呪術廻戦

呪術廻戦147話ネタバレ感想!ナナミンの術式を持つ高羽は敵になる!?

呪術廻戦ネタバレ147

週刊少年ジャンプの人気漫画『呪術廻戦』最新話147話のネタバレと感想、展開考察です!

 

術式を消滅させる天使の居場所を確認する中で、改めて天元から死滅回游のルールについて説明される仲間達

現状を把握した真希は禪院家へと呪具を回収しに向かい、虎杖は伏黒と共に3年の秤金次の元へと向かう事に

一方日常が続くとある街の劇場では、死滅回游の参加者である芸人の高羽史彦が先輩から厳しい叱咤を受けて悩んでいたのでした。

羂索に選ばれた高羽の役割とは!?

 

それでは、気になる『呪術廻戦』最新話147話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

呪術廻戦147話ネタバレ

『呪術廻戦』147話

「パンダだって」のネタバレが下記となります!

 

呪術廻戦147話ネタバレ:夜蛾がパンダを造り出した事の罪

かつてパンダという特別製の呪骸を生み出した夜蛾。

彼はそれによって上層部から拘束される事になり、京都校の学長である楽巌寺から尋問を受けていました。

 

人工的な呪骸は自立して行動出来るものの、動力となる呪力は術師から与えられたもの。

それに対してパンダは自分で呪力を生み出して自己補完出来てしまっている

そんなパンダのような危険なものを夜蛾がもしも意図的に造り出していたのだとすれば、夜蛾は個人で軍隊を所持出来てしまうようなもの

 

それだけに夜蛾を特級に認定し無期限の拘束を正式に下そうとしていた上層部

そんな裁定をチラつかせながらも、改めてパンダの造り方を知らないのかと問いかける楽巌寺。

夜蛾はそれに対して知らないのだと答えるのでした。

 

 

時系列がよくわかりませんが、ここでのやり取りはパンダが造られて割とすぐの頃でしょうか。

パンダを生み出せるという事は命を生み出しているようなものであり、それは確かに物凄い事ですよね。

やりようによっては国家転覆も狙えそうですし、特級に認定されてもおかしくないのでしょう。

 

呪術廻戦147話ネタバレ:夜蛾を慕う呪骸達

とある森の中で少し落ち込んだ様子で座っていた夜蛾。

そんな夜蛾の隣にいた1体の呪骸は親しげに「まさみち」と名前で呼びかけます

 

夜蛾の元気がない事を皆が心配していているのだと語るタケルという呪骸。

元気がないのなら元気づければいいと皆に言っていたタケルは、親指を立てて天才だろと夜蛾に語りかけます

 

夜蛾はそんなタケルの頭を撫でると、自分が暫く帰れないのだと語りだします。

これから長い出張になるのだと。

 

この森は天元様が守ってくれていて、タケルのお母さんもまた会いにきてくれると語る夜蛾。

自分がいなくても大丈夫だと言い聞かせるように

 

そんな言葉を残してその場を去ろうとする夜蛾に呪骸達は言い残すのでした。

まさみちがいないとさみしいのだと。

 

 

ここで突然謎の空間での夜蛾と呪骸達のやり取りが描かれましたが、台詞から考えると渋谷事変後の事でしょうか

パンダ以外にも喋れる呪骸がいた事に驚きですが、タケルは非常に人間らしいんですよね。

夜蛾の言葉は呪骸達へのお別れの言葉にしか思えませんし、なんだかちょっと切ない気持ちになってしまいます。

 

呪術廻戦147話ネタバレ:日下部と妹の心を救う為に

渋谷事変の戦いの後で上層部に捕まっていたパンダ。

そんなパンダを救ったのは日下部でした

 

自分が助けたとは言うなと口止めする日下部。

パンダが捕まっていたのは夜蛾を誘い出す為だと理解していた日下部は、あの人には恩があるのだと語るのでした。

 

 

それよりも少し前、夜蛾の元へやって来た日下部の隣には車椅子に座った彼の妹の姿が

その状況で夜蛾は日下部に対し、コイツはお前の甥ではなく甥の情報を持った何かなのだと語りかけます。

 

