アンデッドアンラック

アンデッドアンラック69話ネタバレ感想!ビリーのコピー条件が明らかに!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『アンデッドアンラック』最新話69話のネタバレと感想、展開考察です!

 

サマーを討伐したものの、それによって突如として世界は極寒の状態に

すぐにでもウィンターを倒さなければならない状況となるも、ウィンターは完全にアンダーが押さえている状態

追い詰められた状態で風子は自らがアンダーに行く事を提案し、アンディは風子の覚悟を尊重して笑顔で送り出すのでした。

風子はビリーの本心を確かめられるのか!?

 

それでは、気になる『アンデッドアンラック』最新話69話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

なおアンデッドアンラックの次巻7巻は2021年7月2日発売予定です!まだの方は、Amazonなどで早めにを予約してしまいましょう!

▼関連リンク▼
アンデッドアンラック7巻を予約・購入する

 

アンデッドアンラック69話ネタバレ

アンデッドアンラック最新話69話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』69話

「確かめるんだ」のネタバレが下記となります!

 

アンデッドアンラック69話ネタバレ:風子を取り戻す為に

ウィンターを倒してもらう事を約束して敵であるアンダーの元へと行く事になった風子。

そんな風子をアンディは優しく見送っていたものの、当然仲間達はそれを素直には受け入れられない状態

 

何を気持ちよく見送っているのかと怒るタチアナと、風子がアンダーに取られてしまうのだと心配するトップ。

しかしアンディは風子を信じていたからこそ行かせただけであり、たまには遠距離恋愛も悪くないと考えていました。

 

とはいえ敵の元へと単身で乗り込み片腕を失ったジュイスについては、一人で抱えずに自分たちを頼るよう叱責するアンディ

まさかの事態を招いてしまっただけに、ジュイスもビリーにも同じ事を言われたと弱々しくつぶやくのでした。

 

この状況でタチアナはこれからどうするのかとアンディに問いかけます。

しかしアンディとしては、アンダーにはウィンターさえ倒してもらえばそれで良いだけで、口約束なんて知ったこっちゃない事

 

それだけにアンディは風子を取り戻すと言い切ります。

先に裏切ったのはビリ―の方だとアンディはニヤリと笑うのでした。

 

 

やはり風子を信じていたアンディはどこまでも格好良いですよね。

それでいて遠距離恋愛も悪くないと言えちゃう辺りが大人です。

そんな紳士的な一面を見せつつも、口約束なんて知らないというちょいワルな部分を併せ持つのがアンディの凄い所ですよね。

 

アンデッドアンラック69話ネタバレ:果たされた約束と傾いた円卓

アンダーのテラーに連れられてウィンターの所へとやって来た風子。

そんな風子の目の前でUMAバーンは容赦なくウィンターを一瞬で片付けてしまうのでした。

 

ウィンターを倒した事であっという間に雪は消えていき、バーンの掌に乗っていたビリーは風子に語りかけます。

風子自身がアンダーに来る事の重大さを分かっているのかと

 

これは不運のコピーではなく完全なる独占。

ユニオンは不死とのコンビネーションによる莫大な戦力を失い、神に届きうる唯一の手段を失ったとも言える状態

それと引き換えに手にしたのは役に立たない人類の命だけ

 

そんなビリーの冷たい言葉に対しても、風子は全く動じずに返します。

約束を守ってくれてありがとうございます・・・と

 

敵地へと単身でやって来たというのに全く焦った様子を見せない風子に流石に少し驚かされていたビリーとテラ―。

やはり能力をコピーする事も出来ず、風子がジュイス以上に手強い相手だと認めるのでした。

 

そんな風子は目隠しされた状態でテラーに連れられてアンダーの拠点へ。

テラーからは不運の能力の調査もあると脅されるも、風子は最初はアンディも自分の事を脅してきたなぁと懐かしくさえ感じるのでした。

 

そして目隠しを外した風子が見たのは、ユニオンから奪われた円卓。

傾いて立てられたその円卓の椅子にはアンダーのメンバーが座っていました

 

 

完全に弱点の相手とはいえ、UMAバーンに瞬殺されてしまうウィンターはちょっと可哀想なくらいでしたね。

フェーズ2を披露する事もなく見せ場も全くありませんでしたし。

しかし敵地に単身乗り込んでも全く冷静さを失わない辺り、本当に風子はメンタルが強くなっていますね

 

アンデッドアンラック69話ネタバレ:ビリーの正義を確かめる為に!!!

