ワンピース

ワンピース1019話ネタバレ感想!フランキーとササキのパワー対決にも決着が!?

ワンピース [ONE PIECE] 最新話ネタバレ 感想考察

週刊少年ジャンプの人気漫画『ONE PIECE ワンピース』最新話1019話のネタバレと感想、展開考察です!

 

お玉の能力によって戦力差がどんどん縮まっていく中、CP0はとある男の死だけを見届けようとしていました。

シャンクスにゴムゴムの実を奪われて捕まったフーズ・フーは怒りの矛先をルフィへと向けていたものの、ジンベエには太古の昔奴隷達の救いの象徴となっていた太陽の神ニカの事を聞こうとしていました。

魚人の歴史は奴隷の歴史だと煽るフーズ・フーを、ジンベエは歴史にハンパな覚悟で踏み込んでくるなと強烈な一撃で仕留めるのでした。

麦わらの一味の戦いの行方とは!?

前話の内容をおさらいしたい方は、もし宜しければ以下をご覧ください。

 

それでは、気になる『ONE PIECE ワンピース』最新話1019話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください!

 

ワンピース1019話ネタバレ

ワンピース1019話ネタバレ

『ONE PIECE ワンピース』1019話

「ヘリケラトプス」のネタバレが下記となります!

 

ワンピース1019話ネタバレ:怒るササキの切り札はヘリケラトプス!?

混沌とした状況が続いていたライブフロア。

レーザーを何発も撃ちまくるクイーンの相手をしていたサンジは、フランキーが欲しがりそうだと余裕そうな様子。

一方で動けないゾロはミヤギ達によって割と雑に注射を打たれそうになり、本当に大丈夫なのかと珍しく絶叫する事に

 

一方でワノ国付近の海上にはローの船であるポーラータンク号の姿が。

ワノ国から落下したルフィを回収していたものの、ローがいない状況ではルフィをどう処置すれば良いかのがわからない状態

皆がその方法を必死に考える中で、気を取り戻したルフィは肉と叫ぶのでした。

 

ドクロドームの右脳塔で激闘を繰り広げていたのはフランキーと飛び六胞のササキ。

真打ち達がお玉の能力で寝返ってくれていた事により、ササキの部下である装甲部隊もフランキーに味方してくれていました。

 

それによって戦いは完全に1対1になっていたものの、お互いの頑丈さゆえに中々決着とはならず

仲間達に寝返りに怒るササキは歯向かう奴らを皆殺しだと人獣形態へ。

絡繰武器である「螺旋刀」を手にすると、そのままトリケラトプスの襟の部分を高速回転させていきます。

 

まさかの部分が回った事にフランキーが驚く中で、そのまま襟の部分の回転力で空中へと浮かぶササキ

そこから繰り出されたのは螺旋刀を構えての突進技である「ヘリケラトプス」

強烈な一撃は寝返ったササキの仲間達を一蹴するのでした。

 

 

クイーンを相手にしながら余裕そうなサンジ、適当な注射に珍しくビビるゾロ、そして相変わらず窮地では肉を求めるルフィの様子が冒頭では描かれましたが、麦わらの一味のトップ3の活躍はもう少し先になりそうですね。

一方で人獣形態を見せたササキはまさかのヘリコプター状態に。

トリケラトプスは襟が特徴的な恐竜ではありますが、まさかこんな使い方をしてくるんだから驚きですよね。

 

ワンピース1019話ネタバレ:フランキー将軍VSトリケラトプスのササキ

襟を回転させる事によって宙へ浮かび、そこから激しい攻撃を仕掛けてくるササキ。

フランキーもまさかの空中戦という事で驚かされる事に。

トリケラトプスはこういう恐竜なのだと自信満々に語るササキに、フランキーもその言葉を素直に信じてしまうのでした。

 

プロペラによって速度が異常に上がり、その状態での突進を警戒して「将軍の盾」を構えるフランキー。

しかしササキはプロペラの回転方向を間違えたのか逆走してしまう事に

 

とはいえそれを悟られまいと、助走距離を確保したのだと強がるササキ。

助走が長い方が威力が増すのだと繰り出してきたのは「弾丸(タマ)ケラトプス」

 

フランキーは何とかその一撃を抑え込むも、肩に仕込んであったランチャーが暴発。

かなり追い込まれながらも、フランキーはそのままササキに「将軍スープレックス」を炸裂させます

 

