ウィッチウォッチ

ウィッチウォッチ27話ネタバレ感想!守仁に敗れたケイゴが音夢の使い魔に!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『ウィッチウォッチ』最新話27話のネタバレと感想、展開考察です!

 

守仁とケイゴがいなくなってしまう中で付与の魔女の居場所へとやって来たニコと監志

二人だけで戦う事に不安を覚えながらも、付与の魔女を見つけるべく魔法を使って敵地に突入する事に。

付与の魔女からの攻撃に苦戦しながらも、ニコは自分の魔法と監志の天狗の道具を合わせる事で付与の魔女を撃退するのでした。

守仁とケイゴの戦いの行方とは!?

 

それでは、気になる『ウィッチウォッチ』最新話27話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

ウィッチウォッチ27話ネタバレ

ウィッチウォッチ最新話27話

 

『ウィッチウォッチ』27話

「犬と雨滴-⑥-」のネタバレが下記となります!

 

ウィッチウォッチ27話ネタバレ:付与の魔女の過去と真実

特に才能もなく人付き合いも苦手ながら、何者かにはなりたかった牧之瀬文子という名前の少女

彼女は厳格な家庭に生まれ学生時代は勉学に捧げ、高校を卒業すると既に許嫁が決められている状態。

そこで初めて自分の人生に疑問を持ち、家を出て一人になった時に自分の特別な力に気づいてしまいます

 

それは物を触れずに動かせるという些細な超能力であり、文献を漁る事で自分に魔女の血が流れている事を知ります

自分は選ばれた人間だと知った事は彼女の心の拠り所となり、同時に周りの人間を蔑むきっかけともなってしまう事に。

とはいえその力は使い所もなく、貧しい暮らしの中で物を盗むという犯罪にしか使えない程度のもの

 

幸福な他人を呪った彼女は、力は僅かながらも黒魔女になっていました。

そして彼女の寿命が尽きる頃に現れた謎の人物

その人物は彼女の眠っている力を呼び覚ます事で彼女を自らの同志とするのでした。

 

こんな所で無様に朽ち果てるのは嫌だと誘いに乗ったものの、その代償として小さな姿へとなってしまう事に

リスクを考えずに誘いに乗った事で小さくなってしまったのは付与の魔女自身も意外だった様子。

とはいえ付与の魔女としても、この計画が最後まで完了すれば元に戻れるはずだったと悔しさを浮かべます

 

ここまでの話を聞いた事で、付与の魔女があくまでも黒幕の協力者でしかないと気づいた監志

裏に誰がいるのかと問い詰めるも、流石に付与の魔女はそれを素直に話してはくれないのでした。

 

 

いきなり知らない人物の過去が語られてちょっと怖い感じでしたね

これは付与の魔女の過去だった訳ですが、魔女である事は彼女を全く幸せにはしてくれませんでしたし、魔女だった事がむしろ不幸になる原因だったとも言えそうです。

そしてその過去の中で黒幕的なキャラも登場していて、こいつがニコを狙っているという事ですね。

 

ウィッチウォッチ27話ネタバレ:ケイゴの力の真実と本当の気持ち

ほとんどミノムシサイズの付与の魔女から話を聞き出そうとする監志でしたが、そこで駆けつけてきたのが宮尾音夢

犬たちも魔法が解けて解散となっていたものの、音夢は守仁がどうなったのかを心配します。

途中でケイゴという友達と一緒に消えてしまったとニコが伝えると、音夢はそのケイゴこそが付与の魔女の使い魔である狼男なのだと告げるのでした。

 

ケイゴが使い魔でしかも狼男だという情報に困惑するニコと監志。

音夢はケイゴとウルフが同一人物だと気づいていて、付与の魔女にケイゴの元へと案内させる事に

 

仲間達が向かう中でケイゴと激闘を繰り広げていた守仁。

素早い野生動物のような動きや、拳の打撃や爪の斬撃など、闘う為に生まれてきたようなケイゴの動きに流石の守仁も苦戦していました。

 

