キングダム

キングダム689話ネタバレ感想!獲物を月刀に変更した岳白公の反撃に苦戦を強いられる李信

キングダム689話ネタバレ最新確定!獲物を月刀に変更した岳白公の反撃に苦戦を強いられる李信

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話689話のネタバレと感想、展開考察です!

 

影丘で岳白公と一騎打ちをしていた李信は尾平を呼び、王騎の大矛を預けると久々に漂譲りの嬴政の剣を手にします。

一方で亜花錦は敵の最後尾を真横に捉え、自らが横槍を入れて攪乱する隙に李信が岳白公を仕留める事に期待しました。

李信は鋭い剣裁きで岳白公を押しますが、これに岳白公も短い刀こそが自身の体術の力を発揮するとして愛刀・月刀に持ち替え・・・?

 

李信は岳白公の月刀による反撃に遭遇、再び窮地に陥りますが、そこに羌瘣と羌礼が駆けつける展開となるのではないでしょうか?

 

それでは、気になる『キングダム』最新話689話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

キングダム698話ネタバレ

キングダム最新話689話ネタバレ

 

『キングダム』689話

「最大の娯楽」のネタバレが下記となります!

 

キングダム689話ネタバレ:李信を圧倒する岳白公

影丘の崖上の戦上にて、敵将・岳白公との激しい一騎打ちを続ける李信。

しかし小回りの利く剣に得物を持ち替えたものの、李信の放つ斬撃は悉く岳白公の愛刀・月刀で受け流され、逆に強烈な蹴りを喰らいます。

 

蹴り飛ばされる李信の姿を目にし、崇原歩兵長は岳白公の戦い方が再び変化していると感じました。

更に追い打ちをかけるように岳白公の部下の騎兵達の槍が李信を襲いますが、飛信隊の騎兵達はこれを防ぐ事が出来ません。

 

業を煮やした崇原は自分たち歩兵隊で李信を援護しようとし、一部の歩兵は逆に岳白公を討とうと近寄っていきました。

これを李信は制止しようとしますが間に合わず、飛信隊の歩兵達数名は岳白公の月刀によって一瞬で斬り倒されます

 

尚も崇原本人も岳白公に斬りかからんとしますが、李信はそれを止め、自らが岳白公を斬るので援護に徹するようにと大声で叫びました。

 

 

キングダム689話ネタバレ:人間の最大の快楽

この様子を見た岳白公は李信らを侵略者だとし、戦場での快楽があればこそ飛信隊も成長を遂げて来たのだと指摘します。

岳白公は戦争こそが人間の娯楽、つまり最大の快楽だと続け、自らの快楽はそうした侵略者を殺すことだと述べました。

 

李信は侵略者であることは認めつつ、岳白公からは何の凄みも感じなかったと返しその様を能天気だと表現します。

岳白公はそんな李信の言葉を若さ故の未熟だと断じ、趙軍の総大将・扈輒や自らはそうした人の世の理を受け入れた存在だと公言しました。

 

李信は強烈な蹴りを腹部に受けて吹き飛ばされ、血を吐きながらも岳白公の言葉を激しく否定します。

続けて李信は岳白公の存在を「ズレ」ているのだと評し、禅問答のような舌戦も最終的に勝った方が正しい点では二人とも一致しました。

 

キングダム689話ネタバレ:閃いた李信

岳白公と李信の一騎打ちは激しさを増しますが、岳白公の左拳が李信の頭に命中、またもや李信は地面に倒れ込みます。

岳白公の部下の一人はこうした二人の戦いを見て、月刀の鉄壁の守りと秀でた拳闘術がある限り、李信に勝ち目はないと考えました。

 

それでも満身創痍の李信は尚も立ち上がり、斬撃を防がれては自らの打撃力で勝利を得ることは難しいと自覚します。

岳白公を見据えた李信は、如何にして月刀の防御を打ち破るかに考えを集中させました。

 

そこで閃いたのは尾平に預けた王騎将軍譲りの矛であり、李信の視線は尾平の姿をまっすぐに見つめます。

次の瞬間、李信は猛然と岳白公に向かって剣を振り下ろし、腕の防具でその月刀の動きを止めると、尾平の名を叫び・・・?