頑丈なササキとはいえ、腹には先程食らわせた刀傷の痕が。

それだけにフランキーは再びフラン剣による「勝利のVフラッシュ」を繰り出すも、ササキはプロペラの回転によってその攻撃を回避するのでした。

 

 

トリケラトプスってそういう恐竜でしたっけ?とツッコミたくなりますが、こんな事を自信満々に語っているササキはちょっと可愛い奴ですね。

プロペラの回転方向を間違ってしまったりというのもおっちょこちょいっぽさを感じさせますし、何気に愛すべきキャラと言えるのかも

フランキー将軍にもパワーで押し勝っている印象ですし、流石は飛び六胞の一人といった所でしょうか。

 

ワンピース1019話ネタバレ:フランキーの切り札で勝負に決着が!?

プロペラの力で俊敏に動くササキの螺旋刀に苦戦するフランキー。

剣はそれほど得意ではないと追い込まれる内に、ついにはフラン剣も砕けてしまう事に

 

こうなったら仕方ないとフランキーは切り札を用意するも、それを簡単には撃たせてくれないササキ。

フランキーはライブフロアの近くまで追い込まれてしまい、そこでササキは再び「弾丸ケラトプス」で攻撃を仕掛けます

 

しかしそこで準備完了となり、出張版「ガオン砲」の「将軍砲(ジェネラルキャノン)」を繰り出したフランキー

圧倒的な威力でササキを吹き飛ばすも、それでもまだササキを仕留める事は出来ず

 

百獣海賊団の飛び六胞をナメるなと、自爆覚悟で繰り出してきたのは「マグナムケラトプス」

凄まじい威力の突撃攻撃によってフランキー将軍も完全に押しつぶされてしまいます

 

しかしそんなフランキー将軍の隣には、既に離脱していたフランキーが準備完了だとササキを待ち構えていました。

至近距離で繰り出されたのはフランキーの「ラディカルビーム」

強烈なビームはササキの巨体を吹き飛ばすのでした。

 

 

今回の戦いはフランキーの魅力たっぷりといった所でしたね。

ラストはフランキー将軍を囮に使う形となりましたし、そこまで追い込んだササキの実力はやはり相当高かったのでしょう。

展開的には決着となりそうですが、ササキはかなりタフなのでまだひと悶着あったりするかもしれませんね。

 

ワンピース1019話ネタバレ:ワノ国の為にヤマトも悪魔の実の姿へ!!!

ドクロドームの屋上で激突していたのはヤマトとカイドウ。

お互いの覇気がぶつかり合う中で、カイドウはヤマトを戦力として認めているのだと語りかけていました。

苦労して手に入れた悪魔の実もヤマトに食わせる気はなかったのだと。

 

しかしヤマトとしてもその悪魔の実を食べるつもりはなくお腹が空いていただけ。

海に出たいだけにカナヅチになるなんてと後悔さえしている様子

 

数え切れない程にカイドウを殺しに行き、数え切れない程に打ちのめされていたヤマト。

しかしそのお陰でヤマトは強くなったのだと自覚していました

 

自分をこの島へと留めたのは手錠だけではない。

そう語るヤマトは、この国の為に戦わなければ光月おでんを名乗れないのだとカイドウに立ち向かいます。

そんなヤマトの姿は悪魔の実の能力によって獣のような姿へと変わっていたのでした。

 

 

ここへきてついにヤマトが悪魔の実の能力者である事が確定となりましたね!

通常のヤマトの姿とは結構違っていて、おそらく何らかの幻獣種である事は予想出来ますが、それが何なのかは色々と想像出来そうな所です。

ヤマトが何の能力者なのかで考察も捗りそうな展開でしたね!

 

 

―――次回1020話に続く!

