アンデッドアンラック

アンデッドアンラック72話ネタバレ感想!テラーとの接触でアンディに通信成功!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『アンデッドアンラック』最新話72話のネタバレと感想、展開考察です!

 

アンディと離れて一人になり、改めて君に伝われを再読していた風子

リップやラトラとは良い関係を築けていたもののアジトの場所までは教えてもらえず、スプリングへの突入日までに不運を進化させるよう指示されるのでした。

自らの力について考えていく中で改めてアンディへの想いを再確認した風子は、アンディの期待に応えるべくクロちゃんと共に動き出すのでした。

風子はアンディに情報を伝えられるのか!?

 

それでは、気になる『アンデッドアンラック』最新話72話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

アンデッドアンラック72話ネタバレ

アンデッドアンラック最新話72話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』72話

「真心」のネタバレが下記となります!

 

アンデッドアンラック72話ネタバレ:通信を待つアンディと動き出す風子

風子がアンダーへと行ってしまってから3日。

その間ずっと眠りもせずにいたアンディをトップとタチアナは心配していました。

 

通信機となっているユニオンのエンブレムと大量の資料を前にして、スプリングの動きだけを確認するアンディ。

不死だと寝なくてもいいのかと部屋を出たトップは疑問に感じるも、タチアナはアンディの気持ちに気がついていました。

きっとアンディはいつでも風子からの通信に出れるように待っているのだと。

 

その一方で風子はテラーから脳波を計測されながら能力の調査を受けていました。

とはいえ風子は質問をされただけであり、触れもしないのはテラーとしてもお人好しの風子であれば自分にも不運が効きかねないと警戒しての事

しかしテラーによれば自分が死んだとしても逃走も通信も不可能なのだそう。

 

現在地は深海であり、カインの肉壁によって電波は外へ届く事はなく、外に出ようにも各メンバーが交代で通路を監視している状態

それだけにテラーは風子に大人しくしているよう言い放つも、調査が終わった風子はテラーの部屋に聞き耳を立てる事に。

 

風子の調査が終わったとビリ―に報告し、しばらく休むようにと指示されていたテラー

それを確認した風子はすぐさま動き出します。

今日カインの外に出てアンディにスプリングの突入日を報せるのだと

 

 

流石に風子の居場所も分からないだけに、大人しく待ち続けるだけだったアンディ。

しかし眠ることもせずに風子からの通信を待っていたりと、どこまでもアンディの愛の深さを感じますよね

その一方で風子もチャンスだとみて動き出そうとしていて、どんどん自信をつけてきている印象です。

 

アンデッドアンラック72話ネタバレ:作戦開始と情報のない否定者

3日かかったものの、3つの壁を超えられるのは今日だけだと判断していた風子。

最大の壁であるテラーはビリ―の許可を得た事でしか眠らず、それを確認出来た事であとの2つはどうにか出来ると考えていました。

 

カインは1日に一回お昼頃に呼吸の為に浮上し、風子はそれに合わせて動く予定。

お腹の中には外に繋がってそうな穴があった事も確認済みで、そこから外に出たらクロちゃんがエンブレムとなって通信するという流れ

問題は道中で行く手を阻むであろう否定者達

 

しかしそれについては風子は楽観的で、好感度さえあれば不運で押し通せるだろうと考えていました。

とはいえ不運が通じそうなのはリップとラトラ、バニーの3人くらいであり、高確率で失敗するだろうとクロちゃんもツッコむ事に

 

そんなクロちゃんのツッコミに対しても大丈夫だと自信を見せる風子。

残りの人も知らないだけであり、知ればきっと不運も起こせるハズだと考えていました。

段々と風子もアンディに似てきたとクロちゃんがぼやく中で、カインの浮上を確認した風子は作戦を開始させる事に。

 

走り出した風子を確認したリップはラトラに捕まえるようにと声をかけます

ラトラは驚きながら仕方なく風子を止めに動くも、攻撃を躱されて風子にタッチされた事で地面が崩れるという不運が襲ってくる事に。

風子はラトラが好きなだけに強めの不運となり、それによって後ろから追ってきていたリップの足止めにも成功。

 

屋上までの道での問題はそれ以外の情報がない否定者達。

そう考えていた風子の前に現れたのは円卓で少し顔を見ただけの少女

風子はピンチだと自覚しながらも、今この場で彼女の事を知らなければならないと覚悟を決めるのでした。

 

