アンデッドアンラック

アンデッドアンラック64話ネタバレ感想!不真実の解釈を広げてシェン復活!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『アンデッドアンラック』最新話64話のネタバレと感想、展開考察です!

 

ムイを守る為にファンの攻撃を食らい瀕死となったシェン

そんなシェンがその最中で見たのは死んだはずの妹メイの姿で、改めてシェンはメイを救えなかった事を謝罪する事に。

守らなければならないムイの為にも諦めてはいけないというメイの想いを受け取ったシェンは目覚めた瞬間ムイに自分を殺すようお願いするのでした。

果たしてシェンの言葉の真意とは!?

 

それでは、気になる『アンデッドアンラック』最新話64話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

『アンデッドアンラック』最新刊をお得に読む情報もまとめましたので是非活用してください!


2021年4月に『アンデッドアンラック』6巻が発売されました!

最新刊を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

初回登録時は31日間無料でアニメや映画も見放題作品がたっぷり!今すぐチェック!

U-NEXTで今すぐ読む

↑無料で読める!↑

※31日間無料お試し可能で、期間内に簡単に解約も可能♪
※2021年5月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトを確認してください。

 

 

アンデッドアンラック64話ネタバレ

アンデッドアンラック最新話64話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』64話

「今の僕が」のネタバレが下記となります!

 

アンデッドアンラック64話ネタバレ:死してムイのキョンシーに!!!

瀕死ながらもなんとか意識を取り戻したシェン。

目覚めと共にムイに自分を殺してくれるようお願いします

 

驚くムイをよそに、そのままシェンはアンディにも連絡を取ります。

ファンの懐にある数珠型の古代遺物を奪いそれをムイに渡して下さいと

アンディと風子は瀕死のシェンからの頼みに応えようと動き出します。

 

一方で数珠を奪うという行動の意味が理解出来ないムイ。

そんなムイに対してシェンは、数珠を持ったムイに自分を殺してもらう事で自分がムイのキョンシーになるのだと言い放ちます。

 

あの数珠は所有者が殺した人間をキョンシーにして使役するもの。

自分が死ぬ前にムイに殺されれば自分はムイのキョンシーになれるのだと考えていました。

 

とはいえムイからすれば、使役されたキョンシーは自我もない戦闘兵のようなものだという認識

キョンシーになってしまえばシェンがシェンのままでいられるかもわからず、どう考えてもただ生き返る訳ではない。

だからこそそれよりも傷を治す方法を考えようと呼びかけるムイ

 

既にムイがシェンに渡していた丸薬は、自分の命を糧に作ったという回復用の古代遺物

この丸薬を飲めば傷もなんとかなるとムイは言うものの、腹部に大きな穴を空けられたシェンには効果を発揮しない状態

だったらすぐに基地へと戻ってニコに見てもらう方法を考えるムイでしたが、ムーブは気まぐれだから言う事は聞いてくれないだろうとシェンは返すのでした。

 

 

瀕死の状態からどうやってシェンが生き残れるのかと思っていましたが、やはりファンの持つ数珠を使うやり方でしたね。

予想していた展開の一つではありましたが、この方法では生き返るという訳ではないだけに辛い所。

ムイがなんとかシェンに生きていて欲しいと思っている様子が切ないです。

 

アンデッドアンラック64話ネタバレ:不真実の発動条件とシェンの気持ち

もはやシェンを救う方法が思いつかないだけに涙を流すしかないムイ。

改めて何故自分なんかを助けたのかと問いかけます

拾ってもらってから今日まで何一つとしてお返しも出来ていないのに・・・と

 

何故助けたかというムイからの質問に、シェンは不真実の発動条件は何だと思うと逆に問いかけます。

その条件に気づいていないムイは、闘いたいと思えるような強者を目で見る事だと答えます。

シェン自身もかつてはそう思っていたものの、それは違うのだと返します。

 

ずっと狭い世界で生きてきたシェン。

自分と殺された妹、そして妹を殺した男という3つしかなかったシェンの世界

 

しかしそこに入ってきてくれたのがムイ。

シェンはムイと一緒の時間を過ごしていく事で不真実の本当の発動条件を理解したのでした。

 

かつて隣に座り一緒にご飯を食べていたシェンとムイ。

シェンがムイを見つめると、ムイは自分で食べようとしていたものをシェンの口へと運んでしまいます。

何故そんな事になったのか分からず真っ赤になるムイでしたが、シェンはそのままパクっと食べてしまうのでした。

 

その瞬間に本当の発動条件に気づいたシェン。

シェンは発動条件がその人を好きになる事なのだとムイに伝えるのでした

 

 

ムイの涙は見ていて非常に辛かったですが、シェンからの告白にはグッと来てしまいますね!

食事シーンで不真実を使った事によってムイの気持ちが分かるという構成も素晴らしすぎます。

相変わらず『アンデッドアンラック』はバトル漫画でありながら恋愛漫画でもあるよなぁと思わせる作品だよなぁと感じます。

 

アンデッドアンラック64話ネタバレ:蘇った自分が今までで一番!!!