 

ワンピース1019話ネタバレの感想考察

ワンピース1019話ネタバレ

 

フランキーとササキの重量級対決が描かれていた今回。

最近ではそれほどフランキーのバトルがなかっただけに、ある意味ではフランキーの集大成のようなバトルでもありましたね。

 

三者三様のトップ3

今回の冒頭では麦わらの一味のトップ3とも言えるルフィ、ゾロ、サンジが少しずつ描かれていました。

サンジは大看板であるクイーンと戦いながらも、クイーンが使うレーザーの技術を気にしていたりと割と余裕そう。

この技術によって今後フランキーが更にパワーアップしていくという伏線だったりするのかもしれませんね。

 

一方で前回の時点では副作用が強い薬もどんと来いというスタンスだったゾロ。

しかしミヤギ達が割と雑に注射しようとしていた事もあり、珍しく絶叫していました。

男らしいゾロにしては結構珍しい姿でしたが、きっと次描かれた時には回復して格好良い姿を見せてくれるのでしょう。

 

一方で何とかローの仲間達によって救われていたのがルフィ。

限界まで追い込まれた状態のルフィにとっては、やはりどんな薬よりも肉が大事なんでしょう。

とはいえ流石に船の中にルフィが満足出来る量の肉があるとは思えませんし、ここからルフィの復活までには色々とあるのかもしれませんね。

 

ササキは意外にも愛されキャラ??

仲間達が寝返ってしまったことにより、フランキーと1対1の状態となっていたササキ。

人獣形態では絡繰武器である「螺旋刀」を使っていて、回転する刀の殺傷能力はかなり高そうですね。

 

トリケラトプスという能力なだけに完全にパワータイプかと思いきや、トリケラトプスの特徴的な襟の部分を回転させて空に浮かぶという離れ業を見せてくれたササキ。

そもそもトリケラトプスはこういう恐竜だと断言していたりと、ちょっとおバカっぽいのも面白かったですね。

 

それでいてプロペラの回転方向を間違えて逆走したり、それを誤魔化そうとしていたりと割と天然な奴なんでしょう。

ちょっとおバカだけど実力は確かという事で、なんだか結構愛されキャラなんじゃないかと思いました

 

フランキーの本気バトル

圧倒的なパワーに加え、プロペラによって機動力も高まっていたササキ。

フランキー将軍に乗ったまま戦っていたフランキーでしたが、流石に今回はかなり押されていましたね

 

ランチャーは暴発してしまい、フラン剣は砕かれ、一発逆転となる切り札の将軍砲でもササキは仕留める事が出来ず。

最終的にはフランキー将軍自体を囮にする形での勝利となりましたし、フランキーとしても全ての力を使い果たしたと言えそうです。

しかしその分フランキーの魅力は全部発揮されたと言えそうなバトルでしたね。

 

ヤマトは何の能力者!?

今回のラストで描かれたヤマトとカイドウのバトル。

しかしやはりここで注目すべきは悪魔の実の能力で変化したヤマトの姿でしたね。

 

カイドウが苦労して手に入れた悪魔の実という事で、当然かなり貴重なものではあるはず。

動物系であるのは確定で、その上で幻獣種である事も間違いないでしょう。

しかしその姿からはまだ何の悪魔の実なのかは断言出来ませんし、明らかになっていくのが楽しみですね。

 

ワンピース1019話ネタバレ展開考察

ワンピース1019話ネタバレ

 

ここからは、『ONE PIECE ワンピース』最新話1019話、そして1020話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます!

 

フランキーとササキの戦いも決着!?

麦わらの一味VS飛び六胞の戦いが本格的に描かれていた今回。

ジンベエとフーズ・フーの戦いにも決着がついたという事で、ここからは段々とそれぞれの戦いに決着がついていく流れかと思われます

やはり順番的にはVS飛び六胞が描かれていく流れだと思いますし、そうなるとフランキーとササキの戦いが次に描かれそうな気もしますね。

 

お互いがパワータイプのフランキーとササキ。

力と力のぶつかり合いとなっていきそうな気がしますが、フランキーの新技だったり新機能だったりにも期待出来そうな気がします。

 

その一方でササキについてはまだ語られていない部分が多く、ササキが船長だった海賊団についても描かれたりするかもしれません。

狂死郎としての傅ジローとも仲が良かったようですし、その辺りの関係も描かれたりするのではないでしょうか。

 

ロビン&ブルックとブラックマリアの戦い

麦わらの一味と飛び六胞の戦いの中で、唯一1対1ではない状態となっているのがこちらの戦い

ロビンとブルックのコンビがブラックマリアという相手にどう立ち向かっていくのかが注目ポイントですよね。

 

ブラックマリアについてはまだほとんど戦闘シーンが描かれておらず、どんな能力を使って戦うのかよく分かっていません。

一応古代の蜘蛛の悪魔の実でしたし、やはり蜘蛛の糸なんかを使う可能性は高いでしょう。

ロビンもブルックもそれほどパワーがある訳ではないだけに、蜘蛛の糸に苦戦しそうな予感もします。

 

とはいえせっかく二人で戦う訳ですし、どうせならロビンとブルックのコンビネーションなんかを期待したい所。

ブルック得意の冷気の剣とロビンのハナハナの実の能力の組み合わせで撃破する展開を見てみたいですね。

 

ヤマトが悪魔の実の力で変身する!?