 

顔見知りのメンバーもいるとはいえ、基本的には全員が敵だというのに大丈夫だと言い切れる風子のメンタルは凄まじいですね。

リスクを全く考えていないやり方はまさにアンディのようであり、やっぱりずっと一緒にいた事で似た部分も生まれていたのかもしれません。

ラトラよりは風子の方が動けるようですし、引きこもりの頃からは比べるまでもないくらいに成長しているのもちょっと嬉しいですね。

 

アンデッドアンラック72話ネタバレ:揺るがない愛する人がいること

現れた少女は風子が日本語を理解している事を確認すると、こんな言葉を知っているかと構えを取ります。

愛は真心で恋は下心だと、両手でハートマークを作って否定能力を繰り出す事に。

 

彼女の持つ否定の力は不貞(UNCHASTE)

これで風子は自分の虜だと少女は語ります。

回避方法はあったものの、自分に都合の良い不死と出会って恋に恋しているだけの風子では無理だろうと。

 

否定能力を得てしまった事で大好きなアイドルの道を諦めたという彼女

そんなものがなくとも自分はファンを作れると力強く語るも、なぜか風子は止まらずに動く事が出来ていました

 

大好きなものに焦がれる気持ちは自分にもよくわかり、だからこそ理解出来ると感じた風子。

素早く触れた事で少女には蛍光灯が落ちてくるという不運が

追いかけてきたリップからはなぜ不貞を使わないのかとツッコまれるも、使った上で効かなかったのだと叫びます

 

くるるという愛称で呼ばれていた彼女の本名は来栖貞子

他対象任意発動型の否定者であり特定のポーズや仕草をする事で能力が発動され、視たものを虜にするも自分に襲いかかってくるという否定能力でした。

とはいえその能力はリップにも効かなかったようで、くるるは自分に魅力がないのかとショックを受けて泣き叫ぶのでした。

 

そんなくるるを突破して屋上へと向かった風子は、カインの体の中にある穴の真下へ。

クロちゃんの力でそこへ向かおうとするも、カインの潮吹きに巻き込まれて外へとふっ飛ばされてしまう事に

 

くるるの能力を回避する手段は2つあり、一つは恋をまだ知らない事

そしてもう一つはいかなるものでも揺るがない愛する人がいる事

外へ出た風子は空中でアンディの名を叫び、通信を待っていたアンディも笑顔でそれに応えるのでした。

 

 

新キャラのくるるはアイドルでありながら不貞という面倒な能力を得てしまったキャラクター

この能力のせいで酷い目に遭ったのかもしれませんし、相変わらず神は最も適していない人に能力を授けているような気がしますね。

しかしそんな彼女の否定能力を通じて、改めて風子のアンディへの想いの強さを確認されるのが上手いです。

 

 

―――次回73話に続く!

 

アンデッドアンラック72話ネタバレの感想考察

アンデッドアンラック72話ネタバレ

 

風子のアンダーからの脱出ミッションが描かれた今回。

一人では戦う事も出来ない印象だった風子が、こんなにも強くなっていたんだなぁと思わせるような回でしたね。

 

ポジティブでプラス思考の風子

前回の時点ではアンディと出会ってから初めて離れてしまった事でかなり精神的に弱っていた風子。

しかしクロちゃんがいてくれた事もあり、今回はむしろ物凄くタフな感じになっていました。

3日間で脱出のチャンスを調べていて、やるとなったら全く躊躇もしない辺りもメンタルがめちゃめちゃ強いです。

 

テラーの問題やカインの浮上のタイミングは良いとしても、否定者達の突破方法に関しては思い切り力押しでした。

しかも不運の能力が効くかどうかはほとんど賭けのようだったのにも関わらず、相手を知ればなんとかなると考えていたりと物凄くポジティブ思考になっていました。

アンディとずっと一緒だったクロちゃんからもリスクを無視するアンディに似てきたと言われていましたが、確かに似ていると言うかむしろそれ以上なんじゃないかと思ったり。

 

リップとラトラの関係

風子にタッチされた事であっさりと地面の崩壊に巻き込まれそうになっていたラトラ。

殺傷能力が高すぎない中ではまあまあ好感度が高いと感じさせるくらいの不運でしたね。

基本的には割とクールなラトラがピンチの際にすぐリップに助けを求めていたのも印象的です。

 

