夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦97話ネタバレ感想!凶一郎の女神の巣を破る方法とは!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『夜桜さんちの大作戦』最新話97話のネタバレと感想、展開考察です!

 

凶一郎の試験に挑む太陽。

鋼蜘蛛による圧倒的な凶一郎の守りを突破するために、太陽は夜桜姉弟から学んだ方法で挑む事に

太陽は僅かな隙間をついて凶一郎に攻撃を浴びせたものの、凶一郎の最強の守りである女神の巣によって防がれて万事休すとなるのでした。

太陽は凶一郎を認めさせられるのか!?

 

それでは、気になる『夜桜さんちの大作戦』最新話97話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

夜桜さんちの大作戦97話ネタバレ

夜桜さんちの大作戦最新話97話ネタバレ

 

『夜桜さんちの大作戦』97話

「試験終了」のネタバレが下記となります!

 

夜桜さんちの大作戦97話ネタバレ:太陽の新たな力「万花繚乱」

太陽が全ての力を使い果たしてもなお届かなかった凶一郎の高い壁

下に落とされても諦めずになんとか戻る手段を模索する太陽に手を差し伸べたのは夜桜つぼみでした

 

驚く太陽に対して、追い詰められた太陽自身が自分を呼び寄せたのだと語るつぼみ。

太陽が取り込んだ自らの血を呼び覚まそうとするも、呼び覚ます「万花繚乱」という力に負けてしまえば壊れてしまうと忠告するのでした。

 

つぼみが消えていくのと同時に太陽の中に湧き上がってくる強大な力。

体中どころか指先からその先まで力がみなぎり、手にした武器である八重の感覚さえもわかる程

 

まるで八重を自らの体の一部のように感じた太陽は、その銃口を地面に向けて放っていきます。

これまでとは桁違いの出力で放たれたエネルギーは太陽を凶一郎の元まで押し上げてしまうのでした。

 

通常の八重には人体をこれほど上昇させる程の出力はないと驚く凶一郎。

太陽のこの力が古い血族に見られたという開花を超える「万花繚乱」という力だと気づくのでした。

 

 

やはり太陽に力を貸してくれたのは夜桜つぼみでしたね。

開花を超えるという新たな力が出てきましたが、これは太陽だけの力っぽいのでちょっとズルい気もしちゃいます

この力があるとなんだかんだ夜桜家の皆をあっさり超えちゃいそうですしね。

 

夜桜さんちの大作戦97話ネタバレ:解放した強さの証明

強化された八重の力で凶一郎の元へと戻ってきた太陽。

しかしあまりにも強大な力は太陽にもコントロール出来ない程のもの

 

体中に桜が咲き乱れてしまうも、そこでつぼみからも声が届きます。

今ここで向き合わないと自分の血に飲まれてしまうと

 

体の熱さに太陽が動けなくなるも、そこで凶一郎の糸が太陽に伸びてきます。

「空繭」と呼ばれるその技は、細胞や神経の暴走を一時的に停止させるというもの

 

やはり夜桜つぼみの血が覚醒したかと感じていた凶一郎。

そのまま力を内包していれば体は崩壊してしまうと、凶一郎は力を解放しろと太陽へ呼びかけます

お前の強さを証明しろという凶一郎の言葉に、太陽は解放した力で「天照・乱(みだれざき)」を繰り出すのでした。

 

凄まじい太陽の一撃はビル全体を大きく揺るがすようなの威力。

戦いをモニターしていた二刃でさえこの一撃は完全には捉えきれないほど

凄い力だと感心しながらもそれ以上に恐ろしいとも感じていました。

 

 

なんだかんだ太陽の暴走を止めてまで力を確認しようとする凶一郎は流石ですね。

しかし太陽の力というよりは完全につぼみの血の力な訳で、これは太陽の強さという扱いで良いのかちょっと疑問ですね。

太陽自身はちゃんと努力しているものの、与えられた力で戦っている感がちょっと気になります

 

夜桜さんちの大作戦97話ネタバレ:銀級試験合格で計画一歩前進!!!

強大な太陽の攻撃を受けきっていた凶一郎。

太陽が突破出来ずに落ちたかと思いきや、ほんの少しだけ太陽の刃は凶一郎の「女神の巣」を破っていました。

 

ギリギリで凶一郎の足場に食い下がっていたものの、全ての力を使い果たして落ちそうになる太陽

しかし凶一郎はそんな太陽に手を差し出し、面接の終わりと太陽の合格を告げるのでした。

 

「万花繚乱」は一旦収束したものの、まだまだ制御は出来ておらず威力も「女神の巣」を少し傷つける程度。

しかしそれでもその力は間違いなく太陽の力だと語る凶一郎

この力を磨き上げてものにすれば、太陽のやり方で六美を守らせてやらない訳でもないのだと。

 

フラフラになりながらも凶一郎の言葉に笑顔で返す太陽。

姉弟達も太陽の合格を喜ぶ中で、試験に参加していた記者スパイの宇佐は何故か太陽の写真を撮っていました。

その上で予定通り押さえたと誰かに報告し撤収していくのでした。

 

ここまで来るのには多くの助けがあっただろうと語る凶一郎は、この合格が太陽だけのものではない事を想いに留めるよう伝えます。

その上でカードにサインし太陽の銀級合格を改めて告げ、太陽の密かな計画も一つ前に進むのでした

 

 

太陽の力は強大過ぎる開花を遥かに超えているイメージですが、それでも凶一郎の守りは全然突破出来ないようです。

そうなってくると凶一郎の強さがちょっと飛び抜けすぎている気がしますし、強さのバランスがなんだかとんでもない事になっている気がしますね。

記者スパイの宇佐が怪しげな行動をとっていましたが、やはり敵だったりするんでしょうか?

