夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦70話ネタバレ感想!開花した二刃の力で炎を封じて決着!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『夜桜さんちの大作戦』最新話70話のネタバレと感想、展開考察です!

 

葉桜の開花によってこれまで以上の高火力で二刃を攻め立てるアカイ。

彼女は過去に放火によって家族を失い、皮下によって生き永らえて炎の力を持つ事になっていました。

家族を殺した復讐を果たしても止まらないアカイの殺意に対して、二刃は受け入れる事の強さを証明する為に開花の力を発動させるのでした。

二人の勝負の結末とは!?

 

それでは、気になる『夜桜さんちの大作戦』最新話70話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

夜桜さんちの大作戦70話ネタバレ

夜桜さんちの大作戦最新話70話ネタバレ

 

『夜桜さんちの大作戦』70話

「東風」のネタバレが下記となります!

 

夜桜さんちの大作戦70話ネタバレ:二刃の開花は包容する力

開花したアカイに対して二刃も開花の力を発動させます。

夜桜の開花を前にして、アカイは皮下から言われていた言葉を思い出していました。

 

ソメイニン活性の極地であり夜桜の切り札である開花。

その力こそが自分の計画の要だと語る皮下は、葉桜の開花も限りなく近づいたものの本物には及ばないと感じていました。

だからこそ今後接触する機会があったとしても、決して張り合おうとしてはいけないのだと。

 

しかしそんな忠告を無視して、どれだけのものかを確かめようと炎を放つアカイ。

強烈な熱線でしたが、二刃はそれを自らの両手の中で消し去ってしまいます

 

まるで魔法のような現象にアカイが驚く中で、これこそが自らの開花の「包容」だと語る二刃。

包容の力は、限界まで高めた動体視力と繊細な指先、それらが織りなす合気が全てを包み込む事で無力化させてしまうというもの。

 

アカイの敵意に満ちた炎も通らないと語る二刃でしたが、アカイは全く諦めずに攻撃を続けます。

しかし激しい炎の攻撃を二刃は包容の力で全てを無力化してしまうのでした。

 

 

夜桜の開花という事で流石にレベルが違うというか、なんだか次元が違うという感じの力を見せてくれた二刃

まあそもそも合気ってなんだっけとツッコミたくなるのですが、この辺りは勢い重視という感じでもありますね。

ってかこれだけ無茶苦茶な力があると、なんだかむしろアカイが可哀想になってきます。

 

夜桜さんちの大作戦70話ネタバレ:自らをも焼き尽くすアカイの炎

どれだけ攻撃しようと開花した二刃には全く通じない状況となったアカイ

そんなアカイに対して皮下は退くようにと命じます。

このままでは出力に体が負けて焼け死んでしまうのだと。

 

皮下にとってもアカイの肉体は価値があるものであり、新しい世界と自分の為にも無駄にはしてほしくないもの

しかしそれでも怒り狂ったアカイは止まりません。

 

世の中の為であろうと自分の為であろうと、死んだ家族の為だとしてもどうでもいい

今はただ気に入らない奴を全員ぶっ殺すだけであり、誰が死のうと自分が死のうとどうでもいいのだとアカイは語ります。

 

限界温度を超えた事で、諦めてチャチャに防火壁の起動するよう声をかける皮下。

その一方でアカイも自らの体の限界を悟っていました

その上でいい暇つぶしだったと最期の言葉を残します

 

そして巻き起こった凄まじい爆炎。

しかしその中心にいた二刃はアカイの最後の攻撃をしっかりと受け止めていました

 

 

家族の復讐はとっくに終わっていただけに、アカイにはもう生きている理由なんてなかったのでしょう。

何もかもが嫌になって、全てを燃やし尽くす中で自分が死んだとしてもそれで良い。

悲しいキャラですが、彼女を助けたのが別な存在だったら違った未来が待っていたのでしょうね

 

夜桜さんちの大作戦70話ネタバレ:東風と皮下の手の中の勝利の女神

アカイの自らをも焼き尽くすような最後の攻撃をしっかりと受け止めた二刃。

火遊びは程々にという言葉と共に放ったのは、しだれ組手の東風(こち)

 

その技は先程までとは違い、アカイの葉桜による細胞内の火種さえもまるごと吹き飛ばしてしまっていました

全ての悪意を昇華させたその技には流石に皮下も驚かされる事に

 

二刃は自らの腕の中で崩れ落ちるアカイに対して語りかけます。

全てを失った人に自暴自棄になるなというのは無理な話

しかし太陽のように運良く立ち直れた子も自分は知っているのだと

 

だからこそここでの自分との出会いも良い運なのだと語る二刃。

全てに置いて格の違いを見せつけられたアカイは二刃の腕の中で気を失うのでした。

 