しかしそもそもリップであれば風子を止められないとも思えないんですよね。

多少風子が動けるようになっていたとはいえ、リップは機動力も高いタイプですし。

一連の流れでのリップの言動はちょっとだけわざとらしくも見えますし、リップは風子にチャンスを与えてあげたのかなぁと思われますね

 

くるるの不貞の力はリップにも効かなかったようで、当然2つ目の条件にリップも当てはまっているという事なのでしょう。

しかしそうなるとリップの揺るがない愛する人がラトラなのか、それとも亡くなっているライラなのかという問題が出てきます。

普通に考えるとライラへの想いがあるから効かないのだと思いますが、いつの間にかその想いがラトラへの想いに変わっていた・・・なんて展開も考えられるのかもしれませんね。

 

くるるの持つ不貞の力

今回名前と否定能力が判明したくるること来栖貞子

元アイドルだったものの否定能力を得てしまった事で夢を諦める事になったようです。

 

回避手段を満たしていなければ相手を虜に出来るようですが、自分に襲いかかってきてしまうという事で使い所は難しそうですよね。

少なくとも一人でまともに戦えるタイプではなさそうな気がします。

味方と一緒だったら使い道はありそうですが、そうだとしてもだったら不動とかの拘束型の方が間違いなく便利でしょうからね。

 

登場するなり風子に能力が効かず、しかもリップにも能力が通じない事が判明してしまった彼女。

果たして彼女がここから役に立てるチャンスがやって来るのかという部分にも注目ですね

 

アンデッドアンラック72話ネタバレ展開考察

アンデッドアンラック最新話72話ネタバレ

 

ここからは、『アンデッドアンラック』最新話72話、そして73話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

クロちゃんの力で連絡手段を確保!?

クロちゃんという頼れる相棒と共に動き出した風子。

いつでもアンディと一緒だった風子にとっては、アンディの服となっていたクロちゃんともずっと一緒だったと言える訳ですよね。

それだけにクロちゃんは風子の第2の相棒と言える存在なのでしょう。

 

まずは通信をどうにかしてユニオンにスプリングの突入日を伝える事が目的となります。

しかし現在風子達は海の中にいる状態であり、当然普通の方法でどうにか出来るとも思えません

やはり可能性があるとすれば、通信そのものをどうにか出来そうなテラーに接触する事でしょうか。

 

クロちゃんは服のUMAという事で、服や腕時計に姿を変える事も出来ます。

の力を使ってテラーに近づき、風子が囮となってその隙に連絡を取る・・・みたいな展開が予想出来ますね。

風子がアンディと連絡出来たらそれだけでもきっと泣いちゃうんだろうなぁと思ったり。

 

ラトラが風子の協力者に!?

何度かの戦いを経て、結構良い感じの関係になっていた風子とラトラ。

風子にとっては頼れるお姉さんのような存在であり、妹がいたラトラとしても風子が妹のように思える部分もあるのかもしれません。

アンダーという組織においてはリップやバニーも風子寄りの人物ではあるものの、やはりラトラはどこか近い印象があります。

 

それだけに何かしら風子が行動していく際には、ラトラが風子の協力者となっていくような可能性は高い気がします。

ラトラはまだ何の否定者なのかは明かされていませんが、とりあえず攻撃を回避させる力を持っているのは判明していますからね。

彼女と一緒にいれば風子としても少し安心出来るのではないでしょうか?

 

アンデッドアンラック72話への読者の声

アンデッドアンラック最新話72話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』最新話72話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

アンデッドアンラック72話ネタバレまとめ

アンデッドアンラック最新話72話ネタバレ

 

珍しく風子の視点だけで描かれていた今回。

アンディと離れた事で改めてその大事さに気づくという部分がグッと来ますよね!

 

ずっと一緒だっただけに、たった1日離れただけなのにアンディへの想いで泣いてしまう風子。

もうこの辺りは完全に恋愛漫画としか思えないくらいでしたが、その想いこそが戦う為の力と繋がっている訳なんですよね。

 

クロちゃんという長い付き合いとなった相棒を風子に預けていたアンディはやっぱり紳士です。

頼れる相棒と共に風子がどう行動していくのか注目ですね!

 

次回の『アンデッドアンラック』第73話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。