それに対して日下部は、いつまでも死人に拘っていては未来を生きていけないという話だと返します。

しかし妹はもう過去が支えてくれなくては生きていけないのだと。

 

完全に病んだ様子の日下部の妹に対して、夜蛾の後ろにいた呪骸のタケルは何かに気づいて声をあげます。

あの人は自分のお母さんじゃないかと夜蛾に問いかけそれが正解だと分かると、親指を立てながら天才だろと語るタケル。

呪骸のタケルに自分の息子の姿を重ねた妹は、車椅子から立ち上がるとタケルを強く抱きしめるのでした。

 

擬似的な親子の再会の中で、何故か日下部に対して悪いと謝る夜蛾。

完全自立型の呪骸の存在は公に出来ない為、妹とタケルは一緒に暮らす事は出来ない

日下部はそれを理解した上で、涙を堪えながら夜蛾に感謝の気持ちを伝えるのでした。

 

 

何故かこのタイミングで日下部がパンダを助けてくれましたが、その理由は自分の妹の心を夜蛾が救ってくれていたからだったんですね。

日下部の妹の息子が亡くなってしまい、病んでしまった妹の為に夜蛾がその息子を呪骸として擬似的に復活させた・・という感じでしょうか。

夜蛾がパンダのような存在を造り出せていて、それによって日下部と妹を救ったというのが一気に分かる密度の濃い場面になっていました。

 

呪術廻戦147話ネタバレ:夜蛾を止める為に現れた楽巌寺学長

暗闇に包まれた東京の街の中を一人歩いていた夜蛾。

そんな夜蛾の前に立ち塞がったのは口元を隠した忍のような術師

呪骸も連れずに一人歩いていた夜蛾にどこへ行くのかと問いかけます。

 

それに対して上着を脱いで息子に会いにいくのだと返す夜蛾。

上層部からの刺客である術師は、死罪となった夜蛾が助かる唯一の方法があるのだと語りだします。

その方法とは、完全自立型人工呪骸の製造方法をここで明かす事

 

強気でそう語る術師は、こちらには歴戦の術師がついているのだと続けます。

それに合わせて姿を見せたのは京都校の学長である楽巌寺でした

 

愛用のギターを構えて完全に戦闘態勢に入っていた楽巌寺。

夜蛾は抵抗するものの楽巌寺の前に敗北し、楽巌寺は後は自分に任せろと忍のような術師を下がらせる事に。

 

上半身に大きな傷を負い、既に瀕死状態となっていた夜蛾

しかし夜蛾はそこで突如として呪骸の製造方法を楽巌寺に語りだすのでした。

 

 

何故か勝手に罪を着せられて死罪となっていた夜蛾。

しかし呪骸の製造方法を教えれば助けるという事は、上層部は最初からそれが知りたかっただけなんでしょうね。

五条や夏油と繋がりがあるという事なんかはおまけでしかなく、こんな状況でも自分達の利益しか求めていない感じの上層部は本当に腐りきっています

 

呪術廻戦147話ネタバレ:夜蛾が残した最期の呪いとパンダの涙

肉体の情報から魂の情報を複製してその情報を呪骸の核に入力する。

しかしそれだけでは駄目で、相性の良い3つの魂を宿した核を一つの呪骸に入れお互いの魂を常に観測させる

そうする事でようやく魂が安定して自我が芽生え、生後三ヶ月を過ぎた辺りで呪力の自己補完を始める。

 

そんな重要な情報を自分が瀕死になったこのタイミングで語りだした事に驚く夜蛾。

もっと早く言っていれば死ぬことはなかっただけに、何故生き延びなかったのかと問いかけます。

夜蛾はそんな問いかけに対して、自分からアナタへの呪いだとつぶやくのでした

 

その言葉に驚き立ち尽くす楽巌寺。

そしてそのタイミングでパンダが二人の元へと駆けつけます

 

倒れた夜蛾に対してまさみちと呼びかけると、楽巌寺に近づいていくパンダ。

楽巌寺も戦いの構えを取るも、パンダはそれをスルーして倒れた夜蛾の元へ

 

