ウィッチウォッチ

ウィッチウォッチ32話ネタバレ感想!新たな災いの予言がニコと守仁に届く!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『ウィッチウォッチ』最新話32話のネタバレと感想、展開考察です!

 

守仁が女子に興味がないという話題で盛り上がっていたニコ、監志、ケイゴの3人

修行していたせいもあって守仁は煩悩を押さえていて、ニコは守仁の煩悩を解放させるべく魔法を使ってみる事に。

心の抑圧が解放されてしまった守仁はニコも女子も魅力的に見えてしまって苦しむも、魔法が切れた後もニコにドキドキしてしまうのでした。

守仁とニコの関係はどうなる!?

 

それでは、気になる『ウィッチウォッチ』最新話32話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

ウィッチウォッチ32話ネタバレ

ウィッチウォッチ最新話32話ネタバレ

 

『ウィッチウォッチ』32話

「お茶の心はお茶の子さいさい」のネタバレが下記となります!

 

ウィッチウォッチ32話ネタバレ:ニコの憧れの女子は超絶不器用少女

学校でニコの元に学級日誌を持ってきてくれたのは清宮涼華さん

彼女は容姿端麗かつ品行方正、由緒正しいご令嬢であり、勉強まで出来て非の打ち所がない完璧な女子生徒

ニコはそんな清宮さんに憧れていて、守仁もこういう古風で清楚な女子が好きなんだろうなぁと考えていました。

 

きっと歌も上手くて料理も上手で字も美しいんだろう。

そう考えながら学級日誌を開くも、清宮さんの書いた字は想像を遥かに下回る下手さでした。

 

どうやら清宮さんは自分でもその不器用さを自覚していたようで、子供の頃から色々と習い事をさせられて知識はあるもののどれも上手くは出来ていないとの事。

書を書けば魔術の紋様のようになってしまい、花を生ければ魔界の昆虫のようになり、日本舞踊を踊れば取り憑かれたマリオネットのようになってしまう。

 

お弁当も自分で作ってみたものの、エビフライを作っていたはずが鶏の唐揚げになってしまうという全く方向性の違う不器用さも発揮されてしまう始末。

そんな残念な清宮さんは、ニコに対して魔法で自分を器用にしてくださいと相談してきたのでした。

 

お金なら沢山あげるからと頼み方さえも不器用な清宮さん

しかしニコの魔法の中にも人を器用にするようなものはなく、何よりもニコの魔法は効果時間があるものばかり。

それだけに困り果てるニコでしたが、とりあえずは一時的でも良いのだと清宮さんは語ります。

 

自分を厳しく教育しているお祖母様お茶の作法をテストすると言い出し、合格しなければ芸事の時間を増やすと言ってきたのだそう。

これ以上青春の時間を習い事に奪われたくはないのだと、清宮さんは切実にお願いしてきます。

ニコは器用になる魔法はないとしながらも、守仁と清宮さんに対して「シンクローン」という魔法をかける事に。

 

その魔法はその名前通り、守仁の動きがそのままダイレクトに清宮さんに伝わるというもの

テストの当日にこの魔法を守仁にかけて、別室で守仁が清宮さんをコントロールするという作戦を立てるニコ。

守仁は文句を言いつつも本や動画で自ら学び、茶道部の協力を得てなんだかんだ結構マスターするのでした。

 

 

新キャラの清宮さんが登場となりましたが、基本的には完璧なのに不器用という弱点のあるキャラでした。

その弱点をニコの魔法でどうにかしてほしいというのは本作らしい展開ですよね。

なんだかんだ付き合って勉強までしてくれる守仁はやっぱり良い奴すぎます

 

ウィッチウォッチ32話ネタバレ:お茶のテストはぶっつけ本番で!!

守仁がお茶の勉強をして迎えた土曜日の清宮家。

テストの本番を翌日に控え、前日のうちに練習しておこうと守仁達は集まっていました。

別室を茶室の形と合わせるようにビニールテープで貼っていき、ケイゴには清宮さんと視覚を共有出来るようなガジェットを準備してもらう事に

 

あとは清宮さんと共にリハーサルをする流れだったものの、そこで慌てた様子でやって来た清宮さん。

彼女のお祖母様が予定を早めてやって来てしまい、試験を今からやると言い出したのだと告げるのでした

 

テストは練習なしのぶっつけ本番となり、厳しそうなお祖母様に睨まれていた清宮さんとVRゴーグルをかけて清宮と視界を共有してスタンバっている守仁

完全に蛇に睨まれた蛙状態となった清宮さんは、お祖母様から呼びかけられても返事は出来ず。

そんな状況でニコは守仁に返事をするよう声をかけると、守仁は口もシンクロしてるのかと声に出してしまいます

 