アンダーの円卓の椅子には風子が知らない人物の姿も。

風子はⅪの席に座るよう指示されるも、そんな風子に親しげに話しかけてきたのはオータム戦で共闘していたバニー

純粋に風子と会えた事を喜ぶバニーの一方で、ラトラはアンディが一緒ではない事に驚いていました

 

風子に有効的な二人とは違い、挑発的に語りかけてきたのは円卓のⅢ席に座っていたクリード

彼の興味は船での戦いの際に出会ったタチアナに向けられていました。

スプリングとの戦いにタチアナも参加するのかと問いかけるクリードに対し、友達の事は言わないと言い切る風子

 

しかしクリードは、友達の風子が死ねば向こうからやって来るだろうと手に仕込まれたガトリングガンを風子に向けて撃ってくるのでした。

その攻撃はラトラが能力で防いでくれたものの、突然の攻撃にラトラも激怒。

しかしクリードは腕が義手になった事への借りを返そうと考えていました。

 

そんなクリードに接近してメスを向けていたのはリップ

縫っても治らない傷をつけようかと脅すもクリードは動じず。

オータムとの戦いで随分馴れ合ったみたいだと逆にリップを煽り返します

 

次の瞬間飛び出して激突しそうになったリップとクリード。

しかしそれをビリーがコピーしていた不動の能力で止めてしまいます

 

その元気はスプリングとの戦いにとっておくよう言い放つビリーは、風子に対してもおとなしくしているようにと牽制します。

自分たちはユニオン程お行儀のいいチームではないのだからと

 

その上で風子にアンダーへようこそと語りかけるビリー。

一方の風子はこんな状況に陥りながらも、ビリ―の正義を確かめようとしていました

 

 

相変わらず過激で好戦的なクリードですが、意外にもリップよりも席次は上なんですね。

リップはオータムの件で失敗して仲間を死なせてしまった事で下がってしまった可能性も高そうですが。

アンダーのメンバー同士でのぶつかり合いは、アンディと風子がユニオンに初めてやって来た時の再現のようでもあり、改めてアンダーがユニオンの対になる組織として描かれている気がしますね。

 

 

―――次回70話に続く!

 

アンデッドアンラック69話ネタバレの感想考察

アンデッドアンラック69話ネタバレ

 

風子がアンダーのメンバーとなってしまった今回。

しかし厳しい状況ながらも全く動じていない辺りに風子の成長を感じます

 

アンディの紳士的な部分とヤンチャな部分

前回のラストでアンダーへと向かう風子を力強く送り出していたアンディ。

仲間達がそれを心配する中で、風子を信じていたから行かせたと言えちゃう辺りが非常に素敵ですよね。

遠距離恋愛も悪くないというセリフも大人の男としての余裕を感じますし。

 

それでいて自分達を頼ってくれないジュイスの事は叱責するのも偉いですよね。

怒りの感情をぶつけるのではなくあくまでも頼って欲しいと言い聞かせるのも大人の対応で、実はアンディってリーダーに向いているような気もしたり。

 

しかしその一方でウィンターを倒してもらえれば良い訳で、口約束なんて知らないと言い放ったアンディ。

仲間達には紳士的な対応を見せる中で、敵との約束なんて守らないというヤンチャな部分も見せてくれました

この2つの顔を併せ持つのがアンディの凄い所だよなぁと感じますね。

 

ウィンター瞬殺

今回まさかの一コマで瞬殺されてしまったウィンター。

地球全体を氷の世界へと変えてしまう程の力があるというのに、弱点である炎そのものといったUMAバーンには手も足も出ないというのが無情でもありますね。

 

せめてフェーズ2くらいは見たかった気もしますが、サマーもフェーズ2になった所で瞬殺されていました。

それだけに四季のUMA達はあくまでもステージギミック的な位置づけなのかなぁとも感じますね。

 

気になるアンダーのメンバー達

アンダーの円卓に座っていた否定者達。

半数以上は既に登場していたキャラでしたが、今回が初登場となったキャラも何人かいましたね

 

