜花錦は崖の左側の兵は弱いと見抜いており、ここぞとばかりに趙軍に攻めかかります。

この様子に趙軍の総大将・岳白公の本陣にも動揺が走り、狙いは自分達の本陣に対する挟撃だと判断、挟撃される前に包囲しようと軍を動かしました。

 

この様子を見ていた河了貂は、趙軍本体が素早く亜花錦の別働隊を潰そうと動いたことに気付きます。

別働隊も包囲される危険性を察知し混乱しかけるも、亜花錦は敵本陣奥の森に進路を変え、騎馬の速力で包囲される事を回避しました!

 

キングダム684話ネタバレ:巨漢の敵大将・岳白公

この亜花錦ら別働隊の動きを見た河了貂は、彼等が健在である限り趙軍は兵力を割かざるを得ず、その隙に右側の李信達の攻撃が有効になると見抜きます。

その見立て通りに李信らの突撃は勢いを増し、趙兵が李信に群がる隙をついて羌礼らが一気に敵陣の突破を図りました!

 

この構図に河了貂は、趙軍の岳白公本陣を攻略できると確信し、崖の下には更に羌瘣らの隊も控えており盤石な体制だと現状を認識します。

迫る李信ら攻勢の前に浮き足立つ趙軍を見て、飛信隊の皆が勢い付いて突進しようとしていました。

 

しかし趙軍の本陣奥からは、手前の歩兵達にどくようにと声を掛ける人物が現われます!?

趙兵のみならず、突撃を仕掛けていた飛信隊騎馬兵達が異様な気配に気付くと、そこには先が砲丸状の大錘を抱える一際大きな巨漢・敵総大将の岳白公が立ちはだかり・・・?

 

―――次回【685話】に続く!

 

キングダム684話ネタバレの感想考察

キングダム684話ネタバレ

 

今回のエピソードでは、3日前に王賁の指示で亜花錦が騎馬隊の別働隊を率い、崖上の趙軍を挟撃しようと動いていたことが明かされました。

残念ながら亜花錦の別働隊が上部に到達した際には、王賁の玉鳳軍本体は敗退していましたが、替わりに現われた飛信隊に元の戦術を変えなかった亜花錦の判断が功を奏しましたね。

しかしこの下り、玉鳳軍の番陽副長らからしてみれば、大将たる王賁の危機に駆けつけなかった亜花錦は不忠者と捉えられたようでわだかまりも残りそうでした。

最後に一転して窮地に追い込まれ自ら出陣した岳白公ですが、見た目にも恐ろしい大錘を手にしている巨漢でした。

これに対抗出来そうなのはやはり李信くらいしか考えられず、将軍昇格後の初の大武功となるのかにも注目と言えそうです!

 

キングダム684話ネタバレ展開考察

キングダム最新話684話ネタバレ

 

ここからは、『キングダム』最新話684話、そして次回685話以降で起こりえる展開を考察したものを載せていきます!

 

キングダム684話ネタバレ展開考察:亜華錦らの突撃

今回のラストで玉鳳軍の別働隊として伏せられた存在だった亜華錦らが、遂に飛信隊の攻撃に呼応して動き出しました。

膠着した影丘の戦場を一気に秦軍側に引き寄せる突撃を、ここで亜華錦らが敢行すると予想します。

 

最近登場する機会が少なかった亜華錦ですが、その捉えどころの無い性格と相まって趙軍守備兵たちを大混乱に陥れる事でしょう!

 

キングダム684話ネタバレ展開考察:扈輒と雷土の対面

龍布によって捕縛され、自分達の総大将・扈輒将軍の元に連行されてしまう憂き目にあった雷土

扈輒将軍の元に引き出され、龍布が口にしていた「嬲る」と言う言葉の意味が明かされるのだと予想します。

 

同時にその事によって、扈輒将軍が如何なる思考を持った人物なのかが我々読者に判る形で提示されるのではないでしょうか?

 

キングダム684話ネタバレ展開考察:桓騎の真意

桓騎軍の軍師・摩論が、雷土が趙軍に捕縛されたと知り、いよいよ桓騎軍全体が危機にさらされると逃げ支度をする様子が描写されると予想します。

そんな摩論の態度を見透かしていた様子の桓騎でしたが、併せて桓騎が行おうとしている行動の片鱗も同時に描かれるかも知れませんね。

 

大将軍となり大所帯となった桓騎軍について、軍師でありながら統制が取れていない事を気にしていた摩論だけに、桓騎の真意がどこにあるのか読者目線からも気になります。

 

キングダム684話ネタバレまとめ

キングダム最新話684話ネタバレ

 

雷土軍に子の曹環を斬殺され激高する趙の龍白公将軍ですが、取り囲まれ多数の矢を浴び、雷土自らの矛に倒されます

目的を遂げた雷土は一斉退却の指示を行うも、龍白公の長子・龍布が騎馬で乱入、剣を抜こうとする雷土封じ今度は逆に完全に包囲、扈輒将軍の元に連れて行くべく捕縛しました。

左翼の影丘の戦場では、崖からの突入に飛信隊歩兵団が成功、李信ら騎馬隊も突入したものの、頼りの羌瘣隊が前進出来ず苦戦します。

玉鳳軍の番陽副長は数日前に別働隊を配置していたと明かし、この言葉通りに亜華錦らの騎馬隊が右側の趙軍に襲いかかり・・・?

 

扈輒将軍の元に雷土を連行した目的とは何なのかと、亜華錦ら騎馬隊の乱入で戦局が傾くのかが次回明らかになるのではないでしょうか?

 

次回の『キングダム』第685話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。