逃げ上手の若君

逃げ上手の若君26話ネタバレ最新確定!新たな戦いに向けて時行が初めての戦に!?

逃げ上手の若君26話ネタバレ最新確定!新たな戦いに向けて時行が初めての戦に!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『逃げ上手の若君』最新話26話のネタバレと感想、展開考察です!

 

自らの実弟である直義に鎌倉の守りを任せていた尊氏。

二人は仲の良い兄弟だったものの、直義は尊氏が人間離れした力を得ている事に気づいていて、そんな兄弟と時行の戦いまで残り1年半となっていました。

時行は頼重から不可思議な力や神力についての話を聞くことになるも、頼重は時代の変革期を遊び倒すのだと笑いかけるのでした。

次なる時行の戦いとは!?

 

それでは、気になる『逃げ上手の若君』最新話26話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

逃げ上手の若君最新話26話ネタバレ展開考察

逃げ上手の若君最新話26話ネタバレ

 

ここからは、『逃げ上手の若君』最新話26話、そして27話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

逃げ上手の若君26話ネタバレ展開考察:時行が初めての戦に出る!?

今回の時点で既に時行達と尊氏達との戦いまで残された時間はあと1年半だとされていました。

この戦いの辺りは当然ながら歴史に残されている訳で、これを変える事は流石に出来ないんですよね。

 

とはいえ時行はまだ8歳であり、悪党達との戦いくらいしか実践と呼べるものは経験出来ていません。

あの戦いもあくまで敵の大将との1対1をやっていただけですし、時行にとっては戦と呼べる感覚でもないでしょうね。

 

それだけにやはり尊氏達との戦いの前に戦を経験しておきたい所

敵がいなければ戦も出来ませんが、その辺りは便利キャラの小笠原貞宗の出番だったりするのかもしれません。

来たる尊氏との戦いに備えて実践経験を積むような展開が待っているのではないでしょうか。

 

逃げ上手の若君26話ネタバレ展開考察:人を超えた尊氏の力とは!?

実の弟である直義でさえも人間を超えていると感じていた尊氏。

元々勘が鋭いタイプだったものの、最早そういう次元を軽々突破してしまっているのでしょう。

御仏さえも自分にとっては餌でしかないというスタンスのようで、神力が消え去ろうとしている中で逆に神力を身につけているようにさえ感じます

 

今回の頼重の話と並行する形で尊氏が描かれていただけに、尊氏にはそんな力が存在しているのも間違いないでしょう。

それらの力が尊氏と直接関係しているのかは微妙な所ですが、頼重のように未来を視えるくらいの力は持っていてもおかしくはなさそうです。

見えない力を持ち合わせた時行と頼重が尊氏が戦い、最終的にその両方の力が消えていくという展開になっていきそうな気がします。

 

逃げ上手の若君最新話26話への読者の声

逃げ上手の若君最新話26話ネタバレ

 

『逃げ上手の若君』最新話26話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

逃げ上手の若君最新話26話ネタバレ

逃げ上手の若君最新話26話ネタバレ

 

では、『逃げ上手の若君』最新話26話のネタバレです!

 

 

 

『逃げ上手の若君』最新話26話は、8月2日が発売日の週刊少年ジャンプに掲載となります!

ネタバレ情報が判明次第掲載していきますので、楽しみにお待ちください!

 

逃げ上手の若君最新話26話ネタバレまとめ

逃げ上手の若君最新話26話ネタバレ

 

自らの弟である直義でさえも恐ろしさを感じる尊氏の様子が描かれた今回

直義は相当有能な人物だと思われますが、そんな彼から見ても今の尊氏は別格の存在へと変化しているのでしょうね。

 

一方で頼重の口からは不可思議な力について語られる事となりました。

人の世が広がる事で目に見えない力も減っていくという考えは非常に神秘的であり面白いものでした。

現代ではそんな力なんて存在出来ないよなぁとか思ってしまいますし。

 

とはいえそんな不可思議な力さえも自らのものとしている頼重はやはりまだ謎の存在でもあります。

彼が尊氏との戦いまでに時行をどう導いていくのかも注目ですね!

 

次回の『逃げ上手の若君』第27話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。