夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦83話ネタバレ感想!太陽と夜桜兄妹の連携で皮下を撃破!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『夜桜さんちの大作戦』最新話83話のネタバレと感想、展開考察です!

 

皮下の前に完全に敗北しトドメを刺されそうになった太陽

しかし桜の指輪から伝わってきた六美の鼓動が瀕死の太陽を呼び覚まし、太陽は皮下ごと葉桜のタンクを破壊する事に。

種まき計画を阻止したものの皮下は葉桜を自ら取り込み、太陽は駆けつけてきた夜桜兄妹と共に挑む事になるのでした。

皮下との戦いの結末とは!?

 

それでは、気になる『夜桜さんちの大作戦』最新話83話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

『夜桜さんちの大作戦』最新刊をお得に読む情報もまとめましたので是非活用してください!


2021年4月に『夜桜さんちの大作戦』6巻が発売されました!

最新刊を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

初回登録時は31日間無料でアニメや映画も見放題作品がたっぷり!今すぐチェック!

U-NEXTで今すぐ読む

↑無料で読める!↑

※31日間無料お試し可能で、期間内に簡単に解約も可能♪
※2021年5月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトを確認してください。

 

 

夜桜さんちの大作戦83話ネタバレ

夜桜さんちの大作戦最新話83話ネタバレ

 

『夜桜さんちの大作戦』83話

「皮下VS夜桜兄妹」のネタバレが下記となります!

 

夜桜さんちの大作戦83話ネタバレ:異形の皮下に夜桜兄妹が挑む!!!

宿敵皮下の前に集結した夜桜兄妹達。

一気に勝負を決めようとそれぞれの必殺の攻撃を皮下へと叩き込みます

しかし兄妹揃っての攻撃でさえもびくともしない皮下。

 

そんな状況に兄妹がそれぞれの反応を見せる中、葉桜を全て吸収した皮下の肉体は巨大に膨れ上がっていました。

取り込んだ葉桜を凝集して爆散させるのが皮下の狙いであり、濃縮が完了する前に破壊出来ればこちらの勝利。

 

そんな中で完全に消耗しきっていた太陽。

凶一郎はそんな太陽に休むようにと指示します。

開花の共鳴による錯乱を少しでも和らげようと、太陽を乱暴に振り回しながら

 

太陽抜きで皮下に挑む為、陣形「彼岸」で勝負に出る兄妹達

巨大化した皮下の葉桜を取り込んだ嚢胞を目標にして攻撃を開始します。

 

二刃が辛三を加速させて撃ち出し、そこから辛三が放ったのは鬱金による「剛嵐」という打撃技

それに続いて辛三の鬱金の中から出てきたのは嫌五で、大量の分身人形のケンゴちゃんを変形させて「嫌五竜星群」を放ちます。

 

それらの強力な連携攻撃にも全く動じない皮下でしたが、嫌五の攻撃によって空けた穴から七悪が毒の技「白死」を皮下へと取り込ませます

そうやって動きを止め、最後は凶一郎が放ち二刃が研ぎ澄ました一撃を繰り出すのが狙い。

凶一郎と二刃は「極東風」という超大技を皮下へと叩き込むのでした。

 

 

まさにラスボスといった感じの見た目になった皮下

そんなラスボスに兄妹が次々と攻撃を叩き込むという展開はなんだかんだ熱いですよね。

 

夜桜さんちの大作戦83話ネタバレ:皮下を止める為の軸は太陽

圧倒的な攻撃力の連携を皮下へと叩き込む夜桜兄妹。

しかしそんな怒涛の攻撃にも怯まずに皮下は反撃してきます

 

あれだけの連続攻撃を受けながらも、全く問題ないといった様子の皮下。

四怨も強力な毒や打撃を受けても皮下の葉桜が消費されず、それどころか何事もなく濃縮が加速しているのを確認していました。

 

もはや不死身のような状態となった皮下。

しかしそこで下がっていた太陽は皮下の肉体に一筋の糸のようなものを目にします

 