狼男は途絶えた一族だと思っていた守仁でしたが、ケイゴによれば彼の母親も死んだ親父も普通の人間であり先祖返りとの事。

狼男としての力が顕現したのはまだ3年前だから優しくしてくれよと軽口を叩くケイゴ。

そこで守仁はケイゴが変身前と変身後で記憶がどうなっているのかを問いかけます。

 

表のケイゴの記憶は裏に引き継がれるものの、裏の記憶は表には引き継がれない様子。

魔女と契約したのも表のケイゴであり、その後の計画や行動は全て裏のケイゴの役目。

表に伝えたい事はスマホのメモに残していて、それで表のケイゴに対して守仁達に近づいて魔女と護衛の情報を聞き出すよう指示を出していたのでした。

 

それがあったからこそ自分に話しかけてきたのかと感じる守仁。

その上で守仁はケイゴに対して問いかけます。

自分を騙している間どんな気持ちだったのかと

 

その質問に答えないケイゴに、自分は無愛想で人から近寄りがたいと思われているのだと語る守仁。

実際にその通りだからこそ、ケイゴと友達になれた事は嬉しかったのだと正直に伝えます。

そしてその時にケイゴも目に涙を浮かべていた事に守仁は気づいていたのでした

 

 

守仁とケイゴの戦いは互角のまま進んでいて、正直思っていた以上にケイゴが強い印象です。

表と裏のケイゴがスマホで連絡を取り、守仁やニコに近づく為に話しかけるようになった訳ですが、その部分のケイゴの本心が気になる所です。

守仁との交流は絶対にケイゴも楽しかったはずで、だからこそ涙を浮かべていたと考えるとちょっと複雑な気持ちになりますね

 

ウィッチウォッチ27話ネタバレ:仲間がいる強さとタイマン対決

守仁の言葉に対して覚えていないと叫ぶケイゴ。

再び殴り合いが始まるも、1対1なら自分は負けないとケイゴは自信を見せます

守仁は誘導作戦を成功させたらもう勝ちを確信かと言い返すも、ケイゴからは強烈な蹴りを浴びてしまう事に

 

これで終わりだとケイゴは拳を構えるも、そこで突如としてバランスを崩してしまいます。

その瞬間、駆けつけてきたニコのスライムローションゲルアメーバーの魔法によって、ケイゴの足元はツルツルの状態に変わっていたのでした。

 

魔女が倒されてしまう事は想定していなかったのだろうと、バランスを崩したケイゴに鬼艮闘術の「紫電瀑」を浴びせた守仁

1対1では互角だとしながらも、自分には仲間がいるのだと守仁は勝利を確信します。

 

強烈な一撃を食らいふらつくケイゴでしたが、その一方で魔力を使い果たしたニコもふらついて倒れてしまう事に

まさかの展開に守仁が少し驚く中で立ち上がってくるケイゴ。

 

お互いにもう魔女のサポートはないようだと語るケイゴは、自分は付与の魔女のドーピングもしていなかったのだと語ります。

その上で他の誰にも邪魔させない状態で守仁との決着を望むのでした

 

 

1対1であれば絶対に負けないという相手に対して仲間と共に挑む守仁が良かったですね!

元々は守仁もそういうタイプだった気がしますが、いつの間にか仲間との絆を信じられるくらいに成長していた訳ですし。

ラストでは魔女も関係ない男同士でのバトルとなりましたが、ここでケイゴがどんな想いをぶつけてくるのか注目ですね!

 

 

―――次回28話に続く!

