マッシュル-MASHLE-

マッシュル-MASHLE-66話ネタバレ感想!ウォールバーグ敗北で魔法界が大ピンチに!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『マッシュル-MASHLE-』最新話66話のネタバレと感想、展開考察です!

 

魔法社会を形作った偉大な魔法使いアダムの一番弟子だったウォールバーグとイノセント・ゼロの二人

人である事さえやめてしまったイノセント・ゼロの目的はマッシュを持ち帰る事とウォールバーグを確実に殺す事でした。

一方顔を覚えていなかった事で怒るセル・ウォーの魔法をマッシュはランニングする事で突破してしまうのでした。

二人の戦いの行方とは!?

 

それでは、気になる『マッシュル-MASHLE-』最新話66話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

 

なおマッシュルの最新刊6巻は既に発売中です!まだの方は、Amazonなどで早めに購入してしまいましょう!

▼関連リンク▼
マッシュル6巻を購入する

 

マッシュル-MASHLE-66話ネタバレ

マッシュル-MASHLE-最新話66話ネタバレ

 

『マッシュル-MASHLE-』66話

「マッシュ・バーンデッドと重ための人生」のネタバレが下記となります!

 

マッシュル-MASHLE-66話ネタバレ:蘇った師匠との再会

圧倒的な魔力を持ち、数百年にも渡って魔法界のトップに君臨したアダム・ジョブスという人物

彼は魔法教育を進め魔法局を設立し、魔法社会に多大な影響を与えていました。

 

しかしそんな彼が後年力を注いでいたのは、魔法を使えない者に対しての社会的支援

ノブレス・オブリージュという強きは弱きの為にという教えを、彼はウォールバーグを含めた3人の弟子に託す事に。

そして今、イノセント・ゼロが出現させた棺の中から出てきたのは、ウォールバーグにとっての師であるアダム・ジョブスその人でした。

 

驚きを隠せないウォールバーグに対して、人の肉片から命を巻き戻す魔法を手にしたと語るイノセント・ゼロ。

そして蘇ったアダムの肉体を操るのはネクロス・マンスという男

 

人形遊びが自分の特技だと語るネクロスに、ウォールバーグも激しい怒りを感じる事に。

しかしそんな怒りをも圧倒するような強烈な魔力がウォールバーグを襲うのでした。

 

 

自分達にとっての師匠を蘇らせるという禁忌の魔法を使ってきたイノセント・ゼロ。

死者を復活させて戦わせるというのはよくある展開ですが、こういう展開だと大体負けそうな印象だったり

アダムの名前は前回出てきたばかりで思い入れもなく、どうせならウォールバーグとイノセント・ゼロで本気のバトルが見たかった気もしますけどね。

 

マッシュル-MASHLE-66話ネタバレ:今の自分が一番強い!!!

長く生き続けたものの、寿命には逆らえずに酷く衰えてしまったアダム。

しかしイノセント・ゼロはそんなアダムを全盛期の状態で呼び戻していました。

 

その魔力は歴代でも随一のもの。

アダムがウォールバーグを気に入っていたと感じていたイノセント・ゼロは、素敵な再会だろうと語りかけるのでした。

 

圧倒的な魔力に押されながらも、かつての師とのやり取りを思い出していたウォールバーグ

ノブレス・オブリージュという言葉はウォールバーグにとって、努力を怠る者が自分を擁護する為に言っているとしか思えていませんでした

 

アダムはそんなウォールバーグの考えも一理だと受け入れながらも、師匠を論破するなと茶化してきます。

まだウォールバーグは若いからと笑いながらも、いつかオマエにも分かるだろうとアダムは語りかけるのでした

 

師匠の言葉を思い出し、強烈な魔力を弾き返したウォールバーグ。

先生は自分にとって偉大な人だとしながらも、大切なのは今だとアダムに言い放ちます

何故なら今の自分が一番強いからと、ウォールバーグは反撃の構えを取るのでした。

 

 

どうやら若い頃は今よりもかなり尖っていた感じのウォールバーグ

一方のアダムはちょっと抜けているタイプというか、色々な視点で物事を見ているタイプだったのでしょう。

しかしウォールバーグも今の自分が一番強いと言えちゃう辺り、まだまだ尖っているとも言えそうですね。

 

マッシュル-MASHLE-66話ネタバレ:マッシュの真実と重たい人生

そもそも自分が何故狙われているのかもよくわかっていないマッシュ。

セル・ウォーはそんなマッシュに対して造体禁忌魔法を知っているかと語りかけます。

 

その魔法は6人の血の繋がった者の心臓から不老不死の心臓を造るという闇魔法

そこでイノセント・ゼロは心臓を育てる器として6人の子供を設け、マッシュはその中の一人。

マッシュはイノセント・ゼロが創り出した人間であり、完全な体を造る為のパーツに過ぎない存在だったのでした。

 

そんな衝撃の真実に対して流石にちょっとショックを受けた様子のマッシュ

自分の人生が重たすぎると感じたマッシュは、どこからか取り出した布団にくるまって一度寝てみる事に

とはいえ起きてみても現実は変わらず、マッシュはセル・ウォーも自分の兄弟かを確認します。

 

しかしセル・ウォーは死者の体にイノセント・ゼロの血を与えて造られたクローン体との事。

彼にとってはイノセント・ゼロの体の一部になれる事は至上の誉れであり、マッシュのようなゴミが選ばれる事には納得がいっていませんでした

それだけにマッシュに対して強い言葉で怒りを表すものの、マッシュは喋っている途中のセル・ウォーを思い切りぶん殴る事に。

 

