アンデッドアンラック

アンデッドアンラック67話ネタバレ感想!否定能力フル稼働でサマー撃破!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『アンデッドアンラック』最新話67話のネタバレと感想、展開考察です!

 

シェンの不真実をその身に宿したムイ。

憎しみではなく愛の力に救われたシェンがファンを倒して因縁に決着をつけるも、サマーは遂にフェーズ2へと変貌してしまっていました。

圧倒的な力を持つサマーに対抗するべくトップやチカラ、タチアナも参戦し、皆の強さでサマーに立ち向かうのでした。

アンディ達はサマーに勝利出来るのか!?

 

それでは、気になる『アンデッドアンラック』最新話67話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

なおアンデッドアンラックの次巻7巻は2021年7月2日発売予定です!まだの方は、Amazonなどで早めにを予約してしまいましょう!

▼関連リンク▼
アンデッドアンラック7巻を予約・購入する

 

アンデッドアンラック67話ネタバレ

アンデッドアンラック最新話67話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』67話

「花火」のネタバレが下記となります!

 

アンデッドアンラック67話ネタバレ:幼い日の思い出と総戦力での作戦開始

まだシェンとメイが幼かった頃、二人は師匠のファンにお願いしていました。

村で花火大会があるからファンのいる屋根の上で一緒に見ていいか・・と

ファンは子供は早く寝ろと言いながらも、結局は好きにしろとシェンのお願いを聞き入れるのでした。

 

フェーズ2となったサマーは腹にある核を全部同時に破壊しなければ倒せない

そんな唯一の弱点を黙示録から聞いた事で、アンディは仲間達にそれぞれ指示を出していきます。

 

不動の力を持つチカラには細やかな能力の発動を求め、トップにはチカラを運ぶ役割を。

シェンからは如意棒の能力を確認し、ムイも二人で使えば出力も2倍だと意気込む事に

風子には不運をチャージしてもらい、サマーにトドメを刺す役割はタチアナが担当。

 

そんな風に戦いの準備を進める一同に対して、弱点が分かった所でどうにもならないと嘲笑う黙示録。

今までのループでは一度としてサマーを倒せなかったのだからと。

しかしそんな黙示録の言葉に抗うアンディ達は、それぞれが自信を持って作戦を開始させていくのでした

 

 

ファンとの戦いは終わったものの、今回の冒頭では再びシェンとファンの過去の思い出が描かれていました。

やっぱり今回の戦いはサマー編ではあったものの、本題はシェンとファンの所なんだろうなぁと感じます

仲間達が皆自信満々になっていて、全然負ける気がしないのも良いですよね!

 

アンデッドアンラック67話ネタバレ:誰かの為に命を張ってる時が一番!!

サマー討伐の為に一気に動き出した仲間達。

その先陣を切ったのは筋斗雲に乗ったシェンとムイ

二人はサマーの正面へと移動すると、巨大化させた如意棒をサマーの口に叩き込んでいきます

 

それによって龍のようなサマーの体は伸びた如意棒によって真っ直ぐに。

そのタイミングで不停止(アンストッパブル)の能力で加速し、チカラを所定の位置へと運んでいくトップ。

 

更に続けてシェンとムイは二人で如意棒を湾曲させ、サマーの肉体をとぐろを巻いたような形へと強引に変えていきます。

そしてチカラはそんなサマーを視界に収めて不動(アンムーブ)を発動

視界の中にはアンディや風子もいたものの、ニコに作ってもらったゴーグルによってサマーのシルエットだけを見れるようにしていたのでした。

 

アンディのほっぺにキスしながらも、皆が今までよりも強くなっていると感じていた風子

それに対してアンディも、不運(アンラック)死道(デッドロード)を放ちながら言い切ります。

結局人間は誰かの為に命を張ってる時が一番強いのだと。

 

自らの血液をサマー全体にばら撒いたアンディ。

それを見た風子は、血液にも不運が付与出来るのかと驚きます。

自分が出来ると本気で思えば出来るのだと、アンディは風子が教えてくれたのだと語るのでした

 