そのまま凶一郎へと合図を送る太陽と、太陽の意図を察知してすぐさま行動に移す凶一郎。

次の一手で決めるのだと陣形「桜の根」を展開する凶一郎は、軸となるのが太陽だと兄妹達に伝えます

 

その理由がわからないながらも、太陽を信じてやるだけだと動き出す一行。

太陽を特攻させるやり方に皮下が呆れる中、凶一郎の「操童子」で加速した太陽が皮下へと特攻していきます。

更に攻撃の瞬間、嫌五の作り出した太陽の人形たちも大量に出現

 

「超大量太陽祭」によって人形たちは大爆破。

それに合わせて今度は二刃が辛三の砕いた岩を流星のように撃ち出していきます。

 

怒涛の攻撃ながらも、皮下からすればそれは先程までと全く変わらないもの。

しかし凶一郎からすればその攻撃はあくまでもただの弾幕

撃ち出された岩の一つには、辛三の鬱金を纏った太陽が混じっていたのでした。

 

 

怒涛の攻撃も中々通じない中、何かに気づいた様子の太陽。

やっぱり因縁の相手である皮下との戦いの決着は主人公である太陽につけてもらいたい所ですよね。

 

夜桜さんちの大作戦83話ネタバレ:太陽と凶一郎だけの第4の任務

辛三の鬱金を纏い、嫌五が岩に擬態させ、四怨の計算の元、七悪の毒で体を強め、凶一郎の糸で支えて二刃が撃ち出す。

兄妹達の力によって太陽は皮下に気づかれないまま足元へと潜り込んでいたのでした。

 

「桜の根」という陣形は地中の爆弾や地下室への侵入陣形。

太陽がそれを提案したのは、皮下の足元にある存在を確認していたから

 

太陽が辿り着いた皮下の足元の空間。

そこにあったのは夜桜の先代当主である夜桜零の遺体でした。

 

今回の作戦において凶一郎と太陽だけが共有していたもの。

他の兄妹には悟られずに母の遺体を回収し、母が生まれた夜桜の地で安らかに眠らせるのが二人だけの第4の任務

 

先程の戦いの中で皮下の体の周りに糸が張っているのを確認していた太陽。

その糸は夜桜零から皮下へと繋がっていたのでした。

 

 

ここへ来て第4の任務へと繋がってきました。

これによって皮下をどうにかする事がそのままイコールで先代当主の遺体の回収になってくるのが上手いですね。

 

夜桜さんちの大作戦83話ネタバレ:硬化の力だけが可能にする最硬の一撃!!!

開花した目でかろうじて見えるような光る糸。

それに触れた太陽に強烈な頭痛が襲いかかります

そして聞こえてきたのは皮下からの声。

 

この糸は「紅い糸」と呼ばれるもので、夜桜の血で紡ぐソメイニンの結晶体。

葉桜を守り拡散する力を得る為に皮下は自分の体と九代目の遺体を繋げていたのでした。

 

その糸をちぎればソメイニンの共有も止まり、皮下も葉桜を維持出来ずに崩壊する。

しかしソメイニンの極限まで硬い結晶構造は人の手で破壊するのは不可能なレベル

万が一破壊出来たとしても、その瞬間に大爆発を引き起こし太陽も九代目の体もひとたまりもない

 

皮下からの言葉を聞きつつも、太陽はそれでも糸を強く握りしめます。

無理だと分かっていても、自分はいくらでも限界を超えられると考えていた太陽。

何故なら自分には六美がそばにいてくれるから

 

何度だって限界なんか超えて見せると、力強く糸を引きちぎった太陽。

それと同時に凄まじい大爆発が引き起こされるも、凶一郎の元には任務完了の合図が送られてきていました

 

太陽の開花である「硬化」は守る力であり誅伐には不適なもの

しかしだからこそ奪還においては太陽だけが放てる最硬の一撃がある。

凶一郎の考え通り、硬化で守り抜いた太陽は零の遺体をその手に取り戻していたのでした。

 

 

正直主人公の能力としては地味かと思われた「硬化」

しかしそれをこういう形で使ってくるというのは素晴らしいですね。

あくまでも敵を倒す為に使うのではなく、守る為に戦う事で勝利を掴むという流れがお見事でした

 

 

―――次回84話に続く!