 

―――次回【690話】に続く!

 

キングダム689話ネタバレの感想考察

キングダム689話ネタバレ

 

今回のエピソードでは、影丘における李信と岳白公の壮絶な一騎打ちのシーンが全編に渡って繰り広げられました。

岳白公の強さはこれまで李信が相対してきた敵の中でもかなり特殊で、愛刀・月刀で防御し、己の肉体である手足の打撃技で攻撃を行うやり方でした。

流石の李信もこうしたある種変則的な戦い方には慣れておらず、戦いながら攻略方法を探ることになりましたが、何とかヒントは掴めたようです。

李信の戦う場所まで羌瘣や羌礼はまだ辿りつけていませんが、個人的にはこの先に二人が加わってくれる展開に少し期待したい気持ちがあります。

このまま李信の岳白公攻略が成功してしまうと、羌瘣や羌礼の見せ場がここ影丘においてはなくなってしまいそうに感じられるからですが、次回以降に期待です。

 

キングダム689話ネタバレ展開考察

キングダム最新話689話ネタバレ

 

ここからは、『キングダム』最新話689話、そして次回691話以降で起こりえる展開を考察したものを載せていきます!

 

キングダム689話ネタバレ展開考察:岳白公の逆襲

今回のラストで久々の剣による戦闘を選択した李信が、それまで捉えきれていなかった岳白公に対して、徐々にですが有効な斬撃を与え始めました!

しかし態々自身の獲物も月刀に変更した岳岳公が、このまますんなりと倒される展開ではないと考えます。

 

よって独特の体裁きに月刀の素早さをプラスした、岳白公の真骨頂ともいうべき反撃が次回は描かれる事になると予想します。

 

キングダム698話ネタバレ展開考察:亜花錦隊の横槍

今回のエピソードで、岳白公らの本隊の姿を横目に捉えた亜花錦らの別働の騎馬隊!

このままその本隊が戦場に合流してしまえば、飛信隊、ひいては秦軍のここ影丘での勝利は覚束ないと亜花に錦は判断していたようでした!?

 

そのため今回覚悟した通り自身の少数の騎馬隊での横槍攻撃を敢行し、趙軍の反撃を遅らせる事に全力を注ぐのだと予想します。

 

キングダム689話ネタバレ展開考察:羌瘣と羌礼の乱入

岳白公の月刀を用いた反撃により、優勢と思われた李信が再び苦戦を強いられ、そこに羌瘣と羌礼の二人が乱入して切る展開を予想します!

確か前々回に玉鳳軍の生き残りである関常の騎馬隊が、羌瘣らの騎馬隊を崖の上に突入させる役割を買って出ていました。

 

この動きが功を奏し、羌瘣と羌礼の二人が岳白公との一騎打ちに苦戦中の李信の元に駆け付け、その戦いに乱入するのではないでしょうか?

 

キングダム689話ネタバレまとめ

キングダム最新話689話ネタバレ

 

影丘の崖上で岳白公と一騎打ち中の李信は尾平を呼び、岳白公の体裁きで攻撃が躱されているため王騎の大矛を彼に預けます。

李信は岳白公の動きに小回りの利く剣が有効だと考え、久々に漂譲りの嬴政の剣を抜きました。

一方、亜花錦の騎馬隊は敵本陣の最後尾の部隊を真横に捉え、自らが横槍を入れて攪乱する隙に李信が岳白公を仕留める事に賭けようと決断をします。

そして岳白公と李信の一騎打ちは、李信が鋭い剣裁きを披露、これに岳白公も自身の体術も短い刀こそが最大限の力を発揮すると述べて不敵な笑みを浮かべ・・・?

 

一旦優位に立ったかに見える李信ですが岳白公の月刀による反撃に遭遇し、そこに羌瘣と羌礼が駆けつけて李信の窮地を救う展開となるのではないでしょうか?

 

次回の『キングダム』第690話を楽しみに待ちましょう!

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。