戦うつもりのない様子のパンダに、自分が憎くないのかと呼びかける楽巌寺。

しかしパンダはそんなものには囚われないから人間と一緒にするなと返します。

そもそも楽巌寺は夜蛾と仲も悪くなく、どうせ上に命令されてやっただけであり、自分にとっては落ちてるナイフのようなものだと。

 

しかしそこまで冷静に語った上でパンダは苦しげに続けます。

パンダだって泣くんだ・・と

溢れ出る涙を抑えきれずに、人目もはばからずに泣き叫ぶパンダの声は暗闇に響き渡るのでした。

 

 

夜蛾が楽巌寺に製造方法を呪いとして残して散っていくというのがまた辛いですね。

常にフラットな感じのパンダの号泣も非常に悲しいものがありました

しかし今回の情報をまとめると、やっぱりパンダの中にある魂は夜蛾の実の息子だったという感じなのでしょうね。

 

 

―――次回148話に続く!

 

呪術廻戦147話ネタバレの感想考察

呪術廻戦147話ネタバレ

 

夜蛾とパンダ、そして日下部や楽巌寺との関係なんかが綺麗にまとまっていた今回

たった1話だというのにそれぞれの関係性なんかがハッキリと分かり、それでいて切なさを感じさせる回になっていました。

 

夜蛾は実は特級扱いの凄い人??

渋谷事変で特に何もしていなかったというのに、何故か大きな罪に問われて死罪となってしまっていた夜蛾

今回はそんな夜蛾の過去のシーンが描かれていました。

 

パンダという特別製の呪骸を生み出していた事で夜蛾は拘束されてしまっていたようです。

確かにパンダのような呪骸を生み出せるという事は0から1を生み出しているようなもの

無から有を生み出すというのはよく考えたら凄すぎる訳で(実際には無からではないのでしょうが)そういう意味では特級に認定されそうになったのも納得ですね。

 

しかしそれだけ凄い力ですし、使い方によっては物凄く便利になるはず。

ですが上層部はあくまでも夜蛾が大きな力を持ちすぎる事を警戒していたようでした。

それだけにやはり呪術界の上層部は自分達にコントロール出来ない力を持った奴にだけ特級という扱いをしていたのかもしれませんね。

 

日下部の夜蛾への恩

渋谷事変では物凄くドライでやる気がないイメージの日下部でしたが、今回のエピソードで一気に人間味が増した気がします

捕まっていたパンダを助けるような印象はありませんでしたからね。

 

日下部の妹が子供のタケルを失いそれによって病んでしまった

そんな中で夜蛾が呪骸のタケルを生み出し、あくまでも擬似的な息子ではあったもののそれで妹は救われる事になったようです。

 

日下部にとって妹の存在は大きかったようで、夜蛾に涙を堪えながら感謝している姿は印象的でした

なんだか一気に日下部という術師の事も好きになってしまいましたね。

 

夜蛾が楽巌寺へ残した呪い

死罪となった夜蛾を仕留める為にやってきていた楽巌寺学長。

京都姉妹校交流会ではハンガーラックおじさんと戦っていましたが、実際の所それほど強いようにも見えませんでした

 

しかしやっぱりこういうおじいちゃんキャラはやはり強いもので、呪骸を連れていない夜蛾では相手にならなかったようですね。

まあ楽巌寺のギターはぶっ壊れてますし、どんな使い方をしたのか気になる所ですが。

 

そんな楽巌寺に対して、死ぬ寸前に呪骸の製造方法を明かした夜蛾。

先に言っていれば殺されはしなかったはずで、夜蛾はそれを自分から楽巌寺への呪いだと口にしていました

 

死に際の言葉が相手にとっての呪いとなる・・・というのは七海が虎杖にもやった事ですよね。

あの場合とはシチュエーションは全く違いますが、死を覚悟した上での言葉はやはり重いです。

夜蛾が楽巌寺を信頼していたからこそでもあったはずで、この情報を楽巌寺が今後どうしていくのかも注目ですね。

 

夜蛾とパンダの関係とは!?

