キングダム

キングダム694話ネタバレ感想!扈輒の述べた雷土死亡に反応を見せる桓騎

キングダム694話ネタバレ最新確定!扈輒の述べた雷土死亡に反応を見せる桓騎

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話694話のネタバレと感想、展開考察です!

 

桓騎軍に対し3倍の兵で戦いを優位に進めていたと思われた趙軍の扈輒でしたが、桓騎の秘策に嵌って、本陣の精兵100騎ごと朱摩一家200騎に包囲されてしまいます。

桓騎が夏満将軍を討ち取ると扈輒は自らの敗北を認めつつも、桓騎の戦術は今後災いなると指摘しました。

扈輒が人の底の闇、痛みの底を知っていると述べる中、桓騎は意に介さず雑魚扱いし、扈輒は自らの喉元に剣を向けて、雷土の死を匂わせます。

この扈輒の言葉にさすがの桓騎も僅かながら反応を見せ、眉が動いており・・・?

 

それでは、気になる『キングダム』最新話694話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

キングダム694話ネタバレ

キングダム最新話694話ネタバレ

 

『キングダム』694話

「情報戦」のネタバレが下記となります!

 

キングダム694話ネタバレ:扈輒の最期

その昔の斉国の名軍師・孫臏が用いたとも伝わる奇策、正に肉を切らせて骨を断つかの如き負け戦を装いつつ、趙軍総大将・扈輒の本陣への奇襲を成功させた桓騎

扈輒の本陣の兵も強者100騎とは言え、包囲した桓騎軍の主力は朱摩軍200騎と倍を数え、敗北を悟った扈輒は自らの喉元に剣先を向け自害を図りました!

 

あくまで扈輒は捉えた雷土の死を仄めかしますが、朱摩軍は扈輒を捕縛し、自害を阻止しようと前に突撃します。

しかし扈輒は突如自身の剣を朱摩軍の兵士に向け、続けざまに二人を惨殺しました。

 

朱摩は配下に扈輒の腕を斬り落としての捕縛を命じますが一歩遅く、首筋を自らの剣で割いた扈輒はこのまま捉えられるわけにはゆかぬと、最後の力を振り絞り桓騎へと突進します!

ここに至り朱摩は扈輒の殺害を配下に指示、それでも扈輒は抵抗を続け、体中を槍で突かれ、両腕を斬り落とされて馬から落ち、遂に絶命しました。

 

 

キングダム694話ネタバレ桓騎が麻論に授けていた策

扈輒を葬った朱摩一家の兵らは、やはり雷土の生死が気になっており、朱摩本人も雷土の捜索を桓騎本人に進言しようとします。

しかし桓騎自身はこれを遮り、討ち取った扈輒の首を扈輒軍の兵士らに晒す事で、この戦場全体における趙軍の戦意を喪失させる事が先決だと命じました!

 

やがて一人の朱摩一家の騎兵の一人が、槍の穂先に討ち取った扈輒の生首を高々と掲げ、これを見た周囲の趙軍兵士達に否応なくその現実を見せつけます。

これを見て驚愕した趙軍兵士を敢えて桓騎軍は逃亡させ、逃げた先々の他の兵達にも総大将・扈輒が討ち取られた事を口々に拡散させる戦術を取りました。

 

この扈輒が討ち死にしたと言う事実は桓騎の狙い取りに趙軍に伝播して行き、また朱摩から早馬これで伝えられていた桓騎軍軍師の麻論は、すぐにこれを情報として拡散させます。

桓騎から直接この動きを指示されていた麻論でしたが、扈輒が討ちが成功するか否かには懐疑的で自らは戦場の最深部に身を潜めて待機していました!?

 

それでも朱摩から早馬に応じて、即座に桓騎軍本陣を復活させると、扈輒の討ち死にの報を広範な戦場の全てに迅速に行きわたらせます。

その扈輒の討ち死にの理由も、王翦軍10万や楊端和軍10万が急遽扈輒の本陣を急襲したとの偽情報を巧みに織り交ぜて流布させ、一気に趙軍の士気を低下させるものでした。

 

キングダム694話ネタバレ:投降兵の多さに懸念を抱く麻論

こうした桓騎の指示による麻論の情報戦は、趙軍全体を疑心暗鬼に陥れ、王翦軍を装った桓騎軍兵士らは、紳士的な王翦軍への投降が身のためだと各地で吹聴、効果を挙げます!