二人がイチャつく中で最後に登場してきたのはタチアナ。

アンディと風子の協力技により、サマーの全てのウロコには不運が付与された血液がついた状態

これによってタチアナの不可触(アンタッチャブル)による攻撃は、全ての核を100%ぶち抜く事となるのでした。

 

 

もはやサマーに見せ場を与えない勢いで怒涛の攻撃を繰り出しているアンディ達。

それぞれがしっかりと自分の役目を果たす事でサマーの討伐に繋がっていくというのが流石でした。

不運を全ての核に付与して、それによって攻撃が全てクリティカルになるというのは結構な反則技と言えそうですよね。

 

アンデッドアンラック67話ネタバレ:シェンの家族への想いとファンの真実

タチアナの不可触がサマーの核を完全に破壊する中で、何故か瀕死のファンを回収していたシェン

妹と兄弟子を殺したファンを許せないとしながらも、どうしても一つ聞きたい事があったのだと語ります。

 

メイや兄弟子が死ぬ事になる前、花火大会の日を覚えているかと問いかけたシェン

それは暑い夏の日、屋根の上に集まって大きな花火を一緒に見たという記憶。

 

その日は自分もメイも家族ってこんな感じなのかなと思っていたのだとシェンは語ります。

その上で改めてファンに対してシェンは、アンタはどう思っていたのかと問いかけます。

 

ファンは瀕死ながらもその問いかけに対して、シェンは自分が強くなる為の糧でしかないと言い切ります。

それ以上でも以下でもないのだと。

 

自分は一度だってシェン達を家族などと思った事はない

そう語るファンの事を不真実の能力を発動させたムイが見つめていたのでした。

 

サマーを撃破した事で空には特大の花火を上がる中、シェンは少しだけ涙を流しながらつぶやきます

それがファンにとっての不真実(しんじつ)なんだね・・・と

 

 

サマーとの決着はめちゃめちゃあっさりでしたが、最後は物凄くグッと来てしまう展開でしたね!

自分が強くなる事しか考えていなかったはずのファンでしたが、それでもやっぱりシェンとメイの事を家族だと感じていた事もあったのでしょう。

最後まで不真実が上手い形で使われていて、不真実を使う事で真実を語らせるというのはエモすぎますね!

 

 

―――次回68話に続く!

 

アンデッドアンラック67話ネタバレの感想考察

アンデッドアンラック67話ネタバレ

 

サマーとの戦いに決着がついた今回。

しかし実際にはシェンとファンの関係の部分がメインだったとも言えそうですね。

 

サマーとの決戦とそれぞれの役割

前回チカラやタチアナも駆けつけてきてくれた事で、黙示録の言葉とは裏腹に負ける気がしない状態となっていました。

サマーはこれまでのループでは一度たりとも倒せた事がなかったとの事ですが、それは同時に核を破壊するという厄介な条件があったからでしょう。

確かに巨大な肉体を持つサマーの核を同時に破壊するのは中々難しいでしょうし、倒せなかったのも仕方ない気がします。

 

とはいえ今回のメンバーはサマーを倒す為のメンバーが揃っていたとも言えるでしょう。

正直トップは別にそんなに役にも立っていない気がしちゃうくらいに充実してましたし。

 

シェンとムイが如意棒の力でサマーをコンパクトにまとめる。

それによってチカラがサマーを視界に収める事が可能となり、不運を付与したアンディの血液を浴びせる事も出来た

その上で不運が付与されたサマーの核をタチアナが攻撃する事により、全てのダメージがクリティカルヒットとなる

 

まさにこれしかないようなやり方であり、サマーとしても特に見せ場もないままやられてしまったのも仕方ないでしょう。

龍の姿が中々格好良かっただけにちょっと可哀想なくらいでしたね。

 

