ワンピース

ワンピースネタバレ1015話最新話確定速報!ルフィ救出?!遂にヤマトVSカイドウ開戦!?

週刊少年ジャンプの人気漫画『ONE PIECE ワンピース』最新話1015話のネタバレと感想、展開考察です!

 

ルフィを鬼ヶ島から落とし鬼ヶ島中に勝利宣言をするカイドウ

ライブフロアではクイーンを相手にチョッパーが奮闘していたものの、そこでルフィの敗北が知らされる事に

モモの助の元でカン十郎と再会したもののお菊は敗れ、錦えもんが決着をつけるも現れたカイドウに致命的な一撃を浴びてしまうのでした。

ワノ国での戦いの行方は!?

 

前話の内容をおさらいしたい方は、もし宜しければ以下をご覧ください。

 

なおワンピースの次巻99巻は2021年6月4日発売予定です。購入をお忘れなきよう、Amazonなどで早めに予約してしまいましょう!

▼関連リンク▼
ワンピース99巻を予約・購入する

 

それでは、気になる『ONE PIECE ワンピース』最新話1015話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

ワンピース1015話ネタバレあらすじ

『ONE PIECE ワンピース』1015話

「縁」のネタバレが下記となります!

 

ワンピース1015話ネタバレ:ルフィ敗北の知らせと信じるべき奇跡

鬼ヶ島中に伝わってしまったルフィの敗北の知らせ。

その知らせはライブフロアでクイーンと戦うチョッパーの精神を大きく揺さぶります

 

本当にルフィが負けてしまったら自分達はどうすればいいのか

涙を流しながらクイーンに対して一気に劣勢になってしまうチョッパー。

侍達やミンク族の仲間達も、これ以上戦っても無駄なのかと士気が下がってしまう事に

 

この情報の真偽なんてわかりようがないとイゾウや河松は冷静に考え、その一方でサンジはどいつも負けた気になりやがってと逆に怒りが爆発

しかしチョッパーが弱気になった事で、クイーンとペロスペローは一気に攻め立ててきます

 

大将を殺されて大パニックだと笑いながらペロスペローが放ったのは「終末の雨(キャンディシャワー)」

飴で出来た大量の矢がライブフロア中に降り注ぎ、クイーンもチョッパーを腰抜けモンスターと馬鹿にしながらトドメを刺しにきます。

そんな状況でチョッパーの前に現れたのは相変わらず包帯姿のゾロを担いだサンジでした。

 

クイーンの顔面に叩き込んだのは「回転焼(ロティサリー)ストライク」

その名前通りにクイーンの長い首は回転する事となり、その回転によってペロスペローの矢もクイーン自身が弾く事に。

回転したクイーンは勢いが止まらずそのままペロスペローをふっ飛ばしてしまうのでした。

 

ここまで頑張ったチョッパーを褒めるサンジ。

ルフィが負けたと涙ぐむチョッパーでしたが、サンジは力強く言い放ちます。

奇跡なんていくらでも見てきたろ・・・と

 

その上で復活すれば役に立つとチョッパーにゾロを任せると、サンジはそのままクイーンの相手をする事に

船長が死んだというのに戦いを止めないサンジに侍達も驚く中で、マルコはだからお前らが好きだとつぶやくのでした。

 

 

ルフィの敗北の知らせは必死に戦う仲間達にとっては非常に辛いものですよね。

チョッパーは思い切り真に受けてしまっていましたが、ルフィの奇跡をよく知るサンジの台詞にはシビレました

戦う相手が決まっていなかったサンジですが、これでクイーンとのマッチアップが決まったようですね

 

ワンピース1015話ネタバレ:モモの助と錦えもんの絆

城内1階の天井裏で倒れていたお菊、カン十郎、錦えもんの3人。

錦えもんはカイドウの金棒をまともに受けたものの、それでも必死に立ち上がり折れた刀をカイドウへと突き立てます

そんな錦えもんの脳裏に浮かんでいたのはかつてのモモの助とのやり取り

 

おでんの血筋だとバレないようにと、モモの助に自分を父上と呼ぶよう提案していた錦えもん

しかし自分で提案したものの、やっぱり恐れ多くて中々呼び捨てにも出来ず手こずる事に。

それでも続ける事でぎこちないながらも実の親子のように振る舞っていたのでした。

 

