アンデッドアンラック

アンデッドアンラック79話ネタバレ感想!ニコとテラーのナンバー2対決開始!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『アンデッドアンラック』最新話79話のネタバレと感想、展開考察です!

 

チカラを信じて止まらずに走り出したトップ。

クリードの不減の攻撃を突破する為にユニフォームを纏い、加速しながら地球を一周していきます

お互いの事を信じあって最高速で走り続けたトップは、クリードの武装を破壊してチカラと共に勝利するのでした。

アンディは風子を取り戻せるのか!?

 

それでは、気になる『アンデッドアンラック』最新話79話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

アンデッドアンラック79話ネタバレ

アンデッドアンラック最新話79話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』79話

「なのに俺は」のネタバレが下記となります!

 

アンデッドアンラック79話ネタバレ:風子との出会いと上へ向かう為の戦い

なんてことのない退屈な一日を過ごしていたアンディの前に現れた一人の少女

飛び降り自殺しようとしている彼女にアンディが近づいたのは、あくまでもからかってやろうと思っての事。

そんな動機でアンディは出雲風子と出会うのでした。

 

風子との出会いを思い出しながらタワーの頂上を目指すアンディ。

しかしそんなアンディ達の行く手を塞いだのは不治の否定者であるリップでした。

クリードがやられた事に驚きながらも、リップはアンディを風子に会わせる訳にはいかないと言い切ります。

 

力づくでどかそうとするアンディに対し、今ここでアンディ達を仕留めればユニオン自体が半壊だと考えていたリップ。

そうなればループ装置(アーク)も奪いやすいだろうと。

古代遺物の走刃脚(ブレードランナー)で攻撃してくるも、その攻撃はシェンが止める事に。

 

アンディの役割は風子を助ける事であり、こんな所で熱くなりすぎて不治の攻撃を食らっている場合ではない。

リップの相手は自分が適任だと決めたのだから早く行ってあげて下さいとシェンはアンディに言い聞かせます。

 

その言葉で冷静になって先へ進もうとするアンディでしたが、どうしても先へは進ませないとラトラとのコンビネーションで攻撃してくるリップ

走刃脚による攻撃を無数にラトラへ向けて放ち、それをラトラが否定能力で回避する事で無差別に攻撃が飛んでくるという二人のコンビ技が月時雨(クレセントレイン)

 

その攻撃はただの攻撃ではなくラトラが間に介入している事もあり、シェンであっても攻撃の軌道が読みきれずさばき切れない程のもの

アンディも飛んできたその攻撃は回避出来ずにまともに食らってしまうのでした。

 

 

物語の始まりとなる1話目の冒頭のシーンがアンディ視点で描かれていましたね。

あくまでも興味本位でしかなかったはずが、今となっては深く結びついている二人ですから運命としか言いようがない気がします。

しかしながらやっぱりリップの不治と古代遺物の組み合わせは反則級に強すぎますね

 

アンデッドアンラック79話ネタバレ:風子が自分を殺せないとしても!!!

アンディが不治による一撃を食らってしまい、ジュイスは即座に不正義で反撃しようとするもそれはリップ自身に止められます

自分に不正義を使えばラトラを狙う事となり、そうなれば跳ね返った斬撃がまたアンディを襲うのだと。

 

リップの不治によってアンディも再生出来ず、それだけにこれで詰みだと言い切るリップ

スプリングを倒して報酬を頂いたらまた交渉の機会もあるだろうと、それまでは大人しくするよう言い聞かせます。

そんな窮地でアンディの脳裏に浮かんでいたのはこれまでの風子との記憶でした。

 

最初は好奇心で風子に近づいたものの、風子の不運が呼び寄せた隕石を見たことでアンディは考えを変えていました

この力であれば本当に死ねるかもしれないと

 

だからこそ風子を口説き、そして守っていた。

しかしそれでもすぐに風子であっても自分を殺せない事はアンディ自身が気がついていました。

 

風子では自分を殺せない

そんな事実が明らかになってもなお、なのに俺は風子に会いたいのだとアンディは思ってしまっていました。

 

 

自分にとって大切なものを攻撃してしまう(可能性がある)不正義でさえも、ラトラが攻撃を回避出来る以上は無力化出来るというのはちょっと強すぎますね。

しかしここへ来てアンディの風子への想いが描かれるとは思っていなかっただけにちょっとグッと来てしまいました。

アンディにとって風子が自分を殺せるかどうかなんて関係なくなっていたんですよね・・・。

 