夜蛾の最期の瞬間に立ち会う事も出来なかったパンダ。

楽巌寺への憎しみはなかったものの、それでもやはり悲しみの涙を流す事に

 

結局最期まで夜蛾とパンダの関係については詳しくは語られませんでした。

しかし今回の情報をまとめると、やはりパンダは夜蛾の実の子供の魂が使われていたという事のようですね

 

パンダの中には3つの核がありますし、もしかしたら3人共夜蛾の子供だったという可能性もありそうな気がします。

ファンブックでは夜蛾がバツイチである事も明かされていましたし、子供の死が原因となって別れたという可能性もありそうです。

この部分が語られる事になるのかは不明ですが、今後のパンダの戦いの中で少しでも明かされていって欲しいですね。

 

呪術廻戦147話ネタバレ展開考察

ここからは、『呪術廻戦』最新話147話、そして148話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

高羽史彦の術式はナナミンの術式!?

今回のラストでいきなり登場してきた謎のお笑い芸人の高羽史彦。

彼も死滅回游の泳者だった訳ですが、やはり気になるのは最後の発言ですよね。

 

「七三」というワードが出てくると、どうしたって読者は七海建人の事を思い出してしまいます。

このワードが出てきただけでも、高羽が七海の持っていた十劃呪法を持っているんじゃないかと想像してしまいますよね

 

もしも彼が七海の術式を持っていたりして、その上で敵に回ってしまったのだとすると、色々と辛い展開が考えられそうです。

七海に大きく影響を受けた虎杖が戦う事になったら辛そうですし、七海を慕っていた猪野が戦うような事になっても辛いでしょう。

それだけにせめて仲間になるような展開を望みたい所ですが、そんなに優しい展開にはならなさそうですよね。

▼関連考察▼
呪術廻戦七海建人の考察!死亡したナナミンが最期に虎杖へと託した想いとは!?

 

真希を邪魔する為に直哉再び!?

呪具がなければ戦えないという事もあり、禪院家へ呪具を回収しに向かう事になった真希。

禪院家であれば色々と使えそうな呪具も沢山ありそうですし、真希の強化に繋がるイベントになりそうです。

 

とはいえ真希が禪院家に戻るとなれば色々と問題もあるでしょう。

伏黒が禪院家の当主になったとはいえ、直哉はそれを認めるつもりなんてあるはずがないですからね

 

それだけに禪院家へと戻った真希の事を妨害してくる可能性は高そうです。

脹相には敗れたものの直哉は相当の実力者ですし、真希がそこで苦戦したりという展開はあるのかもしれません。

 

虎杖と伏黒が秤とバトルに!?

高専の3年である秤を仲間に加える為に行動する事になった虎杖と伏黒。

秤は去年の百鬼夜行の際に問題を起こし、そこからずっと停学させられているような問題児

それだけに簡単に協力してくれるとも限りませんよね。

 

伏黒はともかく虎杖は秤の事を全く知らない状態ですし、当然秤の方も虎杖の事を知らない状態

割とやんちゃなタイプっぽいイメージの秤ですし、まずは虎杖の実力を確かめようとしたりしてくるのかもしれません。

ノッてる時は乙骨よりも強いという実力の片鱗をそこで見せてくれたりするのではないでしょうか。

▼関連考察▼
呪術廻戦秤金次とは?秤の強さや術式は!?停学の理由!いつ登場?

 

呪術廻戦147話への読者の声

『呪術廻戦』最新話147話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

呪術廻戦147話ネタバレまとめ

前回に引き続き説明多めとなった今回。

中々難しい話が多かったですが、仲間達それぞれの役割がハッキリしましたね

死滅回游についてはまだまだわからない事も多いですが、それは実際に参加してから分かっていく流れでしょう。

 

名前だけは以前から明かされていた秤金次の登場も近そうで、実力も相当なもののようで期待が高まります

ラストで登場してきた謎の芸人の高羽が敵になるのかそれとも味方になっていくのかも気になる所。

彼がどういう形で虎杖達と関わってくるのか注目ですね!

 

次回の『呪術廻戦』第148話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。