席次で言えばⅠは当然ビリーでⅡがテラー、ⅢがクリードでⅣがリップ

Ⅴが笠を被った女性で、これはおそらく安野雲の過去の描写で登場した友才というキャラだと思われます。

アンディに居合を教え好意も持っていた彼女ですが、悲しいかなアンディとは敵になってしまった訳ですね

 

Ⅵは空席となっていてこれはおそらくファンだったのでしょう。

Ⅶは新キャラのヤンキーっぽい男のキャラでⅧがまだ幼そうな少女のキャラ

ⅨがラトラでⅩがバニー、そしてⅪが風子という感じですね。

 

特に気になるのはⅦに座る不良学生スタイルの男のキャラでしょう。

燃える炎のような髪型である事や、タバコに火をつけようとしてつかない描写などから、もしかするとこれまでにも名前だけは登場していた不燃の否定者なのかもしれません。

ビリーは不燃の否定者の所在を報酬によって知っていましたし、なんだかんだ組織の人員を増やすべく捕まえたと想像出来ます。

 

仲間同士でのギスギス感はありますが、ユニオンのメンバーにも負けないくらいに濃ゆいキャラが揃っている気がします。

こんなメンバーの中で風子に何が出来るのか注目ですね。

 

アンデッドアンラック69話ネタバレ展開考察

アンデッドアンラック最新話69話ネタバレ

 

ここからは、『アンデッドアンラック』最新話69話、そして70話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

ビリーのコピー能力の秘密とは!?

敵であるアンダーの元へと単身で乗り込む事になった風子。

否定能力者とはいえ風子は単身では戦闘力も高くないだけに色々と心配ではありますよね。

とはいえ風子の読みが正しければ、ビリ―も風子の不運をコピー出来ない限りは手出しも出来ないと思われます。

 

しかしそうなってくるとやはり気になるのはビリ―が能力をコピーする条件。

一度はジュイスの不正義をコピーしていたものの、雪山でのジュイスとの戦いではコピー出来ませんでした

 

ビリーの言葉から考えると、対象がビリーの事を信じていない状態でなければコピー出来ないと考えられます。

それだけにビリーは風子に信じてもらえない状況を作り出そうとする可能性は考えられそうです。

しかし風子はジュイスのビリーへの信頼にも気づいていましたし、心からビリーを疑うような事にはならないでしょうね。

 

スプリングの討伐も同時に進める!?

サマーを倒した事によって急がなければならなくなったウィンターの討伐。

しかし風子がアンダーへ行く事にした以上、アンダーとしてもウィンターの事は討伐してくれるのでしょう。

とはいえ風子が人質となる事には変わりありませんし、結局はユニオン側が救出に向かう展開は考えられそうです。

 

救出に向かう事になれば、同時に円卓も取り戻しておきたい所

そうすれば一気にユニオン側に有利な状況となりますからね。

 

そう考えると、風子がアンダーに向かっている間に同時に平行してスプリングの討伐を急ぐ展開も考えられそうな気がします。

ウィンター討伐と合わせてスプリングを倒して報酬を貰える状況にして、そこで円卓を取り戻せればベストですからね。

アンディは風子の救出の為に待機させておき、他のメンバー達でスプリングを倒しに行くという可能性もあるのではないでしょうか。

 

アンデッドアンラック69話への読者の声

アンデッドアンラック最新話69話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』最新話69話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

アンデッドアンラック69話ネタバレまとめ

アンデッドアンラック最新話69話ネタバレ

 

風子が自分の意志でアンダーに向かうというまさかの展開となった今回。

ずっとアンディと一緒だった風子が一人で敵地へ向かうというのは衝撃的でもありましたね

 

完全にアンダー側に状況をコントロールされていて、どうしようもないとはいえアンディは風子を行かせなければならない現状を悔しく感じていたのでしょう。

しかしそれでも風子の覚悟に応えるように笑顔で送り出す辺りが本当に格好良いです。

 

ずっと一緒だった二人がお互いを信じて前へと突き進む

この選択がどんな結果を生み出していくのか注目ですね!

 

次回の『アンデッドアンラック』第70話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。