 

 

―――次回98話に続く!

 

夜桜さんちの大作戦97話ネタバレの感想考察

夜桜さんちの大作戦97話ネタバレ

 

太陽の銀級試験編が終了となった今回。

新たな力を獲得した上で物語も先へと進んでいきそうですね。

 

前回の時点では絶体絶命の窮地に追い込まれていた太陽。

そんな太陽を救ったのはやはり太陽の血の中に潜んでいる?夜桜つぼみでした。

彼女としても太陽に不合格になるのは望んでいない訳で、それだけに太陽に力を貸す形となりましたね。

 

つぼみが呼び覚ました新たな力というのが「万花繚乱」という開花を超える能力

凶一郎の口ぶりからして、今の夜桜姉弟も使えないような能力なのでしょう。

 

強すぎるこの力で暴走しそうになるも、なんだかんだ凶一郎が止めてくれました。

その上で力を使う事になった太陽ですが、与えられた力を凶一郎の手助けで使ってそれで認められるというのは微妙な気もします。

最後も凶一郎の優しさでの合格でもありましたし

 

太陽自身は誰よりも努力しまくっている訳ですが、結局は努力した部分よりも与えられた力がメインになっているのがちょっと残念な気がします。

せめて自分の力でコントロール出来ていれば印象は違ったのですが、今回の展開だと太陽が頑張って合格した感じにも思えませんし。

 

とはいえ一応合格となり皮下との接触も可能になり話は進んでいくのでしょう。

その一方で記者スパイの宇佐が怪しげな行動を取っていましたし、敵である可能性が高いような気もします

そろそろ太陽や夜桜姉弟にとっての新たな敵の存在なんかも明かされてきそうですね。

 

夜桜さんちの大作戦97話ネタバレ展開考察

夜桜さんちの大作戦最新話97話ネタバレ

 

ここからは、『夜桜さんちの大作戦』最新話97話、そして98話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

太陽に零れ落ちた花びらの意味とは!?

姉弟の力を借りて凶一郎に挑んだものの、それでも届かなかった太陽。

流石に最早打つ手なしといった感じでしたが、今回のラストでは太陽の顔の辺りから突如花びらが零れ落ちていました。

 

この花びらは桜ですし、これは夜桜つぼみを思い出しますよね

太陽の窮地に気づいて夜桜つぼみが語りかけてきているのかもしれません。

 

つぼみとしてはここで太陽が凶一郎という壁を超えられないのちょっと困る所

それだけに何か太陽に助言したり、何らかの力を授けたりするような展開が考えられそうですね。

 

凶一郎の女神の巣を突破出来る方法とは!?

今の太陽に出来る最大限の攻撃でさえも完璧に防ぎきった凶一郎の「女神の巣」

まさに最強の防御技といった感じですし、これを力で突破するのは相当難しいのだと思われます。

 

とはいえ太陽の開花は「硬化」であり、使いようによってはこの「女神の巣」にも負けない力を発揮出来そうな気はしますね。

というか太陽の開花よりも硬い守りがあるのでは、太陽の「硬化」が代わりの効くイマイチな能力に思えてしまいますし

 

とはいえ単純にパワーで突破するというのも太陽らしくはない気もしますね。

それだけに今回二刃が言っていたように、鋼蜘蛛自体を受け入れる事で女神の巣を突破するようなやり方も考えられます。

何も通さない女神の巣に隙間を空けて、その隙間から攻撃を叩き込む事で攻略するという可能性もあるかもしれません。

 

夜桜さんちの大作戦97話への読者の声

夜桜さんちの大作戦最新話97話ネタバレ

 

『夜桜さんちの大作戦』最新話97話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

夜桜さんちの大作戦97話ネタバレまとめ

夜桜さんちの大作戦最新話97話ネタバレ

 

太陽と凶一郎が本気でぶつかる事になった今回。

これまでの全てをぶつけるような戦いであり、太陽にとっても集大成のような戦いでしたね。

 

夜桜の姉弟から凶一郎に有効な攻撃を確認し、それを全て実行に移していけるだけでも凄かったです。

しかしそこまで全てをぶつけても届かない凶一郎も流石でしたし、ここまで来てもちょっと気持ち悪いのも相変わらずでした。

 

あまりにも強すぎる凶一郎の守りの前に屈した太陽。

この大ピンチをどうやって乗り越えていくのか注目ですね!

 

次回の『夜桜さんちの大作戦』第98話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。