 

夜桜さんちの大作戦83話ネタバレの感想考察

夜桜さんちの大作戦83話ネタバレ

 

夜桜兄妹と皮下の戦いが描かれた今回。

しかし最後はきっちり太陽が決めてくれましたね

 

皮下に怒涛の攻撃を叩き込んだ夜桜兄妹達。

開花を使っていなくてもやっぱり圧倒的な攻撃力で、ここまで来てもまだまだ皆余裕がありそうなのが怖い所

とはいえどんな攻撃も無効化してしまう皮下に対して、結局は何かに気づいた太陽を軸に立ち向かっていく事に。

 

太陽が気づいたというのが皮下の足元に先代当主の遺体があったという事

ここへ来て太陽と凶一郎だけの第4の任務が関係してくるというのが面白い所でした

皮下が遺体を利用している以上、全ての目的が繋がってきますからね。

 

先代当主の遺体と皮下のリンクは本来どうやっても破壊出来るはずのないもの。

そもそも破壊してしまえば大爆発に巻き込まれてひとたまりもないはず。

 

この問題を解決したのが太陽の「硬化」だというのも上手いですよね。

この開花の力でなければどうにも出来なかった訳ですし、全部が繋がってこの結末に辿り着いたという感じでしたからね。

戦いはこれで決着となりそうですが、果たして皮下との戦いはどんな結末を迎えるのか注目ですね

 

夜桜さんちの大作戦83話ネタバレ展開考察

夜桜さんちの大作戦最新話83話ネタバレ

 

ここからは、『夜桜さんちの大作戦』最新話83話、そして84話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

兄妹の連携で皮下を撃破!?

巨大化してラスボスっぽい雰囲気にまでなっている皮下。

太陽一人の火力では間違いなく倒しきれない相手でしょうが、兄妹それぞれの力を合わせれば倒せるはず。

とはいえ最後はやはり太陽に決めて欲しい気もしますし、兄妹は太陽をサポートする流れかもしれませんね

 

そもそも皮下は再生の開花能力を持っていて、単純な火力の強さでどうこうなる相手ではない気がします。

それだけに夜桜兄妹がそれぞれの特性を活かして再生の力を無効化していく流れかと思われます。

 

夜桜百は敵か味方か!?

皮下との戦いもクライマックスが近づいてきましたが、それでもまだ登場してくる気配のない夜桜百。

未だに敵なのか味方になってくれるのかさえわからない状態なんですよね。

 

なんだかんだ夜桜兄妹の父親という事もあり、皮下に協力している何かしらの理由があって最終的には兄妹の手助けをする感じかと思っていました。

しかしこのタイミングでも出てこないとなると、もしかするとやはり敵のままという可能性すらありそうな気がします。

 

彼の行動原理となっているのはきっと亡くなってしまった妻のはず

初代当主である夜桜つぼみの力があれば妻を蘇らせられると考えて協力していたという可能性も有り得そうですね。

 

夜桜さんちの大作戦83話への読者の声

夜桜さんちの大作戦最新話83話ネタバレ

 

『夜桜さんちの大作戦』最新話83話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

 

夜桜さんちの大作戦83話ネタバレまとめ

夜桜さんちの大作戦最新話83話ネタバレ

 

皮下との戦いがクライマックスを迎えていた今回。

六美の力で太陽が再び起き上がるという流れは熱いですよね!

 

あくまでも過去の因縁の為ではなく六美と共に生きる未来の為に戦う

そう考えて立ち向かっていた太陽には好感を持てますね。

 

ラストでは夜桜さんちの兄妹が集結する事となりました。

皮下との戦いがどんな形で終わりを迎えていくのか注目ですね!

 

次回の『夜桜さんちの大作戦』第84話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。