アンデッドアンラック79話ネタバレ:全てをかけられる人への告白

体も真っ二つにされてしまい手も切断された状況ながらも、口で刀を加えて必死になんとかしようとするアンディ。

とはいえ攻撃の為に切断面を切るという行為はアンディにとって治すに当たる行為

以前は不治のルールを認識していなかった事でそれが可能だったものの、深くルールを知ってしまった今のアンディではそれも不可能だと語るリップ。

 

しかしアンディはそんな忠告も効かず、口にユニオンのエンブレムを咥えて言い切ります。

俺は上へ行くのだと

 

そのまま不壊の刀に首を押しつけて自身の首を切断するアンディに、リップは本当に効かないのかと驚かされます。

そんなリップに向けて飛んできたのは切断されたアンディの頭部

風子の元に行くという想いで不治のルールを乗り越えたアンディは、リップと同じで自分にも全てをかけられる人がいるのだと言い切るのでした

 

この場を仲間達に任せてタチアナに協力を求めたアンディ。

タチアナは気に入らないとしながらも風子にはアンディがお似合いなのだと叫び、アンディを思い切り上へと吹っ飛ばす事に。

 

アンディが飛ばされたタワーの上層部分ではニコとテラーが戦闘中

仲間達がアンディを止められなかった事に驚きながらもここは通さないと行く手を阻もうとするテラー。

しかしそんなテラーをニコが止め、人の恋路をじゃまするなとアンディを先へと進ませるのでした。

 

仲間達の力によって風子のいるタワー上層部へとやって来たアンディ。

惚れさせればそれでよかったのだとつぶやきながらもアンディはタワーの中にいた風子に向けて好きだぜと告白するのでした。

 

 

やっぱり本作ってバトル要素のあるラブストーリーなんだなぁと改めて思わせる回でしたね。

アンディの風子への強い想いを感じますし、仲間達もそれを思い切り応援してくれていたのも熱いです。

まさかアンディが風子を好きだという決定的な言葉を口にするとは思わなかっただけに本当に驚きでした

 

 

―――次回80話に続く!

 

アンデッドアンラック79話ネタバレの感想考察

アンデッドアンラック79話ネタバレ

 

アンディの内面の部分が中心に描かれた今回。

風子を好きだという想いが溢れてしまいそうにさえ感じました

 

風子との出会いと今のアンディの気持ち

今回はアンディと風子の出会いの場面の回想や、その時々のアンディが何を考えていたのかという部分が描かれていました。

最初はあくまでも興味本位でしかなかったものの、風子の不運の力に触れていくうちにどんどん興味が出てきたようです。

そして決定的な出来事となったのが1話目クライマックスでの隕石だったようで、あれがアンディに死ねる可能性を感じさせていたんですね。

 

だからこそ風子を口説いたり守ったりして距離を縮めていったものの、そんな風子の力でさえ死ぬことは出来ないのだと気づいてしまったアンディ

ジュイスから世界がループしているという真実を聞かされた時点でアンディは分かっていたんですよね。

 

しかし風子が自分を殺せないと分かっていても風子とは離れる事はありませんでした

自分を殺せるかどうかというアンディにとって今まで一番大切だった想いよりも、ただただ風子に会いたいと思っていたからこそなんですよね。

普段はクールで紳士的なアンディなだけに、内心ではこんな風に思っていた事に胸が熱くなりますね。

 

改めて強すぎる不治とラトラの能力

今回改めてリップの強さが描かれた気がします。

元々古代遺物の性能が強力で、その攻撃にも不治の効果が乗ってくるという時点で強すぎるものでした。

しかし今回はラトラとのコンビネーションによってより凶悪な力を発揮していましたね。

 

リップがラトラに古代遺物で攻撃し、それをラトラが否定能力によって回避してしまう。

そうするとラトラを避けて攻撃が飛んでくる為、軌道が読めなくなって攻撃を避けづらくなるという仕組みですね。

ラトラのあくまでも防御向けな能力を攻撃に活かしてくる辺りが非常に上手いです。

 

更にジュイスが不正義を使おうとしても、リップがラトラを狙えばその攻撃はまたしても回避されるので不正義も効果的にならないというのが辛い所

否定能力は組み合わせ次第でありどれも一長一短な部分はあると思っていましたが、やはりリップとラトラはちょっと強すぎるくらいでしたね。

 

ちなみにリップは不正義を食らったらラトラを攻撃するだろうと自覚していて、それはすなわちリップにとってラトラを守る事こそが正義だという事。

ある意味ではラトラを大切に想っているという事を意味している訳ですが、ラトラの方はどう想っているんでしょうね?