当然守仁の口の動きは清宮さんに伝わってしまい、お祖母様を驚かせてしまう事に。

それだけに今度は監志が、余計な事を言わずに「はいおばあさま」とだけ言っておくよう守仁に指示

守仁はやはりリハーサル無しは厳しいと感じながらも、監志の指示に従い「はいおばあさま」のみで会話を進めていくのでした。

 

ただただ従順に気のない返事を繰り返していくと、私の話はつまらないかという質問にも「はいおばあさま」と答えてしまう事に

完全に空気を読めない発言をしてしまいお祖母様がお怒りになった所でテストが始まってしまうのでした。

 

テストは茶室に入る所からスタートとなり、戸を開けるというだけでもかなり複雑な工程が

戸を開ける動作は3段階もありとりあえず引き戸に手をかけようとする守仁でしたが、ゴーグルのせいで距離感が掴めずに扉をカリカリと引っ掻いてしまう事に。

まるで扉を開けようとする猫のようになった孫の姿にお祖母様が困惑するも、そこで守仁は力を入れすぎて1段階で扉を開けてしまうのでした。

 

続いては入室の流れとなり、入室の際には膝をついたまま「にじって」入るのが基本

両手の拳を畳について体を浮かせて前に進めるのが基本ながら、守仁が自分の体重を浮かせる筋力を出しているせいで清宮さんの方は体が不自然に浮いてしまいおもちゃのような動きになってしまうのでした。

 

 

いきなりのテストでことごとく思っていたようにはいかないという展開でしたね。

視界の共有がデジタルガジェットによるものなのも辛いですし、そもそも性別が違うというのも辛い点でした。

とはいえ4人の中だと守仁よりも器用な人もいないので仕方ないですけどね。

 

ウィッチウォッチ32話ネタバレ:悪魔的な不器用さを美しい所作で解決!!!

やっとの事で入室となり、続いてはお茶菓子をいただくという工程へ

この辺りについては守仁は完全にマスターしていたものの、出されたお茶菓子は落雁。

守仁は落雁の代わりにカントリーマアムで代用する事に

 

いつもの感覚でカントリーマアムを食べる守仁でしたが、あまりにも早く飲み込んだ事で清宮さんの方は思い切りムセてしまいます。

ケイゴからは水分の少ない干菓子をカントリーマアム感覚で食べちゃ駄目だとツッコまれるも、守仁はカントリーマアムを出されたんだから仕方ないだろうと心の中でツッコミ返すのでした。

 

それでもテストは続き、今度はお茶をいただく工程へ。

正しい茶碗の扱い方は守仁も理解していたものの、守仁は口の位置が見えないから仕方なく勘で飲む事に

なんとか上手く出来た感じだったものの、お茶を呑み終えた清宮さんの顔面はお茶でベットベトになってしまっていました。

 

お祖母様からはかなり激しめにツッコまれるものの、それでも次の工程をどんどん進めていく守仁。

一通りテストを終わらせるも当然その結果は不合格

所作を学ぶ事の意義についてお祖母様から語られ、もう一度学び直しだと告げられてしまいます。

 

しかしそこで守仁は目の前にスズメバチが紛れ込んできているのを発見

お祖母様はハチが苦手だと大慌てになる中で、助けに行こうとするも思い直した守仁。

その場で柄杓を手に持つと鬼艮動術の「捕樽籠」という技を繰り出します

 

守仁の動きはそのまま清宮さんに伝わり、清宮さんは柄杓でスズメバチを捕まえてしまいます

その動きを見たお祖母様こと清宮節子は、この世で最も美しい所作を見た・・・と後に語る事になったのでした。

 

苦手なハチからお祖母様を救った事、そして完成された所作を見せた事で不合格も取り消しになったと笑顔を浮かべる清宮さん。

しかし今度はお琴の試験があるからと、清宮さんは守仁にお琴をマスターしてもらえないかと相談し、当然守仁は即座に断るのでした。

 

 

守仁が奮闘するも上手くいかないという展開だったものの、最後は力技でどうにかする結果となりました

結局は守仁が学んできた事が活かされた訳で、全部守仁のおかげで良い方向にまとまったと言えそうです。

今回ラストでは断っていましたが、不器用な清宮さんを救うという展開はレギュラー化しそうでもありますね。

 

 

―――次回33話に続く!