 

ウィッチウォッチ27話ネタバレの感想考察

ウィッチウォッチ27話ネタバレ

 

守仁とケイゴの直接対決が描かれた今回。

使い魔同士の戦いという事で熱い展開となっていましたね。

 

まず冒頭で描かれていたのは付与の魔女がまだ人間だった頃の話

元々歪んでいる部分があったのか、超能力があると分かってしまったからこそ歪んでしまったのか。

いずれにしても超能力は彼女を幸せにはしてくれず、それだけに少し付与の魔女に同情してしまう部分もありますね

 

そんな付与の魔女の過去のパートで彼女に力を与えた謎の人物も登場してきました。

この人物がニコの力を求めている黒幕と言える人物なんでしょうね。

 

守仁とケイゴの戦いは思っていた以上に良い勝負となっていて、守仁が若干押されているくらいでした。

とはいえ守仁はケイゴに対して結構入れ込んでいる部分も感じさせますし、本当の意味で本気にはなれていないのかもしれませんが。

 

守仁の言葉に対してケイゴはかなり迷っている感じで、それだけにまだ戻って来れる所に踏みとどまっている気がします。

仲間の力がなくなった今、完全に1対1の戦いの中でケイゴがどんな想いを見せてくるのか注目ですね。

再び守仁と友達に戻れる展開を期待したいです。

 

ウィッチウォッチ27話ネタバレ展開考察

ウィッチウォッチ最新話27話

 

ここからは、『ウィッチウォッチ』最新話27話、そして28話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

鬼と狼男の戦いの結末は!?

付与の魔女をどうにか撃退したもの、それで鬼の守仁と狼男のケイゴの戦いが終わるという平和的な展開にはならないでしょう。

そもそも別の空間で交戦中という事で状況もわからないでしょうし、結局は戦いに決着がつくまでは終わらないのだと思われます。

 

狼男の使い魔であるケイゴの実力はかなりのものでしたが、鬼の使い魔である守仁のタフさは相当なもの。

鬼としての力を訓練してコントロール出来るようになっている上、種族としても鬼の方が強そうでもあります。

 

それだけに真っ向勝負でも守仁が勝てそうな気はしますが、守仁はケイゴの気持ちの部分に踏み込んでいきそうな気がします。

諦めた夢を取り戻す為に魔女に協力する事が本当にケイゴが望んでいた事なのか?

その辺りに踏み込んでいく事でケイゴの肉体ではなく精神の部分を打ち砕いていくのではないでしょうか。

 

ケイゴが音夢の使い魔に!?

今回の冒頭で付与の魔女によって眠らされていた音夢が無事だった事が判明。

しかも捕まっているという訳ではないようで、どうやら無事に解放されていたようです。

当然ながら解放してくれたのは狼男のケイゴのはずで、そう考えるとやはりケイゴはそこまで悪い奴という感じでもないでしょう。

 

気になっていたのはケイゴの本名が真神圭護だった事です。

名字は狼を表す真神が使われていましたが、名前には護るという字が使われているんですよね。

単なる悪党にこんな名前はつけないでしょうし、この戦いが終わったら文字通り誰かを護るような立ち位置になるのではないでしょうか?

 

そう考えていけば、音夢が使い魔を欲しがっていた事と繋がってきます。

ケイゴが音夢を助けていたというフラグもありますし、戦いを終えて色々な事が解決したケイゴが音夢の使い魔になるという展開が考えられそうですね。

 

ウィッチウォッチ27話への読者の声

ウィッチウォッチ最新話27話

 

『ウィッチウォッチ』最新話27話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

ウィッチウォッチ27話ネタバレまとめ

ウィッチウォッチ最新話27話

 

ニコと監志による付与の魔女との戦いが描かれた今回。

守仁がいない状態でしかも監志がボロボロという事もあって少し不安ではありましたが、二人が力を合わせて上手く乗り切ってくれていました。

 

良かったのがこれまで登場したニコの微妙な魔法が活かされていた事でしょう。

存在感を消す魔法だったり、分裂する代わりにサイズも半分になってしまう魔法だったり。

そんな普通だったら役に立たなそうな魔法がちゃんと意味のある使われ方になっていましたね

 

凶悪そうな付与の魔女が実は小さかったというオチも本作らしい所です。

これで後は守仁とケイゴの直接対決が終われば事件も一段落となりそうですね。

 

次回の『ウィッチウォッチ』第28話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。