ボロボロになりながらも立ち上がる錦えもんに対し、時間を稼いでも逃げても何も変わらないと言い放つカイドウ。

しかしそれでも錦えもんの中にあったのは、モモの助に逃げてもらうという気持ちだけでした。

 

そんな錦えもんに対して、カイドウは今度は容赦なく刀を突き立てます

敗北とはいつも信じ難いものだと言い放つと、カイドウはその場を去っていくのでした。

 

 

前回の強烈すぎる一撃で既に死んだかと思われた錦えもん。

なんとか生きてはいたものの、容赦なく刀でトドメを刺されてしまったようです

モモの助とは血が繋がらないながらも親子のように振る舞おうとしていて、それもあって余計に悲しくなってしまいますね。

 

ワンピース1015話ネタバレ:ルフィの言葉と親子の縁(くさり)

しのぶに抱きかかえられながらなんとかカイドウの元から逃げていたモモの助。

泣きながらも必死に伝えなければならないという想いで、拾っていたカエルのメアリーズに向けて叫びます

光月モモの助としてルフィの言葉を伝えるのだと

 

ルフィは敗北したと知らされていた仲間達に対して、ルフィは生きていて必ず戻ると自分に語りかけてきたのだとモモの助は伝えます。

だからこそ痛くても辛くとも、命の限り戦い続けてくれと

気絶して海へと落ちていながら、それでもモモの助にカイドウに勝つと気持ちを伝えていたルフィ。

 

モモの助はそんなルフィの気持ちをしっかりと仲間達へと伝え、それによって仲間達も完全に息を吹き返すのでした

そんなモモの助を追い詰めていたカイドウ。

しかしカイドウに襲われるより早くしのぶは熟々の術によって地面を腐らせ、二人は鬼ヶ島から落下してしまう事に

 

一方で海を漂うルフィを発見していたのは潜水艇に乗っていたハートの海賊団

海の中で声を聞いていたという彼らはすぐにルフィの救出へと動き出すのでした。

 

ルフィ生存の報告を知り涙を流して喜ぶお玉と、ステージまで走っていたウソップとナミ。

しかしそこでナミが持つ天候棒(クリマ・タクト)が突然意志を持って喋り出す事に

 

モモの助の言葉をただのハッタリだと決めつけていたのがビッグマム

しかし対峙していたキッドの元へと駆けつけてきたローは、不思議とルフィなら何とかなりそうな気がするのだとつぶやきます。

その上で邪魔しにきたのかと叫ぶキッドに対して一時の同盟を持ちかけるのでした。

 

落ちていくモモの助を見つめていたカイドウの元へと辿り着いていたのはヤマト

自分を呼び捨てにするヤマトに「父上」だろうと言い聞かせようとするも、ヤマトはハッキリと自分の気持ちを伝えます。

その縁(くさり)を切りにきたのだと。

 

 

モモの助が受け取っていた言葉がルフィのものだったというのは予想していませんでしたね!

その言葉で皆の士気が爆上がりしたのも良かったですし、ちゃんとやるべき事を果たしたモモの助も偉かったです。

血の繋がらない錦えもんとモモの助の関係に対して、その繋がりを断ち切ろうとするヤマトという対比も面白かったですね!

 

―――次回1016話に続く!

 

ワンピース1015話ネタバレの感想考察

 

鬼ヶ島での戦いが新たな展開を迎えていた今回。

ルフィ敗北の知らせで状況が悪化したかと思いきや、そこから一気に持ち直していく展開が熱かったですね!

 

ルフィの敗北の知らせを聞いて

前回鬼ヶ島全体にルフィの敗北が知らされる事となりました。

当然ながらルフィはこの戦いにおける実質的な大将のようなもので、ルフィがカイドウに負けたと聞いてしまったら精神的にキツイものがありますよね。

 

侍達やミンク族はもちろんですが、チョッパーが一番辛そうにしていたのも印象的でした。

当然チョッパーだってルフィを信じているはずですが、それ以上にルフィを頼りに思っているから弱気になってしまったのでしょうね。

 

そんなチョッパーとは違って全く動じていなかったのがサンジ。

やはり麦わらの一味の中心的な戦闘員としてルフィと共に戦ってきているサンジだからこそ、チョッパー以上にルフィが何度だって奇跡を起こしてくれる事を信じられていたのでしょう。

 

戦う相手も決まっていませんでしたが、どうやらサンジの父親であるジャッジを知っているクイーンと戦う事も決定したと言えそうです。

クイーンとしてもジャッジとは何かしら因縁がありそうですし、面白い戦いにはなってきそうですね。

 