ルフィが戻ってくるまでカイドウを押さえるべく実の父親に挑むヤマト。

おそらくヤマトは飛び六胞と同等かそれ以上の実力があると思われます。

しかしカイドウはそれ以上の力を持っていたルフィやゾロ達を圧倒していた訳で、ヤマトが一人で長い間止められるとも思えません

 

唯一可能性があるとすれば、ヤマトが持っているはずの悪魔の実の能力を使う事でしょう。

ササキとの戦いの際には少しだけヤマトの歯が牙のように変化している場面があり、おそらくヤマトも動物系の能力者なのだと思われています

 

恐竜系の能力者が多数出ているワノ国編ですし、ヤマトもまた恐竜系の能力者という可能性もあるでしょう。

しかしカイドウが幻獣種である事なんかを考えると、龍に対して恐竜で挑むというのもちょっと物足りない気がします。

それだけにヤマトも何らかの幻獣種の力でカイドウに対抗していくという可能性が高いのではないでしょうか。

 

フーズ・フーの始末

ジンベイによってフーズ・フーはそのまま吹き飛ばされました。

するとジンベイはルフィを助けに行く為にその場を去っていくのです。

気を取り戻したフーズ・フーはジンベイに反撃しようと考えますが、体が動きません。

 

そこに突然CP0がやってきて、周りの百獣海賊団を倒します。

やはりジンベイはトドメまでは刺さないかと一人の男が言うと、もう一人のCP0がフーズ・フーを捕まえるのです。

 

お前はここで死んでもらうと言って、フーズ・フーはそのCP0にやられました。

その男こそ元CP9で現CP0のロブルッチでした。

 

太陽の神ニカ

ジンベイはルフィの元へ向かいながら懐かしい名前を頭の中で巡らせます。

太陽の神ニカのことをまさかフーズ・フーが知っているとはとジンベイは驚きます。

実はジンベイ自身も小さい時にお伽話のように聞いたことがあるだけでした。

 

太陽の神ニカとは魚人と深い関係があったのです。

その話は幼少期に聞いて以来、フィッシャータイガーによって再び聞かされました。

 

元々フィッシャータイガーが掲げたタイヨウの海賊団とはニカの由来もあるのです。

しかしその歴史は明るく話せるものではありませんでした。

 

タイヨウの海賊団との関係

タイヨウの海賊団は天竜人の奴隷の烙印を太陽のマークに変えて作った海賊団です。

しかしその奴隷の烙印の模様こそ太陽の神ニカの模様だったのです。

つまりニカとはタイヨウの海賊団にとって敵対することを表していました。

 

それでは何故タイヨウの海賊団に由来するのかと言うと、ニカは敵でも味方でもない絶対神だからです。

フィッシャータイガーも小さい時にニカと魚人との関係を聞いて、更にニカの考えやその戦士としての強さに心惹かれました。

 

そして奴隷解放を行ったのであり、敵でもありながら味方でもある存在こそが太陽の神ニカなのです。

ニカの話をして消される理由は天竜人が奴隷解放を思い出すからであり、それ以上でも以下でもありません。

 

フィッシャータイガーとマリージョア

フィッシャータイガーがマリージョアにやってきた時、目の前の光景にタイガーは驚きました。

それは太陽の神ニカが祀られていたからです。

しかし後戻りすることができるはずもなく、フィッシャータイガーは誰彼構わず奴隷解放を行いました。

 

その後ニカの存在はマリージョアに由来することを知るとフィッシャータイガーは混乱していたことをジンベイは思い出すのです。

ジンベイはルフィの元へ辿り着くと、体の中に溜まっている水を衝撃波で吐き出させました。

 