 

最高過ぎる告白

不治の能力は治療に通じる行為さえも否定してしまうというもの。

以前のアンディは攻撃の為に首を切るというルールの抜け道をつく形となりましたが、今となってはそのルールを把握している状態。

それだけに不治の能力で受けたダメージを治す事は難しい状態のはずでした。

 

しかし今回アンディは、切る事=風子の元へと向かう事だという認識によって不治を突破する事となりました。

アンディの風子への想いが純粋で真っ直ぐなものだったからこそだったのでしょうね。

リップと同じく全てをかけられる人がいるのだとアンディは言っていて、なんだかんだアンディとリップは対になっている部分がありますよね。

 

ひたすら風子を助ける想いでいっぱいのアンディを仲間達が助ける展開も良かったです。

風子にはアンディがお似合いだというタチアナの台詞も良かったですが、それ以上に良かったのがニコの一言

人の恋路を邪魔すんじゃねぇなんてニコが言わなそうな台詞なだけにちょっとテンションが上がってしまいました

 

ラストのアンディの告白はきっと風子には届いていないのだと思われます。

しかし風子にとってはボロボロになったアンディがここまでやって来てくれた事自体が告白のようでもあるでしょうけどね。

血まみれ欠損の男が空中で告白するというダイナミックな構図は非常に素敵でしたし、次回以降の展開もめちゃめちゃ楽しみです!

 

アンデッドアンラック79話ネタバレ展開考察

アンデッドアンラック最新話79話ネタバレ

 

ここからは、『アンデッドアンラック』最新話79話、そして80話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

ニコとテラーの戦いの行方は!?

ユニオンメンバーとアンダーのメンバーの総力戦となっている今回の戦い。

その中でもやはり気になるのはユニオンの頭脳とも言えるニコと、アンダーのボスであるビリーの腹心とも言えるテラーの戦いでしょう。

 

ニコはこれまでも有能な場面は数々描かれていたものの、直接的な戦闘の描写はほとんど描かれていません。

ユニオンではかなり古株という事もあり、実はかなり高い実力があるのだと思われます。

 

更に気になるのはニコの否定能力がどういうものなのかという部分。

膨大な記憶能力なんかを持っている事もあり、記憶に関する否定能力だったりしそうな気がしますね。

それぞれの組織のナンバー2同士という事もあり、かなり激しい戦いとなっていきそうです。

 

リップ達との戦いはどうなる!?

既に今回始まっていたのがシェン、ムイ、タチアナの3人とリップ、ラトラ、バニーの組み合わせでの戦い

直接攻撃タイプやサポートタイプが入り混じっての戦いという事でかなり面白くなりそうではあります。

 

しかし問題は敵であるリップ達とは既にアンディが共闘していた事です。

彼らは彼らなりの目的を持って動いていて、ユニオンのメンバーでいる事も全てはその目的の為でしかありません。

しかもその目的はどうやら叶いそうにもない訳で、正直ユニオンと本格的に命を懸けて戦う意味も薄い気がします。

 

リップ達がどういう奴なのかという事はアンディがよく知っていますので、その辺りを踏まえてアンディはこのマッチアップを選んだようにも思えます。

ムイやラトラ、バニー辺りはそれほど好戦的という訳でもありませんし、この組み合わせであれば誰も死なずに戦いが終わるのではないかと予想していたのかもしれません。

 

とはいえ唯一タチアナだけはリップに友達の風子を傷つけられたという怒りの感情を持っている状態

その辺りがこの戦いにどういう影響を与えてくるのかという部分が注目ですね。

 

アンデッドアンラック79話への読者の声

アンデッドアンラック最新話79話ネタバレ

 

『アンデッドアンラック』最新話79話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

アンデッドアンラック79話ネタバレまとめ

アンデッドアンラック最新話79話ネタバレ

 

トップの覚悟の走りが描かれた今回。

自分を止めてくれるというチカラを信じて本気で走る姿が最高に熱かったです。

 

まさか地球を一周してしまうとは思いませんでしたが、その分だけトップの速さが際立っていた気がします。

二人がお互いを信じた事による勝利というのが最高としか言いようがありませんでしたね。

 

否定能力を重ね合わせて戦った事で更に否定能力の広がりを感じます。

この二人のように他のメンバーも新たな可能性を見せて欲しいですね!

 

次回の『アンデッドアンラック』第80話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。