親子の血の繋がり

前回の時点で既にトドメを刺されたかと思われていた錦えもん。

しかしそれでも必死に立ち上がり、最後の最後までカイドウに立ち向かおうとする姿は泣けてきました

 

モモの助に父上と呼んでもらおうとしたものの不器用で失敗ばかり。

ぎこちないながらも偽りの親子関係を作っていく様子にもグッと来てしまいます

 

当然錦えもんとモモの助は血の繋がりなんてない訳ですが、十分すぎるくらいに深い絆が生まれています。

そんな錦えもん達と対比するように描かれていたヤマトとカイドウの関係も複雑です

 

彼らは実の親子であり血は繋がっているというのに、その繋がりを絶とうとしていました。

血の繋がりなんて関係なくて、それよりももっと大切なものがあるというのは『ワンピース』ではよく出てくるんですよね。

サンジとゼフだったり、ナミとベルメールさんだったり、ルフィとエースやサボだったり

 

ヤマトはそんな血の繋がりと共に縁(くさり)を切りにやって来ていました

これはエースから言われたように、心まで繋がれていた事を示しているんですよね。

色々な想いが繋がってきているというか、ここまでのワノ国編の集大成という感じなだけにこの親子がどんな結末を迎えるのか注目です!

 

モモの助の聞いた声はルフィの声

モモの助が聞いた声は誰のものだったのかというのが前回の時点で非常に気になってしました。

色々と予想はしていたものの、それがルフィのものだったとは全く思いもしませんでしたね!

 

確かにルフィは気絶していたとしてもカイドウを睨みつけていたりと、意識はなくても何かを発信する事は出来ていたんです。

とはいえ結構離れた場所にいるモモの助に言葉を届けられたのはちょっと特別な意味がありそうにも思えます。

二人とも特別な声が聞こえる人物でもありますし、その辺りがこのテレパシー的な方法と関係しているのでしょうか?

 

ゼウスは天候棒に宿った??

今回さらっと描かれていたナミの天候棒。

急に喋り出していましたが、これはもちろんゼウスの意志でしょう。

 

なんでこんな事になったのかと思ったのですが、ヘラがゼウスを食べる時にナミのブラックボールと共に天候棒も口に含んでいたんですね。

あのタイミングでゼウスが天候棒に乗り移った?というイメージなのだと思われます。

 

ゼウス単体だと中々ビッグマムがいる以上は使いづらそうでしたが、ある種の付喪神状態となれば完全にナミの所有物と言えるのではないでしょうか。

これでナミのパワーアップも完了と言えるでしょうし、ここから復活したうるティとの戦いになっていきそうな気がしますね。

 

ワンピース本誌のネタバレ一覧

『ワンピース』ワノ国編これまでの内容は下記から見ることができます!

 

ワンピース95巻(ワノ国第二幕終盤~幕間~第三幕)
954話 955話 956話 957話 958話
959話 960話 961話 962話 963話
964話
ワンピース96巻(ワノ国第三幕光月おでんの回想)
965話 966話 967話 968話 969話
970話 971話 972話 973話 974話
ワンピース97巻(飛び六胞とヤマト登場)
975話 976話 977話 978話 979話
980話 981話 982話 983話 984話
ワンピース98巻(鬼ヶ島の戦い開戦)
985話 986話 987話 988話 989話
990話 991話 992話 993話 994話
ワンピース99巻以降
985話 986話 987話 988話 989話
995話 996話 997話 998話 999話
1000話 1001話 1002話 1003話 1004話
1005話 1006話 1007話 1008話 1009話
1010話 1011話 1012話 1013話 1014話

 

ワンピース最新話1015話への読者の声

 

『ワンピース』最新話1015話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

 

 

 

ワンピース最新話1015話ネタバレまとめ

ルフィの敗北に続いて赤鞘の侍達の苦しいシーンの連続となった今回。

ライブフロアでも苦しい戦いが続いていますし、完全に討ち入り側が劣勢だと言えそうですね。

 

カイドウがジョイボーイというワードを使っていたり、モモの助が何者かの声をキャッチしていたりと、謎も更に深まっています。

おでんの航海日誌に何が書かれているのかという部分も非常に重要そうですね。

 

ルフィが戦線離脱となり、鬼ヶ島もワノ国へと到達

この状況からどうやって逆転していけるのか注目ですね!

 

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。