お前にはフィッシャータイガーと同じく英雄になってもらいたいと思っているとジンベイはルフィに言います。

そしてルフィは目を覚まして、ゆっくりと立ち上がりました。

 

受け継がれる血筋

ルフィは目を覚ますや否やカイドウの名前を叫びます。

そしてカイドウが待つ元へルフィは走り出しました。

 

カイドウは向かってくる強敵の覇気を察知し、再び目を覚ましたと気づきます。

するとふと昔戦ったガープのことを思い出しました。

戦っても戦っても挑んで来る気概は血筋だなとカイドウは笑います。

 

そして今度こそルフィの首を取って勝負をつけようと考えるカイドウの元にルフィはやってくるのです。

 

ワンピース1019話への読者の声

『ワンピース』最新話1019話に向けての感想や考察を集めました!

 

 

 

ワンピース本誌のネタバレ一覧

『ワンピース』ワノ国編これまでの内容は下記から見ることができます!

 

ワンピース95巻(ワノ国第二幕終盤~幕間~第三幕)
954話 955話 956話 957話 958話
959話 960話 961話 962話 963話
964話
ワンピース96巻(ワノ国第三幕光月おでんの回想)
965話 966話 967話 968話 969話
970話 971話 972話 973話 974話
ワンピース97巻(飛び六胞とヤマト登場)
975話 976話 977話 978話 979話
980話 981話 982話 983話 984話
ワンピース98巻(鬼ヶ島の戦い開戦)
985話 986話 987話 988話 989話
990話 991話 992話 993話 994話
ワンピース99巻以降
985話 986話 987話 988話 989話
995話 996話 997話 998話 999話
1000話 1001話 1002話 1003話 1004話
1005話 1006話 1007話 1008話 1009話
1010話 1011話 1012話 1013話 1014話
1015話 1016話 1017話 1018話

 

ワンピース1019話ネタバレまとめ

 

かなり重要そうな情報を交えつつジンベエとフーズ・フーの戦いに決着がついた今回。

新たな情報は物語の核心に迫るようなものだけに、今後は更に考察が捗りそうな気がしますね。

 

CP0の目的の一つがフーズ・フーの死を見届ける事であり、その理由はフーズ・フーが政府の情報を持っていたから。

とはいえCP0としては情報云々よりも、脱獄したのに無事に生きているという前例を認めたくないだけの様子

この辺りが政府やCP0の腐っている部分を感じさせていますよね

 

ジンベエとフーズ・フーの戦いは非常に激しく熱いものとなりましたが、結果としてはジンベエが実力の違いを見せつけた形となりました

怒らせてはいけないジンベエを怒らせてしまったのがフーズ・フーの敗因とも言えそうですが、それにしてもジンベエの強さが際立つ戦いとなりましたね!

 

次回の『ONE PIECE ワンピース』第1020話を楽しみに待ちましょう!

以下はワノ国編で関連する考察です。良ければ併せてご覧ください!

▼関連考察▼

>>>ゾロが覇王色に覚醒!閻魔と天の羽々斬りでカイドウを追い詰める?

>>>フランキーVSササキの勝負の行方予想!

>>>ナンバーズとパンクハザードの関係性は?

>>>オロチを殺した理由とは!?

>>>ヤマトが登場した理由がヤバい!

>>>飛び六胞フーズ・フーの強さや能力考察!

>>>イゾウが新しく赤鞘九人男に入る??

>>>ロビンとジンベエの背後の人影(シルエット)は誰?

>>>カイドウの妻は一体誰?

>>>キングの種族は超希少な?!

>>>おでんからの手紙の真相とは?

>>>おでんは開国をモモの助と赤鞘に託した!?

>>>カイドウにとっておでん戦は不本意な結果?

>>>カイドウは何故「死ねない」のか?

>>>黒炭ひぐらしの正体はロックス海賊団!?

ABOUT ME
まんがライフハック
読んだマンガは1000タイトル以上、週刊少年ジャンプを購読し続けて25年以上。マンガの考察・深読み・分析が大好き。特に好きな連載中マンガはワンピース・呪術廻戦・アンデッドアンラック・キングダム・アオアシ・転生したらスライムだった件・ようこそ実力主義の教室へ・ヴィンランドサガ・ヒストリエ・喧嘩稼業・ブルージャイアント・ブルーピリオド、他多数。なんでも読む雑食系。
テキストのコピーはできません。