アカイが敗北した状況で改めてチャチャにアジト内の状況を確認させる皮下。

敵の進行率も上がり、まもなくアオヌマとも接触する頃

更には島に向けた不明のヘリと船が多数接近中

 

完全に増援が近づいている状況ながら、皮下はこの基地がやられたとしても自分の種まき計画には支障はないのだと考えていました。

勝利の女神は自分の手の中にあるのだと

その言葉通り、基地の中の冷凍室には夜桜零という夜桜兄妹の母の遺体が保管されているのでした。

 

 

アカイの怒りの炎を二刃の包容が全て抑え込んだという形での勝利となりました。

流石になんでもありなレベルで、正直二刃が最強キャラではないというのが不思議なくらいですよね。

凶一郎の予想通りに兄妹の母親の遺体もありましたし、ここから更に激しい戦いになりそうです。

 

 

―――次回71話に続く!

 

夜桜さんちの大作戦70話ネタバレの感想考察

夜桜さんちの大作戦70話ネタバレ

 

二刃とアカイの戦いに決着がついた今回。

アカイも強かったはずですが、二刃がちょっと強すぎたという印象でしたね。

 

夜桜の開花にはそれぞれの特徴があるようで、二刃の場合は包容の力との事。

全てを無力化するという点では合気っぽいですが、もはや原理がどうとかいうレベルではなく完全な超人バトルになっていますよね

 

そんな圧倒的な強さの二刃と戦っていたアカイ。

しかし彼女は復讐も済ませていて、戦いの中で自分が死ぬ時を待っていたようでもありましたね。

残りの人生は彼女にとって本当に暇つぶしに過ぎなかったのでしょう。

 

とはいえそんな想いさえもまとめて包み込んでしまった二刃

まさに完全なる勝利という感じとなっていましたね。

 

正直ここまでの完勝を見せつけてしまうと、この先の戦いの緊迫感がなくなってしまいそうではあります。

とはいえ未だに皮下は余裕がありそうですし、母の遺体を手にしている状況。

ここから皮下がどう戦うつもりなのか気になりますね

 

夜桜さんちの大作戦70話ネタバレ展開考察

夜桜さんちの大作戦最新話70話ネタバレ

 

ここからは、『夜桜さんちの大作戦』最新話70話、そして71話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

開花の力でアカイを完全に制する!?

圧倒的な火力を誇るアカイに対してもまだまだ余裕という感じだった二刃。

開花の力を発動させようとしていましたが、それはあくまでもアカイの心を救うためという感じに思えますよね。

 

アカイの開花によるパワーアップを考えると、二刃の開花によるパワーアップも相当なものでしょう。

最近のインフレ具合も見ていると、遠く離れた場所からでもアカイの動きを封じたり投げ飛ばしたり出来そうですよね。

 

周りの空気さえも操れるようになれば、アカイに炎を出させない事すら可能かもしれません。

アカイの怒りの炎を消すかのように、二刃が全てを封じ込めてしまうという流れになるのではないでしょうか。

 

辛三とクロサワの戦いも激化する!?

どうやら二刃とアカイの戦いは決着がつく流れのようですし、そうなると既に始まっている辛三とクロサワの戦いの行方も気になる所。

なんとなくですがこの二人はある程度実力が拮抗している気がします

 

明らかにドラマがありそうなタイプだったアカイに対して、クロサワはそもそもどういう奴なのかもよくわかっていない状態。

とはいえ辛三との戦いの中で実はクロサワにも悲しい過去があったという流れになってくるのかもしれませんね。

 

最終的にお互いが開花を発動する流れでしょうし、まずはクロサワが葉桜の開花を見せる展開でしょうか

肉体の強さというよりは武器の強さで勝負する辛三が開花した場合どうなるのか気になりますよね。

 

夜桜さんちの大作戦70話への読者の声

夜桜さんちの大作戦最新話70話ネタバレ

 

『夜桜さんちの大作戦』最新話70話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

夜桜さんちの大作戦70話ネタバレまとめ

夜桜さんちの大作戦最新話70話ネタバレ

 

激しいバトルが更に1段階レベルが上がった感じだった今回。

超常バトル漫画という感じになってきましたが、熱い展開であるのは間違いないでしょう。

 

アカイに悲しい過去があった事で、他の虹花メンバーにもそういう過去があるのだと考えられますよね。

この先の戦いではそういう部分も描かれていくのではないでしょうか。

 

とりあえず次回は開花した二刃の力が見せ場となってくるでしょう。

憎しみに囚われたアカイとどういう決着を迎えていくのか期待したいですね

 

次回の『夜桜さんちの大作戦』第71話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。