人生が重たくても無価値な人生だろうと関係がない

何故なら自分は無敵だから

 

そんな強気な姿勢でかかってこいよとセル・ウォーを煽るマッシュ

しかしここでセル・ウォーはマッシュの実力を認めて冷静になります。

最初から全力でいこうと、サモンズ鉄の神(ヘパイトス)を発動させるのでした。

 

 

ここへ来て遂にマッシュがどういう存在なのかが明らかになりましたね。

しかし作中でも超重要な情報を知らされたというのに、マッシュのリアクションが死ぬほど薄いのが酷いですね。

この感じだとマッシュが本気で落ち込んだりメンタルがやられたりという展開には今後もならないのでしょう。

 

 

―――次回67話に続く!

 

マッシュル-MASHLE-66話ネタバレの感想考察

マッシュル-MASHLE-66話ネタバレ

 

マッシュについての真実が明らかになった今回。

ウォールバーグの戦いもこの感じだと描かれていきそうですね

 

前回名前が明かされていたアダムというこの世界にとっての超重要人物。

強きは弱きの為にという素晴らしい精神を持っていたようですが、少なくともその考えはイノセント・ゼロには届いていなかった様子

ウォールバーグとの回想シーンではお茶目な一面も見せていて、単純な善悪だけではなくもっと広い視野で世界を見ていた感じがしますね。

 

そんなアダムの肉体を蘇らせて弟子と戦わせようとしてきたイノセント・ゼロ。

やり口が汚いですが、ウォールバーグの自信を見るとアダムには普通に勝利しちゃいそうな気もします。

とはいえ最終的にはイノセント・ゼロに負けそうにも思えてしまい不安ではありますが。

 

今回ついに明かされたマッシュが狙われる理由。

イノセント・ゼロが完璧になる為のパーツにしか過ぎないという衝撃の事実でしたが、それに対するマッシュの反応はあくまでも「ガーン」というくらい

普通の作品だったらメンタルが崩壊してしまったりするくらいの事実のはずですが、マッシュの場合はちょっと不貞寝したくなるくらいのものでした。

 

最初からマッシュのメンタルは完成されていて、揺るがない自分を持っているから大丈夫という事だとは思います。

しかしこれだけ安定していると、ここから成長するという感じでもないんですよね。

 

強すぎてイキってる感じがしちゃいますし、この先もずっと負けないまま進んでしまいそうです。

負ける事がないと何の葛藤もなく進んでしまいますし、主人公に都合の良い展開にしかならないような気もしてしまいます。

敵キャラ全てが噛ませ犬にしか思えない展開が続いていますし、何か変化した展開を期待したくなりますね。

 

マッシュル-MASHLE-66話ネタバレ展開考察

マッシュル-MASHLE-最新話66話ネタバレ

 

ここからは、『マッシュル-MASHLE-』最新話66話、そして67話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

セル・ウォー怒りのセコンズ発動!?

完全にマッシュをナメてかかったものの、見事なくらいに返り討ちに遭ったセル・ウォー

言動もショボいですし、返り討ちに遭ったのも非常に格好悪いですよね。

 

マッシュは一度見た魔法にしっかりと適応していて、セル・ウォーがこのまま攻撃を続けたとしても余裕そうな気がします

それだけにセル・ウォーも一気に本気を出してくるのかもしれません。

 

わかりやすいのはやはりセコンズで、発動すれば今まで以上に炭素での攻撃が激しくなるはず

とはいえそれでもあまりマッシュが苦戦しそうな雰囲気も感じませんけどね

 

ウォールバーグがまさかの敗北!?

今回の前半部分でアダムという凄い魔法使いの一番弟子だった事が発覚したウォールバーグとイノセント・ゼロ

どうやらイノセント・ゼロはウォールバーグの事を殺す事も目的の一つとしていたようで、何やら危険そうな魔法を発動させていました。

 

発動させたのはタイムズ・リビングデッドという魔法

イノセント・ゼロは時を止めていましたが、この魔法ももちろん「時」に関するものなのでしょう。

 

リビングデッドというのは生きた死体みたいな意味なので、生きたまま相手を行動不能にするようなイメージでしょうか。

棺桶のようなものも描かれているので、この中にウォールバーグが封じられて生きたまま死体となってしまうというものなのかもしれません。

ウォールバーグが敗北して絶体絶命のピンチになる・・・という展開が考えられそうですね。

 

マッシュル-MASHLE-66話への読者の声

マッシュル-MASHLE-最新話66話ネタバレ

 

『マッシュル-MASHLE-』最新話66話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

マッシュル-MASHLE-66話ネタバレまとめ

マッシュル-MASHLE-最新話66話ネタバレ

 

ウォールバーグとイノセント・ゼロの関係が描かれた今回。

偉大な魔法使いの一番弟子の二人が敵対するという展開は割とよく見るパターンでしたね

 

ウォールバーグがここで負けてしまうと大変な事になりそうですが、そうなってしまう雰囲気でもあります

この二人の戦いがどういう結末を迎えるのかは非常に気になる所。

 

それに対してあんまり気にならないのがマッシュとセル・ウォーの戦い

全然マッシュが負けそうにないので、セル・ウォーがどのくらい頑張ってくれるかを楽しみにしたいくらいですね。

 

次回の『マッシュル-MASHLE-』第67話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。