 

ウィッチウォッチ32話ネタバレの感想考察

ウィッチウォッチ32話ネタバレ

 

不器用なクラスメイトの清宮さんを助けるというお助け回となった今回。

魔法の力で彼女を助けるという流れだったものの、結局頑張ったのは守仁だったという話でしたね。

 

今回ニコに相談してきたのは清宮涼華さん。

見た感じでは非の打ち所がない完璧な女子という感じでしたが、実際には不器用だというまぁまぁ大きな弱点を抱えていました。

偏見かもしれませんが女子でめちゃめちゃ字が下手な人ってあまりいない印象がありますし、本人にとっては相当大きなコンプレックスなんでしょうね

 

そんな不器用少女を救うべく守仁がシンクロする魔法で奮闘する事に

守仁がちゃんと茶道について勉強していて、健気というか真面目というかとにかく良い奴過ぎますよね。

 

とはいえ守仁は割と努力家タイプであり、ぶっつけ本番では流石に上手くいきませんでした

口もシンクロしていたり、視界の共有がイマイチ出来ていなかったりと、シンクロ魔法の効果が微妙なのも辛い所でしたね。

ぶっつけ本番となった事で悉くやる事が上手くいかない展開となり、失敗した様子を楽しむような回だったとも言えそうです。

 

ラストでは迷い込んできたスズメバチを、守仁が鬼艮動術によって捕獲するという奇跡的な展開によって話がまとまる事に

まぁこれは守仁の普段の修行の成果が出たようなものでもあり、清宮さんは最終的に特に何もやってません。

今後も彼女は助けを求めてきそうなキャラですし、進んでいく内に不器用を克服していったりすると面白そうですね。

 

ウィッチウォッチ32話ネタバレ展開考察

ウィッチウォッチ最新話32話ネタバレ

 

ここからは、『ウィッチウォッチ』最新話32話、そして33話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

新たな災いの予言がやって来る!?

物語の初期から続いていた最初の災いの予言の問題がなんとか片付いた事で、しばらくは平穏な日々が続いていきそうです。

とはいえ大元となる災いの予言自体がなくなった訳ではないだけに、いずれ新たな災いの知らせがニコと守仁の元に届く事になりそうですね。

 

災いの知らせと言っても、どのような災いが降り掛かってくるのかはあまり予想出来ません。

犬と雨滴という予言で狼男や魔法を付与されたドロップが関わっているなんて想像出来ませんからね

 

なので新たな予言もちょっとした謎解き要素が入ってくる気がします。

最初の予言と同じで〇〇と〇〇という感じになってきそうですね。

次の予言でも鬼や天狗、狼男のような人外の血を引く人物が現れるのではないでしょうか。

 

付与の魔女の件から黒幕調査へ!?

ケイゴとケイゴの母親の件を含めて綺麗に終わった犬と雨滴のエピソード。

しかしこのエピソードでの悪役となっていた付与の魔女だけは悲しい最期を迎える事になってしまいました。

 

元々黒幕の誘いに乗ってニコを狙っていた訳ですが、用済みになったからと言って簡単に処分されたのはちょっと残酷でもありましたよね。

彼女はそれほど同情したくなるような過去という訳でもありませんでしたが、魔法の力を持ってしまったからこそ不幸になったような人物

それだけに何らかの形で救いが欲しかったようにも思ってしまいます。

 

ニコとしても本当は彼女も救いたかったはずですし、後悔している部分もあるかもしれません。

それだけに付与の魔女を弔ったりするようなエピソードが描かれるかもしれませんし、そこから黒幕に迫っていくような展開なんかもあり得るのではないでしょうか。

 

ウィッチウォッチ32話への読者の声

ウィッチウォッチ最新話32話ネタバレ

 

『ウィッチウォッチ』最新話32話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

ウィッチウォッチ32話ネタバレまとめ

ウィッチウォッチ最新話32話ネタバレ

 

ニコの魔法によって守仁が大変な事になってしまった今回。

男子高校生としては割と健全な状態だった気もしますけどね

 

心の抑圧から解放されて煩悩が肥大化した守仁の視点で進んでいたせいか、いつも以上にニコが可愛く描かれていました。

改めてニコの魅力を感じるような回でしたし、守仁が普通の男子高校生だったら普段から大変なんだろうなぁと感じる展開でしたね。

 

守仁が自分の煩悩によって苦しむというギャグ展開ではあったものの、最終的には守仁に多少の変化があったというのが今回のポイントでした。

今後は今までよりもニコを意識してしまうかもしれませんし、今後の二人の関係にも注目ですね!

 

次回の『ウィッチウォッチ』第33話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。