夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦66話ネタバレ感想!夜桜前線開始で白骨島にド派手に突撃!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『夜桜さんちの大作戦』最新話66話のネタバレと感想、展開考察です!

 

決戦を間近に控え、何故かトランプで不毛な戦いを繰り広げていた太陽と六美

残り1個となった限定スイーツをお互いが譲り合うべく、お互いが負ける為に頑張るという茶番を繰り広げる事に

一方白骨島という自らの拠点で百とトランプを楽しんでいた皮下は、仲間達と共に3日後に控えた種まき計画の準備を進めるのでした。

迫る決戦の行方とは!?

 

それでは、気になる『夜桜さんちの大作戦』最新話66話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

 

夜桜さんちの大作戦66話ネタバレ

夜桜さんちの大作戦最新話66話ネタバレ

 

『夜桜さんちの大作戦』66話

「お花見」のネタバレが下記となります!

 

夜桜さんちの大作戦66話ネタバレ:桜の木の下でお花見を!!!

皮下のアジトへの突入直前、何故か夜桜家一行はお花見をしていました。

太陽にあーんしてあげる六美や、万と相撲する二刃。

カラオケで歌おうとする七悪と四怨に自撮りと見せかけて六美とのツーショットを狙う凶一郎

 

屋敷の森の中で大きくしかも光っている木こそが夜桜家の御神木である「天桜(てんのう)」

初代当主の時代からあるというものであり、微量ながらもソメイニンが内部を循環している不思議な桜なのだそう。

その香りは夜桜家の血と調和して心身を回復させるという事で、大きな行事の前にここに集うのが伝統となっていました。

 

明日はいよいよ突入日という事で、皆がそれぞれ自分の場所で最後の準備を進めている状態。

そして夜桜家にとってその準備というのがお花見の「夜桜夜宴」でした

 

太陽も英気を養おうと六美からご飯を勧められますが、そこで一緒に仲良く歌い出したのが七悪と四怨。

魔法少女っぽい曲をノリノリで歌う七悪と物凄く照れながらも最後まで歌いきる四怨

 

それに続いて四怨から無理やり歌わされた辛三は、自作のヘビーでハードな曲を殺香と共に披露。

辛三の激しいデスボイスとハードな演奏に太陽は耳をやられてしまうのでした。

 

 

そろそろ突入するのかと思いきや、今回もその前の準備回でした。

夜桜家が文字通り夜桜でお花見するというのは素敵ですね。

 

夜桜さんちの大作戦66話ネタバレ:夜桜前線の目的と凶一郎の語る第四の任務

ひとしきり楽しく宴会が進み、落ち着いた所で六美が明日の計画の確認を始めます。

今回の夜桜前線の目的その一はタンポポの幹部である皮下の逮捕

それは日本警察からの依頼でもあり、夜桜家を狙う組織を一掃するのが目的でもありました。

 

その二となるのが実験体の解放でありアジトに拘束されている人材の救出

それはヒナギクの依頼として連携していく事に。

 

その三となるのが兄妹の父である夜桜百の真相解明

彼の動きだけは予測がつかず計画に組み込む事も出来ない状態で、それだけに不測の事態に備えて計画に臨む事に。

 

そんな計画を明日に控えて緊張していた太陽でしたが、突如として凶一郎の糸が太陽をさらっていきます。

戸惑う太陽がそこで見たのは誰かの墓

 

それを凶一郎は9代目当主である自らの母のものなのだと語ります。

遺体はなく消失したはずだったものの、凶一郎は一連の葉桜研究の飛躍的進歩から一つの可能性に辿り着いていました。

 

それがタンポポが母の遺体を所有している・・・という事。

夜桜家の当主の血肉や心臓があったからこそここまで一気に躍進したのではないかと。

 

凶一郎はこの情報を太陽だけに共有させ、それこそが第四の任務だと伝えます

他の姉弟達に悟られないように母の遺体を回収し、母が生まれたこの夜桜の地で安らかに眠らせるのだと。

 

 

はっちゃけた感じから一転して物語の核心に迫る展開になってきましたね

母の遺体が存在しているという感じになると、タンポポ側についている百の狙いも想像出来てくる気がしますし

凶一郎が他の兄妹にもこの任務を知らせていない辺り、太陽への信頼度も高くなったものだなぁと感慨深くなりますね。

 

夜桜さんちの大作戦66話ネタバレ:強い覚悟と共に夜桜前線始動!!!