趙軍の兵士には怒涛のような投降者が相次ぎますが、実際には王翦軍や楊端和軍は到着しておらず、それらの管理にはちゃっかり逃亡していた桓騎軍兵士が再集結してあたりました。

 

こうして桓騎の奇策は功を奏して行きますが、これを押し留めるには趙軍中央の虎白公か、左翼の龍白公の踏ん張りしか残されていません。

しかし虎白公は判断を誤り扈輒本陣へと向かってしまい崩壊、残る龍白公には逃散兵が舞い戻り戦力を回復した黒桜軍がその動きを封じ込めました。

 

一気に自軍の勝ちに転じた事を悟った桓騎軍兵士らは、各所で喜びの声を挙げていましたが、一人参謀の麻論だけはこの急転直下の事態に別の懸念を抱きます

それは総数で万単位にも膨れ上がった趙軍の投降兵の多さに如何に対処するかであり、常勝の桓騎軍とは言え、これまで経験した事もない途方もない数であり・・・?

 

―――次回【695話】に続く!

 

キングダム694話ネタバレの感想考察

キングダム694話ネタバレ

 

今回のエピソードでは、桓騎の捨て身の奇策が何とか功を奏し、包囲された趙軍総大将・扈輒も意地を見せて最後の抵抗を見せましたが、壮絶な討ち死にを遂げる様が描かれました。

しかも扈輒を討ち死にさせただけでは戦場全体の苦境を覆す事は出来ない為、予め扈輒を討った後には、これの事実を広め趙軍の投降を促すべく、麻論に指示が出されていました。

自軍の負け戦は必至と見て逃げ支度に余念のなかった麻論ではありましたが、作戦は成功、趙軍全体に投降兵を募る流言を広める役割を全うしました。

数回前に逃げ支度をしていた麻論の元を桓騎が直接訪れて、何事かを指示していましたが、この状態を作りだす伏線だったのでしょう。

余りに作戦が嵌りすぎて、勝ち戦になったとはいえ麻論すらどのように投降兵を管理するのかにおののいていたのが印象的でしたね。

史実では桓騎は10万人にも及ぶ趙兵の首級を挙げるとされているので、ここに繋がるのではないかと思えます。

 

キングダム694話ネタバレ展開考察

キングダム最新話694話ネタバレ

 

ここからは、『キングダム』最新話694、そして次回695話以降で起こりえる展開を考察したものを載せていきます!

 

キングダム694話ネタバレ展開考察扈輒と桓騎の最終対話

今回の扈輒の発した桓騎への言葉、人の底の闇を知らないとの指摘は、まったくもって桓騎本人には刺さらず、それどころか扈輒の考えは浅いと嘲笑されるだけでした。

いずれにせよ自らの敗北を悟って、自身の剣を喉元に突き立てた扈輒は、あの世で雷土と共に一足先に待つと述べ、自害の実行を匂わせました。

 

するとそれまで何を言われても扈輒の言葉を無視してきた桓騎が、若干ですが反応を見せたようだったので、雷土の存否を問う最終の対話が行われると予想します。

 

キングダム694話ネタバレ展開考察:雷土死亡はブラフ

扈輒は既に雷土が死亡しているかのような台詞を口にしましたが、これは扈輒の最期の桓騎への抵抗・悪あがきの類だと予想します。

確かに囚われの身の雷土は、指や片腕を切り落とされるような凄惨な拷問に晒された描写はありましたが、死亡のシーンはなかった筈です。

 

よってこのこ言葉は桓騎を動揺させ、今の状況を何とか抜け出さんと考えた扈輒のブラフである可能性が高いのではないでしょうか?

 

キングダム694話ネタバレ展開考察:王翦の戦略

数で勝る扈輒軍に敗北を喫する自らの兵達を隠れ蓑にし、その一部を伏兵として扈輒本陣を急襲をするのが桓騎の目的だと気付いていた秦軍総大将・王翦

そのためこれまで積極的に兵を進めていなかった自身の率いる軍を、扈輒軍の包囲に進撃させると予想します。

 

扈輒の窮地に未だ気付いていない趙軍も多数に上ると思われる為、王翦軍もある程度慎重な包囲・殲滅体制を企図した展開をするのではないでしょうか?

 

キングダム694話ネタバレまとめ

キングダム最新話694話ネタバレ

 

桓騎軍に対し3倍の兵力で戦いを優位に進めていた趙軍総大将・扈輒でしたが、敗北を喫する兵達を隠れ蓑にした伏兵に襲われ、桓騎の策に嵌ってしまいます

扈輒本陣の兵も精兵100騎ですが、包囲するのはゼノウ一家に並みの戦闘の朱摩一家200騎で、2倍の兵力差から扈輒らを追い詰めました。

桓騎はあっさり夏満将軍を討ち取るも、扈輒は落ちついており自身の敗北は認めつつ、友軍も犠牲にする桓騎の行いは今後災いの種になると指摘します。

扈輒は人の底の闇、痛みの底を知っていると続けますが、桓騎は意に介さず雑魚扱いした為、扈輒は剣の矛先を自らの喉元に向け、雷土と共にあの世で待つと述べ・・・?

 

それまでの扈輒の言葉に顔色ひとつ変えていなかった桓騎でしたが、さすがに雷土の名前を出された事には僅かながら反応を見せ、眉が動いて見えました。

 

次回の『キングダム』第695話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。