キングダム

キングダム688話ネタバレ感想!李信が閃き尾平を呼んだ理由と雷土の逃亡

キングダム688話ネタバレ最新確定!李信が閃き尾平を呼んだ理由と雷土の逃亡

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話688話のネタバレと感想、展開考察です!

 

桓騎軍は雷土が捕縛されたことで右翼が総崩れとなり、中央でも厘玉軍が敗れ、桓騎の本陣を含む黒桜軍は桓騎の撤退を知って自らも離脱を余儀なくされます

雷土らへの拷問は続き、そこに扈輒の配下・夏満が定時報告に訪れ、趙軍の優位を聞いた扈輒は追撃を許可、併せて中央右に王翦軍に備える兵を残すよう指示しました。

左翼側の影丘では岳白公と李信の一騎打ちが続き、未だ崖の上には一部の平兵しか攻め上がれておらず、関常ら玉鳳軍の生き残りの騎兵が羌瘣らを進める役を買って出ます。

一騎打ちに苦戦中の李信に対し、沛浪が岳白公のパワーの源は体術にあると羌礼が残した言葉を伝えた事で李信は何故か尾平を呼び・・・?

 

岳白公の体術と、決して武勇に優れているとは言えない尾平を何故李信が呼んだのか、その理由が明かされる展開が予想されますね!?

 

それでは、気になる『キングダム』最新話688話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

キングダム最新話688話ネタバレ

キングダム最新話688話ネタバレ

 

『キングダム』688話

「動きの勝負」のネタバレが下記となります!

 

キングダム688話ネタバレ:尾平に大矛を託す李信

影丘の崖上の戦場にて巨躯の敵将・岳白公と一騎打ちを続ける李信は、何かを思い立ったのか、不意に尾平に近くにくるようにと叫びます。

呼ばれた尾平が戸惑いを隠せない中、崇原ら歩兵たちは尾平を李信の方へ進ませようと敵兵の接近を阻止しました!

 

岳白公は相変わらずその巨躯に不釣り合いな軽やかな体裁きで李信の矛の斬撃を交わし続けており、隙を見て砲丸状の大錐で一撃を繰り出します!

李信はこの一撃を矛の柄で何とか防御したものの、反動で大きく跳ね飛ばされ、ちょうど自分の方に向かっていた尾平にぶつかりました。

 

李信は岳白公の妙な体裁きによって自身の攻撃が躱されていると気づいており、尾平に王騎将軍譲りの大矛を託し、それを預けるために尾平を呼んだのだと明かします。

その理由を李信は、岳白公の独特な動きに対応するには小回りの利く剣の方が有効だと考えたと告げ、背中の漂譲りの嬴政の剣を抜きました!?

 

キングダム688話ネタバレ:亜花錦の決断

一方で亜花錦の騎馬隊は崖上の森の中にあり、李信らと対峙する岳白公の本陣の位置を目視で確認します!

移動を促す部下の声を無視して亜花錦は森を突っ切り、敵本陣の最後尾の部隊を真横に捉えた事を知りました。

 

亜花錦はそれらの部隊が押し寄せた場合、飛信隊は持たないと読み、散会している自身の騎馬隊を集めて横槍を入れる事を決断します。

訝しぶる部下たちに対し亜花錦自身は陽動作としてこれを行うと決め、自分たちが横槍を入れて攪乱する隙に李信が岳白公を仕留める事に賭ける腹積もりでした?

 

キングダム688話ネタバレ:李信の原点回帰

岳白公と李信の一騎打ちは、獲物を大矛から剣に持ち替えた李信が鋭い剣裁きを披露して岳白公を少し唸らせます?

干斗らが李信の動きに感嘆の声を上げる中、李信の剣を受け止めた錐を岳白公はその場に放り出し、部下の張甲に自身の愛刀・月刀を寄越すようにと指示しました。

 

張甲から月刀を受け取った岳白公は、李信に対し大矛から剣に獲物を変更した事は正しいと説き、自身の体術も短い月刀こそが最大限の力を発揮する武器だと述べます。

軽々と素早く月刀を振り回す岳白公の姿に干斗らは不安を漏らしますが、崇原は李信も元々は剣の遣い手だと指摘し、李信は一気に前へと突っ込みました!