強い弱いに関係なく、初めて好きになったムイをもう少し守らせてほしい

そんな風に気持ちを伝えるシェン。

 

一方で激しい爆発が巻き起こる中でファンの数珠をゲットしていた風子。

そのままムイへと数珠を投げるも、ファンはアンディを蹴散らして標的を風子に定めます

不死の覚醒の為に不運を殺そうと、再び強烈な一撃を風子に向けて放つファン

 

風子に攻撃が迫る中、ムイは強い覚悟を持って数珠と共にシェンへと刃を突き立てます

姿が変わってシェンがシェンでなくなったとしても、自分はこの命が尽きるまでお慕いしているのだと。

 

涙を流しながらも気持ちを伝えるムイに笑顔で応えるシェン。

そしてそんな彼らをファンの攻撃が包み込むのでした。

 

ようやく不運が死んだと、アンディに真の力を出すよう語りかけるファン。

しかしそんなファンの目に映ったのはキョンシーとなって攻撃を防ぎきったシェンの姿でした

 

ムイを大切そうに抱きかかえながら風子を守ったシェンは自信満々で言い切ります。

きっと死んで蘇った今の自分が今までで一番強いのだと。

 

 

もうとにかくシェンとムイの関係が尊いとしか言いようがありませんね

死を超えて続く二人の関係性がもう素晴らしく、しかもキョンシー化したシェンが格好良いんです!

ここから散々好き放題やってくれたファンに反撃していって欲しいですね!

 

 

―――次回65話に続く!

 

アンデッドアンラック64話ネタバレの感想考察

アンデッドアンラック64話ネタバレ

 

シェンの死とそこからの復活が描かれた今回

窮地に追い込まれていましたが、シェンとムイの気持ちが通じ合うという恋愛漫画のような展開でもありましたね!

 

生き返る方法はキョンシー化

ムイに自分を殺してもらうようお願いしていたシェン。

殺されてからどうやって復活するんだろうと思っていましたが、やはりというべきかファンの持っていた死亡遊戯という古代遺物によるキョンシー化を考えていましたね。

 

このやり方は予想の一つではありましたが、生きてムイを守れる訳ではないだけにちょっと違うかなぁとも思っていました

しかしシェンにとって何よりも大切なのは、初めて好きになったムイを少しでも守る事なんですよね。

 

守れなかった妹の代わりとして守りたいのではなく、初めて好きになった人だからこそ守りたい

このエピソードで一気にシェンの人間味が出てきましたよね!

 

シェンとムイの関係が尊すぎる!!!

瀕死のシェンをなんとか生かそうと必死になるムイを見ているのは辛かったです。

地味に自分の命を糧にして作ったという回復用の古代遺物まで登場していて、ムイは本当にシェンの為に生きたいと思っていたのでしょう。

 

しかしそれに対して、人を好きになるという感情を教えてくれたムイを本当に大切に思っていたシェン

強くなる事と仇討ちをする事しかない狭い世界で生きていたシェンをムイが広げてくれたんですよね。

 

不真実という能力を持ちながらも、真実の愛にさえ辿り着いた感のあるシェン

ムイからも気持ちを伝えられ、その上でキョンシーになったシェンはもうめちゃくちゃ強いでしょう

ここまで好き放題やってくれたファンをボッコボコにしてもらいたいですね!

 

アンデッドアンラック64話ネタバレ展開考察

アンデッドアンラック最新話64話ネタバレ

 

ここからは、『アンデッドアンラック』最新話64話、そして65話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

死んだシェンが死亡遊戯で復活!?

瀕死の状態ながらもなんとか意識を取り戻したシェン。

しかし目覚めたシェンはムイに対して自分を殺すようにとお願いしていました

当然ここにはシェンの狙いが込められているはずですが、その理由が何なのかは気になる所ですよね。

 

死んでから何かの役に立つというのは中々難しいですが、今回のファンとの戦いの中でそんなアイテムも登場していました。

それがファンの使っていた古代遺物の「死亡遊戯」

 

自分が殺した者を珠に入れて使役出来るという事で、この古代遺物を奪えていればムイに殺される事でムイに使役される立場になれる・・・とは考えられるかもしれません。

とはいえそれだと結局死んでしまう事に変わりありませんし、メイの願いを叶える為には死んでしまうのはダメな気もしますけどね。

 

不真実の能力を成長させる!?

ムイに自分を殺してくれるようにとお願いしたシェン。

その場面で気になるのは、シェンがその言葉をムイの事を見た上で口にしている事です。

 

シェンの否定能力は「不真実」であり、視た瞬間の相手の真実を否定するというもの。

その能力がこのタイミングで発動したとすれば、殺したくないという気持ちが反転してしまうという事なのかもしれません。

しかしそれだとムイによって本当にトドメを刺されてしまいそうですし、それだけではあまり意味がありませんよね。

 

だとすれば、このシェンの発言にももっと違う意味合いがあるはず。

考えられるのは、シェンの「不真実」の能力の解釈をもっと広げていくという事でしょうか。

 

アンディは過去の旅を経て不死の能力を大きく成長させました。

それと同じようにシェンもメイとの出会いを経て不真実の能力を成長させたりするのかもしれません。

真実を否定するという能力が成長すれば、もしかしたら瀕死の状況という真実さえも否定出来たりという事も考えられるのではないでしょうか。

 

アンデッドアンラック64話への読者の声

アンデッドアンラック最新話64話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』最新話64話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

アンデッドアンラック64話ネタバレまとめ

アンデッドアンラック最新話64話ネタバレ

 

シェンが瀕死の状況で妹のメイと再会する事になった今回。

思い切り泣きじゃくっていていたりと、シェンのいつもは見られない姿が見られましたね

 

悲しい過去を持ったシェンとメイですが、死を経てもなおこの関係は非常に尊いものになっていました

お互いがお互いを想い合う関係は素敵ですし、今はシェンとムイがそんな関係になっているのでしょう。

 

メイの言葉を信じるのであれば流石にここでシェンは死ぬことはなさそうです。

しかし事態が事態なだけに、ここからシェンがどうやって復活していくのか注目ですね!

 

次回の『アンデッドアンラック』第65話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。