衝撃の事実を知らされながら、凶一郎がそんな大切な任務を自分にだけ話した事を疑問に感じる太陽。

しかし凶一郎は糸で太陽をくるくると回転させながら軽い口調で答えます。

 

おぞましい現実を知らせていたずらに姉弟を苦しめる必要はないだろうと。

この現実を背負うのは長男である自分だけで十分であり、他人の太陽と共有したのはあくまでも保険なのだと。

その上で凶一郎はこの話を六美にも秘密であり自分達二人だけの極秘任務なのだと語ります。

 

もしも自分に・・と続ける凶一郎でしたが、そこで酔っ払った二刃が割って入ります。

それによって話はそこで終わってしまうものの、六美は太陽が凶一郎と何か話をしていた事に気づいていました。

その上で六美は話の内容を気にする事なく、太陽の事を強く応援しているのだと伝えるのでした。

 

そして夜も更けていき、翌朝の午前5時半。

準備万端となった夜桜家の一行は動き出し、夜桜前線が本格的に始動していくのでした。

 

 

良い感じで盛り上がってきましたが、凶一郎のセリフ的にはちょっと死亡フラグっぽさを感じましたね

規模の大きい戦いですし流石になんの被害も出ないという事もなさそうです。

次回以降どういう戦いが繰り広げられていくのか注目ですね。

 

 

―――次回67話に続く!

 

夜桜さんちの大作戦66話ネタバレの感想考察

 

決戦前の最後の準備の様子が描かれた今回。

衝撃的な事実も明らかになり、戦いの見どころが更に増えてきましたね

 

夜桜家の一同が夜桜の下でお花見をするというシーンですが、これはなんだかグッときますね。

タイトル通りに夜桜家総出での作戦を前にしての決起集会感がありましたし

 

しかしやはり衝撃だったのが、タンポポが先代当主の遺体を所有しているというもの。

こうなってくるとタンポポサイドに父である百が協力している事の理由にもなってきそうですからね。

とはいえそれはタンポポサイドとしても分かりきっている事でしょうし、その辺りがどういう感じなのかが気になります。

 

凶一郎が姉弟にも内緒で太陽に協力するように言ってきたのも感慨深いです。

あれだけ嫌われていた太陽も最大級の秘密を共有する関係になれたんですよね

しかし凶一郎の発言はどうしても死亡フラグに思えてしまいますし、死ぬかどうかはわからないものの凶一郎の身には何かが起こる可能性が高そうです。

 

なんとなく準備期間の長さからしても最終決戦感が漂っていますが、皮下はタンポポにとって一幹部に過ぎないんですよね。

それだけに今回の戦いがどういう感じでまとまっていくのか今後も注目です!

 

夜桜さんちの大作戦66話ネタバレ展開考察

夜桜さんちの大作戦最新話66話ネタバレ

 

ここからは、『夜桜さんちの大作戦』最新話66話、そして67話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

皮下の種まき計画とは!?

今回意外にも自らのアジトでのんびりとスローライフ的な生活をしていた皮下。

敵側の戦力も意外と仲良くしていたりと、なんだか悪党とは思えなくなってしまいますね

 

とはいえ皮下は種まき計画といういかにもヤバそうな計画を準備しているようです。

しかもその計画の実行日は夜桜前線の作戦と同じ日。

 

そう考えると皮下は夜桜サイドの動きを把握している可能性が高いです。

もしかすると沢山のスパイが関わるからこそ意味がある計画だったりするのかもしれませんね。

 

夜桜とタンポポの戦い開始!?

夜桜前線の準備が始まってから既に結構時間が経過していました。

今回は日常エピソードまで挟んでいたくらいなので、太陽の訓練もある程度完了したと言えるのかも

残り3日間はありますが、やるべきことは既に終わっていると言えるのかもしれませんね。

 

それだけに次回には夜桜とタンポポの全面対決が始まっていく可能性もあるでしょう。

お互いが準備万端という感じでこの日を迎えるはずですし、夜桜としては思い切りド派手に白骨島へと突撃していくのかもしれませんね。

 

夜桜さんちの大作戦66話への読者の声

夜桜さんちの大作戦最新話66話ネタバレ

 

『夜桜さんちの大作戦』最新話66話へ向けての感想や考察を集めました!

 

 

夜桜さんちの大作戦66話ネタバレまとめ

夜桜さんちの大作戦最新話66話ネタバレ

 

本格的に戦いが始まる前のちょっとした平和な時間のエピソードが描かれた今回。

内容としてはいつも通りの太陽と六美のイチャイチャでしたが、お互いがお互いを思い合っていたという事で、どっちも優しいんだよなぁと感じました。

 

その一方で敵である皮下達タンポポの方もゆるい雰囲気を醸し出していました。

悪役とは思えないくらいに平和な時間を満喫していましたし、彼らとどういう風に戦っていくのか少し謎な感じになってしまいました。

 

皮下の計画も気になりますし、タンポポがどれくらい夜桜側の事を把握しているのか気になります。

そろそろ戦いも始まっていくでしょうし、どういうスタートとなるのか注目ですね。

 

次回の『夜桜さんちの大作戦』第67話を楽しみに待ちましょう!

 

ABOUT ME
まんがライフハック管理者/SHOT
漫画歴25年以上、読破した漫画は1000タイトル以上(だいたい) 。日夜まんがを独自視点で解説・考察。30代男性、日系大手→外資系戦略コンサル→起業構想中(←今ココ)。家族超ラブ(妻・長男・長女)!特に好きな連載中作品はワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・ヒストリエ・ヴィンランドサガ・アオアシ・喧嘩稼業・ハンターハンター(一応連載中扱い)
テキストのコピーはできません。