 

しかし李信の攻撃を躱しつつ、岳白公はそれを上回る斬撃を繰り出し、李信の左腕や右肩の防具を次々に破壊します。

それでも李信は怯まず、剣のみを頼りにするのではなく体全体を使った攻撃をイメージして、岳白公の左肩の防具を見事に打ち砕きました。

 

李信のこの攻撃を崇原は、大きく思い王騎譲りの矛を扱い続けた故にスピードが増していると読み、且つ李信の独学の型にはまらない剣術も有利だと指摘します。

岳白公の部下たちも李信の剣裁きに驚嘆しますが、尾平は李信の叩き上げの剣術の腕を信じその勝利を確信する声を上げました!

 

李信の剣に押され始めたかに見える岳白公でしたが、不敵な笑みを浮かべ・・・?

 

―――次回【689話】に続く!

 

キングダム688話ネタバレの感想考察

キングダム688話ネタバレ

 

今回のエピソードでは、前回までに引き続き影丘の崖の上の戦場で、李信が敵将・岳白公との熱い一騎打ちを展開する様子が描写されました。

李信は王騎譲りの大矛では岳白公の妙な体裁きに対応する事が難しいと考え、これを尾平に預けて、小回りの利く剣で岳白公と対峙する道を選択しました。

尾平が李信に呼ばれた理由が、この王騎譲りの大矛を持たせる為だけだったのは、少し拍子抜け感もありましたが、尾平のキャラを考慮すれば順当な役割とも取れましたね。

まだまだ岳白公の体裁きの秘密が完全に明かされたわけではないので、今回一旦優位に立ったかのように見えた李信も、このまますんなりと勝利できるとは思えません。

更なる対決で岳白公の逆襲があり、亜花錦らの動きがどのように左右するのかにも注目だと言えそうです。

 

キングダム688話ネタバレ展開考察

キングダム最新話688話ネタバレ

 

ここからは、『キングダム』最新話688話、そして次回689話以降で起こりえる展開を考察したものを載せていきます!

 

キングダム688話ネタバレ展開考察尾平の役割

今回のラストで岳白公のパワーは巨体ではなく、体術によるものだと羌礼が看破していたと聞かされた李信。

ここで何ゆえか李信は尾平に近くに来るようにと命じましたが、その理由が明かされると予想します。

 

特別強者と言うわけではなく、寧ろお調子者として描かれてきた尾平が、どのように李信の目指す策に貢献するのか、非常に気になる部分ですね。

 

キングダム688話ネタバレ展開考察:関常らの奮戦

玉鳳軍の生き残りとして、羌瘣らの騎馬隊を崖の上の戦場に導く役割を果たさんとする関常。

最後の気力を振り絞って道を切り開かんとするその行動は、玉鳳軍としての意地と誇りが最大の原動力となっていると見えました。

 

この玉鳳軍の奮戦に、若干個の戦闘力を下げていると思しき羌瘣も奮起し、少し前に崖から落下した羌礼も復帰して一気に崖を駆け上がると予想します。

 

 

キングダム688話ネタバレ展開考察:雷土の逃亡

今回も引き続き扈輒軍からの拷問を受けていた雷土らですが、隙をついて逃亡を企図すると予想します。

多くの部下たちは雷土よりも激しい拷問に晒されているため、全員で逃げる事は叶わず、雷土を逃がすために犠牲になるのではないでしょうか?

 

左腕は切り落とされた雷土ですが、何とか拘束を解き馬を奪って逃走を成功させる展開となるように感じます。

 

キングダム688話ネタバレまとめ

キングダム最新話688話ネタバレ

 

桓騎軍の右翼は雷土が捕縛され総崩れとなり、中央でも厘玉軍が虎白公軍に敗れ、桓騎の本陣を含む黒桜軍は桓騎の撤退を知り、自らも離脱を企図します。

雷土らへの拷問が続く中で扈輒の配下・夏満が定時報告に訪れ、趙軍優位を伝えると扈輒は追撃を許可しつつ、中央の右に王翦軍に備えた兵3,000を残すよう指示しました。

夏満は桓騎は戦う相手が悪かったとし、痛みを知る扈輒軍には策略など通用しないと語りました。

影丘では岳白公と李信の一騎打ちが続き、崖の上には歩兵と騎馬隊の一部しか攻め上がれておらず、関常ら玉鳳軍の生き残り数百騎が羌瘣らを進める役割を買って出ます

李信は岳伯公との一騎打ちで苦戦する中、沛浪が岳白公のパワーの源は体術にあると羌礼が言い残した言葉を伝えられ・・・?

 

これを聞いた李信は尾平を近くに来るようにと指示しますが、決して武勇に優れているとは言えない彼を何故に呼んだのか、非常に気になる展開が続きますね!?

 

次回の『キングダム』第689話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。