ファンの本当の想い

サマーを倒したものの、今回の主題はシェンとファンの部分でしたね

今回のサマー編ではシェンの過去の描写が繰り返されていましたが、それも全部意味があったんだろうなぁと今回改めて感じました。

 

親もなくて妹と二人ぼっちだったシェンがファンや兄弟子と出会い、なんだかんだ家族のような関係になっていった

この頃がシェンにとってはもちろん、実はファンにとっても一番良い時期だったのかもしれないんですよね。

 

強さを求めるファンにとっては、もしかしたらシェンやメイとの関係を家族のように感じてしまった事が良くなかったのかもしれません。

これじゃ最強の道を進めないと感じたからこそ、凶行へと走ってしまった気がします

 

そんなファンの複雑な想いを不真実によって明らかにしたというのがまた上手いです。

不真実を使われた上で「家族なんて思っていない」と言ったという事は、実は「家族だと思っていた」という意味な訳ですし。

あの時一緒に見た花火がサマー討伐によって再現されているようなラストシーンも素晴らしかったですね!

 

アンデッドアンラック67話ネタバレ展開考察

アンデッドアンラック最新話67話ネタバレ

 

ここからは、『アンデッドアンラック』最新話67話、そして68話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

それぞれの否定能力でサマー撃破!?

元々サマーのいる台湾にやって来ていたトップに加えて、チカラとタチアナまで戦闘メンバーに加わる事となった今回。

フェーズ2になったサマーは相当強そうではありますが、正直ここまで戦力が揃ってしまうと相手が可哀想に思えますよね。

 

否定能力としては、不死や不運、不停止なんかが攻撃用の能力

不動や不真実が相手の行動を止める系で、不可触は攻撃にも防御にも使えるという印象でしょうか。

 

サマーが例えどれだけ強かったとしても、基本的にはチカラが不動で止めていればどうとでもなりそうな気がします。

問題は黙示録が言っていたように、全ての核を同時に壊さないと戦いが終わらないという部分でしょう。

 

全長数百メートルサイズのサマーという事で、同時に攻撃するのは中々難しそうな気がします。

しかしアンディの広範囲への攻撃やタチアナの不可触の力、そしてトップのスピードなんかを活かして割とあっさりトドメを刺しちゃうような展開になる気がしますね。

 

風子がアンダーに捕まる!?

シェンと因縁があったファンとは違い、サマーは強そうではあるもののあくまでも倒すべきモンスターでしかありません。

それだけに正直戦力も十分なのであっさりと倒される展開が想像出来てしまいます。

 

しかし今回黙示録が出てきた際に、アンディがムーブのような能力を持った奴がいたら盗られてしまうとつぶやいていました。

そしてそもそも今回アンダー側の勢力として送り込まれたファンは、ビリ―から風子を奪うようにと指示されていたんですよね。

 

どんな手を使っても風子を手に入れると決意していたビリーですし、ファンだけに任せているとも考えづらい気がします。

ムーブ程便利ではなくとも何らかの移動能力を持ったメンバーなんかを送り込んでいて、戦いが終わって油断するタイミングを狙っているなんて事も考えられるかもしれません。

その結果としてアンダー側に風子が攫われてしまうような展開になるのではないでしょうか。

 

アンデッドアンラック67話への読者の声

アンデッドアンラック最新話67話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』最新話67話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

アンデッドアンラック67話ネタバレまとめ

アンデッドアンラック最新話67話ネタバレ

 

遂にファンを倒してサマーとの戦いに入ってきた今回。

憎しみではなく愛の力で勝利するシェンは流石でしたね

 

フェーズ2へと変貌したサマーは中々見た目も強そうな姿になっていました。

しかし味方側の戦力が一気に揃ってきただけに、なんだかもう負ける気がしないという展開でもありました

 

とはいえ黙示録はサマーの攻撃力が凄いという事をアピールしていましたし、当然苦戦する展開も考えられるでしょう。

皆が否定能力をフルに使って勝利する姿を見たい所ですね!

 

次回の『アンデッドアンラック』第68話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。